MT4・MT5の自動売買EAを稼働させるのにオススメの海外FX口座5選

更新日:

海外FXも自動売買も初心者という人の中には

裁量取引なら業者選びのコツはわかるけど、自動売買は何を重視すればいいの?
EAってどこの業者で使っても結果は一緒なの?

と、疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

結論から言うと、自動売買の業者選びの際に特に重視しなければならない点は、「サーバーが安定稼働しているか?」「自動売買自体・スキャルピング自体が許可されているか?」です。

また、いくら優秀なEAを使っても、業者の取引条件とマッチしていなければうまく運用されないため、EAと業者は同時に吟味する必要があります。

この記事では、MT4・MT5のEAを使った自動売買初心者向けに、現在配布されているほとんどのEAを稼働させても問題ないオススメ海外FX業者を5社をご紹介します。

MT4・MT5自動売買オススメ海外FX口座5選

1位:AXIORY ナノスプレッド口座

初心者にオススメ

AXIORY

口座タイプ ----サーバー---- 取引ツール
ECN 非常に安定 MT4
スキャルピング スプレッド※ 取引手数料
可能 0.1〜0.7銭 3ドル
最大レバレッジ 最大ロット数 最大ポジション数
400倍 1,000ロット 無制限
指値・逆指値の制限 無料サービス ボーナス
なし なし なし

※米ドル円のスプレッド

AXIORYは、総合力の高さが業界トップレベルを誇る優良企業です。

公式サイトは全て日本語ですし、日本人スタッフによる丁寧なサポートも受けることができるので、海外FX初心者のみならず、FX自体が初心者の人にもオススメできます。

自動売買・スキャルピングは正式に許可されており、さらに、ECN取引が可能なナノスプレッド口座は、取引制限が少なく取引コストも安いため、自動売買を始める業者には最適です。

サーバーには、高品質なインフラで知られるエクイニクス社が採用されており、日本人はこのエクイニクス社の東京サーバーに接続されます。

約定率は99.98%、約定スピードは1/1000と公表されており、遅延が少なく非常に強力なトレード環境と言えるでしょう。

サーバーは、AXIORYのエンジニアが24時間・365日モニタリングしているので、これまでのところ大きなサーバーダウンも起きておらず、ネットワーク監視体制・安定性ともに申し分ありません。

取引手数料は片道3ドル(10万通貨あたり)でとてもリーズナブルですし、スプレッドも非常にタイトなので、取引回数が多くなりがちな自動売買の取引コストを大幅に削減できます。

最大レバレッジは400倍・最小取引数量1,000通貨・最大ロット数1,000ロット・最大ポジション数は無制限です。

また、指値・逆指値注文にも制限はないので、現在価格から上下1pipsの範囲にも注文レートを指定できます。

最大ポジション数・最大ロット数・指値・逆指値注文に厳しい制限のある業者だと、EAによっては稼働停止やエラーにも繋がるため、少額取引から大口取引まで幅広いトレードスタイルに対応したAXIORYであれば安心できます。

「MT5の取り扱いがない」「自動売買関連の無料サービスがない」「ボーナスがない」といったデメリットもありますが、この点に目をつむれば自動売買に申し分のないトレード環境です。

AXIORYの評価|評判・安全性について(アキシオリー)

この記事では、海外FX業者「AXIORY」についてさまざまな視点から解説します。 AXIORYは、派手なキャンペーンやボーナスが一切ありませんが、短期トレードに特化しており、とてもクリーンなFXブロー ...

続きを見る

 

2位:XM Zero口座

初心者にオススメ

XM

口座タイプ ----サーバー---- 取引ツール
ECN 安定 MT4・MT5
スキャルピング スプレッド※ 取引手数料
可能 0.1〜0.6銭 5ドル
最大レバレッジ 最大ロット数 最大ポジション数
500倍 50ロット 200ポジション
指値・逆指値の制限 無料サービス ボーナス
あり
(米ドル円は4pips以上)
VPS 1種類
(全3種類)

※米ドル円のスプレッド

XMは、AXIORY同様に総合力の高さが特徴の業者で、日本人トレーダーの間では海外FXの代名詞とも言えるくらい浸透しています。

日本語対応も完璧ですし、FX自体が初心者・海外FX初心者の人は選んで間違いのない業者です。

約定スピードは全注文の99.35%を1秒以下で執行執行率100%約定拒否なしリクオート一切なしを公表しており、透明性の高い取引ができます。

日々サーバーの強化に努め、監視体制も万全です。しかし、しばしば回線不通になることもあるので注意が必要です。

しかし、それほど大きな障害は発生していませんので、サーバーに関しては概ね良好といったところでしょうか。日々EAの稼働状況には目を光らせておきましょう。

スタンダード口座であれば最大レバレッジ888倍で取引可能ですが、自動売買にオススメなのは最大レバレッジ400倍でECN取引ができるXM Zero口座です。

MT4・MT5どちらも利用でき、XM Zero口座開設時には、3,000円のボーナスももらえます。(その他の2種類あるボーナスはXM Zero口座は対象外)

XMの3,000円ボーナス

スキャルピングも正式に許可されており、スプレッドもタイトなので、自動売買に適しています。

取引手数料が片道5ドル(10万通貨あたり)かかりますが、いったん支払いをして確定申告で経費として控除すれば問題ありません。

ただ、最大ロット数が50ロット、最大ポジション数が200ポジションまでなので、稼働させるEAのストラテジーや設定によっては制限に引っかかってしまうことも考えられます。

また、指値・逆指値注文にも通貨ペアごと制限があり、米ドル円であれば現在価格から4pips以内の価格帯には注文レートを指定できません。

多くの資金を投入して長期運用するトラリピ系のEAを稼働させる場合は、パラメータの設定には注意しましょう。

自動売買関連のサービスとしては、XMのロンドンサーバーから1.5kmの位置にあるVPSサーバーが無料で利用できます。

もし、利用条件を満たしていなくても、月額28ドル支払えば誰でも利用可能です。

どこのVPSサーバーが良いのかわからない人は、こちらを利用してみても良いかもしれません。

XMの無料VPSサーバー

月額料金

無料

利用条件

最低(有効証拠金 – クレジットにて)USD 5,000もしくはその他の通貨相当額が口座にあり、一か月に最低5往復ロットもしくは500往復マイクロロットの取引があること

また、無料EAもダウンロードできますが、こちらは取引ツールの利便性を良くするためのものであり、自動売買プログラムではありません。

XMの評価|評判・安全性について(エックスエム)

この記事では、海外FX業者「XMTrading(以下、XM)」について、「安全性」「信頼性」「トラブルの有無」「口座開設・入出金方法」にも焦点を当て、総合的に解説していきたいと思います。 まず、XMに ...

続きを見る

 

3位:TitanFX ブレード口座

初心者にオススメ

TitanFX

口座タイプ ----サーバー---- 取引ツール
ECN 普通 MT4
スキャルピング スプレッド※ 取引手数料
可能 0.0〜0.6銭 3.5ドル
最大レバレッジ 最大ロット数 最大ポジション数
500倍 100ロット 200ポジション
指値・逆指値の制限 無料サービス ボーナス
なし なし  なし

※米ドル円のスプレッド

TitanFXも、AXIORYに似た特徴を持った日本人に人気のハイスペック業者の一つです。

取引ツールはMT4のみボーナス・無料サービスが一切ないトレード環境重視の本格的な業者なのですが、海外FX初心者・自動売買初心者の人も安心できるサポート体制が大きな特徴です。

公式サイトは完璧な日本語表記ですし、カスタマーセンターでは日本人スタッフによる丁寧なサポートを平日24時時間受けることができます。

オススメは、最大レバレッジ500倍でECN取引ができるブレード口座です。

サーバーは、エクイニクス社のニューヨークサーバーを採用しています。

約定スピード最適化機能・自動スプレッド最小化機能を搭載した、Zero Pointと呼ばれる独自システムによって、ゼロスプレッドと高速約定を実現している点が大きなセールスポイントです。

スキャルピングも正式に許可されており、最小0pipsにもなる狭く安定したスプレッドと、片道3.5ドル(10万通貨あたり)の安い取引手数料によって、取引コストを安く抑えた自動売買ができます。

最大ロット数100ロット、最大ポジション数200ポジションといった制限はありますが、初心者にとっては問題ないでしょう。

指値・逆指値注文にも制限はないので、現在価格から上下1pipsの範囲にも注文レートを指定できます。

ただ、2018年9月に大きなサーバーダウンを起こしているため、EAの安定稼働には多少不安があります。

TitanFXサーバーダウン

2時間程度で復旧しており、これ以前、これ以降に大きな障害は発生していないため、基本的に自動売買をする口座として問題ないとは思われますが、EAの稼働状況には常に目を光らせておきましょう。

Titan FXの評価|評判・安全性について(タイタンFX)

この記事では、海外FX業者「Titan FX」について、取引条件以外にも「安全性」「信頼性」「トラブルの有無」など、さまざまな視点から総合的に解説していきたいと思います。 Titan FXは、その他の ...

続きを見る

 

4位:GEMFOREX スタンダード口座

初心者にオススメ

口座タイプ ----サーバー---- 取引ツール
DD 普通 MT4
スキャルピング スプレッド※ 取引手数料
厳しい 原則固定1.2銭 無料
最大レバレッジ 最大ロット数 最大ポジション数
1,000倍 30ロット 無制限
指値・逆指値の制限 無料サービス ボーナス
あり
(米ドル円は2pips)
VPS・EA あり
(不定期開催)

※米ドル円のスプレッド

GEMFOREXは、国内FX業者と海外FX業者それぞれのメリットを合わせ持っている業者なので、初めて海外FX口座を開設する人には最適です。

国内FX業者を彷彿とさせる、完璧な日本語対応・豪華なボーナス・全口座手数料無料・スプレッド原則固定という特徴を持ちながら、海外FX業者の魅力であるレバレッジは1,000倍ですし、ゼロカットも採用しています。

最大ロット数は30ロットですが、最大ポジション数は無制限なので、EAの稼働も問題ないでしょう。

ただし、指値・逆指値注文には通貨ペアごと制限があり、米ドル円であれば現在価格から2pips以内の価格帯には注文レートを指定できません。

トラリピ系のEAを稼働させる場合は、パラメータの設定には注意してください。

サーバーは公表されていませんが、大きな障害もありません。

意図的なリクォートは行わず、約定率は99.79%、約定スピードは0.78秒以内とされています。

口座残高が50万円以上あれば、VPSサーバーも無料で利用可能です。

さらに、GEMFOREX口座開設者であれば、無料EA提供サービス「ゲムトレード」のEAが、月のダウンロード数に制限なく使い放題となります。

自動売買にオススメの口座は、スタンダード口座です。

もう一つあるノースプレッド口座は、取引手数料が無料で、他社のECN口座と同レベルのタイトなスプレッドを実現している口座なのですが、裁量取引専用口座なのでEAが利用できません。

GEMFOREXは、「低スプレッド競争には参加しない」と宣言しており、スタンダード口座のスプレッドは少々広めですが、米ドル円であれば1.2銭で原則固定にされており、取引手数料も無料です。

ただ、取引手数料を無料にできるということは、取引形態は他社が採用しているNDD方式ではなくDD方式(相対取引)です。

そのため、過度なスキャルピングをすると、取引制限がかかる場合があります。

スキャルピングに関するルール

オールインワン口座では特に厳しい制限は設けてはおりません。但し、お客様からのお口座から発生するメッセージが膨大な量となり、当社サーバーの執行能力に支障があると担当部門で認められます場合には、一旦取引停止となる場合がございます。また、場合によっては利用規約第12条10項とし、同規約第20条2項に沿った処置を行わせて頂く場合もございますので、極端な取引はお控え下さい。以前の事例となりますが、短期間(5分間を目安)に往復合計10LOT以上での連続したお取引を継続された結果、カバー先にて予告無く取引停止となり、該当取引分につきましてdeal cancelとなったケースがございました。その結果、利用規約第12条10項とし、同規約第20条2項に沿った処置となりました。また、そこまでの処置にはなりませんが、極端な証拠金率における回転率と判断され、注文が入り難くなる場合もございます。ご参考の上、ご心配な場合には一度弊社まで確認のご連絡を頂きますようお願い致します。

EA利用に関するルール

EAをご利用の場合、EAのロジック(売買戦略)によっては、予告なくカバー先からのEA利用(自動売買)の一時、もしくは継続しての停止措置が執行される場合がございます。特にスキャルピングEAにつきましては、執行となってしまう可能性が高くございますので、ご理解を頂きました上でご利用をいただきますようお願い致します。

GEMFOREXのガイドライン

運用スタイルがスキャルピングメインのEAを稼働させる場合には、注意した方が良いでしょう。

GEMFOREXは、初めて自動売買をする人が無料EAを使い、お試し運用として利用してみても良いかもしれません。

GEMFOREXの評価|評判・安全性について(ゲムフォレックス)

この記事では、海外FX業者「GEMFOREX(ゲムフォレックス)」について、「安全性」「信頼性」「トラブルの有無」「口座開設・入出金方法」にも焦点を当て、総合的に解説していきたいと思います。 GEMF ...

続きを見る

 

5位:Tradeview ILC口座

Tradeview

口座タイプ ----サーバー---- 取引ツール
ECN 普通 MT4・MT5
スキャルピング スプレッド※ 取引手数料
可能 0.1〜0.4銭 2.5ドル
最大レバレッジ 最大ロット数 最大ポジション数
100倍 無制限 無制限
指値・逆指値の制限 無料サービス ボーナス
なし なし  なし

※米ドル円のスプレッド

Tradeviewは、日本ではまだまだ知名度が低く、資金のある人・トレード上級者向けの業者ですが、裁量取引・自動売買ともに、ECN取引環境は他社を圧倒しています。

オススメは、MT4・MT5を使ってECN取引ができるILC口座です。

最大レバレッジは100倍なので、ある程度資金は必要ですが、スプレッドが狭く安定していることと、取引手数料が片道2.5ドル(10万通貨あたり)しか発生しないため、圧倒的に取引コストを抑えた自動売買が可能です。

最大ロット数・最大ポジション数ともに無制限なので、資金さえあればどのようなストラテジーのEAも稼働させられます。

また、指値・逆指値注文にも制限はないので、現在価格から上下1pipsの範囲にも注文レートを指定できます。

サーバーは、エクイニクス社のロンドンサーバーが採用されており、安定したトレード環境です。

ただし、提携しているVPS業者がないため、初心者の人は最適なVPSサーバーを見つけるのには苦労するかもしれません。

また、ボーナスも一切ないので、余計なサービスを一切排除した取引重視の完全な上級者向けの業者と言えるでしょう。

日本語サポートも、日本人ではなく日系人が採用されているようなので、他社のようにスムーズなサポートはあまり期待できません。

また、基本的にサポートはメールがメインとなるので、初心者の人には少し敷居の高い業者に感じられると思います。

ただ、海外FXでの自動売買に慣れてきた頃には、引越し先の業者として有力な候補になるでしょう。

Tradeviewの評価|評判・安全性について(トレードビュー)

Tradeviewは、日本ではまだまだ知名度の低い海外業者ですが、「豊富な取扱銘柄」「狭いスプレッド」「トータルコストの安さ」「選べる4種類のプラットフォーム」などの特徴を持った、中上級者向きの優良業 ...

続きを見る

 

業者選びのコツ

MT4・MT5でEAを使った自動売買で重要なのは、

「ちゃんとEAが動いて、効率的に利益を出し続けてくれるか?」

ということに尽きます。

業者を選ぶ際には、ここでご紹介する4つのポイント・3つの注意点を意識してみてください。

先ほどのランキングは、このポイント・注意点を考慮した上で、初心者に最適な業者を厳選しています。

 

ポイント1:EAと業者(口座)の相性を意識すること

初めてEAに触れる人の中には、試しに人気の高いEAを試しに購入してみようと思う人も多いかと思います。

その際には、そのEAのフォワードテストとストラテジー詳細をしっかり把握するようにしてください。

 

EAを選ぶときのポイント

ポイント

  • フォワードテスト結果から必要資金とロスカットのリスクを理解する
  • ストラテジーの詳細を見て運用方針を理解する
「一本勝ち」のフォワードテスト結果

「一本勝ち」のフォワードテスト結果

例えば、EAの購入先として定番のゴゴジャンでは、EAごとにリアルタイムのフォワードテストの結果がしっかり公表されています。

勝率・収益率・平均利益など「どのくらい稼げるか?」といった部分に目がいきがちですが、初期額・最大損失・最大ドローダウンなどもしっかりチェックして、必要資金とロスカットのリスクもある程度把握してください。

「一本勝ち」のストラテジー詳細

「一本勝ち」のストラテジー詳細

EAの取引内容の概要を示したストラテジー詳細文では、スキャルピングメイン、デイトレードメイン、自動判別型などの運用スタイルや、取引通貨ペア・最大ポジション数・最大ロット数などの運用方針が明記されているので、こちらもある程度把握してください。

(具体的な取引の中身は公開されていません)

たくさんのEAを見比べていけば、そのEAの理想的な運用方法がだんだんイメージできるようになってきます。

 

業者・口座を選ぶときのポイント

ポイント

  • 自動売買が可能な業者(口座)か確認する
  • スキャルピングを許可しているか確認する
  • ロスカット率を確認する
  • 最大ロット数・最大ポジション数を確認する
  • 指値・逆指値注文の最小値を確認する

MT4・MT5をトレードツール に採用する業者であれば、基本的にEAを使った自動売買は可能です。

しかし、GEMFOREXのノースプレッド口座ように、トレードツール にMT4を採用していながら、自動売買自体を禁止している口座もあるので注意しましょう。

また、スキャルピング系のEAを利用する場合は、業者(口座)自体がスキャルピングを許可しているかどうかもしっかり確認してください。

そのほかにも、ロスカット率・最大ロット数・最大ポジション数に注目して、長期間EAを稼働させるために必要な資金と取引条件を把握することも大切です。

また、指値・逆指値注文に制限のある業者もあり、現在価格から一定の範囲には注文レートを指定できない仕様になっているところもあるので注意してください。

MT4・MT5は、業者の取引条件にマッチさせた仕様のEAを自分で作成できますので、もちろん先に業者を選んでも良いでしょう。

しかし、初心者のうちは、自分でプログラミングをしてEAを作成することはほとんどなく、配布されている無料・有料のEAを利用することが多いはずです。

業者の取引条件をベースに、EAを選ぶようにしてください。

会社(業者・MT4)を設立しただけでは売り上げは上がりません。

仕事のできる従業員(EA)を雇ってこそ売り上げ(利益)を出してくれるのですが、会社の就業規則(業者の利用規約)に反して仕事をされては困りますよね?

EAがエラーで頻繁に稼働停止したり、業者とトラブルになったりもするのも、EAと業者の取引条件がマッチしていない場合がほとんどなので注意しましょう。

 

ポイント2:サーバーが安定していること

業者の取引サーバーが最も大切

EAを安定して稼働させるためには、業者の取引サーバーを重視しましょう。

FX業者の取引サーバーが弱く、頻繁にサーバーダウンしたり、スリッページを起こすようでは、安心してEAを稼働させることはできません。

裁量取引では、自分の目と感覚でサーバーの状況を把握しながら取引できますが、自動売買はFX業者のサーバーに問題が発生するとストップしてしまいます。

また、稼働期間が中断されるため、過去データその後の内部ストラテジーにも影響を与えてしまうので注意が必要です。

 

VPSサーバーのスペックも見過ごせない

また、契約するVPSサーバーの安定性も重要です。

EAは、MT4・MT5が起動していないと稼働しません。

自分のパソコンを利用して自動売買をする場合、常にパソコンを立ち上げっぱなしにしなければならないので、電気代もかかりますし停電などのリスクもあります。

そのため、一般的にはMT4・MT5を24時間稼働させることができるVPSサーバーを利用します。

VPSサーバーは、1台のサーバーを何人かで共有する仕組みです。専用サーバーよりコストを安くでき、専用サーバー並みの性能と安定性が実現可能です。

MT4・MT5の操作は、自分のパソコンまたはスマホから、VPSサーバーにアクセスするだけなので、パソコン・スマホの電源を落としたとしてもMT4・MT5・EAは稼働し続けます。

また、VPSサーバーの設置場所も重要です。VPSサーバーと業者の取引サーバーの物理的な距離が近いほど、接続遅延などが発生しにくくなるので、意識するようにしてください。

メンテナンスやセキュリティ対策はVPSサーバー業者が行うため、煩わしい設定も必要ありません。料金は、だいたい月2,000円〜3,000円です。

しかし、このVPSサーバーも運営会社によってはサーバーダウンを起こすところもあるので注意してください。

極端に格安料金のVPS業者は使わないほうが良いでしょう。

なるべく、海外FX業者が推奨しているVPS業者を使ったほうが良いと思います。

業者の取引サーバー・VPSサーバー、このどちらがダウンしてもEAはストップします。

サーバーが安定しているかどうかは、EAの運用成績を左右する重要なポイントなので、最初にしっかり検討するようにしてください。

 

ポイント3:取引コストが安いこと

裁量取引でも自動売買でも、業者で発生する取引コストは同じスプレッドと取引手数料の2つです。

しかし、自動売買は、取引回数が多いことと、VPSサーバー月額料金、EA購入代金もかかるので、なるべく業者の取引コストは安く抑えなくてはいけません。

どこの業者にも必ずあるスタンダード口座は、取引手数料は無料ですが、スプレッドが広めに設定されておりコストがかかります。

ECN口座であれば、取引手数料は発生しますが、スプレッドが非常に狭いため、自動売買には最適です。

また、いったん支払った取引手数料は、確定申告で必要経費として控除できます。

海外FX業者11社|実際のスプレッドを比較しました

海外FXの税金まとめ|確定申告は必要?脱税できる?節税方法は?

 

ポイント4:無料サービスも活用する

なるべく初期費用をかけずに自動売買を始めたければ、無料VPSサーバーや無料EAを提供している業者を活用するのも良いでしょう。

ただし、無料EAは、過去に有料で配布されていたものが成績不良によって無料化したものもあります。時代・相場にあっていない可能性が高いので注意してください。

無料VPSサーバー・無料EAを提供している、代表的な業者は以下の通りです。

業者 無料VPS 無料EA
xm
XM
×
GEMFOREX
GEMFOREX
FBS
FBS
×

 

注意点1:スキャルピングを禁止している業者もある

スキャルピング系のEAを使う場合は、業者の利用規約には注意してください。

スキャルピングするユーザーが多いと、業者の取引サーバーに負荷がかかります。

それが24時間常時稼働が前提のEAで実践された場合、取引サーバーの弱い業者にとってみれば、最悪、サーバーダウンにもなりかねない危険な取引です。

そのため、多くの国内FX業者同様、スキャルピングを取引規定で明確に禁止している海外FX業者もあるので注意してください。

以下に、スキャルピングを規制している代表的な海外FX業者をピックアップしました。

取引規定
ノースプレッド口座は許可が必要
過度なスキャルピング禁止

GEMFOREXについては前述した通りですが、そのほかにLand-FXも過度なスキャルピングを禁止しています。

ノースプレッド口座について

ノースプレッド口座でのスキャルピングのルールとして、短期間(5分間を目安)に往復合計10LOT以上での連続したお取引を頂く可能性がある方は事前にご連絡を頂き、弊社よりカバー先に許可を取らせて頂く必要がございます。

EA利用に関するルール

EAをご利用の場合、EAのロジック(売買戦略)によっては、予告なくカバー先からのEA利用(自動売買)の一時、もしくは継続しての停止措置が執行される場合がございます。特にスキャルピングEAにつきましては、執行となってしまう可能性が高くございますので、ご理解を頂きました上でご利用をいただきますようお願い致します。

出典:GEMFOREXのガイドライン

禁止事項

Since all servers have limited capacity and are used by many people, you should not use Landprime Ltd. Sites in any manner that could damage or overburden any Landprime Ltd.server, or any network connected to any Landprime Ltd. server. You should not use Landprime Ltd. Sites in any manner that would interfere with any other party's use of Landprime Ltd. Sites.

出典:Land-FX 利用規約

これらの業者で運用タイプがスキャルピングのEAを使った場合、せっかく稼いだ利益が没収されてしまうこともあるので注意が必要です。

 

注意点2:自動売買対応していない取引口座もある

業者の中には、そもそも自動売買のできない業者・口座タイプもあります。

取引規定
プロ口座はEA利用不可
 スキャルピング・自動売買禁止

is6comのプロ口座は、EAの使用を禁止している裁量取引専用口座です。スタンダード口座ではスキャルピングは許可されています。

iFOREXは、MT4・MT5ではなく独自ツールを採用しており、そもそも自動売買ができません。

 

注意点3:MT5は一部の業者でしか利用できない

多くの海外FX業者のトレードツールにはMT4が採用されています。

しかし、最新バージョンのMT5は、まだ一部の業者でしか利用できません。

MT4とMT5は、基本的には同じツールですが、使われているプログラミング言語が違うため、それぞれのEAを使い回すことはできません。

例えば、「MT5のこのEAが使いたい」というものがあったとして、いざ購入してから「実はMT5が使えない業者でした」といったことにならないように気をつけましょう。

MT5が利用できる業者は、以下のリンクを参照してください。

MT4・MT5が使える業者とダウンロード先

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FXの口座開設ボーナス比較

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

 

2019年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

-MT4・MT5

Copyright© 海外FX Wiki , 2019 All Rights Reserved.