海外FX業者11社|実際のスプレッドを比較しました(平常時・早朝・窓空け・重要指標発表時)

更新日:

海外FX業者を選ぶときに、まず気になるのは

「どのくらいスプレッドが狭く安定しているか?」

という点ですね?

今回は、海外業者11社の取引手数料と実際のスプレッドを徹底的に比較しました。

スプレッドの数値は、11社分のMT4を同時に立ち上げ、スプレッド記録用のEAを使い、1週間計測しています。

スプレッド・取引手数料の比較一覧表

まず、平常時のスプレッドの開き具合を、通貨ペアごとに評価しました。

業者名 USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY EUR/USD ZAR/JPY TRY/JPY
xm
XM
0.1〜
0.6銭
0.1〜
0.7銭
0.1〜
1.3銭
0.1〜
0.6pips
- -
axiory
AXIORY
0.1〜
0.7銭
0.2〜
0.9銭
0.3〜
1.7銭
0.1〜
0.7pips
5.2〜
5.6銭
5.4〜
8.9銭
tradeview
TRADEVIEW
0.1〜
0.4銭
0.3〜
0.8銭
0.2〜
1.6銭
0.1〜
0.5pips
- -
hotforex
HotForex
0.3〜
1.0銭
0.1〜
0.6銭
0.1〜
1.2銭
0.0〜
0.5pips
3.2〜
3.7銭
-
titan fx
Titan FX
0.0〜
0.6銭
0.2〜
1.0銭
0.6〜
2.0銭
0.0〜
0.6pips
1.0〜
1.2銭
-
fbs
FBS
0.2〜
0.6銭
0.1〜
0.9銭
0.5〜
2.1銭
0.0〜
0.4pips
- -
land fx
LAND-FX
-0.1〜
1.5銭
-0.1〜
2.0銭
-0.1〜
2.0銭
-0.1〜
1.3pips
- -
iron fx
IronFX
0.2〜
0.5銭
0.2〜
1.0銭
0.2〜
1.0銭
0.2〜
0.6pips
10〜
20銭
11〜
50銭
fxpro
FXPro
1.3〜
1.8銭
1.9〜
2.5銭
2.5〜
4.2銭
1.5〜
1.8pips
- -
gemforex
GemForex
固定
0.3銭
固定
1.0銭
固定
1.3銭
固定
0.3pips
固定
2.7銭
-
is6com
is6com
固定
0.8銭
固定
1.1銭
固定
1.5銭
固定
0.7pips
1.8〜
4.8銭
-

+ スプレッド計測対象の業者・口座タイプ

  • XM:ZERO口座
  • AXIORY:ナノスプレッド口座
  • Tradeview:MT4 ILC口座
  • HotForex:ZERO口座
  • TitanFX:ブレード口座
  • FBS:ECN口座
  • Land-FX:ECN口座
  • IronFX:ABSOLUTE ZERO口座
  • FxPro:MT4 Market口座
  • GEMFOREX:ノースプレッド口座
  • is6com:プロ口座

こうして見てみると、上部のXM〜FBSまでは、どこも全般的に狭いスプレッドを提供できている業者として目立ちますね。

ただ、業者選びでは、スプレッドと同じくらい取引手数料も意識して、トータルコストを重視しなければいけません。

いくらスプレッドが狭く安定していても、取引手数料が高ければ、トータルコストが割高になってしまうので注意してください。

例えば、USD/JPYにおける、1万通貨あたりのトータルコストを計算してみたところ、XM・FBSにこの逆転現象が顕著に現れました。

USD/JPYのトータルコスト
業者名 取引手数料 スプレッド トータルコスト
xm
XM
10ドル 0.1〜0.6銭 123〜173円
axiory
AXIORY
6ドル 0.1〜0.7銭 78〜138円
tradeview
TRADEVIEW
5ドル 0.1〜0.4銭 67〜97円
hotforex
HotForex
8ドル※ 0.3〜1.0銭 120〜190円
titan fx
Titan FX
7ドル 0.0〜0.6銭 79〜139円
fbs
FBS
6ドル 0.2〜0.6銭 88〜128円
land fx
LAND-FX
7ドル -0.1〜1.5銭 69〜229円
iron fx
IronFX
無料 0.2〜0.5銭 20〜50円
fxpro
FXPro
無料 1.3〜1.8銭 130〜180円
gemforex
GemForex
無料 固定0.3銭 30円
is6com
is6com
無料 固定0.8銭 80円

※ 取引手数料の表記は、10万通貨あたりの往復手数料です。
※トータルコストは、1万通貨あたり1ドル113円で算出しています。
※ HotForex取引手数料は、メジャー通貨ペア往復8ドル、その他は往復12ドルです。

このように、業者の取引条件や手数料体系は様々なので、一概にスプレッドだけ見て取引コストを判断してはいけません。

また、業者によって早朝・窓開け・重要指標発表時におけるスプレッドの開き方も異なるので注意してください。

この記事では、この取引条件・手数料体系・スプレッドの広がるタイミングなども考慮して解説しているので、ぜひ業者選びの参考にしてみてください。

スプレッドが狭くておすすめのFX海外口座

AXIORY・Tradeviewはバランスが最も良い

取引手数料とスプレッドのバランスで考えた場合、AXIORYTradeviewの2社が最もオススメです。

どちらの業者も取引手数料が安いおかげで、トータルコストを低く抑えることができます。

スプレッドは一般的ですが、平常時は安定していますし、早朝・窓空け・重要指標発表時に広がったとしても、他社よりは大きくありません。

AXIORY

AXIORYの評価|評判・安全性について(アキシオリー)

この記事では、海外FX業者「AXIORY」を海外FX歴12年の筆者が辛口レビューします。 AXIORYは、派手なキャンペーンやボーナスが一切ありませんが、短期トレードに特化しており、とてもクリーンなF ...

続きを見る

 

Tradeview

Tradeviewの評価|評判・安全性について(トレードビュー)

Tradeviewは、日本ではまだまだ知名度の低い海外業者ですが、「豊富な取扱銘柄」「狭いスプレッド」「トータルコストの安さ」「選べる4種類のプラットフォーム」などの特徴を持った、中上級者向きの優良業 ...

続きを見る

 

GEMFOREX・is6comは手数料無料でスプレッドが固定

早朝・重要指標発表時においても、平常時のスプレッドを維持できていたのは、GEMFOREXis6comの2社です。

GEMFOREXのノースプレッド口座とis6comのプロ口座は、スプレッドがほぼ固定で取引手数料も無料なので、取引コストを抑えて安定したトレードができます。

ただ、名目上は「取引手数料無料のECN口座」なのですが、一般的な国内FX業者と同じ特徴を持っているため、実際は相対取引をしている可能性が高いでしょう。

また、FxProも取引手数料無料ですが、他社とは取引形態が異なるSTP方式なので、平常時は他社のスタンダード口座レベルのスプレッドです。

GEMFOREX

GEMFOREXの評価|評判・安全性について(ゲムフォレックス)

この記事では、海外FX業者「GEMFOREX(ゲムフォレックス)」を海外FX歴12年の筆者が辛口レビューします。 GEMFOREXは魅力的な部分もあるのですが、金融ライセンスを所有していない相対取引業 ...

続きを見る

 

is6com

is6comの評価|評判・安全性について(アイエスシックスコム)

タックスヘイブン(租税回避国)として有名なセーシェルに本拠地を構える「is6com」は、2016年に設立された新しい海外FX業者です。 メリット 日本語対応が完璧な日本人フレンドリーな業者 最大レバレ ...

続きを見る

 

XM・HotForex・FBSはそもそも手数料が高い

XMHotForexFBSの3社は、スプレッドが比較的安定しており、早朝・窓空け・重要指標発表時を覗き、それほど大きく広がることはありません。

ただし、取引手数料が高いので、結果的にトータルコストは高くついてしまいます。

取引コストの安い業者選びには、スプレッドだけでなく、取引手数料も考慮しなければならないという良い例です。

 

Land-FXはスプレッドが広がりやすくリスキー

平常時においても、常にスプレッドが拡大し不安定だったのが、Land-FXです。

早朝・窓空け・重要指標発表時は他社とそれほど変わりませんでしたが、平常時の動きは明らかに他社と異なります。

ただ、この1週間の中で、唯一マイナススプレッドを配信していた業者です。

 

海外FX業者11社 実測スプレッド計測結果

では、各社の実際のスプレッドデータを、通貨ペアごとにもう少し詳しく見てみましょう。

スプレッドの計測・評価は、以下の条件で行なっています。

平常時

2018年12月11日〜17日の、早朝・重要指標発表時以外のスプレッドを計測しています。

早朝・窓空け

日本時間6:50〜7:30の早朝と、17日(月曜)窓空けのスプレッドを計測しています。

重要指標・イベント

計測期間中、注目度の高かった主な重要指標・イベントは以下の通りです。

何の重要指標・イベントが相場にどのような影響を与えたのか?についての詳しい解説は省略し、あくまでスプレッドは拡大したのか?どの程度拡大したのか?に焦点を当てています。

日時 重要指標・イベント
2018/12/11 18:30 【イギリス】失業者数推移・失業率・ILO失業率
19:00 【ドイツ】【ユーロ】ZEW景況感調査
22:30 【アメリカ】生産者物価指数
2018/12/12 17:00 【南アフリカ】消費者物価指数
19:00 【ユーロ】鉱工業生産
22:30 【アメリカ】消費者物価指数
【ユーロ】ハッカライネン・フィンランド中銀副総裁講演
2018/12/13 16:00 【ドイツ】消費者物価指数
20:00 【トルコ】トルコ中銀 政策金利
21:45 【ユーロ】欧州中銀 政策金利
22:30 【ユーロ】ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見
2018/12/14 17:15 【ユーロ】ユーロ デギンドス・ECB副総裁 講演
【フランス】製造業PMI・非製造業PMI
17:30 【ドイツ】製造業PMI・非製造業PMI
22:30 【アメリカ】 小売売上高
【ユーロ】アンジェローニ・ECB銀行監督委員 講演

使用したツール

計測に用いたツールは、以下の画像下段のSpread RecorderというEAです。

上段には5分足チャートも表示させています。

スプレッドが広がるほどグラフの縦軸が増加し、赤が最大値青が最小値緑が平均値①が平常時・②が早朝・③が窓空け・④が重要指標発表時です。

スプレッドの具体的な数値は、個別に表にまとめてあります。

 

XMは最もオーソドックスなスプレッド

USD/JPYEUR/JPYGBP/JPYEUR/USD


平常時

早朝

窓空け

重要指標
USD/JPY 変動0.1〜0.6 最大9.0 最大7.2 最大2.2
EUR/JPY 変動0.1〜0.7 最大16.0 最大14.0 最大9.3
GBP/JPY 変動0.1〜1.3 最大18.0 最大18.0 最大14.5
EUR/USD 変動0.1〜0.6 最大7.0 最大7.0 最大3.6
ZAR/JPY - - - -
TRY/JPY - - - -

XMのスプレッドの広がり方を見ると、最も単純でオーソドックスな動きをしています。

平常時は安定していますが、どの通貨ペアも早朝・窓空け・重要指標発表時にはお決まりのようにスプレッドが拡大するので、トレーダーとしては予測はしやすいとも言えるでしょう。

変動幅は、全11社の中では比較的狭いのですが毎回不規則です。

XMの評価|評判・安全性について(エックスエム)

まず、「XMTrading」についてザックリ説明すると「顧客を非常によく分析し商品開発をしているため、国内業者に匹敵するほど総合力が高い業者」と言えます。 日本人トレーダーの利用者も非常に多く、その人 ...

続きを見る

 

AXIORYは早朝・窓開け時のGBP/JPYが開きやすい

USD/JPYEUR/JPYGBP/JPYEUR/USDZAR/JPYTRY/JPY


平常時

早朝

窓空け

重要指標
USD/JPY 変動0.1〜0.7 最大12.8 最大8.0 最大2.5
EUR/JPY 変動0.2〜0.9 最大20.1 最大18.2 最大4.4
GBP/JPY 変動0.3〜1.7 最大41.0 最大54.5 最大10.1
EUR/USD 変動0.1〜0.7 最大12.8 最大10.2 最大2.4
ZAR/JPY 変動5.2〜5.6 最大10.9 最大9.5 最大9.3
TRY/JPY 変動5.4〜8.9 最大26.7 最大30.0 最大20.7

AXIORYも、基本的にはXMと同様にオーソドックスな動きをします。

ただ、平常時は狭く安定していますが、早朝・窓空けの開きがXMより広く、特にGBP/JPYはかなり開きます。

ZAR/JPYは、通常スプレッドが大きく広がるタイミングの他に、13日の日本時間5:00と9:00に大きく広がるタイミングがありました。

AXIORYの評価|評判・安全性について(アキシオリー)

この記事では、海外FX業者「AXIORY」を海外FX歴12年の筆者が辛口レビューします。 AXIORYは、派手なキャンペーンやボーナスが一切ありませんが、短期トレードに特化しており、とてもクリーンなF ...

続きを見る

 

Tradeviewは重要指標発表時のEUR/JPYが開きやすい

USD/JPYEUR/JPYGBP/JPYEUR/USD


平常時

早朝

窓空け

重要指標
USD/JPY 変動0.1〜0.4 最大12.6 最大8.0 最大1.8
EUR/JPY 変動0.3〜0.8 最大20.4 最大18.5 最大12.4
GBP/JPY 変動0.2〜1.6 最大56.8 最大58.8 最大10.8
EUR/USD 変動0.1〜0.5 最大11.7 最大10.1 最大2.2
ZAR/JPY - - - -
TRY/JPY - - - -

Tradeviewも、基本的にはXMと同様にオーソドックスな動きをします。

平常時は狭く安定していますが、早朝・窓空け時はXMよりも大きく開きやすく、特にGBP/JPYがかなり拡大します。

また、重要指標発表時にはEUR/JPYが他社よりも開きやすいところも特徴です。

Tradeviewの評価|評判・安全性について(トレードビュー)

Tradeviewは、日本ではまだまだ知名度の低い海外業者ですが、「豊富な取扱銘柄」「狭いスプレッド」「トータルコストの安さ」「選べる4種類のプラットフォーム」などの特徴を持った、中上級者向きの優良業 ...

続きを見る

 

GEMFOREXは原則固定で重要指標の影響をほぼ受けない

USD/JPYEUR/JPYGBP/JPYEUR/USDZAR/JPY


平常時

早朝

窓開け

重要指標
USD/JPY 固定0.3 最大8.8 最大6.4 固定0.3
EUR/JPY 固定1.0 最大4.1 最大14.0 最大7.0
GBP/JPY 固定1.3 最大23.7 最大19.5 最大10.0
EUR/USD 固定0.3 最大7.3 最大7.4 最大7.5
ZAR/JPY 固定2.7 固定2.7 最大8.0 最大6.8
TRY/JPY - - - -

GEMFOREXは、今回の11社の中で最も特徴的な業者です。

基本的に、平常時はスプレッドが固定されており、早朝・窓空けはそれなりに広がりますが、重要指標発表の影響をほぼ受けません。

相対取引の国内FX業者と同じような、原則固定のスプレッドと考えて良いでしょう。

ただ、ZAR/JPYは、13日の早朝7:00にはこれといった変動はありませんでしたが、日本時間8:00と9:00に大きくスプレッドの広がるタイミングがありました。

例外的な動きをすることもあるので、注意が必要です。

GEMFOREXの評価|評判・安全性について(ゲムフォレックス)

この記事では、海外FX業者「GEMFOREX(ゲムフォレックス)」を海外FX歴12年の筆者が辛口レビューします。 GEMFOREXは魅力的な部分もあるのですが、金融ライセンスを所有していない相対取引業 ...

続きを見る

 

is6comも原則固定だが重要指標の影響は結構受ける

USD/JPYEUR/JPYGBP/JPYEUR/USDZAR/JPY


平常時

早朝

窓空け

重要指標
USD/JPY 固定0.8 最大8.8 最大6.7 最大1.7
EUR/JPY 固定1.1 最大4.1 最大14.0 最大6.9
GBP/JPY 固定1.5 最大24.2 最大27.0 最大10.0
EUR/USD 固定0.7 最大7.4 最大7.4 最大7.5
ZAR/JPY 変動1.8〜4.8 最大6.6 最大8.0 最大10.5
TRY/JPY - - - -

is6comも、GEMFOREXと同じようなスプレッド原則固定の業者と考えて良いでしょう。

ただ、GEMFOREXよりも重要指標発表の影響を受けてスプレッドが拡大します。

また、ZAR/JPYの動きも独特で、22:00〜16:00あたりのスプレッドは1.8pipsと落ち着いていますが、それ以外の時間帯は規則的に4.5pipsまで拡大するので注意してください。

is6comの評価|評判・安全性について(アイエスシックスコム)

タックスヘイブン(租税回避国)として有名なセーシェルに本拠地を構える「is6com」は、2016年に設立された新しい海外FX業者です。 メリット 日本語対応が完璧な日本人フレンドリーな業者 最大レバレ ...

続きを見る

 

HotForexはスプレッドが開きにくく規則性がある

USD/JPYEUR/JPYGBP/JPYEUR/USDZAR/JPY


平常時

早朝

窓空け

重要指標
USD/JPY 変動0.3〜1.0 最大7.7  最大5.3 最大1.3
EUR/JPY 変動0.1〜0.6 最大8.0 最大8.0 最大4.4
GBP/JPY 変動0.1〜1.2 最大8.0 最大8.0 最大7.9
EUR/USD 変動0.0〜0.5 最大4.1 最大4.5 最大1.9
ZAR/JPY 変動3.2〜3.7 最大9.4 最大7.9 最大7.2
TRY/JPY - - - -

HotForexは、ZAR/JPY以外の通貨ペアの、早朝・窓空け・重要指標発表時の開きが少なく、規則性のある動きが特徴です。

特に、EUR/JPY・GBP/JPYの開きが最も小さく、最大でも8.0pipsを超えないように調整されているように見受けられます。

平常時も安定しているので、スプレッドに関しては比較的安心できますが、前述の通り取引手数料がメジャー通貨ペア往復8ドル、その他通貨ペア往復12ドルと高いため、トータルするとトントンといったところでしょうか。

HotForexの評価|評判・安全性について(ホットフォレックス)

「HotForex(ホットフォレックス)」は、安全性・顧客満足度に優れていることから、2010年の設立以来、日本でも多くのトレーダーが利用していた欧州の大手FX業者です。 金融ライセンスの関係で、20 ...

続きを見る

 

Titan FXはZAR/JPYが最も有利

USD/JPYEUR/JPYGBP/JPYEUR/USDZAR/JPY


平常時

早朝

窓空け

重要指標
USD/JPY 変動0.0〜0.6 最大12.7 最大7.8 最大2.5
EUR/JPY 変動0.2〜1.0 最大18.1 最大18.1 最大4.5
GBP/JPY 変動0.6〜2.0 最大30.0 最大30.0 最大9.8
EUR/USD 変動0.0〜0.6 最大13.9 最大10.4 最大2.6
ZAR/JPY 変動1.0〜1.2 最大6.4 最大4.8 最大4.9
TRY/JPY - - - -

Titan FXも、AXIORYやTradeviewほどではありませんが、早朝・窓空け時のEUR/JPY・GBP/JPYが大きく開きます。平常時の動きは一般的です。

ただ、ZAR/JPYのスプレッドは、全てのタイミングにおいて、全11社の中でダントツに有利です。

Titan FXの評価|評判・安全性について(タイタンFX)

海外FX業者「Titan FX」は、その他の大手海外FX業者と肩を並べる日本人トレーダーに人気の業者です。 他社と比較した場合、AXIORY(アキシオリー)とよく似た特徴を持っており、短期売買・MT4 ...

続きを見る

 

FBSはXMと同じようなオーソドックスなスプレッド

USD/JPYEUR/JPYGBP/JPYEUR/USD


平常時

早朝

窓空け

重要指標
USD/JPY 変動0.2〜0.6 最大10.9 最大8.2 最大1.8
EUR/JPY 変動0.1〜0.9 最大19.9 最大14.7 最大5.2
GBP/JPY 変動0.5〜2.1 最大19.5 最大20.0 最大12.0
EUR/USD 変動0.0〜0.4 最大5.7 最大5.7 最大1.6
ZAR/JPY - - - -
TRY/JPY - - - -

FBSは、スプレッドの開くタイミング・その大きさも、ほとんどXMと同じです。

平常時は安定していますが、どの通貨ペアも早朝・窓空け・重要指標発表時にはお決まりのようにスプレッドが拡大します。

変動幅は、全11社の中では比較的狭いのですが毎回不規則です。

FBSの評価|評判・安全性について(エフビーエス)

「FBS」は、ニーズに合わせた口座タイプ・豊富なボーナス制度・95%以上のオーダーを0.4秒以内に約定させるNDD方式などを理由に、日本でも知名度が上がりつつある注目の業者です。 ただ、残念なこととし ...

続きを見る

 

Land-FXはマイナススプレッドにもなるが常に変動幅が大きい

USD/JPYEUR/JPYGBP/JPYEUR/USD


平常時

早朝

窓空け

重要指標
USD/JPY 変動-0.1〜1.5 最大10.7 最大6.0 最大3.7
EUR/JPY 変動-0.1〜2.0 最大15.4 最大13.5 最大14.0
GBP/JPY 変動-0.1〜2.0 最大24.0 最大24.5 最大13.0
EUR/USD 変動-0.1〜1.3 最大7.2 最大5.7 最大2.8
ZAR/JPY - - - -
TRY/JPY - - - -

Land-FXは、早朝・窓空け・重要指標発表時には、XMなどと同じような一般的な動きと開き方をするのですが、平常時が他社とは全く異なります。

まず、Land-FXは、平常時にマイナススプレッドが計測できた唯一の業者です。しかし、他社よりもその変動幅が非常に大きく、常に規則的に動きます。

また、毎回ではありませんが、他社が重要指標発表時に大きくスプレッドを拡大させても、Land-FXは平常時のスプレッドを維持できているポイントがいくつかあるのも特徴です。

Land-FXの評価|評判・安全性について(ランド-エフエックス)

「Land-FX」は、2013年に設立した比較的新しい海外業者です。 取引条件やボーナスなどの条件がとても良く、MT4による自動売買やスキャルピングに有利な業者として利用者が急増しました。 しかし、海 ...

続きを見る

 

IronFXはZAR/JPY・TRY/JPYが圧倒的に不利

USD/JPYEUR/JPYGBP/JPYEUR/USDZAR/JPYTRY/JPY


平常時

早朝

窓空け

重要指標
USD/JPY 変動0.2〜0.5 最大12.8 最大7.9 最大2.5
EUR/JPY 変動0.2〜1.0 最大19.9 最大18.0 最大5.7
GBP/JPY 変動0.2〜1.0 最大56.0 最大56.0 最大9.2
EUR/USD 変動0.2〜0.6 最大14.0 最大10.20 最大3.3
ZAR/JPY 変動10.0〜20.0 最大22.0 最大24.0 最大24.0
TRY/JPY 変動11.0〜50.0 最大70.0 最大70.0 最大70.0

IronFXは、ZAR/JPY・TRY/JPY以外の通貨ペアに関してはAXIORYとほぼ同じ動きです。

しかし、ZAR/JPYとTRY/JPYのスプレッドがAXIORYよりも圧倒的に不利で、早朝・重要指標発表など関係なく、ほぼ次の2パターンで変動しています。

  • 日本時間15:00〜翌3:30:10〜15pipsで変動
  • 日本時間3:30〜15:00:最大スプレッドが20pipsに広がり変動

IronFXで、ZAR/JPY・TRY/JPYの取引をする場合には注意してください。

IronFXの評価|評判・安全性について(アイアンFX)

IronFXは主に、スワップポイントが高いので中長期トレード向き、取引手数料無料・狭いスプレッドでECN取引が可能、といった特徴があります。 しかし、過去突然の日本撤退・中国におけるデモ事件・世界中で ...

続きを見る

 

FxProは平常時のスプレッドが広いSTP方式

USD/JPYEUR/JPYGBP/JPYEUR/USD


平常時

早朝

窓空け

重要指標
USD/JPY 変動1.3〜1.8 最大8.3 最大6.7 最大2.7
EUR/JPY 変動1.9〜2.5 最大13.1 最大10.8 最大6.8
GBP/JPY 変動2.5〜4.2 最大22.5 最大31.0 最大12.1
EUR/USD 変動1.5〜1.8 最大8.5 最大8.5 最大3.0
ZAR/JPY - - - -
TRY/JPY - - - -

FxProのスプレッドを計測した「MT4 Market口座」は、他社のECN口座とは違い「外付け手数料無料」「スプレッドにマークアップ(上乗せ手数料)が含まれたSTP方式の口座タイプ」なので、平常時のスプレッドは他社のスタンダード口座と同レベルと考えてください。

ただし、早朝・窓空け・重要指標発表時のスプレッドの開きは、他社のECN口座と同じような動きをします。

毎回、取引手数料を支払う必要はありませんが、スプレッドが広い分だけ、ポジションを持った際に損益がマイナスからプラスに転じるまでの値幅も広いのが特徴です。

そのため、取引回数の多い短期売買では、利幅を狭く設定すると取引手数料無料のメリットがあまりないのですが、利幅を広く設定していればコストの面で有利となります。

このように、業者によってさまざまな口座タイプがあるため、もしECNにこだわらない場合は、FXProのようなSTP方式の口座を選択するのも良いでしょう。

FxProの評価|評判・安全性について(エフエックスプロ)

FxProは、2006年に設立した海外FX業者の中でも老舗中の老舗企業です。 資本金1億ドル、従業員数200名超、外部監査が日本法人もある世界最大の会計事務所「PwC」、世界173ヵ国で610,000 ...

続きを見る

 

業者の公表スプレッドはあてにならない

業者別 公式サイトの公表スプレッド
スプレッド(pips)
USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY EUR/USD ZAR/JPY TRY/JPY
XM 平均 0.2 0.2 0.9 0.1 なし なし
AXIORY 平均 0.4 0.2 4.5 0.3 6.4 7.5
Tradeview 現在 0.3 1.3 非公開 0.5 なし なし
HotForex 最小 0〜 0〜 0〜 0〜 0〜 なし
Titan FX 平均 0.33 0.74 1.45 0.2 0.44 なし
FBS 最小 -1〜 -1〜 -1〜 -1〜 なし なし
Land-FX 現在 0.2 0.3 0.6 0.2 なし なし
IronFX 不明 0.2 0.4 0.2 0.2 20 19
FxPro 不明 非公開 非公開 非公開 非公開 なし なし
GEMFOREX 平均 0.3 1.0 1.3 0.3 2.7 なし
is6com 平均 0.8 1.1 1.5 0.7 1.8 なし

※ スプレッド:2018/12/17時点の数値

最後に、業者が公表しているスプレッドについても触れたいと思います。

多くの業者の公式サイトでは、レート一覧と一緒にスプレッドも表示されています。しかし、この公表スプレッドの数値は、あまりアテになりません。

業者によって平均値、現在値、最小値、最大値のうち、何を公表しているかが違うからです。また、非公開の通貨ペアもあります。

特に、平均値にはトリックがあるので注意してください。集計期間をちょっと変えるだけで、いくらでも狭く見せることが可能だからです。

例えば、AXIORYなどは、最大値・最小値・平均値・現在値を全て公表しているのですが、平均値は集計期間が長いためか他社よりもかなり広い数値となっています。そのため、平均値も他社との比較には使えません。

現在値を同時に見ればいいのでは?と考えることもできますが、更新のタイミングはバラバラです。デモ口座もスプレッドは実際の本番口座とは違います。

そのため、今回のように実際に口座開設をして同じタイミングで計測しなければ、業者のスプレッドを正しく比較することはできないんですね。

ぜひ、今回の結果をもとにFX業者選びをしてみてください。

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FXの口座開設ボーナス比較

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

 

2019年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

-海外FX口座レビュー

Copyright© 海外FX Wiki , 2019 All Rights Reserved.