TradersTrust(TTCM) の評価|評判・安全性について(トレーダーズトラスト)

更新日:

TradersTrustは、2009年に設立した信頼性・透明性の高さと取引環境・サービス内容を重視したハイスペック業者です。

ただ、日本人アカウントを運営するバミューダのグループ会社は、金融ライセンスを保有していません。

しかし、情報開示には非常に積極的で、資金の分別管理や監査体制も徹底的です。

規制の厳しい金融ライセンスを保有していない分だけ、自由に取引環境・サービス内容を強化できるため、TradersTrustは常に進化を続けています。

数ある海外FX業者の中でも、今注目の優良業者です。

ではまず、TradersTrustのメリット・デメリット・ポイントを見てみましょう。

メリット

  • グループ会社がCySECの金融ライセンスを保有
  • 金融庁からの警告なし
  • ゼロカット採用でマイナス残高は補填
  • 取引形態に真のNDD方式を採用
  • VIP口座は資金200万円以上があれば取引手数料が半額
  • スキャルピング・自動売買に制限なし
  • 日本語サポートの営業時間が長く平日10時~24時
  • 取引するほどキャッシュバックがある
  • 不定期開催のキャンペーンでボーナスGET

デメリット

  • 日本人アカウントを運営する会社は金融ライセンスなし
  • VIP口座のアップグレードは敷居が高い
  • 約定スピードは早いがオフクオートが多い
  • スリッページも多少発生する
  • スワップポイントが不利

ココがポイント

  • 金融ライセンスはないが、ボーナス・ハイレバレッジなどサービス・取引条件が充実
  • 会社の信頼性・取引の透明性が非常に高いため、資金を預けるには安心の業者
  • ただし、約定力には不安があるため、極端なスキャルピングや自動売買には注意が必要
  • 取引コストが非常に安いため、バランスのとれた裁量トレードをする分には好条件

 

信頼性と安全性

金融ライセンスは所有しておらずバミューダ法人登録のみ

もともとTradersTrustは、2009年にキプロスで設立した歴史あるブローカーです。

主にヨーロッパ諸国向けのアカウントは「TTCM Traders Trust Capital Markets Limited (TTCM CY)」によって運営されており、取得が難しいキプロス証券取引委員会(CySEC)にて金融ライセンスを保有しています。

日本及びアジア諸国向けのアカウントは、もともとバヌアツで金融ライセンスを取得した「TTCM CAPITAL MARKETS LTD 」によって運営されていましたが、2019年1月2日より社名を「TTCM TRADERS CAPITAL LIMITED (TTCM BM)」に変更し、現在はバミューダへ法人移管しています。

運営会社 TTCM TRADERS CAPITAL LIMITED
所在地 バミューダ
5th Floor, Andrew’s Place
51 Church Street, Hamilton HM 12
Bermuda
代表者 不明
金融ライセンス なし
設立 2018年10月
資本金 不明

バミューダでは登記しかしておらず、金融ライセンスは保有していません。

ただし、TradersTrustは自主的に世界的な監査法人の「PWC」「デロイトトーマツ」より四半期ベースで監査を受けているため、金融ライセンスがなくてもある程度は安心できると言えるでしょう。

 

分別管理あり・信託保全なし・ゼロカットあり

TradersTrustは、前述したバヌアツからバミューダへの法人移管によって以下のような点に変更がありました。

所在国 バヌアツ バミューダ
社名 TTCM CAPITAL
MARKETS LTD
TTCM TRADERS
CAPITAL LIMITED
金融ライセンス バヌアツ なし
顧客資産の安全性 信託保全 分別保管

以前のバヌアツでは信託保全に顧客資産は保護されていましたが、現在のバミューダでは業者資産と顧客資産の分別管理のみです。

海外FX業者の多くは、日本の金融庁からの圧力によってバミューダのような規制の緩いオフショアでなければハイレバレッジ・ゼロカット・ボーナス提供など自由度の高いサービスを提供できなくなっているため、ある程度は致し方のないことではあります。

「金融ライセンスを持たず信託保全制度もなし」となればかなり聞こえは悪いのですが、設立当初から現在に至るまで信頼性を重視した経営を徹底している業者なので、金融ライセンスを自ら捨てたとしても安全性にはそこまで大きな影響はないかと思われます。

誠実に分別管理を徹底してさえいれば、顧客資金を使い込むような可能性は低いのではないでしょうか。

また、万が一、口座残高がマイナスになってしまった場合でもゼロカットがあるため安心です。

サポートにメールをすれば、マイナス残高はTradersTrustが補填してくれます。

口座残高はゼロになりますが、トレーダーは借金を背負うことはありません。

(TradersTrustでは、ゼロカットのことを「ネガティブバランス保護機能」とも呼びます)

 

金融庁から警告を受けていない

TradersTrustは、これまで日本の金融庁・関東財務局から無登録業者としての警告を受けていません。

このことから、常日頃から会社の信頼性を損なう問題に対しては、先手先手で対策をしている業者だと思われます。

日本居住者が、金融庁無登録の海外FX業者で取引することは違法ではありませんが、金融庁無登録の海外FX業者が日本居住者向けに大々的なセールス活動をすることは禁止されており、以下の「勧誘に類する行為」を行った場合はこの警告の対象となります。

外国証券業者に関する法律第3条により、外国証券業者が国内にある者を相手に証券取引行為を行う場合には、国内に支店等の営業拠点を設け、監督当局の登録を受けなければなりません。本規定に違反した場合は、同法第45条及び第50条の罰則が課せられます。

しかし、登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。

ここで言う「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。

出典:金融庁「外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制」

つまり、しれっと日本語公式サイトを立ち上げただけでも、この警告の対象となってしまうんですね。

ほとんどの海外FX業者は、既にこの警告を一度は受けています。

ただ、現在では公式サイト上に「日本居住者を対象としたサイトではない」と明記して、これ以上警告を受けないような対策がされています。

「海外に住んでいる日本人向け」とでも言えば、なんとでもなるからです。

しかし、そもそもこの警告自体、金融庁の海外FXに対するネガティブキャンペーンのようなものであり、「国内FX業者に稼いでもらいたい」「資金が海外に流れるのを抑えたい」など、詐欺被害を除けばトレーダーにはあまり関係のないことです。

 

FPAではとまずまずの評価

参考までに、海外最大級のFX掲示板FPA(ForexPeaceArmy.com)での評価を見てみましょう。

登録があったのは、ヨーロッパ諸国向けアカウントを運営する「TTCM Traders Trust Capital Markets Limited (TTCM CY)」のみでしたが、総合評価はとまずまずの評価です。

総合評価の内訳は、以下の通り。

  • 4 reviews rated 5 stars
  • 1 reviews rated 4 stars
  • 0 review rated 3 stars
  • 1 reviews rated 2 stars
  • 3 reviews rated 1 star

レビューの数自体が少ないのですが、高評価と低評価が半々といったところです。

全体的にサポート・サービスが高評価約定力についての低評価が多く見受けられます。

約定遅延によって発生した多大な損害についての不満を述べている人もいれば、

信頼性・カスタマーサポート・入出金・プロモーションなどについて高い評価をしている人もいます。

 

取引条件とルール

クラシック口座 プロ口座 VIP口座
取引コスト 口座維持手数料 無料
取引手数料
(10万通貨あたり)
無料 片道3ドル 片道1.5ドル
スプレッド
(USD/JPY)
変動
1.4〜1.7pips
変動
0.2〜0.6pips
取引条件 取引形態 NDD方式
STP
NDD方式
ECN
最大レバレッジ 500倍 200倍
通貨ペア 44種類
最小取引数量※ 0.01ロット(1,000通貨)
最大取引数量※ 1,000ロット
両建て
取引ツール パソコン MT4(Windows・mac)
スマホ MT4(iOS・Android)
資金管理 マージンコール 50% 80%
ロスカット 20% 50%
ゼロカット
口座通貨 日本円・米ドル
ユーロ
日本円・米ドル
ユーロ・ポンド
スイスフラン
入出金 入出金方法 クレジットカード・デビットカード
国内銀行送金・海外銀行送金
bitwallet・ビットコイン
最低入金額 5千円 2万円 200万円
最低出金額 5千円
資産保護 分別管理
信託保全 -
サポート コールセンター
メール
ライブチャット
その他 -
デモ口座 -
ボーナス -

※ 6か月以上取引履歴のない口座は休眠口座となり再度有効化の手続きが必要
※ 1ロット = 100,000通貨
※ 2019年7月13日1時台のスプレッド

 

3種類の口座タイプで資金の少ない人から多い人までをカバー

口座タイプは、クラシック口座・プロ口座・VIP口座の3種類です。

クラシック口座は、「レバレッジ500倍・取引手数料無料・スプレッドが広め・初回入金額5千円・キャッシュバックあり」といった特徴を持つ一般向け口座です。

プロ口座は、「レバレッジ500倍・取引手数料10万通貨あたり片道3ドル・スプレッドが狭い・初回入金額2万円・キャッシュバックあり」といった特徴を持つ中上級者向け口座です。

どちらの口座も、「通貨ペア44種類・最小取引数量1,000通貨・マージンコール50%・ロスカット水準20%・口座通貨に日本円を選択」と、まずまずの取引条件です。

口座開設する際に、5,000円の口座開設ボーナスがもらえます。

VIP口座は、取引手数料半額で専任のアカウントマネージャーによる手厚いサポートもあるため、「強化版プロ口座」といった感じの口座です。

ただし、VIP口座は「レバレッジ200倍・マージンコール80%・ロスカット水準50%・最低入金額200万円・キャッシュバックなし」と、ほかの口座よりも申込時・運用時に多くの資金が必要なので注意してください。

以下の手順で、プロ口座からアップグレードします。

VIP口座へのアップグレード方法

  • プロ口座開設後、200万円相当額以上を入金
  • カスタマーサポートへ「VIP口座へのアップグレード希望」とメール申請
  • 承認後、口座残高(有効証拠金残高)100万円を維持

※口座残高(有効証拠金残高)100万円を維持できなかった場合は、VIP口座からプロ口座へダウングレード。

 

取引形態には偽りのない真のNDD方式を採用

取引形態は、全ての口座においてNDD方式が採用されています。

トレーダーの注文は、業者のディーラーを介することなく機械的に処理されるため、非常に透明性の高い取引システムです。

インターバンクを形成する複数のリクイディティプロバイダーが配信しているレートは、アグリゲーターと呼ばれる業者が集約してFX業者に提供します。

FX業者はアグリゲーターが提示する価格を取引ツールに表示させ、トレーダーとインターバンク間の取引を繋げます。

TradersTrustでは、このアグリゲーターに大手「PrimeXM」を採用しており、偽りのない真のNDD方式を実現しています。

ただし、各口座で決済方法が異なります。

クラシック口座は、STP方式のMarket Executionが採用されています。

Market Executionでは、顧客の注文は直接リクイディティプロバイダー(流動性提供者)に流すため、リクオート(約定拒否)は発生しません。

ただし、注文は即時実行される訳ではないので、スリッページが発生する可能性の高い決済方法です。

しかし、これは顧客にとって不利になるように意図的に発生させたものではなく、システム的にどうしても発生してしまう仕方のないスリッページです。

そのため、NDD STP方式のMarket Executionを採用した業者の透明性は極めてといえるでしょう。

ちなみに、NDD STP方式の決済方式にはもう一つInstant Executionと呼ばれるものがありますが、こちらは顧客の注文を一旦業者が呑んでからリクイディティプロバイダーに注文を流します。

注文は即時実行されるためスリッページは発生しにくいのですが、リクオートとなってしまう可能性もある決済方法です。

こちらはNDD方式でありながらDD方式と同じく業者との相対取引となるため、悪質な業者であればプログラムを操作して、顧客に不利なスリッページ・価格操作・ストップ狩りをすることも可能です。

プロ口座・VIP口座は、ECN方式が採用されているため、顧客の注文はリクイディティプロバイダーにおいて、他のトレーダーの注文とマッチングさせるオークション形式となっています。

 

スキャルピング・自動売買に制限なし

TradersTrustでは、スキャルピング・自動売買に制限はありません。

トレーダーとTradersTrustとの間に利益相反の関係がないため、トレーダーに取引をしてもらうほどTradersTrustが儲かる仕組みになっています。

そのため、スキャルピングや自動売買も推奨されているんですね。

 

約定スピードは早いがオフクオートに注意

TradersTrustは、約定スピードの速さに定評があります。

キャッチコピーは「全ての注文を平均100ミリ秒以内に処理」です。

実際にトレードをしても、非常にサクサク約定するためストレスは感じません。

しかし、TradersTrustでの取引には、注意しなければならないことが2つあります。

一つ目は、前述の「取引形態には偽りのない真のNDD方式を採用」で解説しましたが、口座タイプにかかわらず市場原理が働くことによるスリッページが多少発生することです。

ただし、トレーダーにとって不利なスリッページを意図的に発生させることはなく、トレーダーに有利なスリッページも当然発生します。

二つ目は、オフクオートの発生です。

オフクオートとは、一般的に著しい流動性の変化によって発生する約定エラーのことで、約定拒否とも呼ばれます。

TradersTrustは、以前からこのオフクオート発生の報告が多いため、流動性が激しく増加または低下する時間帯の取引には注意してください。

裁量取引においてオフクオートが発生すると、利益確定・損切りをする際にボタンを押しても約定することはなく、MT4には「off quotes」のエラーログが表示されます。

裁量取引ではただ約定しないだけで済みますが、自動売買の場合はEAによってオフクオートやリクオート発生後の処理が違うので気をつけなくてはいけません。

また、口コミでは、GEMFOREXis6comXMと比較して、以下のような点について不満を抱えているトレーダーもいます。

 

 

通貨ペアは44種類と一般的|仮想通貨が15種類と豊富

クロス円

AUD/JPY GBP/JPY
CAD/JPY NZD/JPY
CHF/JPY SGD/JPY
EUR/JPY USD/JPY

クロスカレンシー

AUD/CAD GBP/NZD
AUD/CHF GBP/USD
AUD/NZD NOK/SEK
AUD/USD NZD/CAD
CAD/CHF NZD/CHF
EUR/AUD NZD/USD
EUR/CAD USD/CAD
EUR/CHF USD/CHF
EUR/GBP USD/CNH
EUR/NOK USD/DKK
EUR/NZD USD/HKD
EUR/PLN USD/MXN
EUR/SEK USD/NOK
EUR/TRY USD/PLN
EUR/USD USD/SEK
GBP/AUD USD/SGD
GBP/CAD USD/TRY
GBP/CHF USD/ZAR

+ 通貨記号一覧

AUD:豪ドル、CAD:加ドル、CHF:スイスフラン、CNH:オフショア人民元、DKK:デンマーククローネ、EUR:ユーロ、GBP:英ポンド、HKD:香港ドル、JPY:日本円、MXN:メキシコペソ、NOK:ノルウェークローネ、NZD:ニュージーランドドル、PLN:ポーランドズヴォティ、SEK:スウェーデンクローナ、SGD:シンガポールドル、TRY:トルコリラ、USD:米ドル、ZAR:南アランド

通貨ペアは44種類です。TRY/JPYやZAR/JPYの取扱いはありません。

そのほかの取扱商品は、株式指数5種類・商品先物6種類・仮想通貨15種類です。

特に、仮想通貨の種類が他社よりも多く、ビットコイン・イーサリアム・ライトコインなどをレバレッジ5倍で取引できます。

 

スプレッド・取引手数料が安い|資金200万円以上あればVIPがさらにお得

一般向け口座

1万通貨あたりの取引コスト

クラシック口座
Land-FX
Live口座

スタンダード口座
USD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.4〜1.7pips 0.8〜1.0pips 1.5〜1.8pips
トータル 140〜170円 80〜100円 150〜180円
EUR/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.6〜1.8pips 1.4〜1.6pips 2.4〜2.7pips
トータル 160〜180円 140〜160円 240〜270円
CAD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.8〜2.3pips 2.2〜2.4pips 3.2〜3.4pips
トータル 180〜230円 220〜240円 320〜340円
AUD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.1〜2.3pips 1.9〜2.1pips 3.1〜3.4pips
トータル 210〜230円 190〜210円 310〜340円
CHF/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.8〜2.4pips 2.1〜2.5pips 2.5〜2.6pips
トータル 180〜240円 210〜250円 250〜260円
GBP/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.0〜2.5pips 2.3〜2.5pips 3.3〜3.7pips
トータル 200〜250円 230〜250円 330〜370円
NZD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.0〜2.5pips 2.2〜2.4pips 2.9〜3.3pips
トータル 200〜250円 220〜240円 290〜330円
EUR/USD 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.2〜1.5pips 0.8〜0.9pips 1.6〜1.8pips
トータル 120〜150円 108〜119円 194〜216円

中上級者向け口座

1万通貨あたりの取引コスト

プロ口座
Land-FX
ECN口座

XM Zero口座
USD/JPY 往復手数料 0.6ドル 0.7ドル 1ドル
スプレッド 0.2〜0.6pips -0.1〜0.1pips 0.0〜0.2pips
トータル 85〜125円 66〜86円 108〜128円
EUR/JPY 往復手数料 0.6ドル 0.7ドル 1ユーロ
スプレッド 0.3〜0.7pips 0.0〜0.4pips 0.1〜0.4pips
トータル 95〜135円 76〜116円 132〜162円
CAD/JPY 往復手数料 0.6ドル 0.7ドル 1加ドル
スプレッド 0.6〜1.0pips 0.7〜0.8pips 1.1〜1.4pips
トータル 125〜165円 146〜156円 192〜222円
AUD/JPY 往復手数料 0.6ドル 0.7ドル 1豪ドル
スプレッド 0.9〜1.1pips 0.4〜0.7pips 1.3〜1.4pips
トータル 155〜175円 116〜146円 205〜215円
CHF/JPY 往復手数料 0.6ドル 0.7ドル 1スイスフラン
スプレッド 0.9〜1.2pips 0.9〜1.1pips 0.8〜0.9pips
トータル 155〜185円 166〜186円 190〜200円
GBP/JPY 往復手数料 0.6ドル 0.7ドル 1ポンド
スプレッド 0.7〜1.1pips 1.1〜1.7pips 1.2〜1.6pips
トータル 135〜175円 186〜246円 255〜295円
NZD/JPY 往復手数料 0.6ドル 0.7ドル 1NZドル
スプレッド 1.1〜1.3pips 0.5〜0.7pips 1.8〜2.0pips
トータル 175〜195円 126〜146円 252〜272円
EUR/USD 往復手数料 0.6ドル 0.7ドル 1ユーロ
スプレッド 0.1〜0.5pips -0.1〜0.1pips 0.0〜0.2pips
トータル 76〜119円 65〜86円 122〜144円

※ 取引手数料やトータルは、1ドル108円・1ユーロ122円・1加ドル82円・1豪ドル75円・1スイスフラン110円・1ポンド135円・1NZドル72円として円換算。スプレッドは、2019年7月13日1時台の変動幅。

上記は、TradersTrustの往復手数料・スプレッド・トータルコストを、一般向け口座と中上級者向け口座に分けて他社と比較したものです。

TradersTrustは、どちらの口座も「他社よりスプレッドの変動幅が大きい」「通貨ペアによってトータルコストの有利不利の差が激しい」という特徴があります。

しかし、基本的に取引コストはかなり安く、特にCAD/JPY・CHF/JPY・GBP/JPY・NZD/JPYなどが他社よりもかなり有利です。

さらに、初回200万円以上の入金と口座残高100万円以上を維持できる人なら、プロ口座をVIP口座にアップグレードすることで、取引手数料を半額の1万通貨あたり往復0.3ドルにできます。

例えば、USD/JPYであればトータル「52〜92円」、EUR/USDであればトータル「43〜86円」なので、上記の3社の中では最も取引コストの安い口座となります。

また、プロモーションを活用することで、上記比較表のトータルコストをさらに安く抑えることが可能です。

TradersTrustでは、1日あたり10〜19ロット以上の取引では5ドルのキャッシュバックを獲得できます。

クラシック口座・プロ口座どちらもキャッシュバックの対象です。(VIP口座は対象外)

金額は少なく判定は1日毎の取引数量ですが、ポジション保有時間などの制限がないのでスキャルピングでもキャッシュバックの対象となります。

詳細毎日受け取れるキャッシュバック

XMでは、ロイヤルティプログラムと呼ばれるボーナスと交換可能なポイント制度によって、10ロットあたり約33〜66ドル分のボーナスを獲得できます。(取引期間に応じたステータスで獲得ポイントが変わる)

金額が高く判定は1取引毎ですが、ポジション保有時間が10分以上必要なのでスキャルピングではコスト削減ができません。

対象口座は、取引形態がNDD STP方式のマイクロ口座・スタンダード口座のみです。(NDD ECN方式のXM Zero口座は対象外)

詳細XMはスプレッドが広いのに一番人気の理由とは?通貨ペア一覧で海外FX業者と比較してみた

LAND-FXには入金ボーナスこそありますが、キャッシュバックのようなプロモーションはありません。

また、約定力がそれほど高くないため、価格変動の激しい時間帯を避け極端なトレードはせず、取引コストの安さだけを特に重視したい人にはLAND-FXが適していると言えます。

 

 

スワップポイントの受取額は少ない

スワップポイントの比較

1万通貨あたりのスワップポイント

TradersTrust
SBI FXトレード
SBI FXトレード
USD/JPY 21円 -42円 81円 -84円
EUR/JPY -38円 -2円 -10円 5円
CAD/JPY 4円 -65円 43円 -50円
AUD/JPY 23円 -70円 26円 -33円
CHF/JPY -49円 -1円 -12円 9円
GBP/JPY 1円 -67円 28円 -36円
NZD/JPY 17円 -63円 32円 -40円
EUR/USD -57円 35円 -202円 192円
TRY/JPY - - 90円 -95円
ZAR/JPY - - 12円 -13円

※ 2019年7月12日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。1ドル108円・1ユーロ122円・1加ドル82円・1豪ドル75円・1スイスフラン110円・1ポンド135円・1NZドル72円・1南アランド8円として計算。小数点以下四捨五入。

上記は、TradersTrustのスワップポイントを国内FX業者SBI FXトレードと比較したものです。

TradersTrustは、スワップポイントの支払額(マイナススワップ)はそこまで高くはありません。

しかし、受取額も同じように安いので、スワップポイント狙いの中長期トレードには不向きです。

 

取引ツール・アプリ

取引ツールはMT4のみ

取引ツール タイプ 対応機種・OS
MT4 ダウンロード Win・mac
ブラウザ 汎用
アプリ iOS・Android

取引ツールはMT4のみですが、トレード環境に不足はありません。

自動売買も可能なダウンロードタイプは、しっかりmacにも対応しています。

MT4は、言わずと知れた高機能トレードツールであり、ほとんどの海外FX業者に採用されているため、詳しい解説は省略します。

初心者の人で、「MT4って何?」という人は、まずは以下の記事を参考にしてください。

FXのMT4・MT5とは?初心者でもわかるメリット・デメリット

ロシアのメタクオーツ社(MetaQuotes Software Corp.)が開発した、MT4・MT5は、世界で最も利用されているトレードツールです。 よく「高機能トレードツール」「高機能チャート」と ...

続きを見る

 

無料VPSサーバーが利用可能

TradersTrustでは、Equinix社LD-4にホストされている専用VPSサーバーを申込みでき、高速約定とEAの24時間安定稼働が実現できます。

VPSサーバーには、3種類のパッケージが用意されており、サーバースペックと月額料金が異なります。

通常は25〜80ポンド(約3,400〜10,800円)の月額料金が発生しますが、一定条件をクリアすれば月額料金を無料にできます。

スペックと通常月額料金

月額料金無料の条件

無料で利用するためには、最低でも毎月の口座残高が20万円相当額以上、取引数量が往復5ロット以上必要ですが、ある程度の口座残高と取引数量を維持できる人であれば非常にお得です。

 

 

カスタマーサポート

サポート営業時間は平日10時〜24時|全て日本人スタッフが対応

日本語対応 営業時間
コールセンター 平日10時~24時
メール
ライブチャット

カスタマーサポートは、コールセンター・メール・ライブチャットの3種類あります。

日本語サポートの営業時間が長く平日10時〜24時です。

全て日本人スタッフが対応してくれるので安心です。

 

情報サービス・教育系コンテンツ

取引サポートツールは経済カレンダーと取引計算機のみ

取引をサポートする各種ツールは、経済カレンダーと取引計算機の2種類のみです。

全て日本語に対応しています。

経済カレンダー

取引計算機

 

キャンペーン・ボーナス(2019年7月時点)

5,000円の口座開設ボーナス

TradersTrustでは、口座開設するだけで5,000円分の取引ボーナスがもらえます。

ボーナスを受け取るためには、口座開設時の画面にプロモーションコード[HEISEI_5000JPY]を入力する必要があるので注意してください。

ただし、受け取ったボーナスの有効期限は90日間です。

90日を過ぎると、保有しているボーナスは消滅するので注意してください。

自己資金を入金せずボーナスだけで取引をしていた場合、90日後には保有ポジションも強制決済されます。

自己資金を入金して取引していた場合も、ボーナスが消滅することによって強制ロスカットになる可能性もあるため注意してください。

また、ボーナスを使って出した利益については、往復5ロット以上取引をしなければ出金できません。

また、出金できる利益も1万円までです。

 

100%入金ボーナス(2019年8月末まで)

TradersTrustでは、2019年8月末までの期間限定で、100%入金ボーナスを実施しています。

対象口座は、クラシック口座とプロ口座のみです。

プロモーション開催期間内に10万円相当額以上を入金し、申請フォームで申し込みをすることで獲得できます。

受取った入金ボーナスを全て使い切ったとしても、プロモーション期間内に追加入金すれば再度ボーナスがもらえます。ボーナス上限は、最大1千万円までと高額です。

また、ボーナス受取りから90日以内に必要ロット数(ボーナス額÷300)取引することで、ボーナス自体を出金することもできます。

ただし、「口座残高+未確定損益額」の合計金額がボーナス金額を下回ると、全保有ボーナスが削除されてしまうので注意してください。

 

毎日受け取れるキャッシュバック

TradersTrustでは、1日毎の取引数量に応じて報酬がもらえるVIPキャッシュバックを実施しています。

対象口座は、クラシック口座とプロ口座のみです。

VIPキャッシュバックという名称ですが、VIP口座は対象外なので注意してください。

取引数量は最低でも1日10ロット以上必要ですが、以下のように取引数量に応じてキャッシュバックの金額も上がります。

取引数量
(1日あたりの往復ロット数)
キャッシュバック(1日あたりの受取額)
クラシック口座 プロ口座
10〜19 ロット 5ドル
20〜29 ロット 20ドル
30〜39 ロット 30ドル
40〜49 ロット 40ドル
50〜59 ロット 55ドル
60〜69 ロット 70ドル
70〜79 ロット 85ドル
80〜89 ロット 100ドル
90〜99 ロット 110ドル
100〜149 ロット 130ドル
150〜299 ロット 200ドル
300〜499 ロット 450ドル
500〜999 ロット 875ドル
1,000ロット以上 2,000ドル 1,000ドル

 

入出金方法と口座開設に必要なもの

入出金方法はbitwalletがオススメ

入出金方法 反映時間 手数料
入金 クレジットカード
デビットカード
即時 無料
国内銀行送金 3営業日まで 無料
(銀行・決済会社の手数料負担)
海外銀行送金 3営業日まで
bitwallet 即時
ビットコイン 即時
出金 クレジットカード
デビットカード
最大6営業日 無料
海外銀行送金
bitwallet
ビットコイン

※ AML(アンチ・マネー・ロンダリング)規定に基づき、入金額と同額までは入金方法と出金方法は同一でなくてはいけません。クレジットカード・デビットカードとその他の入金方法の2種類の入金履歴がある場合、クレジットカード・デビットカードによる出金が優先されます。

入出金方法は、クレジットカード・デビットカード(VISA、Master、maestro)・国内銀行送金・海外銀行送金・bitwallet・ビットコインの5種類です。

基本的に入出金手数料は全て無料ですが、2万円以下の入出金には一律1,500円の手数料が発生するので注意してください。

この中で、特にオススメなのがbitwalletです。

bitwalletが使える海外FX業者も大分増えてきたため、複数の海外FX口座との入出金方法をbitwalletに統一すれば、手続きは楽ですし入出金コストも大幅に削減することができます。

例えば、以下の入出金ルートの場合、入金コストはトータル100円、出金コストはトータル824円と格安です。

入金ルート

  • 現金→銀行口座:無料(ATM入金手数料無料の場合)
  • 銀行口座→bitwallet:無料(銀行振込手数料無料の場合)
  • bitwallet→FX口座:100円

出金ルート

  • FX口座→bitwallet:無料
  • bitwallet→銀行口座:824円
  • 銀行口座→現金:無料(ATM出金手数料無料の場合)

詳しくは、以下の記事も参考にしてください。

海外FXの入出金はbitwalletが早いしおすすめ(ビットウォレット)アカウント作成〜出金方法

海外FX業者を利用する際の資金の入出金には、bitwallet(ビットウォレット)を利用するのが非常に便利です。 入金・出金のどちらも早く、手数料が安い。 むしろ、クレジットカード・デビットカード以外 ...

続きを見る

ちなみに、クレジットカード・デビットカード入金も手数料無料で即時口座反映するのでお手軽ですが、出金の際はカード会社の手続きが入ることによって口座反映に1ヶ月以上かかる場合もあります。

クレジットカード・デビットカード入金は、入金額まではカードのショッピング枠の利用とそのキャンセルで入出金処理が行われるためです。

入金額を超える利益分は海外銀行送金で出金されるため、中継銀行・着金銀行で2〜3千円の銀行手数料を差し引かれてしまいます。

また、bitwalletを経由せず、直接TradersTrustに国内銀行送金で入金もできますが、出金する際は海外銀行送金となるため中継銀行・着金銀行で手数料が発生してしまいます。

そのため、入出金方法はbitwalletに統一することが、最も経済的・効率的と言えるでしょう。

 

 

口座開設に必要な書類の例

口座開設に必要な書類は、以下の2点です。

口座開設の際に、申込フォームから画像データをアップロードします。

顔写真の有無・有効期限・発行日などに注意してください。

本人確認書類(写真付きのもの)

  • パスポート
  • 運転免許証
  •  IDカード

住所確認書類(発行から6ヶ月以内のもの)

  • 公共料金明細書(電気・ガス・水道・インターネットなど)
  • 銀行明細書(銀行口座・クレジットカード明細など)
  • 住民基本台帳カード(発行日・有効期限の記載があるもの)
  • 住民票・印鑑証明書類

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FXの口座開設ボーナス比較

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

 

2019年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

-海外FX口座レビュー

Copyright© 海外FX Wiki , 2019 All Rights Reserved.