スキャルピングにおすすめのFX海外口座ランキング【ハイレバ対応】

更新日:

FXでスキャルピングがうまくハマれば爆発的に稼げます。

しかし、国内FXのような最大25倍の低いレバレッジでちまちまスキャっていても全然稼げません。

資金効率が悪すぎる上に、DMMFXやGMOクリック証券などスキャルピングを禁止・歓迎してない業者がほとんどなのでかなりしんどいです。

その点、海外FX業者はスキャルピングに寛容で、最大レバレッジ1,000倍でトレードできるため、少額取引から大口までスキャルピング向きなのです。

取引数量 必要証拠金 1pips
の利益
国内FX
レバレッジ25倍
海外FX
レバレッジ500倍
1,000通貨 約4,400円 約220円 10円
1万通貨 約44,000円 約2,200円 100円
10万通貨 約440,000円 約22,000円 1,000円
100万通貨 約4,400,000円 約220,000円
10,000円

※米ドル円の場合。1ドル110円で計算。

資金が50万円の場合、

国内FXでは、10万通貨で1pips、つまり1,000円の利益を出すのがやっとのこと。

海外FXなら、200万通貨の1pips抜きで20,000円の利益を出すことができるのです。

スキャルピングとは、主に次のようなトレードスタイルのことを指します。

  • エントリーからイグジットまで数秒~数十秒
  • 一回の利益は1~10pips程度
  • トレード回数は一日数十回以上

小さな利益をコツコツと積み上げるトレードスタイルで、ハイレバレッジでトレードできる業者ほど、高い資金効率を実現できます。

普段、本業がある人にとっては、好きな時間に集中してトレードできるため、ライフスタイルにもマッチしたトレードスタイルです。

この記事では、スキャルピングに向いているおすすめ海外FX口座5社をピックアップ。

業者・口座選びのポイントも徹底解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

スキャルピング向けオススメ海外FX口座ランキング

スキャルピングにオススメの海外FX口座は次の5つです。

  • XM Trading「XM Zero口座」

    XM Trading「XM Zero口座」

  • AXIORY「ナノスプレッド口座」

    AXIORY「ナノスプレッド口座」

  • TitanFX「ブレード口座」

    TitanFX「ブレード口座」

  • Tradeview「ILC口座」

    Tradeview「ILC口座」

  • TICKMILL「プロ口座」

    TICKMILL「プロ口座」

有名業者から、馴染みの薄い業者、新興業者までさまざまなタイプがあります。

それぞれ強み弱みがあるので、自分にあった口座を探してみてください。

 

XM Trading「XM Zero口座」:スプレッドの狭さと安定性が業界トップクラス

XM

メリット

  • 約定力が高く、執行率100%・リクオートなし
  • スプレッドが常に狭く安定している

デメリット

  • 一部通貨ペアのスプレッドが他社より広い
  • 取引手数料は「10万通貨あたり片道5通貨」とちょっと高め

まず、スキャルピングにオススメしたい口座は、XM Trading(以下XM)の「XM Zero口座」です。

「XM Zero口座」は、取引形態にNDD方式のECNを採用しており、スキャルピングに制限はありません。

裁量取引はもちろんのこと、スキャルピング系EAを使った自動売買も可能です。

リクオート(約定拒否)はなく、執行率は100%、約定スピードは全注文の99.35%を一秒以内で執行するとされており、実際に約定力には非常に定評があります。

通貨ペアは57種類と一般的、取引手数料は10万通貨あたり片道5通貨と他社よりもちょっと高めです。(他社とは取引コストの計算方法が異なる)

しかし、スプレッドが常に狭く安定しているため、小さな値動きでも利益確定を狙いやすく、スキャルピングには最適です。サーバーも、滅多なことではダウンしません。

特に、米ドル円・ユーロ米ドルのスプレッドは、0.0pips〜0.1pipsの幅で変動している時間がほとんどを占めます。

ただし、豪ドル円は、他社よりもスプレッドが広いので注意してください。

ハイスペックなECN口座でありながら、最低入金額は約1万円からでよく、口座通貨には日本円を選択できるため、初心者でも使いやすい口座です。

最大レバレッジ500倍・最小取引数量1,000通貨なので、米ドル円の証拠金は最低220円からで済みます。

また、最大取引数量は500万通貨まで・最大ポジション数200ポジションまで保有できるため、少額注文から大口注文、EAを使ったスキャルピングも問題ありません。

ロスカット水準は、証拠金維持率20%と低く設定されているため資金管理には余裕があり、万が一ロスカットが間に合わず口座がマイナス残高になってしまった場合でも、ゼロカットがあるので安心です。

基本スペック

スキャルピング 可能
取引形態 NDD方式 ECN
約定力の目安 全注文の99.35%を1秒以下で執行
執行率100%・リクオートなし
通貨ペア 57種類
取引手数料 片道5通貨
トレードツール MT4・MT5

※約定力は業者の公表値
※取引手数料は10万通貨あたりの金額

取引コスト

平均スプレッド 1万通貨あたりの
トータルコスト
米ドル円 0.1pips 120円
ユーロ円 0.2pips 144円
ポンド円 0.8pips 224円
豪ドル円 1.2pips 198円
ユーロ米ドル 0.1pips 135円

※平均スプレッドは、2019年3月11日23時台の値(切り上げ)
※1万通貨あたりのトータルコストは、1ドル110円・1ユーロ124円・1ポンド144円・1豪ドル78円として円換算

必要資金とリスク管理

口座資金 日本円口座 あり
初回入金額 約1万円
取引数量 最大レバレッジ 500倍
最小取引数量
(1ポジションあたり)
1,000通貨
最大取引数量
(1ポジションあたり)
500万通貨
最大取引数量
(1口座あたり)
200ポジション
リスク管理 ロスカット 20%
ゼロカット あり

※最低入金額は、1ドル110円で円換算

 

AXIORY「ナノスプレッド口座」:高い約定力と大口のスキャルピングに特化

AXIORY

メリット

  • 約定力が高く、約定スピードは0.001秒・リクオートなし
  • 大口のスキャルピングに特化している

デメリット

  • 最大レバレッジが400倍と他社より低い(それでも国内FXより断然高い)
  • スプレッドはECN口座の中では一般的(それでも狭い)

AXIORYの「ナノスプレッド口座」は、取引形態にNDD方式のECNを採用し、約定スピードは0.001秒、約定率は99.98%、リクオートなし、といった約定力の高さが魅力の口座です。

スキャルピングに制限はなく、裁量取引・スキャルピング系EAを使った自動売買も問題ありません。

通貨ペアは61種類と一般的、取引手数料は10万通貨あたり片道3ドルと良心的トレードツールはMT4のほかにcTraderも利用できます。

スプレッドはXMよりは少し広めですが、取引手数料の安さからトータルコストはとてもお得です。

口座通貨に日本円も選べ、初回入金額も特に設けられておらず、投資資金の少ない人でも口座開設できます。

最大レバレッジはXMより低い400倍ですが、最小取引数量1,000通貨の取引に必要な証拠金は、米ドル円であれば275円で済みます。

そして、AXIORYの最大の特徴は、最大取引数量が1ポジションあたり10,000万通貨(1,000ロット)まで、1口座あたり無制限で取引できるという点です。

大口のスキャルピングや、スキャルピング系EAを使った自動売買でも、取引数量上限を気にする必要はありません。

ロスカット水準は20%と低く、ゼロカットも採用しているので安心です。

基本スペック

スキャルピング 可能
取引形態 NDD方式 ECN
約定力の目安 0.001秒へのこだわり
約定率99.98%リクオートなし
通貨ペア 61種類
取引手数料 片道3ドル
トレードツール MT4・cTrader

※約定力は業者の公表値
※取引手数料は10万通貨あたりの金額

取引コスト

平均スプレッド 1万通貨あたりの
トータルコスト
米ドル円 0.3pips 96円
ユーロ円 0.3pips 96円
ポンド円 1.0pips 166円
豪ドル円 0.5pips 116円
ユーロ米ドル 0.2pips 88円

※平均スプレッドは2019年3月11日23時台の値(切り上げ)
※1万通貨あたりのトータルコストは取引手数料を1ドル110円で円換算し算出

必要資金とリスク管理

口座資金 日本円口座 あり
初回入金額 なし※
取引数量 最大レバレッジ 400倍
最小取引数量
(1ポジションあたり)
1,000通貨
最大取引数量
(1ポジションあたり)
10,000万通貨
最大取引数量
(1口座あたり)
無制限
リスク管理 ロスカット 20%
ゼロカット あり

※最低入金額は、1ドル110円で円換算
※AXIORYに初回入金額はありませんが、2万円以下は一律1500円の手数料が発生します

 

TitanFX「ブレード口座」:スキャルピングに必要な条件を全て備えたECN

メリット

  • EQUINIX社のサーバーとTitan FX Zero Point技術により安定した約定力を実現
  • スキャルピング口座としては不安材料がない

デメリット

  • トレードツールはMT4のみ
  • スプレッドはECN口座の中では一般的(それでも狭い)

TitanFXの「ブレード口座」は、スキャルピングに必要な条件を全て備えたハイスペック口座です。

取引形態はNDD方式のECN、EQUINIX社のサーバーとTitan FX Zero Point技術により、約定スピードはミリ秒単位、スキャルピング制限もありません。

通貨ペアは57種類と一般的、取引手数料は片道3.5ドル、トレードツールはMT4のみです。

スプレッドは、ECN口座の中では全体的に一般的で、極端に広くも狭くもありませんが、スキャルピングに支障はありません。

最大レバレッジ500倍・最小取引数量1,000通貨、最大取引数量1,000万通貨・最大ポジション数は200ポジションなので、少額取引から大口取引、スキャルピン系EAを使った自動売買まで、どのようなトレードスタイルにも対応できます。

ロスカット水準は20%と低く、ゼロカットも採用しているので安心です。

スキャルピング口座としては、5社の中では最もオーソドックスなタイプの口座と言えるでしょう。

基本スペック

スキャルピング 可能
取引形態 NDD方式 ECN
約定力の目安 ミリ秒単位の約定スピード
通貨ペア 57種類
取引手数料 片道3.5ドル
トレードツール MT4

※約定力は業者の公表値
※取引手数料は10万通貨あたりの金額

取引コスト

平均スプレッド 1万通貨あたりの
トータルコスト
米ドル円 0.2pips 97円
ユーロ円 0.3pips 107円
ポンド円 0.8pips 157円
豪ドル円 0.5pips 127円
ユーロ米ドル 0.2pips 99円

※平均スプレッドは2019年3月11日23時台の値(切り上げ)
※1万通貨あたりのトータルコストは取引手数料を1ドル110円で円換算し算出

資金とリスク管理

口座資金 日本円口座 あり
初回入金額 約2万円
取引数量 最大レバレッジ 500倍
最小取引数量
(1ポジションあたり)
1,000通貨
最大取引数量
(1ポジションあたり)
1,000万通貨
最大取引数量
(1口座あたり)
200ポジション
リスク管理 ロスカット 20%
ゼロカット あり

※最低入金額は、1ドル110円で円換算

 

Tradeview「ILC口座」:禁止行為なし!取引制限なし!取引数量無制限!

メリット

  • 禁止行為なし!取引制限なし!取引数量無制限!
  • スプレッド・取引手数料が最安!

デメリット

  • 初回入金額10万円
  • 最小取引数量10,000通貨
  • ロスカット水準が国内FXと同じ100%

TradeviewのILC口座(MT4・MT5)は、取引形態にNDD方式のECNを採用し、スキャルピングに特化していることに加え、他社で禁止しているアービトラージも認められています。

驚異的なスプレッドの狭さに加え、取引手数料も10万通貨あたり片道2.5ドルしかかからないため、取引コストは業界でも最安です。

十分な流動性と狭いスプレッドを提供できる理由は、通常は1社であるはずのプライムブローカーを、常に5・6社と契約をしているためです。

Tradeviewは、大口トレーダーや機関投資家にもサービス提供しています。

最大取引数量は全て無制限なので、大口のスキャルピング、スキャルピング系EAを使った自動売買がし放題。

禁止行為も取引制限も一切ないため、Tradeviewこそ真のECN口座といっても過言ではありません。

通貨ペアも71種類と豊富ですし、トレードツールはMT4・MT5どちらも利用できます。

しかし、ILC口座は初回入金額が10万円と高額です。

この10万円は、2019年3月31日までのキャンペーン価格であり、通常はなんと250万円です。

キャンペーンは随時延長を繰り返しているので、今後も10万円が継続される可能性はあります。

ただ、初回入金に目をつむったとしても、最大レバレッジは200倍・最小取引数量が10,000通貨なので、米ドル円の証拠金は最低でも約5,500円必要です。

ロスカット水準も100%なので、必要資金とリスク管理は国内FXレベルと考えてください。

スキャルピングのトレード環境としては、5口座の中で最も好条件です。

基本スペック

スキャルピング 可能
取引形態 NDD方式 ECN
約定力の目安 非公開
通貨ペア 71種類
取引手数料 片道2.5ドル
トレードツール MT4・MT5

※約定力は業者の公表値
※取引手数料は10万通貨あたりの金額

取引コスト

平均スプレッド 1万通貨あたりの
トータルコスト
米ドル円 0.1pips 65円
ユーロ円 0.4pips 95円
ポンド円 0.5pips 105円
豪ドル円 0.5pips 105円
ユーロ米ドル 0.2pips 77円

※平均スプレッドは2019年3月11日23時台の値(切り上げ)
※1万通貨あたりのトータルコストは取引手数料を1ドル110円で円換算し算出

必要資金とリスク管理

口座資金 日本円口座 あり
初回入金額 約10万円※
取引数量 最大レバレッジ 200倍
最小取引数量
(1ポジションあたり)
10,000通貨
最大取引数量
(1ポジションあたり)
無制限
最大取引数量
(1口座あたり)
無制限
リスク管理 ロスカット 100%
ゼロカット あり

※最低入金額は、1ドル110円で円換算
※初回入金額は、通常約250万円

 

TICKMILL「プロ口座」:スキャルピングはもちろんアービトラージもOK

メリット

  • スプレッドは一般的だが取引手数料が安くトータルコストがお得
  • スキャルピング可能・ポジション保有時間の規定なし
  • ストップレベルなし

デメリット

  • 日本円口座がない
  • ロスカット水準30%

まだあまり知名度は高くありませんが、2015年に創業したTICKMILLの「プロ口座」は、そのほかの有名業者に負けないスペックを備えており、スキャルピング口座として大注目です。

ちなみに、TICKMILLにはスプレッド・取引手数料が「プロ口座」よりも有利な「VIP口座」もあるのですが、こちらは最低口座残高が約500万円必要なので、この記事では一般トレーダー向けに「プロ口座」をオススメします。

「プロ口座」は、取引形態にNDD方式のECNを採用しており、約定スピード平均0.1秒、リクオートなしなので、約定力には申し分ありません。

ポジション保有時間に制限がなく、スキャルピング・アービトラージも認められています。

また、一般的に指値・逆指値注文には、現在価格より上下に指定できない価格帯があるのですが、TICKMILLはストップリミットレベルがゼロなので、現在価格から1pipsの価格にも指値・逆指値を置くことが可能です。

通貨ペアは62種類、トレードツールはMT4のみです。

スプレッドはECN口座の中でも一般的ですが、取引手数料が非常に安く「取引数量×0.002%」です

通貨ペアによっても異なりますが、トータルコスト最安のTradeviewと、そのほかの3社のだいたい中間くらいの金額と考えてください。

初回入金も約1万円でOKです。

不満があるとすれば、日本円口座がなくロスカット水準も30%という点でしょうか。

そのほかの取引条件はTitanFXと同じ、最大レバレッジは500倍、最小取引数量は1,000通貨、最大取引数量1,000万通貨、最大ポジション数は200ポジションです。

スキャルピング口座としては、非常にバランスのとれた使いやすい口座と言えるでしょう。

基本スペック

スキャルピング 可能
取引形態 NDD方式 ECN
約定力の目安 平均0.1秒
リクオートなし
通貨ペア 62種類
取引手数料 取引数量×0.002%
トレードツール MT4

※約定力は業者の公表値

取引コスト

平均スプレッド 1万通貨あたりの
トータルコスト
米ドル円 0.2pips 64円
ユーロ円 0.8pips 124円
ポンド円 0.2pips 64円
豪ドル円 0.7pips 114円
ユーロ米ドル 0.1pips 55円

※平均スプレッドは2019年3月11日23時台の値(切り上げ)
※1万通貨あたりのトータルコストは1ドル110円で円換算し算出

資金とリスク管理

口座資金 日本円口座 なし
初回入金額 約1万円
取引数量 最大レバレッジ 500倍
最小取引数量
(1ポジションあたり)
1,000通貨
最大取引数量
(1ポジションあたり)
1,000万通貨
最大取引数量
(1口座あたり)
200ポジション
リスク管理 ロスカット 30%
ゼロカット あり

※最低入金額は、1ドル110円で円換算

 

海外FXのスキャルピングに必要な条件とは?

海外FX口座は、次の4つのタイプに分けることができます。

①スプレッド・約定力重視の口座タイプ(NDD方式のECN口座など)

特徴「レバレッジは低め」「ボーナスなし」「取引手数料あり」「スプレッドが狭い」

②少額取引重視の口座タイプ(スタンダード口座など)

特徴「ハイレバレッジ」「豪華なボーナスあり」「取引手数料無料」「スプレッドが広め」

③独自ツールや他社にないトレードツールが使える口座タイプ

特徴①②口座のトレードツールが業者の独自ツールまたはMT4以外に選択肢のある口座タイプ

④バランス重視の口座タイプ

特徴①②口座の特徴をバランスよく組み合わせた口座タイプ

一般的には、①のECN口座と、②のスタンダード口座の2種類を用意している業者が大半です。

そのうち、スキャルピングに最適なのは、①の取引形態にNDD方式を採用しているECN口座です。

ECN口座なら、どこでもいいわけではありません。

同じECN口座でも、業者によってスペックは全然違います。

特に、スキャルピングのようなトレードスタイルの場合は、ほんの少しの違いが最終的な損益を大きく左右するので注意してください。

ECN口座を選ぶ場合は、次の4つのポイントを最低限重視します。

ポイント1スキャルピングが認められていること

ポイント3約定力が高いこと

ポイント2スプレッドが狭く安定していること

ポイント4少額取引できること

 

スキャルピングが認められていること

口座タイプ云々の前に、そもそもスキャルピング自体を禁止または制限している業者もあります。

トレードする前に、しっかり確認しないと、最悪、口座凍結・出金拒否・利益没収のペナルティを受けるので注意してください。

以下の業者は、スキャルピングには向いていません。

スキャルピングに向いていない業者

取引形態 スキャルピング
NDD方式
(STPまたはECN)
制限あり
DD方式 制限あり
DD方式 制限あり
DD方式 制限あり
DD方式 禁止
DD方式 禁止

理由は、スキャルピング自体を禁止している、または大口注文やポジション保有時間に制限を設けているためです。

このような業者は、ほとんどが取引形態にDD方式(相対取引)を採用しています。

スキャルピングのような高回転の取引をする人が多いと、業者の取引サーバーに負担がかかることや、カバー取引に支障が発生してしまうため、スキャルピングを禁止または制限をしているのです。

Land-FXは、取引形態にNDD方式を採用しており、担当者からもスキャルピングは問題ないと回答を得ています。

取引の禁止行為はなんですか?(スキャルピング・アービトラージなど)
弊社(Land-FX)での禁止取引は次の通りです。 両建て取引(同一口座内の両建ては可能)、接続遅延・レートエラーを 利用した取引、裁定取引(Arbitrage)、ボーナスを悪用する取引等。スキャルピングや経済指標発表時のお取引、EAを使ったお取引は行っていただいて問題ございません。

しかし、サーバーに過度な負担をかける取引は利用規約で禁止されています。

禁止事項

Since all servers have limited capacity and are used by many people, you should not use Landprime Ltd. Sites in any manner that could damage or overburden any Landprime Ltd. server, or any network connected to any Landprime Ltd. server. You should not use Landprime Ltd. Sites in any manner that would interfere with any other party's use of Landprime Ltd. Sites.

「サーバーに接続されているネットワークに損傷を与えたり、負担をかけたりする方法は避けてください。」

Land-FX 利用規約

非常に曖昧な表現ですが、「重要指標発表時や週明けの窓を利用したスキャルピングは禁止」と受け止めて良いでしょう。

取引形態がNDD方式であっても、このようにスキャルピングに厳しい業者も中にはあるので注意してください。

しかし、DD方式の業者は、ボーナスが豪華だったり、原則固定のスプレッドで安心して取引できたりするメリットもあるため、トレードスタイルがスキャルピング以外であれば、初心者の海外FXデビューには最適です。

 

約定力が高いこと

約定力とは、約定スピード・リクオート(約定拒否)の頻度・スリページの頻度のことです。

自宅のパソコンスペックや通信環境によっても変わりますが、多くは業者の取引サーバーやインフラの性能、流動性提供業者の規模と数に左右されます。

業者が公表している約定スピードなどの数値は参考になりますが、あくまで目安として考えてください。

前述したオススメ5社は、業者の公表値だけでなく、実際の評判も考慮してますが、重要指標発表時や週明けの窓のタイミングには、約定力が大きく低下する場合もあるので注意が必要です。

取引形態 約定力の目安
NDD方式
ECN
全注文の99.35%が1秒以下で執行
執行率100%リクオートなし
NDD方式
ECN
平均0.1秒リクオートなし
NDD方式
ECN
ミリ秒単位の約定スピード
NDD方式
ECN
0.001秒へのこだわり
約定率99.98%
NDD方式
ECN
95%以上のオーダーを0.4秒以内に執行
NDD方式
ECN
非公開
NDD方式
STP・ECN
取引の99.62%を1/1000秒以内に実行
成行注文は取引の100%を1/100秒以内に実行
スリッページなし
NDD方式
STP
非公開

※約定力は業者の公表値 

 

スプレッドが狭く安定していること(比較表あり)

取引コストは、先ほどの約定力と同じくらい重視しなければいけません。

FXにかかる取引コストは、「スプレッド」「取引手数料」の2つです。

新規注文をした時点では、損益はスプレッド分だけマイナスとなります。

つまり、スプレッドが狭いほど、ほんの少しの値動きでも損益をマイナスからプラスに変えることが可能です。

そのため、ポジション保有時間が極端に短く、小さな利益を積み重ねるスキャルピングの場合は、スプレッドの狭さがそのままトレード成績に影響します。

ECN口座の多くは変動制スプレッドを採用しており平常時でもスプレッドは大きく動くため、狭いスプレッドが安定して配信されていることも大切です。

また、「他社よりスプレッドが有利な通貨ペア」「他社よりスプレッドが不利な通貨ペア」は、業者によってそれぞれ違うので、なるべく通貨ペアも意識して業者を選ぶようにしてください。

スプレッドと取引手数料の比較
平均スプレッド 取引手数料
米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロ
米ドル
0.1 pips 0.2 pips 0.8 pips 1.2 pips 0.1 pips 片道5通貨
0.2 pips 0.8 pips 0.2 pips 0.7 pips 0.1 pips 片道0.002%
0.2 pips 0.3 pips 0.8 pips 0.5 pips 0.2 pips 片道3.5ドル
0.3 pips 0.3 pips 1.0 pips 0.5 pips 0.2 pips 片道3ドル
0.8 pips 0.4 pips 1.2 pips 0.4 pips 0.2 pips 片道6ドル
0.1 pips 0.4 pips 0.5 pips 0.5 pips 0.2 pips 片道2.5ドル
0.3 pips 0.5 pips 0.8 pips 1.0 pips 0.3 pips 無料
0.1 pips 0.3 pips 0.7 pips 0.6 pips 0.1 pips 片道3ドル
または
片道4ドル

※スプレッドは2019年3月11日23時台の平均(切り上げ)
※取引手数料は、10万通貨あたりの金額
※HotForexの取引手数料は通貨ペアによって異なる

 

ハイレバが可能で少ない証拠金で取引できること(比較表あり)

ハイスペックなECN口座でも、取引数量1,000通貨から、最低入金額1万円程度からで良い業者はたくさんあります。

そのため、資金の少ない人でも口座開設して気軽に少額取引ができますが、例えば米ドル円1,000通貨の利益は1pipsあたり10円にしかなりません。

せっかく海外FXでスキャルピングをするなら、ハイレバレッジで大口注文を繰り返し、大きな利益を狙いたいところです。

ただ、一般的にECN口座は、そのほかの口座タイプより最大レバレッジが低く設定されています。

また、同じECN口座でも業者によっては、資金効率に関係する「最大レバレッジ」「最小取引数量」「最低入金額」や、リスク管理に関係する「ロスカット水準」も全然違います。

海外FXでスキャルピングをする上では、資金効率とリスク管理も重視しましょう。

レバレッジ比較表
最大
レバレッジ
最小
取引数量
最低
必要証拠金
最低
入金額
ロスカット
水準
500倍 1,000通貨 220円 約1万円 20%
500倍 1,000通貨 220円 約1万円 30%
500倍 1,000通貨 220円 約2万円 20%
400倍 1,000通貨 275円 なし※ 20%
500倍 1,000通貨 220円 約10万円 20%
200倍 10,000通貨 5,500円 約10万円※ 100%
200倍 1,000通貨 550円 約30万円 80%
200倍 1,000通貨 550円 約1万円 20%

※最低必要証拠金は米ドル円のもの。1ドル110円で円換算
※最低入金額がドル表記の業者は、1ドル110円で円換算
※AXIORYの最低入金額に指定はないが、2万円以下は手数料一律1500円
※Tradeviewの初回入金額はキャンペーン価格であり、通常は250万円

 

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FXの口座開設ボーナス比較

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

 

2019年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

-海外FX口座レビュー

Copyright© 海外FX Wiki , 2019 All Rights Reserved.