XM Tradingの評価|評判・安全性について(エックスエム)

2009年に設立したXM Trading(エックスエムトレーディング)は、もはや海外FXの代名詞と言っても過言ではない日本人に人気のブローカーです。

この記事では、XM Tradingの特徴を口コミも交えつつさまざまな角度から徹底解説します。これからXM Tradingで取引を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

まずは、気になるメリット・デメリット・ポイントを見てみましょう。

メリット

  • レバレッジ最大888倍|必要証拠金は約1円から
  • 透明性の高いNDD方式を採用|約定率も高い
  • 口座開設ボーナスや100%入金ボーナスを常時開催
  • ロイヤルティプログラムを活用して取引コストを削減可能
  • 日本語サポート・セミナー・情報サービスが充実
  • 初心者を手厚くサポートしている
  • 企業の安全性がとても高い
  • ゼロカットを採用

デメリット

  • スプレッドが広い
  • 取引手数料が1ロットあたり片道5通貨と高い
  • スワップポイントはマイナスばかり
  • 不利なスリッページに関する不満が多い
  • 出金トラブル・口座凍結の報告が多い

ココがポイント

  • 総合力のある大手優良業者
  • 安全性が高くサポートがしっかりしている
  • しかし、取引の透明性の面では疑問が残る
  • 出金トラブル・口座凍結にも注意
  • 取引ルールを守り平均的な取引をするには最適
  • スキルアップしたら他社に移ってみるのも良い

XM Tradingの魅力は、何と言っても総合力の高さ。

多くのトレーダーが海外FXに期待するサービス・取引条件はほとんど備わっており、反対に海外FXに抱く不安要素は極力排除されています。

最大レバレッジは888倍と高く、口座開設ボーナス・入金ボーナスは常時開催しているので、非常に少ない元手資金で取引をスタートできます。

また、ロスカット率が20%と低いので、口座残高ギリギリまでロスカットに耐えることが可能。ゼロカット も採用しているので、万が一マイナス残高が発生しても追証(借金)は発生しません。

日本人スタッフが在籍しており完璧な日本語サポートを受けられますし、海外FX初心者をサポートする各種日本語コンテンツも充実。

顧客の口座資金は業者資金とはしっかり分別管理され全額補償されます。

ただし、スプレッドが広く取引コストは他社より割高です。

SNSや掲示板では出金トラブルや口座凍結を受けたとして酷評もされていますし、不利なスリッページやストップ狩りなど取引の透明性の低さについても指摘されています。

しかし、そもそもXM Tradingは、初心者の海外FXデビューに特化した業者です。

そのため、経験の浅いトレーダーがXM Tradingを「修行の場」「踏み台」として利用するのも一つの手だと思います。

スキルアップや目標利益を達成してから、より良い取引条件の業者を探してみても遅くありません。

結局、自分に合う良い業者が見つからず、XM Tradingに戻ってくる人も結構いるので、メインバンクならぬメインブローカーとして一つ口座を持っておくと良いでしょう。

完璧な業者は存在しません。いくら人気のXM Tradingとは言え、欠点もあると理解した上で、ある程度割り切った使い方をしてください。

では、さらに信頼性・安全性・口コミ・取引条件・その他サービスの充実度・使いやすさなどについて詳しく見ていきましょう。

XMの公式サイトはこちら

信頼性・安全性

運営会社の実態が不透明な海外FX業者には注意してください。

そのような業者は、突然の倒産や日本撤退の危険性がありますし、取引操作・出金拒否・利益取消といったトレーダーの不利益に繋がる行為を平気で行う悪徳業者・詐欺業者も多いからです。

自分の大切な資金を守るためにも、最低限、会社の所在地・金融ライセンス・資金の管理体制がしっかり公開されている業者を利用するようにしましょう。

 

金融ライセンスはセーシェル金融庁で取得

会社情報
運営会社 Tradexfin Limited
設立 2009年
所在地 セーシェル共和国
F20, 1st Floor, Eden Plaza,
Eden Island, Seychelles
金融ライセンス FSA:セーシェル金融庁
(登録番号:SD010)

日本人アカウントの運営会社はセーシェルで法人登録しているTradexfin Limitedです。

以前はTrading Point (Seychelles) Limitedでしたが、2020年に入り社名を変更したようです。

金融ライセンスも、このセーシェル金融庁(FSA)で取得しています。

この証券ディーラーライセンス保持者は、厳格な金融要請に応える義務があり、顧客の入金、会社の通貨ポジションの変動の可能性、その他の未払い経費を充当する 十分な流動資本を保持するよう法律によって義務付けられています。

毎年の監査で不足が認められる場合には、内部監査法人により詳細が全て当局へ 報告されます。

また、XM Tradingには、キプロス証券取引委員会(CySEC)の規制を受けるヨーロッパ向けアカウントがあります。

CySECでは、セーシェル金融庁よりもさらに厳しい規制受けているため、グループ全体として考えれば、XM Tradingの企業としての信頼性・安全性は非常に高いと言えるでしょう。

 

分別管理は徹底されているが口座資金の補償の有無は非公開

海外FX業者を利用する上で特に心配になるのが口座資金の安全性です。

もし、XM Tradingが倒産してしまった場合に、口座資金はちゃんと返還してもらえるのでしょうか?

ヨーロッパ向けアカウントを規制するCySECは、資金管理に関する規定が非常に厳格で、XM Tradingではイギリス大手金融機関バークレイズ銀行での分別管理を実施しており、CySECが定める投資家補償基金(ICF)による2万ユーロまでの補償制度も備えています。

以前までは日本向けアカウントもこのキプロスで管理されていましたが、規制強化に伴って2019年7月にセーシェルに運営会社を移します。

当初、セーシェルにおける日本向けアカウントは、バークレイズ銀行での分別管理の実施、AIGの保険による最大100万ドル補償によって顧客資金を保護していました。

しかし、現在は顧客の資金管理体制についての詳細情報は開示していないようです。

公式サイトには「優良金融機関で分別管理」としか記載されておらず、サポートに確認しても「欧州の優良銀行で完全分別管理」「分別金額に上限はなく顧客資金は全額安全」との回答しか得られません。

単純に情報開示を制限しているだけであって、保管先の金融機関に変更はなくAIG保険にも引き続き加入している可能性も考えられますが、こればかりはXM Tradingが破綻しない限り知る術はありません。

XM Tradingのこれまでの実績を考えると、万が一の際もしっかりとした対応が期待できますが、やはり海外の業者に違いはありませんので自己責任で利用するようにしましょう。

 

日本の金融庁から警告を受けている

海外FX業者に対する日本政府の風当たりは厳しく、優良業者・悪質業者構わず警告が出されています。

この警告が出される条件は次の通りで、公式サイトやサポートデスクが日本語に対応しているだけでも警告の対象になってしまうようです。

XM Tradingは2020年に入り社名を変更していますが、関東財務局の公式サイトを見たところ、さっそく新しい社名で警告が出されていました。

一方、金融庁のリストは旧社名のままですが、いずれこちらも更新されると思います。(2020年8月時点)

この警告が出される理由は以下の通りです。

外国証券業者に関する法律第3条により、外国証券業者が国内にある者を相手に証券取引行為を行う場合には、国内に支店等の営業拠点を設け、監督当局の登録を受けなければなりません。本規定に違反した場合は、同法第45条及び第50条の罰則が課せられます。

しかし、登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。

ここで言う「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。

出典:金融庁「外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制」

つまり、海外FX業者が日本語公式サイトを運営したり日本語でキャンペーンを告知したりすることがマズいという訳です。

そのため、日本人に人気ある海外FX業者のほとんどは、すでにこの警告を受けてしまっているのが現状です。

ただ、この警告には行政処分や業務停止命令といった効力は一切ありません。今のところ金融庁からの嫌がらせのようなものだと考えてください。

 

口コミ・評判

ここでは、海外トレーダー・国内トレーダーの口コミの一部をご紹介します。ただ、投稿者にはさまざまな事情があります。すべて鵜呑みにはせず、以下のような点に注意してご覧ください。

  • 口座・銘柄・数量・注文方法・時間帯が違う
  • 裁量取引・自動売買などトレードスタイルが違う
  • VPSサーバーの有無・通信状態・スペックが違う
  • トレードスタイルがFX業者の禁止行為に抵触している
  • 投稿時期が違うため業者のサービス内容が変わっている
  • 負けた腹いせによる誹謗・中傷・愚痴にすぎない
  • アフィリエイターやライバル会社による虚偽の投稿

 

大手海外FX掲示板FPA ではとまずまずだが酷評も多い

良い評判

  • スムーズに出金できる
  • サポートセンターの対応が良い
  • システムエラーによる損失は返金対応してくれる
  • 約定スピードが早い

悪い評判

  • 詐欺業者
  • 出金したのに着金しない
  • 入金しても取引口座に反映しない
  • ストップ狩りが酷い
  • 必要書類が承認されず本人認証を通過できない
  • 突然アカウントを凍結された

海外最大級のFX掲示板 FPA(Forex Peace Army)は、海外業者の世界的な評判を知る上でとても参考になるサイトです。

このサイトにおけるXM Trading(ヨーロッパアカウント)の評価はまずまずでした。

しかし、コメントの中には「詐欺業者」として、XM Tradingをこき下ろしている人が多く存在します。

もちろん中には良い評価もありますが、2020年に入ってかなりトラブルが多発しているのは非常に気になるところです。

以下に、そのレビューの一部を掲載します。

Alex888,missiones, Argentina,Sep 7, 2020,Registered user

この会社の悪いレビューを読んで非常に驚いています。そのほとんどは00:00に発生するスプレッドの拡大に巻き込まれた初心者や、ボーナスを悪用して稼ごうとしている人々からのものです。私は1年以上利用していますが、とてもスムーズな取引ができています。私は何度も入出金を行いましたが、問題はありませんでした。高速で安全です。(Google翻訳)

出典:FPA

bu3oon,amman, Jordan,Jul 27, 2020,Registered user

何が起こっているのかわかりませんが、2つのポジションが自動的に失われるという2つの事件に遭遇しました。 TPまたはSLに到達する前に、突然ポジションがクローズしています。なぜそのようなことが発生するのか理解できません。(Google翻訳)

出典:FPA

arjunawijesekara,matale, Sri Lanka,Jul 9, 2020,Registered use

彼らは私に理由を説明せずアカウントをブロックしました。彼らは利用条件に従ってこの決定がなされたと言うだけです。 このブローカーはお勧めしません。(Google翻訳)

出典:FPA

ricootje,Lisbon, Portugal,May 30, 2020,Registered user

カスタマーサービスは素晴らしいです。質問があればライブチャットですぐに助けてくれます。出金は私の銀行口座にすぐに着金します。(Google翻訳)

出典:FPA

Piusmakor21,Nigeria, Nigeria,May 27, 2020,Registered user

(一部抜粋)2020年3月10日、XMで発生した問題を投稿しました。 XMによって誤って実行された保留中の売りストップ注文があり、34ドルが私の取引口座から削除されました。本日2020年5月27日、34ドルが返金されたことをお伝えしたいと思います。 XMは、解決のために私に連絡するように努めました。そのために私は彼らを称賛します。彼らは本当に彼らに頼ることができることを示しています。(Google翻訳)

出典:FPA

 

国内トレーダーからは致命的な酷評がほとんどない

良い評判

  • 出金スピードが速すぎる
  • システムエラーによる顧客の損害はしっかり返金対応
  • 約定は滑らずビシッと決まる
  • サーバートラブルがない

悪い評判

  • スプレッドが広い
  • 最近、約定がよく滑る

次に、国内トレーダーからの評判を見てみましょう。

投稿はTwitterから引用しました。

利用者が多いだけあり、口コミの数も膨大です。そのため、良い評判もあればもちろん悪い評判もあります。

しかし、国内トレーダーからは海外トレーダーのような酷評はほとんど出ていません。

特に、出金スピードの速さには定評があります。これは企業としての誠実さを重視しているだけでなく、XM Trading社内の手続も非常にスムーズで十分な人数のスタッフで対応できている証拠だと思います。

不利なスリッページについての指摘がありますが、反対に全く滑らないという評判もあるので、約定力は銘柄・時間帯・タイミングによるでしょう。

サーバーは非常に安定していると好評です。一度、システムトラブルによって顧客に損害がでた際も、しっかり返金対応しているためユーザーからの信頼も暑いようです。

スプレッドの広さについての指摘もありますね。しかし、「XM Trading=スプレッドが広い」は、もはや一般認識となりつつあります。

高いコストは優れた取引環境とサービスを利用するためのコストとして考えるか、マイクロ口座・スタンダード口座であればロイヤルティプログラムを活用してコストダウンしましょう。

 

取引条件・ルール

XM Tradingの取引条件やルールを他社と比較しながら詳しく解説します。

なお、比較対象のFX業者は、初心者から上級者にまで人気のある大手FX業者や、比較的タイプの似ているFX業者から選別しているため、XM Tradingの強み弱みがより直感的に分かりやすくなっているかと思います。

 

口座タイプは3種類|最大レバレッジは888倍

口座タイプと取引条件
マイクロ スタンダード XM Zero
取引形態 NDD STP NDD STP NDD ECN
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
取扱銘柄 通貨ペア
貴金属
エネルギー
商品
株価指数
通貨ペア
貴金属
エネルギー
商品
株価指数
通貨ペア
貴金属
エネルギー
商品
株価指数
取引手数料 無料 無料 片道5通貨
スプレッド 1.6~1.8pips 1.6~1.8pips 0.0~0.3pips
ロット単位 1,000通貨 10万通貨 10万通貨
最小取引数量 MT4
0.01ロット
MT5
0.1ロット
0.01ロット 0.01ロット
最大取引数量 100ロット 50ロット 50ロット
最大ポジション数 200
ポジション
200
ポジション
200
ポジション
ストップレベル 4.0pips 4.0pips 4.0pips
スキャルピング 可能 可能 可能
自動売買 可能 可能 可能
両建て 可能 可能 可能
マージンコール 50% 50% 50%
ロスカット 20% 20% 20%
ゼロカット あり あり あり
取引ツール MT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5
口座通貨 JPY
USD
EUR
日本円
米ドル
ユーロ
日本円
米ドル
ユーロ
最低入金額 500円 500円 1万円
ボーナス 対象 対象 対象外

※ ロット単位・スプレッド・最小取引数量・最大取引数量・ストップレベルは「米ドル円」の値。
取引手数料は1ロットあたりの金額。
最低入金額は1ドル100円換算。

XM Tradingの口座タイプは、マイクロ口座・スタンダード口座・XM Zero口座の3種類です。

それぞれ最大レバレッジ・ロット単位・取引手数料・スプレッド・最低入金額・ボーナスの有無などが異なります。

各口座の特徴と使い方は以下の通り。

マイクロ口座の特徴と使い方

最大レバレッジ888倍・最小取引数量10通貨=0.01ロット(ロット単位1,000通貨)・最低入金額500円・ロスカット水準20%・キャンペーン対象なので、非常に少ない資金で取引できる口座です。しかし、その分だけ損益も小さいので、デモ口座とスタンダード口座の中間に位置する気軽な口座として初心者の人にはオススメです。

スタンダード口座の特徴と使い方

最大レバレッジ888倍・最小取引数量1,000通貨=0.01ロット(ロット単位10万通貨)・最低入金額500円・ロスカット水準20%・キャンペーン対象の最もポピュラーな口座です。口座開設ボーナス・入金ボーナスを活用して、しっかり稼ぎたいという人にオススメの口座です。

XM Zero口座の特徴と使い方

取引形態にECN方式を採用した中上級者向けの口座です。最大レバレッジは500倍に制限・最低入金額も1万円以上・キャンペーン対象外なので、ある程度の資金が最初に必要な口座です。取引の透明性は高くスプレッドも非常に狭いのですが、他の口座とは違い別途取引手数料が発生します。ただ、トータルコストで考えると最もお得な口座なので、スキャルピングや自動売買に有利な口座です。

では、具体的な取引条件について、さらに詳しく見ていきましょう。

 

通貨ペアは全57種類と一般的だが現物CFD・先物CFDが豊富

大手海外FX業者と比較

全取扱銘柄

XM Trading
AXIORY
AXIORY
TITAN FX
スタンダード
通貨ペア 57銘柄 62銘柄 57銘柄
貴金属 2銘柄(現物)
2銘柄(先物)
4銘柄 7銘柄
エネルギー 5銘柄(先物) 5銘柄 4銘柄
商品 10銘柄(先物) なし なし
株式 なし なし なし
株価指数 18銘柄(現物)
10銘柄(先物)
10銘柄 9銘柄
債券 なし なし なし
ETF なし なし なし
仮想通貨 なし なし なし

XM Tradingの取扱通貨ペアは57種類です。

南アランド円・トルコリラ円の取扱いはなく、海外業者としては一般的なラインナップですね。

しかし、その他のCFD銘柄はとても充実しています。

特に株価指数や貴金属は現物取引・先物取引を両方扱っているため、短期・長期どちらの取引戦略にも対応可能です。

XM Tradingの全取扱通貨ペアは以下の通り。

通貨ペア(クロス円)
AUD/JPY GBP/JPY
CAD/JPY NZD/JPY
CHF/JPY SGD/JPY
EUR/JPY USD/JPY
通貨ペア(クロスカレンシー)
AUD/CAD GBP/DKK
AUD/CHF GBP/NOK
AUD/NZD GBP/NZD
AUD/USD GBP/SEK
CAD/CHF GBP/SGD
CHF/SGD GBP/USD
EUR/AUD NZD/CAD
EUR/CAD NZD/CHF
EUR/CHF NZD/SGD
EUR/DKK NZD/USD
EUR/GBP USD/CAD
EUR/HKD USD/CHF
EUR/HUF USD/CNH
EUR/NOK USD/DKK
EUR/NZD USD/HKD
EUR/PLN USD/HUF
EUR/RUB USD/MXN
EUR/SEK USD/NOK
EUR/SGD USD/PLN
EUR/TRY USD/RUB
EUR/USD USD/SEK
EUR/ZAR USD/SGD
GBP/AUD USD/TRY
GBP/CAD USD/ZAR
GBP/CHF

+ 通貨記号

AUD:豪ドル、CAD:カナダドル、CHF:スイスフラン、CNH:オフショア人民元、DKK:デンマーククローネ 、EUR:ユーロ、GBP:英ポンド、HKD:香港ドル、HUF:ハンガリーフォリント、JPY:日本円、MXN:メキシコペソ、NOK:ノルウェークローネ、NZD:NZドル、PLN:ポーランドズウォティ、RUB:露ルーブル、SEK:スウェーデンクローナ、SGD:シンガポールドル、TRY:トルコリラ、USD:米ドル、ZAR:南アフリカランド

 

スプレッドなどコストは他社よりもかなり割高

代表的な通貨ペア0.1ロット(1万通貨)あたりの取引コストを他社と比較します。取引コストとは、「往復手数料+スプレッド」のことです。

なお、ここでは便宜上すべて日本円口座と仮定して計算・比較しています。実際の取引コストとは多少異なる場合があるので注意してください。

スタンダード口座を他社と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

スタンダード
AXIORY
スタンダード
TITAN FX
スタンダード
USD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.6~1.8pips 1.2~1.4pips 1.1~1.3pips
トータル 160~180円 120~140円 110~130円
EUR/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.1~2.5pips 1.2~1.6pips 1.2~1.5pips
トータル 210~250円 120~160円 120~150円
CAD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 3.0~3.3pips 1.5~1.8pips 1.8~2.0pips
トータル 300~330円 150~180円 180~200円
AUD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 3.0~3.4pips 1.5~1.9pips 1.3~1.7pips
トータル 300~340円 150~190円 130~170円
CHF/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 3.4~3.7pips 1.6~2.0pips 1.8~2.3pips
トータル 340~370円 160~200円 180~230円
GBP/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 3.5~3.8pips 1.5~1.9pips 1.9~2.1pips
トータル 350~380円 150~190円 190~210円
NZD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 3.0~3.2pips 1.8~2.2pips 2.1~2.3pips
トータル 300~320円 180~220円 210~230円
EUR/USD 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.7~1.9pips 1.0~1.3pips 1.1~1.3pips
トータル 180~201円 106~138円 117~138円

※ 0.1ロット=1万通貨。
※ スプレッドは2020年8月12日15時時台の変動幅。
※ 1ドル106円として計算。小数点以下四捨五入。
赤字は最も割高・青字は最もお得。

マイクロ口座・スタンダード口座は、取引手数料は無料ですが、スプレッドがやや広めの口座です。

ここでは、同タイプの他社口座としてAXIORYスタンダード口座・TITAN FXスタンダード口座と取引コストを比較します。

結果はXM Tradingが最も取引コストが割高となり、AXIORYとTITAN FXはほぼ同水準となりました。

AXIORYとTITAN FXは、業界でも取引コストの安い業者です。しかし、それを考慮したとしても、XM Tradingは高すぎますね。

ただ、XM Tradingのマイクロ口座・スタンダード口座では、取引するたびにボーナスと交換可能なポイントを貯められるロイヤルティプログラムというプロモーションを利用できるため、実質取引コストを削減可能です。

では、このプロモーションを考慮して、再度取引コストを比較してみましょう。

ロイヤルティプログラムを考慮して比較

0.1ロットあたりの取引コスト

スタンダード
AXIORY
スタンダード
TITAN FX
スタンダード
USD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.6~1.8pips 1.2~1.4pips 1.1~1.3pips
トータル 103~123円 120~140円 110~130円
EUR/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.1~2.5pips 1.2~1.6pips 1.2~1.5pips
トータル 153~193円 120~160円 120~150円
CAD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 3.0~3.3pips 1.5~1.8pips 1.8~2.0pips
トータル 243~273円 150~180円 180~200円
AUD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 3.0~3.4pips 1.5~1.9pips 1.3~1.7pips
トータル 243~283円 150~190円 130~170円
CHF/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 3.4~3.7pips 1.6~2.0pips 1.8~2.3pips
トータル 283~313円 160~200円 180~230円
GBP/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 3.5~3.8pips 1.5~1.9pips 1.9~2.1pips
トータル 293~323円 150~190円 190~210円
NZD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 3.0~3.2pips 1.8~2.2pips 2.1~2.3pips
トータル 243~263円 180~220円 210~230円
EUR/USD 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.7~1.9pips 1.0~1.3pips 1.1~1.3pips
トータル 123~144円 106~138円 117~138円

※ 0.1ロット=1万通貨。
※ スプレッドは2020年8月12日15時時台の変動幅。
※ 1ドル106円として計算。小数点以下四捨五入。
赤字は最も割高・青字は最もお得。

ロイヤルティプログラムでは、最高ランクのエリートステータスになると0.1ロットあたり最大57円のボーナスがもらえます。

このボーナスを考慮しても、全体的にAXIORY・TITAN FXの安さには流石に及びませんでしたが、業界平均レベルの取引コストには抑えられました。

では次に、XM Zero口座の取引コストも見てみましょう。

XM Zero口座を他社と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

XM Zero
GKFX PRIME
ECNゼロ
BigBoss
プロスプレッド
USD/JPY 往復手数料 1ドル 1ドル 0.9ドル
スプレッド 0.0~0.3pips 0.2~0.3pips 0.4~0.6pips
トータル 106~136円 126~136円 135~155円
EUR/JPY 往復手数料 1ユーロ 1ドル 0.9ドル
スプレッド 0.3~0.6pips 0.6~0.9pips 0.9~1.1pips
トータル 155~185円 166~196円 185~205円
CAD/JPY 往復手数料 1加ドル 1ドル 0.9ドル
スプレッド 1.3~1.4pips 0.5~0.6pips 1.2~1.4pips
トータル 210~220円 156~166円 215~235円
AUD/JPY 往復手数料 1豪ドル 1ドル 0.9ドル
スプレッド 0.9~1.2pips 0.3~0.6pips 0.9~1.3pips
トータル 166~196円 136~166円 185~225円
CHF/JPY 往復手数料 1スイスフラン 1ドル 0.9ドル
スプレッド 0.8~1.1pips 0.8~1.0pips 1.8~2.2pips
トータル 196~226円 186~206円 275~315円
GBP/JPY 往復手数料 1ポンド 1ドル 0.9ドル
スプレッド 1.0~1.3pips 0.9~1.4pips 1.1~1.6pips
トータル 239~269円 196~246円 205~255円
NZD/JPY 往復手数料 1NZドル 1ドル 0.9ドル
スプレッド 1.9~2.1pips 0.8~1.2pips 1.5~1.8pips
トータル 260~280円 186~226円 245~275円
EUR/USD 往復手数料 1ユーロ 1ドル 0.9ドル
スプレッド 0.0~0.4pips 0.1~0.4pips 0.7~1.0pips
トータル 125~164円 117~148円 170~201円

※ 0.1ロット=1万通貨。
※ スプレッドは2020年8月12日15時時台の変動幅。
※ 1ドル106円・1ユーロ125
円・1加ドル80円・1豪ドル76円・1スイスフラン116円・1ポンド139円・1NZドル70円として計算。小数点以下四捨五入。
赤字は最も割高・青字は最もお得。

XM Zero口座は、スプレッドが非常に狭い反面、別途取引手数料が1ロットあたり片道5通貨(0.1ロットあたり往復1通貨)発生します。

そのため、ここでは取引コストの金額が近い同タイプの他社口座として、GKFX PRIMEのECNゼロ口座とBigBossのプロスプレッド口座と比較しました。

米ドル円・ユーロ円であればXM Tradingが最も安く、その他の通貨ペアは全体的にGKFX PRIMEが最も安く、BigBossが最も割高、XM Tradingがその中間くらいの水準でした。

XM Zero口座は先ほどのロイヤルティプログラム対象外なので、取引コストはこれ以上削減できません。

XM Tradingは、いずれの口座も取引形態にNDD方式が採用しており、「リクオートなし」「執行率は100%」「注文拒否なし」「約定スピードは全注文の99.35%を1秒未満で執行」など、高い約定力を売りとしています。

そのため、スキャルピングや自動売買向きではあるものの、取引コストだけならもっと安く抑えられる他社口座はたくさんあります。

以下の記事も参考にして、利用するかどうか検討してみてください。

海外FX業者11社|実際のスプレッドを比較しました(平常時・早朝・窓空け・重要指標発表時)

海外FX業者を選ぶときに、まず気になるのは 「どのくらいスプレッドが狭く安定しているか?」 という点ですよね? 今回は、海外FX業者11社分のスプレッド計測データをもとに、スプレッドの広がり方の特徴を ...

続きを見る

XMはスプレッドが広いのに一番人気の理由とは?通貨ペア一覧で海外FX業者と比較してみた

2009年に設立されたXMは、日本人トレーダーの多くが利用する総合力の高い海外FX業者です。 しかし、すべてが平均以上というわけではありません。 XMってスプレッド広いよね 片道5ドルの手数料って高す ...

続きを見る

XM
XM Zero口座の取引手数料の考え方|トータルでメリットが多いのは?

この記事では、「取引手数料がちょっと高い」と言われてしまうことの多いXM Zero口座を中心に、海外FXを利用する上で知っておくと役立つ情報をお伝えします。 流れとしては、「①XM Zero口座の特徴 ...

続きを見る

 

スワップポイントはマイナスばかり|長期トレードには不向き

代表的な通貨ペア0.1ロット(1万通貨)あたりのスワップポイントを他社と比較します。

なお、前述の取引コストと同様、ここでは便宜上すべて日本円口座と仮定して計算・比較しているため、実際のスワップポイントとは多少異なる場合があるので注意してください。

大手海外FX業者と比較

0.1ロットあたりのスワップポイント
XM Trading
XM Trading
TITAN FX
TITAN FX
AXIORY
AXIORY
USD/JPY -18円 -42円 -22円 -40円 -21円 -41円
EUR/JPY -45円 -22円 -40円 -11円 -36円 -16円
CAD/JPY -26円 -39円 -11円 -23円 -14円 -23円
AUD/JPY -25円 -38円 -9円 -24円 -15円 -29円
CHF/JPY -67円 -27円 -44円 -2円 -41円 -3円
GBP/JPY -29円 -46円 -39円 -53円 -36円 -58円
NZD/JPY -20円 -38円 -13円 -17円 -13円 -17円
EUR/USD -59円 -8円 -38円 -10円 -48円 0円
TRY/JPY - - - - 22円 -38円
ZAR/JPY - - 3円 -11円 6円 -11円

※ 2020年8月13日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。
1ドル106円として計算。小数点以下四捨五入。
赤字は支払い・青字は受取り。

XM Tradingのスワップポイントは、多くの海外FX業者と同様にマイナススワップばかりです。

スワップポイントはFX業者が決定するもので定期的に更新されますが、XM Tradingではまずもらえないと思ったほうが良いでしょう。

大手国内FX業者と比較

0.1ロットあたりのスワップポイント
XM Trading
XM Trading
GMOクリック証券
GMOクリック証券
SBI FXトレード
SBI FXトレード
USD/JPY -18円 -42円 6円 -9円 7円 -10円
EUR/JPY -45円 -22円 -12円 9円 -12円 9円
CAD/JPY -26円 -39円 5円 -8円 2円 -7円
AUD/JPY -25円 -38円 4円 -7円 3円 -6円
CHF/JPY -67円 -27円 -20円 17円 -18円 15円
GBP/JPY -29円 -46円 7円 -10円 9円 -12円
NZD/JPY -20円 -38円 4円 -7円 7円 -10円
EUR/USD -59円 -8円 -23円 20円 -27円 22円
TRY/JPY - - 18円 -21円 25円 -30円
ZAR/JPY - - 4円 -7円 5円 -6円

※ 2020年8月13日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。
1ドル106円として計算。小数点以下四捨五入。
赤字は支払い・青字は受取り。

国内FX業者と比較すればその差は一目瞭然。

スワップポイント狙いの長期トレードは国内FX業者を利用しましょう。

 

スキャルピング・自動売買に制限なし

XM Tradingでは、スキャルピングに制限はありません。

もちろん、EAを使った自動売買も可能です。

初めてXM Tradingでスキャルピングをする人は、以下の記事も参考にしてください。注意点やコツを解説しています。

XM
XMはスキャルピング禁止ではないがゼロ口座よりも良い海外業者がある

ネットのうわさで XMではスキャルピングを禁止している XMでスキャルピングをしたら口座凍結された などというものを見たことはありませんか。 結論から言えば、XMはスキャルピングOKでEAを使ってスキ ...

続きを見る

 

口座残高増加によるレバレッジ制限に注意

マイクロ口座・スタンダード口座の最大レバレッジは888倍ですが、XM Zero口座は最大レバレッジが500倍に制限されています。

また、このほかにも口座残高によっても最大レバレッジは制限されるので注意してください。これは全口座共通です。

口座残高によるレバレッジ制限

  • 口座残高200万円以上:200倍に制限
  • 口座残高1,000万円以上:100倍に制限

詳細は以下の記事を参考にしてください。他社とのレバレッジ制限の比較・CFD銘柄のレバレッジ・レバレッジ制限の解除方法などについて解説しています。

XMのレバレッジルール徹底解説!レバレッジ規制やロット制限の解除など

海外FX業者の中でも、高いレバレッジでトレードできることで知られるXM Trading(以下XM)。 この記事では、XMのレバレッジルールについて、他社と比較しながら詳しく解説していきます。 まず、X ...

続きを見る

 

ロスカット率は20%・ゼロカットあり

XM Tradingでは、マージンコールが証拠金維持率50%、ロスカットが証拠金維持率20%で発動します。

海外FX業者のロスカット水準としては、非常に一般的です。

また、XM Tradingではゼロカットを導入しています。

急激な相場変動によりロスカットが間に合わずマイナス残高が発生した場合でも、追証は発生しません。

マイナス残高はXM Tradingの負担となり、トレーダーの口座残高はゼロにリセットされます。

 

取引ツール・サービス

取引ツールはMT4・MT5が両方使える

取引ツールの種類
対応機種・OS 自動売買
インジケータ追加
MT4 ダウンロード Windows 可能
ブラウザ Windows・mac 不可
アプリ Android・iOS 不可
MT5 ダウンロード Windows 可能
ブラウザ Windows・mac 不可
アプリ Android・iOS 不可
cTrader ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし
独自ツール ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし

取引ツールは、定番のMT4(MetaTrader4)と最新版のMT5(MetaTrader5)が両方使えます。

MT4とMT5が両方使える業者のメリットは、MT4からMT5への移行がしやすいという点ですね。

現在、海外FXトレーダーの多くは依然としてMT4を使い続けており、高機能であるはずのMT5はまだまだ普及していません。

MT5が普及しない主な理由は、MT4とMT5とではEAやインジケータに互換性がないためです。

EAやインジケータというのは、仕組みやスペックがそのまま取引成績に直結する極めて重要なプログラム。トレードスタイルそのものと言っても過言ではないでしょう。

とはいえ、今後はMT5が主流になることは間違いないので、トレーダーはいずれMT5に移行せざるを得ません。

そのため、業者がMT4・MT5を両方採用していてくれると、少しずつMT5への移行準備を進めることが可能です。

ユーザーの実情をよく把握できている業者というのは、このような細かなところまでサービスが行き届いています。

MT4・MT5の違いについては、以下の記事をご覧ください。

MT4とMT5はどっちがいい?スマホアプリ・PCの違いを比較

MetaQuotes社が開発した、パソコン・スマホ対応の高機能取引ツール、MetaTrader4、MetaTrader5(以下、MT4、MT5)は、海外FXをする上では欠かすことのできないツールです。 ...

続きを見る

MT4・MT5は、Windows対応のダウンロードタイプ、Windows・mac対応のブラウザタイプ、Android・iOS対応の専用アプリがリリースされています。

この内、自動売買のためのEA(Expert Adviser)やカスタムインジケータをインストールできるのは、Windows対応のダウンロードタイプだけなので注意しましょう。

スマホ・タブレットでは自動売買はできません。macユーザーの場合は、以下の記事で対処方法を解説しているので参考にしてください。

macでMT4を動作させる方法まとめ

MT4(MetaTrader4)はWindows専用ソフトなので、通常であればmacにインストールすることはできません。 そのため、これまでmacユーザーは一部の海外FX業者からダウンロードできる「m ...

続きを見る

 

無料でVPSサーバーが使える

XM Tradingでは、毎月5,000ドル以上の口座残高(有効証拠金-ボーナス)と5ロット以上の取引を維持すれば、無料でVPSサーバーが利用可能です。

また、このVPSサーバーは月額28ドル支払えば誰でも利用できるので、約定スピードを重視する人や自動売買でEAを安定稼働させたい人は利用を検討してみても良いでしょう。

XM Trading無料VPSサーバーのスペックや、他社との比較は以下の記事を参考にしてください。

MT4のEAが使えるVPS!Windowsデスクトップ比較

MT4で本格的に自動売買をするなら、VPSサービスまたはWindowsデスクトップと呼ばれるレンタルサーバーが必須です。 自動売買で稼ぐには、パソコン・MT4・EAを常時稼働させつつ、安定した通信回線 ...

続きを見る

 

日本語対応の動画コンテンツ・動画セミナーが充実

XMが他の海外FX業者と異なるのは、投資初心者向きのコンテンツがとても充実しています。

しかも、全て日本語対応です。いかに日本人トレーダーを重視した運営をしているのかが分かりますね。

公式サイトでは、次のような各種情報サービスが提供されています。

 

動画でマーケット分析レポートを視聴可能

経済ニュースは日本人スタッフが動画で配信しています。

バックナンバーも視聴可能です。

 

日本語対応のWEBセミナー

予約登録をすることで、日本人講師によるオンラインセミナーを受講できます。

開催頻度がとても多く、基本的なものから一歩踏み込んだものまで、とても充実した内容です。

数ある海外業者の中で、日本人向けにセミナーを開催している業者はほとんどありません。

 

動画マニュアルも充実

取引ツールの動画マニュアルも提供されています。

初心者の人が疑問を抱きやすいポイントがしっかり解説されていて、非常に分かりやすい内容です。

MT4・MT5を初めて使う人は、この動画を見るだけでも十分使いこなせるようになるかと思います。

 

無料の取引シグナルがプリインストール

MT4・MT5には、無料で使える取引シグナルが初めからインストールされています。

シグナルは1日に2回更新され、エントリー・利益確定・損切りのタイミングが配信されます。

 

有料の取引シグナルも購入可能

MQL5コミュニティで提供されている有料の取引シグナルも購入できます。

直接、取引ツールから購入・セットアップが可能です。

 

日本語対応の経済カレンダー

経済カレンダーは、詳細情報まで日本語でチェックできます。

 

便利なFX計算ツールが充実

XMでは、上記6種類の計算ツールが利用可能です。

ただし、証拠金維持率やロスカットまでの値幅の計算ツールはありません。

 

キャンペーン・ボーナス

XM Tradingでは、キャンペーン・ボーナスを常時開催しています。

他社のように、期間限定かつ短期間のキャンペーンではないので、口座開設を焦る必要はありません。

ただし、口座タイプによってはキャンペーン・ボーナスの対象外です。

ルールも結構複雑なので、勘違いからボーナスがもらえなかったり失ってしまったりする可能性もあるので注意してください。

ここでは各キャンペーンのポイントと注意点を分かりやすく解説するので、口座開設手続前やキャンペーン申込前に目を通しておくと良いかと思います。

 

口座開設ボーナス3,000円(常時開催)

キャンペーン概要
キャンペーン期間 常時開催
キャンペーン対象口座 全口座
キャンペーン内容 口座開設ボーナス3,000円

XM Tradingでは、口座開設者全員にボーナス3,000円がプレゼントされます。

このキャンペーンの主な特徴と注意点は以下の通りです。

ココがポイント

  • 口座開設だけでボーナス3,000円獲得
  • 資金利益は出金可能

ココに注意

  • ボーナスは出金不可
  • 資金利益出金のたびに一定ボーナス消滅(以下参照)
  • 消滅ボーナス額 = 保有ボーナス × 出金比率
    ※ 出金比率 = 口座にある出金可能残高と出金申請額との割合

未入金で取引を始められるのは嬉しいですよね。

ボーナスは出金できず、資金利益を出金するたびに一定のボーナスが消滅する点に注意してください。

 

100%+20%入金ボーナス(常時開催)

キャンペーン概要
キャンペーン期間 常時開催
キャンペーン対象口座 マイクロ口座・スタンダード口座
キャンペーン内容 100%・20%入金ボーナス

XM Tradingでは、入金額に応じてボーナスがもらえる、100%+20%入金ボーナスも常時開催しています。

このキャンペーンの主な特徴と注意点は以下の通りです。

ココがポイント

  • 初回入金だけでなく追加入金もボーナス対象
  • 入金5万円までは100%入金ボーナス(上限5万円)
  • 入金5~225万円までは20%入金ボーナス(上限45万円)
  • 資金利益は出金可能

ココに注意

  • ボーナスは出金不可
  • 資金利益出金のたびに一定ボーナス消滅(以下参照)
  • 消滅ボーナス額 = 保有ボーナス × 出金比率
    ※ 出金比率 = 口座にある出金可能残高と出金申請額との割合

このキャンペーンでは、初回入金だけでなく追加入金もボーナスの対象となります。

もらえるボーナス上限は50万円です。

ただし、入金5万円までは100%ボーナスですが、入金5万円〜225万円までは20%入金ボーナスとなるので注意してください。

入金ボーナスの獲得例は以下の通りです。

入金ボーナスの獲得例
入金額 100%
ボーナス
20%
ボーナス
ボーナス
合計
取引資金
500円 500円 - 500円 1千円
5万円 5万円 - 5万円 10万円
10万円 5万円 1万円 6万円 16万円
50万円 5万円 9万円 14万円 64万円
100万円 5万円 19万円 24万円 124万円
200万円 5万円 39万円 44万円 244万円
230万円 5万円 45万円 50万円 280万円
300万円 5万円 45万円 50万円 350万円

※:1ドル100円換算。

このボーナスも出金できず、資金利益を出金するたびに一定のボーナスが消滅します。また、このキャンペーンはXM Zero口座は対象外なので注意してください。

 

ロイヤルティプログラム(常時開催)

キャンペーン概要
キャンペーン期間 常時開催
キャンペーン対象口座 マイクロ口座・スタンダード口座
キャンペーン内容 ボーナスに交換可能なポイントプログラム

ロイヤルティプログラムは、取引数量に応じてボーナスに交換可能なポイントが貯まる、シンプルな取引キャッシュバックキャンペーンです。

このキャンペーンの主な特徴と注意点は以下の通り。

ココがポイント

  • 取引1ロットあたり7〜16XMP獲得(以下参照)
  • 1XMPにつき0.33ドル分のボーナスと交換可能(1XMP÷3)
  • 獲得できるXMPに上限はない

ココに注意

  • ポジション保有時間10分以上の取引のみカウント
  • 一定期間取引がないと保有XMP消滅かつステータスがエグゼクティブに戻る
1ロットあたりの獲得XMPとボーナス
ステータス エグゼクティブ ゴールド ダイヤモンド エリート
取引期間 登録のみ 30日以上 60日以上 100日以上
XMP 7XMP 10XMP 13XMP 16XMP
ボーナス 約247円 約353円 約459円 約565円

※ 1ロット=10万通貨。1ドル106円換算。小数点以下四捨五入。

取引するとXMPと呼ばれる独自ポイントが貯まっていきます。

1XMPにつき0.03ドルの現金と交換できます

取引期間に応じた4つのステータスがあり、最高ランクのエリートであれば1ロットあたり565円もらえます。

獲得できるXMPに上限はないので、実質取引コストを削減可能です。

ただし、XMP付与対象となるポジションの保有時間や、XMP消滅条件などに注意してください。

XM Tradingのキャンペーンについては以下の記事でも詳しく解説しています。

XMの100%入金ボーナス・新規口座開設3000円の受け取り方!出金条件や消滅・リセット条件も徹底解説

XMでは、次の3種類のボーナスがあります。 3,000円ボーナス(未入金ボーナス) 100%ボーナス+20%ボーナス(入金ボーナス) ロイヤルティプログラム(取引ボーナス) ボーナスの金額だけなら、も ...

続きを見る

 

口座開設・入出金

必要書類は本人確認書類と現住所確認書類

口座開設の際は、本人認証のため以下の書類の画像データが必要となります。

書類全体が写るよう鮮明に撮影したものをあらかじめ用意してください。

顔写真の有無・有効期限・発行日などに注意しましょう。

本人確認書類(有効期限内・写真付き・両面)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • IDカード

現住所確認書類(発行から6ヶ月以内)

  • 銀行明細書
  • クレジットカード明細書
  • 公共料金領収書など
画像形式は、GIF・JPG・PNG・PDF形式で保存してください。

本人確認書類が準備できたらXM 公式サイトにアクセスして、口座開設と必要書類のアップロードしましょう。

手順は以下の通り非常に簡単です。

XM Trading公式サイトTOPにある口座を開設するをクリックしてください。

 

基本となる個人情報をローマ字表記で入力してください。

 

取引プラットフォームタイプはMT4・MT5、口座タイプはマイクロ・スタンダード・Zeroから選択します。

 

個人情報・住所詳細を入力します。

氏名は全角カナ表記、住所はローマ字表記で入力してください。

 

基本通貨は日本円・米ドル・ユーロ、レバレッジは1・2・3・5・10・15・20・25・50・66・100・200・300・400・500倍・888倍から選択、口座ボーナスをもらうためにはいを選択してください(Zero口座のレバレッジは最大500倍です)。

 

投資歴や純資産を選択します。

 

口座パスワードは小文字、大文字、数字を含めて設定してください。

 

利用規約やメール受信などについて同意し、リアル口座開設ボタンをクリックしてください。

 

登録メールアドレスに届いたメール本文にあるEメールアドレスをご確認くださいをクリックすれば口座開設完了です。

 

口座IDがメールで届きます。

メール本文にある会員ページへログインしようをクリックしてください。

 

口座IDとパスワードを入力してログインをクリックしてください(複数の口座を開設済みであれば、いずれかの口座IDとパスワードでログイン可能です)。

 

口座を有効化して取引ボーナス3,000円をもらうためには、会員ページTOPにある今すぐ口座を有効化するをクリックしてください。

 

マイナンバーを入力して送信をクリックします。

分からなければ後で知らせるをクリックしてください。

 

参照をクリックして、あらかじめ用意していた身分証明書と住所確認書類の画像データのファイルを指定します。

裏面にも記載事項がある場合は、一度表面をアップロードしてから再度裏面をアップロードすればOKです。

最後にに書類をアップロードするをクリックすれば手続完了です。

あとは、本人認証が完了するのを待ってください。

 

入出金方法に不足なし|bitwallet・STICPAYが使える

入金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA 500円 即時 無料
master 500円 即時 無料
JCB なし
オンライン
ウォレット
bitwallet 500円 即時 無料
STICPAY 500円 即時 無料
BXONE 500円 即時 無料
仮想通貨 BTC なし
ETH なし
XRP なし
銀行送金 国内 500円 最短当日 1万円以上無料
1万円未満980円
海外 なし
出金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA 500円 最長5営業日 無料
master 500円 最長5営業日 無料
JCB なし
オンライン
ウォレット
bitwallet 500円 最長1営業日 無料
STICPAY 500円 最長1営業日 無料
BXONE 500円 最長1営業日 無料
仮想通貨 BTC なし
ETH なし
XRP なし
銀行送金 国内 なし
海外 1万円 最長5営業日 無料

※:金融機関・決済サービス会社・取引所で発生する入出金手数料・送金手数料等は別途自己負担。1ドル100円換算。

XMは入出金方法がとても充実しており、クレジットカードおよびデビットカード、オンラインウォレット、国内銀行送金に対応しています。

対応カードブランドは、VISA・MasterCardです。

オンラインウォレットは、以前はNETELLER(ネッテラー)やSkrill(スクリル)が利用できましたが、この2社は日本から撤退しました。

代わりにbitwallet・STICPAY・BXONEといったオンラインウォレットで出金ができるようになり、格段に利便性が向上しています。

入出金手数料はほとんど無料ですが、国内銀行送金による1万円未満の入金の場合にだけ一律980円の手数料が発生します。

最低入出金額も500円ですが、XM Zero口座への入金と海外銀行送金による出金は1万円以上なので注意してください。

口座タイプ別 最低入金額
口座タイプ 最低入金額
マイクロ口座 500円
スタンダード口座 500円
XM Zero口座 1万円

※:1ドル100円換算。

基本的に入出金には、オンラインウォレットの利用をオススメします。

口座反映は即時ですし、入出金コストも格安です。

ただ、クレジットカードや国内銀行送金など、その他の手段で入金した場合 、条件によっては海外銀行送金しか出金できない場合も出てきます。

その際、XM Tradingでは以下の銀行を出金先銀行口座として指定できないので注意してください。

出金先に指定できない銀行

  • ゆうちょ銀行
  • じぶん銀行
  • みずほ銀行(インターネット支店のみ)
  • ジャパンネット銀行
  • セブン銀行
  • 新生銀行

XM Tradingの入出金方法については以下の記事も参考にしてください。

XMの入金・出金方法すべて!おすすめはVISAカードかbitwallet!入出金できない場合の対処法

XMの入金方法は、クレジットカード・デビットカード(VISAカード・JCBカード)、国内送金(楽天銀行宛)、bitwallet、Stickpayと非常に多彩です。 しかも、XMでは基本的に入金手数料は ...

続きを見る

 

カスタマーサポート

日本人スタッフ在籍|高品質な日本語サポート

サポート窓口
日本語対応 受付時間
電話 なし
メール 可能 常時受付
専用フォーム 可能 常時受付
チャット 可能 日本語対応は平日9〜21時
英語対応は平日24時間

XM Tradingbのサポート窓口は、メール・専用フォーム・チャットの3種類です。日本人スタッフもしっかり在籍しています。

実際に問い合わせをしてみたところ、レスポンスは非常に早く丁寧な対応が印象的でした。

英語サポートは平日24時間対応なのですが、日本語対応は平日9〜21時なので注意してください。

また、チャットは日本語対応がオフラインになっていることが多いので、基本的に問い合わせはメールを使うことが多いと思います。

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FXの口座開設ボーナス比較

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

 

2020年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

-XMTrading, 海外FX口座レビュー

© 2020 海外FX Wiki