FXDDの評価|評判・安全性について(エフエックスディーディー)

投稿日:

FXDD(エフエックスディーディー)は、海外FX歴が長い人には馴染み深い老舗ブローカーです。

今では当たり前となっていますが、国内FX個人口座のレバレッジ25倍規制は、2011年8月から実施されたものです。

当時、そのレバレッジ規制の煽りを受けた一部のトレーダーは、必然的に規制が緩くハイレバレッジで取引できる海外FX業者に注目。

FXDDは、当時から日本語サポートにとても力を入れていたため、そのニーズにうまくマッチして一躍人気業者に上り詰めました。

しかし、現在では多くの海外FX業者が日本を含めたアジア諸国を重要なマーケットとして捉え、豪華なキャンペーンとハイレバレッジを武器に進出し、熾烈な競争を繰り広げています。

FXDDもアジア諸国向けに新たな運営会社を設立して営業を続けていますが、信頼性・取引条件・サービス・サポート体制など全てにおいて他社の後塵を拝してしまっており、以前の勢いは影を潜めてしまっているのが現状です。

知名度と実勢があるので、あまり他社と比較せず口座開設してしまう人もいるかもしれませんが、結論としては現在のFXDDはあまりオススメできる業者ではありません。

その主な理由は、「会社の信頼性の低さ」と「取引の透明性の低さ」の2点に集約されます。

まずは、FXDDのメリット・デメリット・ポイントを見てみましょう。

メリット

  • 取引スペックのバランスが良い
  • 国内FX業者並みに有利なスワップポイント
  • プレミアム口座(ECN)の取引コストはなかなか安い
  • 取引ツール・サポートツールが充実している
  • クロス円の種類が10種類と豊富
  • 日本語サポートが24時間対応

デメリット

  • ロスカット率が50%と高め
  • マイナーなバミューダの金融ライセンスを保有
  • 過去に登録団体から処分や罰金を課せられている
  • ゼロカットがない・資産の補償制度がない
  • スタンダード口座のスプレッドが広い
  • ストップ狩り・スリッページが多い
  • スキャルピング・自動売買には不向き
  • キャンペーンが不定期開催・期間限定
  • 出金手数料・口座維持手数料が高い
  • サポートの対応がとても遅い

ココがポイント

  • 日本で海外FXを広めた草分け的存在
  • しかし、以前ほどの勢いはなく、運営に陰りが見られる
  • 総合力ならXMのほうが断然有利

 

目次

信頼性と安全性

金融ライセンスはバミューダで取得|以前より信頼性は低下

運営会社 FXDD Trading
所在地 バミューダ
Clarendon House, 2 Church Street,
Hamilton HM 11, Bermuda
代表者 不明
金融ライセンス バミューダ金融当局(BMA)
設立 2015年
資本金 不明

現在、日本を含めたアジア諸国向けにサービスを提供しているFXDDは、2015年に設立されバミューダ金融当局(BMA)でライセンスを取得ている「FXDD Trading」です。

また、EU諸国向けのサービスは、2010年に設立した同じグループ会社の「FXDD Malta」が運営しており、マルタ金融庁(MFSA)から金融ライセンスを取得し営業しています。

もともとFXDDグループは、2002年にアメリカで設立された歴史あるブローカーです。

 

設立当初は非常に勢いのある企業で、日本でも2010年に金融庁がレバレッジ規制を実施したことによってかなり人気を博しました。

日本における、海外FXの草分け的存在と言えるでしょう。

しかし、「顧客にとって不利な価格のスリッページとなるよう取引システムのプログラムを設定し損害を与えた」として、2012年7月に全米先物協会(NFA)より300万ドル以上の支払いを命じられています。

また、2013年には米国商品先物取引委員会(CFTC)より自己資本不足による排除措置命令も受けています。

そのため、金融機関としての信頼性は以前より低下していると言わざるを得ません。

「FXDD Trading」は「FXDD Malta」とは別会社なので、適用される法律や規制も異なります。

現在のFXDDは以運営会社もサービス内容も以前とは全く別物なので、過去にFXDDを利用していた人は注意してください。

 

FPAの評価は|世界的にSCAMとして酷評されている

FXDDは、グループ会社全体が世界的に酷評されています。

参考までに、海外最大級のFX掲示板FPA(ForexPeaceArmy.com)での評価を見てみましょう。

このFPAには、日本を含めアジア諸国向けにサービスを提供する「FXDD Trading」のレビューはありませんでした。

しかし、「FXDD Malta」は、SCAM(詐欺業者)として非常に厳しいレビューばかりとなっており、総合評価です。

ちなみに、レビューの内訳は以下の通りです。

が圧倒的な割合を示しています。

  • 14 reviews rated 5 stars
  • 9 reviews rated 4 stars
  • 7 reviews rated 3 stars
  • 30 reviews rated 2 stars
  • 110 reviews rated 1 star

コメントを見ると、初めはをつけていたユーザーも、後日SCAMとして自ら評価を覆しているものもあります。

 

金融庁から警告あり|日本の法律上はかなりグレー

出典:関東財務局『無登録で金融商品取引業等を行う者について」

出典:金融庁「無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について」

また、FXDDは金融庁・関東財務局から警告を受けています。

理由は、「インターネットを通じて、無登録のまま日本居住者に対し店頭デリバティブ取引の勧誘を行ったため」です。

国内FX業者・海外FX業者問わず、日本居住者を相手に金融商品の取引をする業者は、金融庁への登録が必須となっています。

海外FX業者の場合、無登録でも日本居住者を相手とした取引自体は許可されていますが、勧誘行為はNGです。

勧誘行為とは、日本語公式サイトを提供していたり、電話やメールによる日本語サポートによる情報提供を行ったりすることです。

外国証券業者に関する法律第3条により、外国証券業者が国内にある者を相手に証券取引行為を行う場合には、国内に支店等の営業拠点を設け、監督当局の登録を受けなければなりません。本規定に違反した場合は、同法第45条及び第50条の罰則が課せられます。

しかし、登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。

ここで言う「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。

出典:金融庁「外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制」

ちなみに、日本語公式サイトを持つ海外FX業者は、ほぼ全てと言っていいほどこの警告を受けています。

現在では、公式サイト上に「日本居住者を対象としたサービスではない」と明記することで、これ以上の警告を受けないようにしている業者が多いようです。

文書による勧誘行為に該当する可能性もあるのでかなりグレーですが、今のところ日本居住者でも問題なく口座開設・取引できます。

警告を受けているからといって、すぐに取引ができなくなる可能性は今のところありません。

FXDDの場合、公式サイト上に以下のような注意書きがあります。

つまり、「日本居住者は対象外」とははっきり明記されておらず、「自己責任で利用してください」とのことです。

また、公式サイトとは別に、FXDD日本語サポートブログも存在しますが、さすがにこれは日本の法律上「かなりブラックに近いグレー」といった感じではないでしょうか。

そのため、今後もFXDDが日本人トレーダーを受け入れ続けられるかどうかは分かりません。

 

分別管理は徹底している|ただし信託保全・ゼロカットはない!

顧客資産はBank of Americaなどの金融機関において、業者の資金とは明確に分別管理されています。

ただし、信託保全制度などは特に導入しておらず、万が一FXDDが破綻した場合、資金が全額返還される保証はありません。

また、現在ではゼロカットもありません。

FXDDは、もともとサービスとしてゼロカットを実施している業者でしたが、2015年のスイスフランショックの際に発生した多額のマイナス残高は、全て追証として顧客に請求しています。

このことも、FXDDが評判を大きく落とすことになった原因の一つです。

 

取引条件とルール

スタンダード口座 プレミアム口座
取引コスト 口座維持手数料 無料(30ドル※)
取引手数料
(10万通貨あたり)
無料 片道2.99ドル
または
片道4.99ドル
スプレッド
(USD/JPY)
変動
2.3pips〜
変動
0.3pips〜
取引条件 取引形態 NDD STP方式 NDD ECN方式
最大レバレッジ 500倍
通貨ペア 54種類
最小取引数量 0.01ロット(1,000通貨)
最大取引数量 -
最大ポジション数 -
両建て
取引ツール パソコン MT4・MT5 MT4・MT5
WEB TRADER
スマホ MT4・MT5 MT4・MT5
WEB TRADER
資金管理 ロスカット 50%
ゼロカット -
口座通貨 日本円・米ドル・ユーロ
入出金 入出金方法 クレジットカード
海外銀行送金
国内銀行送金
bitwallet
最低入金額 国内銀行送金・bitwalletは2万円以上
上記以外は指定なし
最低出金額 -
資産保護 分別管理
信託保全 -
サポート コールセンター
メール
ライブチャット
その他 -
デモ口座
ボーナス 不定期開催

※ 口座維持手数料は、90日間取引がない場合に毎月30ドル発生
※ 1ロット = 100,000通貨
※ スプレッドは2019年7月11日12時台の最小スプレッド

 

取引条件は一見するとバランスが取れている

口座タイプは、スタンダード口座とプレミアム口座の2種類が用意されています。

どちらの口座も、最大レバレッジは500倍、最小取引単位は1,000通貨なので、少額取引は可能です。

最低入金額は、国内銀行送金・bitwalletのみ2万円以上となっていますが、それ以外の入金方法であれば金額に指定はありません。

不定期で開催されるキャンペーンでは、出金可能なボーナスももらえます。(出金には一定条件あり)

トレードツール は、MT4・MT5が両方使えます。

プレミアム口座であれば、オリジナルツールWEB TRADERも選択可能です。

WEB TRADERは裁量取引専用ですが、見やすく使いやすいツールです。

ここまでは、なかなかバランスのとれた取引条件と言えます。

ただ、ロスカット水準は50%と他社よりも高めなので資金管理には注意してください。

以前は100%だったので、改善はされています。

また、90日間取引のない口座には、口座維持手数料が毎月30ドル発生します。(口座残高がある場合に限る)

 

取引形態はNDD方式だが相対取引をしている可能性が高い

しかし、取引形態は少々不透明です。

一応どちらの口座の取引形態にも、ディーラーが介入しないNDD方式が採用されています。

スタンダード口座は、NDD方式の一つであるSTP方式のInstant Executionが採用されているため、リクイディティプロバイダーから流動性の提供を受け、個々のトレーダーの注文は一度FXDDが呑み、機械的に処理される仕組です。取引手数料は無料ですが、スプレッドは広く設定されています。

プレミアム口座は、スプレッドはそこそこ狭いのですが、別途取引手数料が発生します。取引形態はECNと銘打っているものの、プライスを見る限りスタンダード口座とほぼ大差がないため、一般的なECN口座の手数料体系だけを取り入れたSTP方式の口座という可能性が高いと言えるでしょう。

STPとECNでは流動性を得ているマーケット自体が異なるため、本来はSTPとECNでは若干プライスに差があるはずです。

そのため、FXDDの2つの口座は、スプレッドの広さと取引手数料の有無が異なるだけでどちらもNDD STP方式(Instant Execution)であり、自社内で顧客の注文を相対取引している可能性が高いと考えられます。

 

約定力が低い|スリッページ・リクオート・ストップ狩りの報告が多数

業者の約定力は、取引通貨ペア・取引時間帯・流動性・パソコンスペック・通信環境・VPSサーバーの有無などさまざまな要因で決まります。

個人差もあるためなかなか評価が難しいものではありますが、国内トレーダーの口コミを見ると不透明な取引形態を裏付けるかのように、スリッページ・リクオート(約定拒否)・ストップ狩りの報告が後を絶ちません。

 

スキャルピング・自動売買には向いていない

FXDDでは、スキャルピング・自動売買による取引はあまりオススメできません。

自動売買の具体的な制限については公表されていませんが、口座開設時には自動売買に使用するEAの名称を聞かれる場合があります。このような確認をする業者はあまり聞いたことがありません。

また、スキャルピングの制限について公式サイト等には一切触れられていませんが、前述のFPAのレビューの中にはスキャルピングによって出金拒否を受けたとの報告もあります。

そのためFXDDでは、裁量取引・自動売買どちらも極端なスキャルピングには厳しく目を光らせていると考えられます。

 

通貨ペアは合計53種類と一般的|ただしクロス円の種類が豊富

クロス円

AUD/JPY NOK/JPY
CAD/JPY NZD/JPY
CHF/JPY SGD/JPY
EUR/JPY USD/JPY
GBP/JPY ZAR/JPY

クロスカレンシー

AUD/CAD GBP/NZD
AUD/CHF GBP/USD
AUD/NZD GBP/ZAR
AUD/USD NOK/SEK
CAD/CHF NZD/CAD
EUR/AUD NZD/CHF
EUR/CAD NZD/USD
EUR/CHF USD/CAD
EUR/DKK USD/CHF
EUR/GBP USD/CNH
EUR/HUF USD/DKK
EUR/MXN USD/HKD
EUR/NOK USD/HUF
EUR/NZD USD/MXN
EUR/PLN USD/NOK
EUR/SEK USD/PLN
EUR/TRY USD/SEK
EUR/USD USD/SGD
EUR/ZAR USD/THB
GBP/AUD USD/TRY
GBP/CAD USD/ZAR
GBP/CHF

+ 通貨記号一覧

AUD:豪ドル、CAD:カナダドル、CHF:スイスフラン、CNH:オフショア人民元、DKK:デンマーククローネ、EUR:ユーロ、GBP:英ポンド、HKD:香港ドル、HUF:ハンガリーフォリント、JPY:日本円、MXN:メキシコペソ、NOK:ノルウェークローネ、NZD:ニュージーランドドル、PLN:ポーランドズヴォティ、RUB:ロシアルーブル、SEK:スウェーデンクローナ、SGD:シンガポールドル、TRY:トルコリラ、USD:米ドル、ZAR:南アフリカランド

通貨ペアは53種類と一般的ですが、クロス円が他社よりも多いため、日本人トレーダーを重視した商品設計をしているようです。

そのほかに、貴金属7種類・エネルギー3種類・指数11種類・株式10種類・仮想通貨6種類も取引可能です。

 

スプレッド・取引手数料の比較|スタンダード口座は高い・プレミアム口座は一般的

一般向け口座

1万通貨あたりの取引コスト

スタンダード口座
Land-FX
Live口座

スタンダード口座
USD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.3〜2.4 pips 0.8〜0.9 pips 1.6〜1.7 pips
トータル 230〜240円 80〜90円 160〜170円
EUR/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 3.0〜3.1 pips 1.3〜1.5 pips 2.5〜2.7 pips
トータル 300〜310円 130〜150円 250〜270円
CAD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 3.4〜3.5 pips 2.0〜2.2 pips 3.3〜3.4 pips
トータル 340〜350円 200〜220円 330〜340円
AUD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 3.4〜3.5 pips 2.0〜2.2 pips 3.3〜3.5 pips
トータル 340〜350円 200〜220円 330〜350円
CHF/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 3.5〜3.7 pips 2.2〜2.3 pips 2.4〜2.6 pips
トータル 350〜370円 220〜230円 240〜260円
GBP/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 3.4〜3.7 pips 2.1〜2.4 pips 3.7〜3.9 pips
トータル 340〜370円 210〜240円 370〜390円
NZD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 3.6〜3.8 pips 1.9〜2.2 pips 3.0〜3.2 pips
トータル 360〜380円 190〜220円 300〜320円
EUR/USD 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.7〜1.8 pips 0.8〜0.9 pips 1.7〜1.9 pips
トータル 184〜194円 86〜97円 184〜205円

中上級者向け口座

1万通貨あたりの取引コスト

プレミアム口座
Land-FX
ECN口座

XM Zero口座
USD/JPY 往復手数料 0.598ドル 0.7ドル 1ドル
スプレッド 0.3〜0.4 pips 0.0〜0.1 pips 0.0〜0.1 pips
トータル 95〜105円 76〜86円 108〜118円
EUR/JPY 往復手数料 0.598ドル 0.7ドル 1ユーロ
スプレッド 0.7〜1.1 pips 0.3〜0.4 pips 0.3〜0.5 pips
トータル 135〜175円 106〜116円 152〜172円
CAD/JPY 往復手数料 0.998ドル 0.7ドル 1加ドル
スプレッド 0.8〜1.0 pips 0.5〜0.6 pips 1.3〜1.5 pips
トータル 188〜208円 126〜136円 212〜232円
AUD/JPY 往復手数料 0.998ドル 0.7ドル 1豪ドル
スプレッド 0.7〜0.9 pips 0.2〜0.4 pips 1.3〜1.5 pips
トータル 178〜198円 96〜116円 205〜225円
CHF/JPY 往復手数料 0.998ドル 0.7ドル 1スイスフラン
スプレッド 1.0〜1.2 pips 0.6〜0.8 pips 0.8〜0.9 pips
トータル 208〜228円 136〜156円 190〜200円
GBP/JPY 往復手数料 0.598ドル 0.7ドル 1ポンド
スプレッド 0.4〜0.5 pips 0.9〜1.2 pips 0.9〜1.1 pips
トータル 105〜115円 166〜196円 225〜245円
NZD/JPY 往復手数料 0.998ドル 0.7ドル 1NZドル
スプレッド 0.9〜1.1 pips 0.3〜0.5 pips 1.8〜2.0 pips
トータル 198〜218円 106〜126円 252〜272円
EUR/USD 往復手数料 0.598ドル 0.7ドル 1ユーロ
スプレッド 0.2〜0.3 pips -0.1〜0.1 pips 0.0〜0.2 pips
トータル 86〜97円 65〜86円 122〜144円

※ 取引手数料やトータルは、1ドル108円・1ユーロ122円・1加ドル82円・1豪ドル75円・1スイスフラン110円・1ポンド135円・1NZドル72円として円換算。スプレッドは、2019年7月11日12時台の変動幅。

上記は、FXDDの往復手数料・スプレッド・トータルコストを他社と比較したものです。

「取引手数料無料・スプレッドが広め」の一般向け口座と、「取引手数料あり・スプレッドが狭め」の中上級者向け口座に分けて比較しています。

 

一般向け口座で比較した場合、圧倒的にFXDDスタンダード口座のトータルコストは割高です。

スプレッドが非常に広いため、スキャルピングには向きません。

どちらかというとデイトレードや中長期トレード向きですが、スリッページが多いという評判もあります。

そのため、あえてFXDDのスタンダード口座で取引する必要はないでしょう。

スプレッドの狭いLAND-FXや、スプレッドは広めですが約定力に定評のあるXMでの取引をオススメします。

 

取引形態にECNを採用した中上級者向け口座で比較した場合、FXDDプレミアム口座のトータルコストは平均的です。

取引手数料は、10万通貨あたり片道2.99ドルまたは4.99ドル発生します。

メジャー通貨ペアが安く、マイナー通貨ペアが高めの設定です。

FXDD プレミアム口座の取引手数料体系
通貨ペア 取引手数料
EUR/USD・GBP/USD・USD/JPY・USD/CHF
AUD/USD・EUR/JPY・GBP/JPY
10万通貨あたり
片道2.99ドル
上記以外 10万通貨あたり
片道4.99ドル

スプレッドを含めたトータルコストで比較すると、GBP/JPYが他社よりもかなり有利です。

ただ、スプレッドは全体的に広く約定力も一般的なので、スキャルピングにはあまり有利とは言えません。

特に、CHF/JPYのスプレッド・トータルコストは他社よりもかなり不利なので注意してください。

FXDDプレミアム口座は、どちらかというとデイトレードやスイングトレード向きと言えるでしょう。

 

取引手数料・スプレッドのバランスは、業者によってかなり異なります。

LAND-FXは、取引手数料が10万通貨あたり片道3.5ドルと安く、スプレッドも全体的に非常に狭い業者なので、トータルコストは業界でもトップクラスの安さです。

ただし、約定力はそれほど高くないので、スキャルピングには少々使いにくい口座ではあります。

XMは、取引手数料が10万通貨あたり5通貨と高く、スプレッドも通貨ペアによっては非常に広いので、全体的にトータルコストは割高です。

ただし、約定力の高さや取引サーバーの安定性にはとても定評があるため、安心して利用できる口座です。

業者の取引口座には、それぞれ一長一短がありますので、トレードスタイル・取引時間帯・取引頻度に応じて選択する必要があります。

FXDDは、一般的な約定力とかなり広めのスプレッドから、どちらの口座もデイトレードやスイングトレード向きであり、裁量取引によるスキャルピング・スキャルピング系EAを使った自動売買などは控えたほうが良いでしょう。

 

 

スワップポイントは海外FX業者の中では有利|国内FX業者に近い受取金額

スワップポイントの比較

1万通貨あたりのスワップポイント

FXDD
USD/JPY 69円 -125円 85円 -88円
EUR/JPY -32円 -35円 -11円 6円
CAD/JPY 26円 -76円 44円 -51円
AUD/JPY 16円 -62円 29円 -36円
CHF/JPY -43円 -18円 -14円 11円
GBP/JPY -8円 -72円 28円 -36円
NZD/JPY 20円 -65円 31円 -39円
EUR/USD -140円 75円 -105円 100円
TRY/JPY - - 90円 -95円
ZAR/JPY 3円 -30円 12円 -13円

※ 2019年7月11日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。1ドル108円・1ユーロ122円・1加ドル82円・1豪ドル75円・1スイスフラン110円・1ポンド135円・1NZドル72円・1南アランド8円として計算。小数点以下四捨五入。

海外FXでは、スワップポイントを狙ったトレードはあまり期待できません。

しかし、FXDDのスワップポイントの受取額は、国内FX業者SBI FXトレードと比較してもそれほど遜色はありません。

ただ、支払額(マイナススワップポイント)は高いので、日をまたぐトレードをする場合は売買方向に注意してください。

 

取引ツール・アプリ

取引ツールはMT4・MT5・WEB TRADERの3種類から選択

取引ツール 対応機種・OS 対応口座
MT4 Win・mac
iOS・Android
スタンダード口座
プレミアム口座
MT5
WEB TRADER Win・mac
iOS・Android
プレミアム口座

取引ツールは定番のMT4・MT5と、オリジナルツールのWEB TRADERの3種類です。

MT4・MT5は、Windows用とmac用のダウンロードタイプが用意されています。

スマホにも対応しているため、取引環境には困りません。

MT4・MT5は、言わずと知れた高機能トレードツールです。

ほとんどの海外FX業者に採用されているため、詳しい解説は省略します。

初心者の人で、「MT4って何?」という人は、まずは以下の記事を参考にしてください。

FXのMT4・MT5とは?初心者でもわかるメリット・デメリット

ロシアのメタクオーツ社(MetaQuotes Software Corp.)が開発した、MT4・MT5は、世界で最も利用されているトレードツールです。 よく「高機能トレードツール」「高機能チャート」と ...

続きを見る

 

WEB TRADERはプレミアム口座専用・裁量取引専用の使いやすいツール

WEB TRADER メイン画面

WEB TRADER メイン画面

プレミアム口座の取引ツールは、MT4・MT5以外に上記のWEB TRADERというオリジナルツールも選択できます。

非常にシンプルかつ軽量な取引ツールなので、サクサク動きストレスなく操作できます。

チャートには多機能な「Trading view」が採用されており、機能面でもMT4・MT5に全く劣りません。

ブラウザタイプなのでmacでも使えますし、完全日本語対応です。

MT4 Web Trader メイン画面

MT4 ブラウザツール メイン画面

ちなみに、MT4・MT5にも上記のようなブラウザタイプの取引ツールがあります。

WEB TRADERとは、レイアウトも機能もほぼ同じです。

どちらもインディケーターは追加できず、拡張性・カスタマイズ性はありません。

また、EAもインストールできないため、自動売買もできません。

デザインが白か黒かの違いだけです。

通常はダウンロードタイプのMT4・MT5を使えば良いでしょう。

WEB TRADERのようなブラウザタイプの取引ツールは、スペックの低いパソコンで裁量取引をする場合などに利用してください。

 

無料VPSサービスもある(条件付き)

安定した約定力の実現とEAの24時間稼働には、VPSサーバーは必須です。

別途契約したレンタルサーバー上に取引ツールをインストールして、パソコンやスマホから遠隔操作して取引します。

VPSサーバーは、なるべく業者の取引サーバーに近いほど、発注から約定までのタイムラグが少なくなるため有利です。

また、EAは自宅のパソコンの電源をOFFにすると停止してしまいますが、VPSサーバー上で稼働させればパソコンをOFFにしても24時間稼働します。

FXDDでは、アメリカにある専用VPSサービス「FXDDクラウド」が利用でき、さらに以下の条件をクリアすれば毎月のVPSサーバー料金が無料となります。

条件をクリアできなくても、一ヶ月30ドルで利用可能です。

  • 一ヶ月5スタンダードロット(50万通貨単位)の往復取引を完了
  • 最低口座残高は2500ドル(円口座の場合は20万円)

 

カスタマーサポート

日本語サポートは平日24時間だが全くアテにならない

日本語対応 営業時間
コールセンター 平日24時間
メール
ライブチャット

カスタマーサポートは、コールセンター・メール・チャットの3種類です。

すべて日本語に対応しており、営業時間は平日24時間です。

公式サイトでは「サポートの品質を何よりも優先している」と謳われています。

FXDDは、10年以上前から日本人サポートに力を入れており、手厚いサポートだと評判は上々でした。

しかし、現在はサポートの品質低下が否めません。

当サイトで実際に口座開設に関する問い合わせをしたところ、チャットは一向に繋がらずメールもほとんど返答がありませんでした。

あまりのレスポンスの悪さから、サポートを優先できるだけの余裕が全く無いように思われます。

口座開設ですらこの調子ですから、出金やトラブル時の対応にも不安を感じます。

口コミでも対応が遅いとの評判なので、現在、カスタマーサポートは全くアテにならないと考えたほうが良いでしょう。

 

情報系・教育系コンテンツ

日本語対応した取引サポートツールが充実している

海外FX業者のマーケット情報や教育系コンテンツは、ほとんど日本語非対応の業者が多いのですが、FXDDでは多くのものが日本語に対応しています。

Trading Central マーケット情報

Trading Central マーケット情報

詳細データ

詳細データ

カスタマーポータル(マイページ)では、金融研究機関Trading Centralと提携し、最新のマーケット情報が公開されています。

 

経済カレンダー

経済カレンダー

重要指標詳細データ

重要指標詳細データ

トレード計算機

トレード計算機

価格・スワップレート

価格・スワップレー

 

公式サイトにある、経済カレンダーやトレード計算機といったサポート系ツールも日本語対応。

 

動画コンテンツも日本語対応だが情報量は少ない

動画コンテンツ

動画コンテンツ

動画によるマーケットレポートまで日本語対応です。

ただ、更新頻度は週に1回程度なので、情報量としてはそれほど多くはありません。

マーケット情報やアナリストによるレポートは、なるべく国内FX業者が提供しているものを利用したほうが良いでしょう。量も質も桁違いです。

 

キャンペーン・ボーナスは不定期開催

FXDDでは、2019年7月時点で以下の2つのキャンペーンが開催されています。

どちらも期間限定ですが、取引ボーナスを獲得できるチャンスです。

特に、FXDDのボーナスは以下の条件をクリアすることで、ボーナス自体を出金することができます。

ボーナス出金条件

ボーナス反映日から出金依頼日までに、以下の計算式で産出される取引ロット数をクリアしていること。

条件をクリアする前に口座資金を出金した場合は、保有ボーナスが全て消滅するので注意してください。

  • スタンダード口座:必要ロット数 = ボーナス額 ÷ 10(円口座は1,000)
  • プレミアム口座:必要ロット数 = ボーナス額 ÷ 3(円口座は300)

 

bitwallet限定10%入金ボーナス(期間限定)

非常に短期間ではありますが、bitwallet限定で10%入金ボーナスが開催されています。

全ての口座タイプがキャンペーン対象なので、少しでも取引資金を増やした人はbitwalletアカウントを作成して入金してみましょう。

bitwalletについての詳しい解説は、以下の記事を参考にしてみてください。

海外FXの入出金はbitwalletが早いしおすすめ(ビットウォレット)アカウント作成〜出金方法

海外FX業者を利用する際の資金の入出金には、bitwallet(ビットウォレット)を利用するのが非常に便利です。 入金・出金のどちらも早く、手数料が安い。 むしろ、クレジットカード・デビットカード以外 ...

続きを見る

 

FXトレードダービー(デモトレードコンテスト)

FXトレードダービーは、100万円のバーチャルマネーを使い、専用デモ口座で行われる1ヶ月間のトレードコンテストです。

誰でも無料で登録でき、費用は一切かかりません。

取引制限・EA使用制限などないため、トレードスタイルはスキャルピング・自動売買でもOK。

賞金は、現金とボーナスを合わせて最大100万円です。

コンテストは、第一弾が2019年6月2日から6月28日までで終了しており、延長として7月1日から第二弾がスタートしています。

今後も継続される可能性があるので、初心者の人は頑張ってトレードしてみてください。

 

入出金方法と口座開設に必要なもの

国内銀行送金・bitwalletが使えて便利|ただし出金手数料が高い

入出金方法 反映時間 手数料 通貨
入金 クレジットカード
(VISA、Master)
1営業日 無料 JPY
USD
EUR
国内銀行送金※ 1〜3営業日 無料
(銀行手数料別途負担)
JPY
海外銀行送金 3〜5営業日 無料
(銀行手数料別途負担)
JPY
USD
EUR
bitwallet※ 2営業日 無料
(bitwallet手数料別途負担)
JPY
USD
出金 クレジットカード
(VISA、Master)
10営業日 毎月初回無料
(毎月2回目以降は毎回40ドル)
口座通貨
国内銀行送金 3〜5営業日
海外銀行送金
bitwallet 1営業日

※国内銀行送金とbitwalletは最低入金額が2万円相当以上

入出金方法は、クレジットカード・国内銀行送金・海外銀行送金・bitwalletの4種類です。

入金手数料はすべて無料です。(銀行手数料・決済サービス会社の手数料は別途負担)

国内銀行送金とbitwalletでの入金は、最低入金額が2万円以上なので注意してください。

また、出金手数料は毎月初回は無料ですが、2回目以降は出金の度に40ドル発生します。

また、国内銀行送金・海外銀行送金(クレジットカード入金額を超える利益分の出金も含め)での100ドル以下の出金には、上記の出金手数料とは別にさらに25ドルの出金手数料が発生します。

 

 

口座開設に必要な書類の例

口座開設に必要な書類は、以下のA・Bの中から異なるものを2つ選択します。

提出方法は、メールに添付するかカスタマーポータル(マイページ)からアップロードしてください。

A:写真付き身分証明書の場合

以下の書類の中から1点だけ提出すればOK。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 区役所で発行される住基カードなど

B:上記以外の身分証明書の場合

以下のいずれかの書類とセットで提出。

  • 健康保険証
  • 3ヶ月以内に発行された住民票
  • 3ヶ月以内に発行された請求書・明細書など(注意)

(注)本人名義と住所が記載されたもの

 

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FXの口座開設ボーナス比較

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

 

2019年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

-海外FX口座レビュー

Copyright© 海外FX Wiki , 2019 All Rights Reserved.