XMはスキャルピング禁止ではないがゼロ口座よりも良い海外業者がある

ネットのうわさで

XMではスキャルピングを禁止している
XMでスキャルピングをしたら口座凍結された

などというものを見たことはありませんか。

結論から言えば、XMはスキャルピングOKでEAを使ってスキャルピングを行っても問題ありません。

スキャルピングをしても、口座凍結されることも出金拒否されることもありません。

しかしながら、XMの中でもスプレッドが狭いZERO口座でもスプレッドや取引手数料といった取引コスト面では業界最高クラスとは言えず、真ん中くらいの水準です。

スキャルピングを行うなら、XMよりも条件の良い「AXIORY」や「TradeView」などがありますので、他の海外FXも検討してみた方が良いです。

ただ、XMではZERO口座でも未入金ボーナス3000円が付きますので、未入金ボーナスのみでスキャルピングを体験してみたい場合や少額からトレードを行いたい場合はXMを選択すると良いでしょう。

ここではXMのスキャルピングで注意すべきことも含めて解説していきます。

XMはスキャルピングを禁止していない

XMではスキャルピングを禁止していません。

公式ホームページでもスキャルピングトレードを行ってよい旨を明示しています。

XMでは「最低〇分はポジションを保持しなければならない」などと言った取り決めもトレード回数の制限もないため、自由にスキャルピングしてOKです。

 

スキャルピング禁止の海外FX業者の一例

海外FX業者でもスキャルピングを一部禁止している会社があります。

例えば、LAND-FXがそうです。

LAND-FXでは平常時でのスキャルピングは禁止していませんが、スキャルピングを一部禁止しています。

LAND-FXで禁止しているスキャルピング取引

  • EAを使ったスキャルピング
  • 指標発表時のスキャルピング

XMではEAを使ったスキャルピングも指標発表時のスキャルピングも禁止事項には上げられていませんが、LAND-FXでは不可となります。

禁止事項に違反すると、利益分の出金拒否ということもあります。

スキャルピングを行いたい場合は利用規約を見逃さないようにして、自分が計画しているトレードスタイルが禁止事項に触れていないか確認しておかなければなりません。

 

XMではEA・自動売買も可能

XMでは、EAなどを使用した自動売買も禁止していません。

EAを使って自動売買でスキャルピング取引をすることが可能です。

ただ、XMでは利用に際して禁止事項があり、その中にスキャルピングで意図せず違反につながってしまいかねないものもいくつかあります。

スキャルピング取引をする際、またはスキャルピング系EAを導入する際には注意しておかなければなりません。

MT4・MT5の自動売買EAを稼働させるのにオススメの海外FX口座5選

海外FXも自動売買も初心者という人の中には 裁量取引なら業者選びのコツはわかるけど、自動売買は何を重視すればいいの? EAってどこの業者で使っても結果は一緒なの? と、疑問に思っている人も多いのではな ...

続きを見る

 

XMではスキャルピング可能だが最適ではない

XMでスキャルピングをするならZERO口座が最適

XMには3種類の口座タイプがありますが、スキャルピングならZERO口座がおすすめです。

口座種類 マイクロ口座
スタンダード口座
ZERO口座
ボーナス 3000円未入金ボーナス
100%入金ボーナス
XMPロイヤリティプログラム
3000円未入金ボーナス
最大レバレッジ 888倍 500倍
初回最低入金額 500円 1万円
最低取引枚数 0.01ロット(10通貨)
0.01ロット(1000通貨)
0.01ロット(1000通貨)
CFD取引 42銘柄 取り扱いなし
取引手数料 無料 1lot(10万通貨)あたり
片道5通貨
ドル/円 1.5pips 1.1pips(0.1pips)
ユーロ/円 2.6pips 1.6pips(0.6pips)
ポンド/円 3.5pips 2.1pips(1.1pips)
豪ドル/円 3.0pips 2.0pips(1.0pips)
ユーロ/ドル 1.6pips 1.1pips(0.1pips)
ポンド/ドル 2.3pips 1.4pips(0.4pips)

※太字が取引手数料込みの実質スプレッド(往復1000円とした場合)
※カッコ書きがスプレッド

取引回数が多く、利益を重ねていくスキャルピングで重視すべきポイントはスプレッドです。

スタンダード口座のスプレッドは少し広く取引コストがかさむので、スキャルピングするならZERO口座を選択するのが最善です。

XMのZERO口座開設はこちら(公式サイト)

 

XM ZERO口座と他社のスプレッド比較

XMはサポートの手厚さや少額からトレードが可能なことで、海外FXの中ではナンバーワンの人気を誇るFX会社です。

XMのZERO口座自体も、スプレッドに関しては中くらいの水準にあります。

しかし、海外FXの中でスプレッド水準の高いFX会社は多数あり、必ずしもXMがスキャルピングでおすすめの業者とは言えません。

海外FX各社のスプレッド比較
FX会社 XM ZERO口座 TradeView AXIORY titanFX
手数料 往復10通貨
(約1000円)
往復5通貨
(約500円)
往復6通貨
(約600円)
往復7通貨
(約700円)
ドル/円 1.1pips
(0.1pips)
0.6pips
(0.1pips)
0.9pips
(0.3pips)
1.03pips
(0.33pips)
ユーロ/円 1.6pips
(0.6pips)
0.8pips
(0.3pips)
1.2pips
(0.6pips)
1.44pips
(0.74pips)
ポンド/円 2.1pips
(1.1pips)
1.6pips
(1.1pips)
1.9pips
(1.3pips)
2.15pips
(1.45pips)
豪ドル/円 2.0pips
(1.0pips)
1.2pips
(0.7pips)
1.5pips
(0.9pips)
1.82pips
(1.12pips)
ユーロ/ドル 1.1pips
(0.1pips)
0.6pips
(0.1pips)
0.8pips
(0.2pips)
0.9pips
(0.2pips)
ポンド/ドル 1.4pips
(0.4pips)
0.9pips
(0.4pips)
1.0pips
(0.4pips)
1.27pips
(0.57pips)

※太字が取引手数料込みの実質スプレッド(往復1000円とした場合)
※カッコ書きがスプレッド

こちらの表のとおり、XMのZERO口座は取引コストが特別安いわけではありません。

取引コストをできるだけ下げてスキャルピングトレードをがっつり行いたい場合、他の業者でのトレードを検討するのも良いです。

スキャルピングにおすすめのFX海外口座ランキング【ハイレバ対応】

FXでスキャルピングがうまくハマれば爆発的に稼げます。 しかし、国内FXのような最大25倍の低いレバレッジでちまちまスキャっていても全然稼げません。 資金効率が悪すぎる上に、DMMFXやGMOクリック ...

続きを見る

とはいえ、XMのZERO口座にはほかの業者にはない特典やメリットもあります。

  • 新規口座開設で3000円のボーナスをもらえる
  • 最低入金額が10,000円からと、少額から始められる
  • 入金方法が豊富
  • サポートが手厚

XMは初心者にありがたいサービスやサポートを備えており、国内の海外FX業者では人気NO.1の業者です。

初めて海外FXを使ってスキャルピングトレードを行う人にはおすすめです。

XMの評価|評判・安全性について(エックスエム)

まず、「XMTrading」についてザックリ説明すると「顧客を非常によく分析し商品開発をしているため、国内業者に匹敵するほど総合力が高い業者」と言えます。 日本人トレーダーの利用者も非常に多く、その人 ...

続きを見る

 

XMのスキャルピング関連での禁止行為

XMでのスキャルピング関連での禁止行為は以下の項目です。

  • 裁定取引(アービトラージ):複数口座を使った両建取引
  • 他業者口座を使った両建取引:グループ内での両建取引
  • ネットワーク接続遅延を利用した取引

主に両建取引が規約違反となりますが、XMでは同一口座内での両建取引に関しては禁止していません。

XMで規約違反となる両建て取引は口座をまたいだ両建となります。

 

アービトラージとは

XMで禁止している裁定取引(アービトラージ)。そもそもアービトラージとはいったいどのような取引のことを言うのでしょうか。

FXでは同じ通貨ペアでもFX業者によって売買価格が若干異なることがあります。FX業者間の価格差を利用して儲ける手法をアービトラージ(裁定取引)といいます。

アービトラージは、安いFX業者で買って高いFX業者で売ることで業者間での価格差を利用して儲けを出す手法です。

価格差は為替の状況によって大きくなったり小さくなったりしますが、当然、価格差が大きい時にエントリーすると儲けが大きくなります。

何かの拍子で価格差が大きくなった時にそれぞれ反対売買で入り、価格差が縮小したところでポジションを決済して利益を得ようとする方法です。

FXでのアービトラージの手法は

  1. 価格差が大きいときに安いFX業者Aで買い、高いFX業者Bで売りポジションを持つ。
  2. 価格差が小さくなった時にAB両者のポジションを決済する。

です。

図で見ていきましょう。

①同時期にFX会社Aでは1ドル=110.10、FX会社Bでは1ドル=110.00円で価格を提示しています。

そこで、A会社は1ドル=110.10円で売り、B会社は110.00円で買いでそれぞれ10万通貨ポジションを持ちます。

それぞれ取引額は

A会社(ショートポジション):111.00円×10万通貨=11,100,000円

B会社(ロングポジション):110.00円×10万通貨=11,000,000円

となります。

②その後、A会社1ドル=111.00円、B会社=110.98円とA、B両社の価格差が縮まってきたところで両方のポジションを決済します。

決済時の取引額は

A会社(ショートポジション):110.10円×10万通貨=11,010,000円→9万円の損

B会社(ロングポジション):110.98円×10万通貨=11,098,000円→9万8000円の儲け

差し引きトータルで8000円の収益を得ることになります。

このように、FX業者の提示する価格差を利用してそれぞれ反対ポジションを同時に持ち、決済して利益を得ようとする方法を裁定取引(アービトラージ)といい、国内・海外FX業者のほぼすべてがこの行為を禁止しています。

 

複数口座を使った両建取引

XMでは同一口座での両建取引はOKですが、複数口座を使った両建取引は禁止しています。

XMでは1つのアカウントで8つまで口座を追加することができます。

スキャルピング用口座とスイング用口座、異なるEAを稼働させる口座などストラテジー(取引の戦略)の違いで口座を分けて使うことは非常に便利です。

しかし、口座を分けて運用していく中で意図せずに両建てになってしまう場合がありますので要注意です。

EAを複数稼働している場合は自動で売買が行われるため、このようなことが起こり得ますので注意が必要です。

 

他業者口座を使った両建取引

他のFX業者を使って、例えばXMではロング、他業者ではショートなど、同一通貨で反対売買のポジションを保有して実質的な両建ポジションを取ることを禁止しています。

先ほど説明したアービトラージも他業者口座を使った両建取引になります。

XMではアービトラージになり得るような他業者口座での両建を禁止しています。

 

グループ内での両建取引

家族や友人とグループになって、Aグループはロング、Bグループはショートなどグループぐるみで両建を行う事を禁止しています。

 

ネットワーク接続遅延を利用取引

これはギリシャショックやスイスフランショックのような歴史的な急落・急騰が起こった時にしか発生しませんが、このような場面ではサーバーにアクセスが集まり過ぎて負荷がかかり、正しい市場価格が反映されなくなることがあります。

このような時を意図的に狙って取引を行う事は禁止としています。

 

意図しない違反行為に注意

XMのスキャルピング関連の不正行為は以上のようなものになります。

自分では不正したつもりは一切なくても不正かどうかを判断するのは全面的にFX業者側です。

不正取引と判断されてしまうと口座凍結や出金拒否、悪質と判断されるとアカウント停止になってしまいますので、FX会社が定める不正行為はあらかじめ目を通しておくようにしましょう。

そして、とにかく常に紛らわしい取引、疑わしい取引は行わないことが大切です。

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FXの口座開設ボーナス比較

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

 

2019年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

-XMTrading

Copyright© 海外FX Wiki , 2019 All Rights Reserved.