MILTON MARKETSの評価|評判・安全性について(ミルトンマーケッツ)


2016年に設立した「MILTON MARKETS(ミルトンマーケッツ)」は、取引条件・日本語サポート・キャンペーンなどを積極的に改善しており、以前に比べて格段に使いやすく生まれ変わった海外FX業者です。

ネットやSNSではすでにMILTON MARKETSをオススメする情報がたくさん見つかるので、気になっている人も多いのではないでしょうか?

この記事では、MILTON MARKETSの特徴を口コミも交えつつさまざまな角度から徹底解説します。これからMILTON MARKETSで取引を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

まずは、気になるメリット・デメリット・ポイントを見てみましょう。

メリット

  • 最大レバレッジ1,000倍
  • 1,000通貨から取引可能
  • 約定スピードが0.1秒と高速
  • スキャルピング・自動売買に制限なし
  • 通貨ペア数は一般的だがその他CFD銘柄は充実
  • スプレッドの狭さが最大のメリット
  • スリッページ保証あり
  • 日本語公式サイト・マイページが見やすい
  • 丁寧な日本語サポートが平日24時間営業
  • 入金ボーナスキャンペーンを頻繁に開催
  • 入出金にbitwalletが利用可能

デメリット

  • 金融ライセンスはマイナーなバヌアツで取得
  • 過去に親会社が破綻・オーナーは詐欺で逮捕
  • 信託保全なし・分別管理のみ実施
  • ロスカット水準が50%とやや高め
  • レバレッジ制限がキツイ
  • 取引ツールはMT4のみ
  • 初回入金額が3万円以上と高い
  • 入出金方法は海外銀行送金・bitwalletの2種類のみ
  • リアルな口コミ・評判が皆無

ココがポイント

  • 信頼性・安全性を重視しており手厚い日本語サポートあり
  • プロモーション活動が活発なので知名度急上昇中
  • 継続利用するならある程度まとまった資金が必要

MILTON MARKETSは、以前から「分かりやすさ」「敷居の低さ」に定評のある海外FX業者です。

海外FXで心配なのはやはり言葉の問題だと思いますが、MILTON MARKETSには以前から手厚い日本語サポートもあります。

また、肝心の取引条件も良く、最大レバレッジ1,000倍・スキャルピングや自動売買に制限なし・1,000通貨からの少額取引が可能など、一般的なトレーダーなら文句なしのスペックです。

特に、スプレッドの狭さはMILTON MARKETS最大の特徴と言えるでしょう。ただし、レバレッジ制限・ロスカット率・初回入金額・入出金方法の種類は他社よりも不利です。

口座開設ボーナス5千円がもらえるので入金しなくても取引できますが、継続的に利用するとなるとある程度のまとまった資金が必要になると思います。

それでは、MILTON MARKETSの信頼性・安全性・口コミ・取引条件・その他サービスについて、さらに詳しく見ていきましょう。

MILTON MARKETSの公式サイトはこちら

信頼性・安全性

運営会社の実態が不透明な海外FX業者には注意してください。

そのような業者は、突然の倒産や日本撤退の危険性がありますし、取引操作・出金拒否・利益取消といったトレーダーの不利益に繋がる行為を平気で行う悪徳業者・詐欺業者も多いからです。

自分の大切な資金を守るためにも、最低限、会社の所在地・金融ライセンス・資金の管理体制がしっかり公開されている業者を利用するようにしましょう。

 

金融ライセンスはバヌアツVFSCで取得

会社情報
運営会社 Milton Markets Ltd.
設立 2016年2月
登録住所 バヌアツ共和国
2nd Floor, Transpacific Haus
Lini Highway Port Vila, Vanuatu
金融ライセンス VFSC:バヌアツ金融サービス委員会
(登録番号:40370)

MILTON MARKETSの過去を調べると、いくつかの経営上のトラブルを経験しており、トレーダーからはネガティブな評判も出ています。

しかし、現在それらの問題は一通りクリアされており、日々取引条件・サービスを改善しながらしっかり運営されているようです。

そのため、「経営は本当に大丈夫なの?」と、そこまで警戒しなくても大丈夫だと思います。

運営会社は2016年に設立した「WSM INVEST LIMITED」で、現在は「Milton Markets Ltd.」に社名に変更しています。

「WSM INVEST LIMITED」時代には、ニュージーランドFSPの金融ライセンスを取得していましたが、規制強化に伴い2017年5月に登録を解除されてしまいました。

海外FX業者がハイレバレッジ・ボーナスなど自由なサービスを提供していくためには、規制の緩いオフショアなどで営業する必要があります。

しかし、しっかりとした金融ライセンスを取得したり保険や紛争解決機関に加盟したりしなければ、トレーダーからの信頼は得られません。

このサービスと信頼性は相反するので、バランスの取り方が非常に難しいところなんですが、MILTON MARKETSはとてもうまく対処しています。

MILTON MARKETSは、一旦セントビンセント・グレナディーンに会社を移転させ、社名も「Milton Markets Ltd.」に変更。

最終的には、会社をバヌアツに移転させVFSCの金融ライセンスも取得し、サービスと信頼性を両立させた上で再出発を果たしています。

また、2017年には親会社だった「Gallant Capital Markets Ltd」が破綻しており、オーナーも詐欺とマネーロンダリングの疑いでチェコ警察に逮捕されるという大きな事件がありました。

MILTON MARKETSは、公式サイト上に「親会社の破綻は当社の運営に影響なし」との声明をいち早く発表。

今後も完全に独立した経営を維持できる旨を周知したことにより、顧客・取引先からの信頼を維持することに成功しています。

 

分別管理あり・信託保全なし

MILTON MARKETSでは、トレーダー資金と業者資金を大手国際銀行にて明確に分別管理をしています。

公式サイトでは「万が一、倒産した場合でも、顧客資産が債務の返済に充てられることはない」と明記されていますが信託保全制度は採用していないので、全額返還される保証はありません。

2017年に親会社が破綻した際、顧客への対応姿勢と顧客資金保護を優先した点は評価されていますが、信頼性・安全性の面ではいまだに不透明な部分が多いのも事実です。

 

日本の金融庁から警告を受けている

MILTON MARKETSは日本の金融庁から「無登録で金融商品取引業等を行う者」として警告を受けています。

日本の法律上、「海外FX業者が日本居住者にサービスを提供すること」「日本居住者が海外FX業者のサービスを使って取引すること」は合法です。

しかし、海外FX業者が日本居住者を対象に勧誘行為(プロモーション活動)を行うことは明確に禁止されています。

外国証券業者に関する法律第3条により、外国証券業者が国内にある者を相手に証券取引行為を行う場合には、国内に支店等の営業拠点を設け、監督当局の登録を受けなければなりません。本規定に違反した場合は、同法第45条及び第50条の罰則が課せられます。

しかし、登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。

ここで言う「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。

出典:金融庁「外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制」

つまり、海外FX業者が日本語公式サイトを運営したり日本語でキャンペーンを告知したりすることがマズいという訳です。

そのため、日本人に人気ある海外FX業者のほとんどは、すでにこの警告を受けてしまっているのが現状です。

ただ、この警告には行政処分や業務停止命令といった効力は一切ありません。今のところ金融庁からの嫌がらせのようなものだと考えてください。

上記の警告は、会社住所がセントビンセント・グレナディーンになっているため現在のバヌアツに移転する前のものですが、気になるのが備考欄に記載された「所在地が、HF Markets (SV) Ltdと同一」という部分。

「HF Markets (SV) Ltd」は、海外FX業者HotForexの日本向けアカウント運営会社です。

HotForexとの関わりについては不明ですが、時系列からしても「Gallant Capital Markets Ltd」の破綻に伴い、親会社が「HF Markets (SV) Ltd」に変わったという可能性も考えられるのではないでしょうか?

 

口コミ・評判

ここでは、海外トレーダー・国内トレーダーの口コミの一部をご紹介します。ただ、投稿者にはさまざまな事情があります。すべて鵜呑みにはせず、以下のような点に注意してご覧ください。

  • 口座・銘柄・数量・注文方法・時間帯が違う
  • 裁量取引・自動売買などトレードスタイルが違う
  • VPSサーバーの有無・通信状態・スペックが違う
  • トレードスタイルがFX業者の禁止行為に抵触している
  • 投稿時期が違うため業者のサービス内容が変わっている
  • 負けた腹いせによる誹謗・中傷・愚痴にすぎない
  • アフィリエイターやライバル会社による虚偽の投稿

 

海外トレーダーからの評判はほとんど見当たらない

海外最大級のFX掲示板FPA(ForexPeaceArmy.com)は、海外FX業者の評価を知る上でとても参考になるサイトです。

現在のところ、FPAには日本人によるレビューが1件あるだけでした。内容は出金についての苦情です。

しかし、ボーナス利用規約・取引規約に違反した可能性もあるので、これだけでは何も判断できません。

 

国内トレーダーからの評判は上々

良い評判

  • ゴールドのスプレッドがとても狭い
  • ちゃんと出金できるサポートの返信が早い
  • リニューアル後の取引条件がとても良い

悪い評判

  • 出金拒否された

国内でもアクティブトレーダーからの口コミはほとんど見当たりませんでしたが、SNSや掲示板で見つかった数少ない口コミでの評判は上々です。

MILTON MARKETSは、完璧な日本語公式サイト・日本語サポートを提供しており、設立間もない新興業者というほどでもないので、このリアルな口コミの少なさには少し違和感を覚えます。

目に付くのは、ほとんどアフィリエイトやIBのプロモーション活動ばかりです。

ただし、口コミや評判というものは、負けた人が怒りぶつける手段としても使われますし、良い業者ほど他人には教えたくないという心理的傾向もあります。

そのため、ユーザーの満足度が非常に高いのかもしれませんし、実はMILTON MARKETSを使っているユーザーはごく少数なのかもしれません。

口座開設者数や取引高なども公開されておらず、何かしらの受賞歴もないようなのでなんとも言えませんが、営利目的のプロモーション活動が盛んに行われているという点は覚えておいてください。

435名無しさん@お金いっぱい。
2020/07/19(日) 10:07:37.46ID:TywHqMqG0

ミルトンって米株もできるし意外に良業者なのかな?

出典:5ちゃんねる

832名無しさん@お金いっぱい。
2020/07/31(金) 21:56:22.66ID:c2qvihlA0

俺は新しくミルトンやってみるわ。悪くなさそうだ

出典:5ちゃんねる

 

取引条件・ルール

MILTON MARKETSの取引条件やルールを他社と比較しながら詳しく解説します。

なお、比較対象のFX業者は、初心者から上級者にまで人気のある大手FX業者や、比較的タイプの似ているFX業者から選別しているため、MILTON MARKETSの強み弱みがより直感的に分かりやすくなっているかと思います。

 

口座タイプは3種類|最大レバレッジ1,000倍

口座タイプと取引条件
スマート エリート エリート
プラス
取引形態 NDD NDD NDD
最大レバレッジ 1,000倍 200倍 200倍
取扱銘柄 通貨ペア
貴金属
エネルギー
株式
株価指数
仮想通貨
通貨ペア
貴金属
エネルギー
株式
株価指数
仮想通貨
通貨ペア
貴金属
エネルギー
株式
株価指数
仮想通貨
取引手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.8pips~ 0.5pips~ 0.2pips~
ロット単位 10万通貨 10万通貨 10万通貨
最小取引数量 0.01ロット 0.01ロット 0.01ロット
最大取引数量 50ロット 50ロット 50ロット
最大ポジション数 100ポジション 100ポジション 100ポジション
ストップレベル 0.0pips 0.0pips 0.0pips
スキャルピング 可能 可能 可能
自動売買 可能 可能 可能
両建て 可能 可能 可能
マージンコール 100% 100% 100%
ロスカット 50% 50% 50%
ゼロカット あり あり あり
取引ツール MT4 MT4 MT4
口座通貨 JPY
USD
EUR
JPY
USD
EUR
JPY
USD
EUR
最低入金額 3万円 100万円 1,000万円
キャンペーン 対象 対象外 対象外

※ ロット単位・スプレッド・最小取引数量・最大取引数量・ストップレベルは米ドル円の値。
※ 取引手数料は1ロットあたりの金額。
※ 最低入金額は1ドル100円換算。

口座開設時に選べる口座タイプは1種類のみですが、MILTON MARKETSでは口座残高に応じて3つの口座タイプが用意されています。

口座残高100万円以上でエリート口座、1,000万円以上でエリートプラス口座にグレードアップできます。

違いはレバレッジ・スプレッド・ボーナスの3つだけ。

口座をグレードアップするとスプレッドが優遇される代わりに、最大レバレッジは200倍に制限されるので注意してください。ボーナスも対象外となります。

ちなみに取引形態にはSTPでもECNでもないNDD方式を採用しているとのこと。

STPやECNについては技術的な話になるので詳しい解説は省略しますが、MILTON MARKETSではディーリングデスクの介入しない透明性が高い仕組みを採用しているとだけ覚えておけばOKです。

それでは、MILTON MARKETSの取引条件・ルールについて、さらに詳しく見ていきましょう。

 

通貨ペアは43銘柄と一般的|その他CFD銘柄は豊富

大手海外FX業者と比較

全取扱銘柄

MILTON MARKETS
AXIORY
AXIORY

XM Trading
通貨ペア 43銘柄 62銘柄 57銘柄
貴金属 5銘柄(現物) 4銘柄(現物) 2銘柄(現物)
2銘柄(先物)
エネルギー 6銘柄(現物)
1銘柄(先物)
5銘柄(現物) 5銘柄(先物)
商品 なし なし 10銘柄(先物)
株式 64銘柄 なし なし
株価指数 13銘柄(現物) 10銘柄(現物) 18銘柄(現物)
10銘柄(先物)
債券 なし なし なし
ETF なし なし なし
仮想通貨 3銘柄 なし なし
通貨ペア(クロス円)
AUD/JPY GBP/JPY
CAD/JPY NZD/JPY
CHF/JPY TRY/JPY
EUR/JPY USD/JPY
通貨ペア(クロスカレンシー)
AUD/CAD GBP/NZD
AUD/CHF GBP/SEK
AUD/NZD GBP/USD
AUD/USD NZD/CAD
CAD/CHF NZD/CHF
EUR/AUD NZD/USD
EUR/CAD USD/CAD
EUR/CHF USD/CHF
EUR/GBP USD/CNH
EUR/NOK USD/HUF
EUR/NZD USD/MXN
EUR/PLN USD/NOK
EUR/SEK USD/PLN
EUR/TRY USD/SEK
EUR/USD USD/SGD
GBP/AUD USD/TRY
GBP/CAD USD/ZAR
GBP/CHF

取扱銘柄を見ると通貨ペアは43銘柄と一般的ですが、株式・貴金属・エネルギー・株価指数・仮想通貨などは一通り取引できます。

大手海外FX業者AXIORYやXM Tradingと比較しても、それほど大きな違いはありません。

 

取引手数料無料|スプレッドはかなり狭い

代表的な通貨ペア0.1ロット(1万通貨)あたりの取引コストを他社と比較します。取引コストとは、「往復手数料+スプレッド」のことです。

MILTON MARKETSは全ての口座が取引手数料無料なので、取引コストはスプレッドのみに左右されます。

なお、ここでは便宜上すべて日本円口座と仮定して計算・比較しています。実際の取引コストとは多少異なる場合があるので注意してください。

他社のスタンダード口座と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

スマート
AXIORY
スタンダード
XM Trading
スタンダード
USD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.1~1.3pips 1.2~1.4pips 1.6~1.8pips
トータル 110~130円 120~140円 160~180円
EUR/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.1~1.3pips 1.2~1.6pips 2.1~2.5pips
トータル 110~130円 120~160円 210~250円
CAD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.6~1.9pips 1.5~1.8pips 3.0~3.3pips
トータル 160~190円 150~180円 300~330円
AUD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.4~1.9pips 1.5~1.9pips 3.0~3.4pips
トータル 140~190円 150~190円 300~340円
CHF/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.8~2.1pips 1.6~2.0pips 3.4~3.7pips
トータル 180~210円 160~200円 340~370円
GBP/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.9~1.6pips 1.5~1.9pips 3.5~3.8pips
トータル 90~160円 150~190円 350~380円
NZD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.5~2.0pips 1.8~2.2pips 3.0~3.2pips
トータル 150~200円 180~220円 300~320円
EUR/USD 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.8~1.1pips 1.0~1.3pips 1.7~1.9pips
トータル 85~117円 106~138円 180~201円

※ 0.1ロット=1万通貨。
※ スプレッドは2020年8月12日15時時台の変動幅。
※ 1ドル106円として計算。小数点以下四捨五入。
赤字は最も割高・青字は最もお得。

AXIORYやXM Tradingと比較しても、MILTON MARKETSのスプレッドは非常にタイトですね。

さらに口座資金を100万円以上にして、口座タイプをエリート口座やエリートプラス口座にすると、さらにスプレッドが優遇されます。

MILTON MARKETSにはデメリットも多いのですが、最大のメリットはこのスプレッドの狭さと言えるでしょう。

 

スワップポイントも海外FX業者にしては良心的

代表的な通貨ペア0.1ロット(1万通貨)あたりのスワップポイントを他社と比較します。

なお、前述の取引コストと同様、ここでは便宜上すべて日本円口座と仮定して計算・比較しているため、実際のスワップポイントとは多少異なる場合があるので注意してください。

大手海外FX業者と比較

0.1ロットあたりのスワップポイント

MILTON MARKETS
AXIORY
AXIORY
XM Trading
XM Trading
USD/JPY -9円 -36円 -21円 -41円 -18円 -42円
EUR/JPY -30円 0円 -36円 -16円 -45円 -22円
CAD/JPY -14円 -23円 -14円 -23円 -26円 -39円
AUD/JPY -21円 -42円 -15円 -29円 -25円 -38円
CHF/JPY -47円 0円 -41円 -3円 -67円 -27円
GBP/JPY -24円 -48円 -36円 -58円 -29円 -46円
NZD/JPY 0円 -29円 -13円 -17円 -20円 -38円
EUR/USD -49円 1円 -48円 0円 -59円 -8円
TRY/JPY 11円 -53円 22円 -38円 - -
ZAR/JPY - - 6円 -11円 - -

※ 2020年8月13日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。
1ドル106円として計算。小数点以下四捨五入。
赤字は支払い・青字は受取り。

MILTON MARKETSのスワップポイントは、売も買もマイナススワップばかりです。これは海外FX業者としては決してめずらしいことではありません。

ただ、MILTON MARKETSは他社よりはその支払額が安いので、比較的良心的だと思います。

大手国内FX業者と比較

0.1ロットあたりのスワップポイント

MILTON MARKETS
GMOクリック証券
GMOクリック証券
SBI FXトレード
SBI FXトレード
USD/JPY -9円 -36円 6円 -9円 7円 -10円
EUR/JPY -30円 0円 -12円 9円 -12円 9円
CAD/JPY -14円 -23円 5円 -8円 2円 -7円
AUD/JPY -21円 -42円 4円 -7円 3円 -6円
CHF/JPY -47円 0円 -20円 17円 -18円 15円
GBP/JPY -24円 -48円 7円 -10円 9円 -12円
NZD/JPY 0円 -29円 4円 -7円 7円 -10円
EUR/USD -49円 1円 -23円 20円 -27円 22円
TRY/JPY 11円 -53円 18円 -21円 25円 -30円
ZAR/JPY - - 4円 -7円 5円 -6円

※ 2020年8月13日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。
1ドル106円として計算。小数点以下四捨五入。
赤字は支払い・青字は受取り。

ただ、国内FX業者と比較してしまうと圧倒的に不利ですね。

スワップポイント狙いの長期トレード、国内FX業者を利用しましょう。

 

平均約定スピード0.1秒・約定率100%・スリッページ保証あり

MILTON MARKETSの取引サーバーは、EQUINIX(エクイニクス)社が運営するロンドンデータセンター(LD4)内に設置することで平均約定スピードは0.1秒の高速約定を実現しています。

約定拒否・リクオートはありません。

さらに、もし以下の条件でスリッページが発生した場合は差額分を返金してもらえます。

他社でも個別に返金対応を実施している業者もありますが、正式にスリッページ保証を公言している海外FX業者はMILTON MARKETSくらいではないでしょうか?

スリッページ保証の条件

  • スリッページ幅が1pips以上
  • 約定時間が500ms以上
  • 約定時間がマーケットオープン・クローズ時前後60分以外
  • 約定時間が指標発表・ニュース等の前後30分以外

 

スキャルピング・自動売買に制限はないがレバレッジ制限に注意

MILTON MARKETSでは、スキャルピング・自動売買に制限はありませんが、口座残高によるレバレッジ制限には注意してください。

スマート口座で最大レバレッジ1,000倍で取引できるのは、口座残高10万円までです。10万円を超えると500倍、100万円を超えると200倍に制限されます。

口座残高 最大レバレッジ
10万円未満 1,000倍
100万円未満 500倍
100万円以上 200倍

※:1ドル100円換算

 

ロスカット率は50%とやや高め|ゼロカット採用

MILTON MARKETSでは最大レバレッジ1,000倍でハイリスク・ハイリターンな取引ができますが、ロスカット水準が50%と高いので安全に取引をしていくためには他社より口座残高に余力が必要となります。

一般的な海外FX業者の場合、このロスカット水準がだいたい20~30%と低く設定されているところが多いので、口座資金をギリギリまで使ったハイリスクハイリターンな取引が可能です。

MILTON MARKETSでは資金管理に十分注意してください。

ただ、ゼロカットはしっかり採用しているので、もしマイナス残高が発生してしまっても追証を求められることはありません。

 

取引ツール・サービス

取引ツールはMT4のみ

取引ツールの種類
対応機種・OS 自動売買
インジケータ追加
MT4 ダウンロード Windows 可能
ブラウザ Windows・mac 不可
アプリ Android・iOS 不可
MT5 ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし
cTrader ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし
独自ツール ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし

取引ツールはMT4(MetaTrader4)のみです。

最新版のMT5(MetaTrader5)への対応は今後に期待したいところですね。

MT4・MT5の違いについては、以下の記事をご覧ください。

MT4とMT5はどっちがいい?スマホアプリ・PCの違いを比較

MetaQuotes社が開発した、パソコン・スマホ対応の高機能取引ツール、MetaTrader4、MetaTrader5(以下、MT4、MT5)は、海外FXをする上では欠かすことのできないツールです。 ...

続きを見る

MT4は、Windows対応のダウンロードタイプ、Windows・mac対応のブラウザタイプ、Android・iOS対応の専用アプリがリリースされています。

この内、自動売買のためのEA(Expert Adviser)やカスタムインジケータをインストールできるのは、Windows対応のダウンロードタイプだけです。

スマホ・タブレットでは自動売買はできません。macユーザーの場合は、以下の記事で対処方法を解説しているので参考にしてください。

macでMT4を動作させる方法まとめ

MT4(MetaTrader4)はWindows専用ソフトなので、通常であればmacにインストールすることはできません。 そのため、これまでmacユーザーは一部の海外FX業者からダウンロードできる「m ...

続きを見る

 

マーケット情報などは一切なし

MILTON MARKETSには、マーケット情報・為替レポート・各種計算ツールなどは一切ありません。

公式サイトは完璧な日本語で非常に見やすくデザインされていますが、内容・目的は新規ユーザーの口座開設だけに絞られており極めてシンプルです。

取引に必要な情報は、国内FX業者が提供しているツール・ニュースを活用するなどしてください。

 

キャンペーン・ボーナス

MILTON MARKETSでは、キャンペーン・ボーナスを常時開催しています。

他社のように、期間限定かつ短期間のキャンペーンではないので、口座開設を焦る必要はありません。

ただし、口座タイプによってはキャンペーン・ボーナスの対象外です。

ルールも結構複雑なので、勘違いからボーナスがもらえなかったり失ってしまったりする可能性もあるので注意してください。

ここでは各キャンペーンのポイントと注意点を分かりやすく解説するので、口座開設手続前やキャンペーン申込前に目を通しておくと良いかと思います。

 

ウェルカムボーナス5千円(常時開催)

キャンペーン概要
キャンペーン期間 常時開催
キャンペーン対象口座 スマート口座
キャンペーン内容 口座開設ボーナス5千円

MILTON MARKETでは口座開設するだけで出金可能なボーナスが5千円分もらえます。

このキャンペーンの主な特徴と注意点は以下の通りです。

ココがポイント

  • 口座開設だけでボーナス5千円がもらえる
  • ボーナスは条件達成で出金可能
  • 利益は制限なく出金可能
  • クッション機能付き

ココに注意

  • 出金・資金移動をすると保有ボーナス全額消滅
  • ボーナスを出金するには30日以内に3万円以上の入金と90日以内に10ロット以上の取引達成が条件※

※取引銘柄は香港ドル以外の通貨ペアのみ

口座開設ボーナスは条件達成で出金できます。

ボーナスを出金するには、30日以内に3万円以上の入金と、90日以内に10ロット以上の取引達成が条件です。

未入金でも利益だけなら制限なく出金できます。

また、この口座開設ボーナスはいわゆるクッション機能付きのボーナスなので、このボーナス残高を使って含み損に耐えることが可能です。

 

50%+20%入金ボーナス(常時開催)

キャンペーン概要
キャンペーン期間 常時開催
キャンペーン対象口座 スマート口座
キャンペーン内容 50%・20%入金ボーナス

ボーナス付与率が50%と20%の2段階ある入金ボーナスです。

このキャンペーンの主な特徴と注意点は以下の通りです。

ココがポイント

  • 初回入金だけでなく追加入金もボーナス対象
  • 入金5万円までは50%入金ボーナス
  • 入金5〜45万円までは20%入金ボーナス
  • ボーナス上限は50万円
  • 資金利益は制限なく出金可能

ココに注意

  • ボーナスは出金不可
  • 出金・資金移動をするとボーナス全額消滅
  • 最低入金額の3万円以上がボーナスの対象

入金5万円までは50%入金ボーナス、入金5〜45万円までは20%入金ボーナスが適用され、合計50万円分のボーナスを獲得できます。

口座開設ボーナスとは異なりこの入金ボーナス自体を出金することはできませんが、利益は制限なく出金可能です。

また、この入金ボーナスもクッション機能付きのボーナスなので、自己資金がゼロになってもボーナスを証拠金として利用することができます。

入金ボーナスの獲得イメージは以下の通り。

入金ボーナスの獲得例
入金額 50%
ボーナス
20%
ボーナス
ボーナス
合計
取引資金
3万円 1万5千円 - 1万5千円 4万5千円
5万円 2万5千円 - 2万5千円 7万5千円
10万円 2万5千円 1万円 3万5千円 13万5千円
50万円 2万5千円 9万円 11万5千円 61万5千円
100万円 2万5千円 19万円 21万5千円 121万5千円
200万円 2万5千円 39万円 41万5千円 241万5千円
230万円 2万5千円 45万円 47万5千円 277万5千円
242万5千円 2万5千円 47万5千円 50万円 292万5千円
300万円 2万5千円 47万5千円 50万円 350万円

 

口座開設・入出金

必要書類は本人確認書類と現住所確認書類

口座開設の際は、本人認証のため以下の書類の画像データが必要となります。(異なる本人確認書類を2点提出してもOK)

書類全体が写るよう鮮明に撮影したものをあらかじめ用意してください。

顔写真の有無・有効期限・発行日などに注意しましょう。

本人確認書類(有効期限内・写真付き・両面)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カードなど

現住所確認書類(発行から90日以内のもの)

  • 公共料金の明細書(ガス・電気・水道など)
  • 公的機関からの発行物(住民票や戸籍抄本・謄本など)
  • 銀行明細書
  • クレジットカード明細書
  • 固定電話の明細書など

 

入出金方法はbitwalletと海外銀行送金のみ

入金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA なし
master なし
JCB なし
オンライン
ウォレット
bitwallet 3万円 即時 無料
STICPAY なし
WebMoney なし
仮想通貨 BTC なし
ETH なし
XRP なし
銀行送金 国内 なし
海外 3万円 最短3営業日 無料
出金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA なし
master なし
JCB なし
オンライン
ウォレット
bitwallet 指定なし 即時 月1回目は無料
月2回目以降は3千円
STICPAY なし
WebMoney なし
仮想通貨 BTC なし
ETH なし
XRP なし
銀行送金 国内 なし
海外 指定なし 最大5営業日 月1回目は無料
月2回目以降は3千円

※:金融機関・決済サービス会社・取引所で発生する入出金手数料・送金手数料等は別途自己負担。1ドル100円換算。

MILTON MARKETSは最低入金額が3万円以上と高く、入出金方法もbitwalletと海外銀行送金の2種類しかありません。

基本的に入出金手数料は無料です。ただし、月2回目以降の出金には出金手数料3千円が発生するので注意してください。

なるべくなら、入出金コストが高く口座反映に時間のかかる海外銀行送金は避けたいところなので、MILTON MARKETSで入出金するには実質bitwalletアカウントが必要です。

bitwalletは、海外FX業者の入出金方法に普及している便利なオンラインウォレット。

bitwallet側で発生する送金手数料100円はMILTON MARKETSが負担してくれるため、ウォレット〜MILTON MARKETS間の入出金コストはゼロ。入金であれば基本的に口座反映は即時です。

一度も取引せず出金する場合は、入金手数料と口座開設手数料合わせて1万5千円も徴収されるので気をつけてください。

海外FX業者の入出金方法として一般的な、クレジットカード・デビットカードで直接入出金できなのは、ちょっとマイナスポイントですね。

bitwalletへならクレジットカード・デビットカード入金も可能ですが、その場合はbitwallet側で4〜5%手数料が発生するのであまりオススメできません(10万円なら入金手数料4〜5千円)。

bitwalletへの入金方法は、手数料無料の国内銀行振込がオススメ。銀行で発生する振込手数料は自己負担ですが、ネットバンキングなどを使えば安上がりです。

bitwalletについての詳細は、こちらの記事も参考にしてください。

海外FXの入出金はbitwalletが早いしおすすめ(ビットウォレット)アカウント作成〜出金方法

海外FX業者を利用する際の資金の入出金には、bitwallet(ビットウォレット)を利用するのが非常に便利です。 入金・出金のどちらも早く、手数料が安い。 むしろ、クレジットカード・デビットカード以外 ...

続きを見る

また、60日以上取引がない場合も、毎月3千円の口座維持手数料が発生します。残高ゼロになった時点で口座無効化(口座凍結)となり、再度マイページから追加口座開設が必要です。

 

カスタマーサポート

平日24時間営業の日本語サポートが便利|LINEも使える!

サポート窓口
日本語対応 受付時間
電話 なし
メール 可能 常時受付
専用フォーム 可能 常時受付
チャット 可能 平日24時間
LINE 可能 常時受付

MILTON MARKETSのサポート窓口ははコールセンター・メール・ライブチャット・LINEの4種類です。

カスタマーセンターは、キプロス・ニューヨーク・香港にあり、基本的に営業時間は平日24時間なので非常に助かります。

日本語サポートに力を入れており対応は非常に丁寧で親切です。また、日本人はLINEサポートが使えるのも嬉しいですね。

ID検索で「miltonmarkets」を入力するか、以下のQRコードで友だち追加が可能です。

 

MILTON MARKETSの強みは日本語コンテンツ

公式サイトの情報量は今一つですが、MILTON MARKETSの強みはなんといっても「きめ細かい日本語対応」です。

海外FX業者のデメリットの一つに「マニュアル類が全て英文」という点があるのですが、MILTON MARKETSでは日本語表記のMT4取扱説明書がダウンロードできるので初心者も安心。

MT4デスクトップ版

MT4 iOS版

MT4 Android版

また、簡素な公式サイトを補うためか、MILTON MARKETSは日本語公式ブログも運営しています。

キャンペーン情報・社会情勢・コラムなど、さまざまな情報が頻繁に更新されているので、既存ユーザーは定期的にチェックしておくと良いでしょう。

海外FX業者にありがちな「何ヶ月も更新がストップした運営すらその存在を忘れているブログ」ではないので安心してください。

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FXの口座開設ボーナス比較

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

 

2020年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

-海外FX口座レビュー

© 2020 海外FX Wiki