Riselink FXの評価|評判・安全性について(ライズリンクFX)

海外FX業者Riselink FX(ライズリンクエフエックス)は、日本人詐欺グループが運営していた架空の海外FX業者です。

この詐欺グループは、既に2020年10月に大阪府警に逮捕されています。

しかし、現在もRiselink FX公式サイトは存在しており、普通に口座開設ができてしまいます(2020年12月1日時点)。

まだこの事件を知らないトレーダーも多いかと思いますが、絶対に利用しないでください。

この記事では、詐欺被害を防ぎたいという想いから、現時点で判明しているこの詐欺事件のあらましや、今後詐欺被害に遭わないための対策について解説していきたいと思います。

海外FX初心者・投資初心者・不労所得で稼ぎたいと思っている人には、ぜひ最後まで読んで頂きたい内容です。

特に、自動売買(システムトレード)やコピートレード(ソーシャルトレード)に興味のある人は必見です。

最初に今回の詐欺事件に関わった業者リストをお伝えします。現在、以下の業者と何らかのつながりのある人は、すぐに関係を解消したほうが良いでしょう。

サービス名・運営会社

  • Riselink FX
  • Rise Link Forex Limited
  • RiseLine Forex
  • Lightning Forex
  • Square Link Financial

投資仲介業者

  • Rhythm
  • NEXUS
  • UNIVERSE
  • Next Stage
  • トップワン

収納代行業者・情報商材販売会社

  • ピースグローバル合同会社
  • ファーストペンギン

サービス名・運営会社名については名称を変えているだけで、全て同一の架空サービス・架空会社の可能性が高いと思います。

公式サイトを見ると、さまざまな箇所にサービス名・運営会社名を頻繁に変更していた痕跡が残っているからです。

投資仲介業者と収納代行業者は、ユーザーのクチコミから得た情報をまとめています。

情報商材販売会社ファーストペンギンは、悪名高い情報商材屋なので注意してください。

 

どのような詐欺事件だったのか?

詐欺事件の概要

  • 被害者の多くは知人からの勧誘や営業電話が最初のきっかけ。
  • 自動売買システムやコピートレードの利用を勧誘される。
  • 謳い文句は「モニターに当選した」「必ず儲かる」
  • 期間限定の入金ボーナスがもらえると偽り追加入金を催促される。
  • 画面上は利益が出ていたが実際に取引はしていなかった。
  • 決して出金させてもらえない。
  • 最終的には音信不通。

上記はこの事件の各メディアの報道内容をまとめたものです。

手口は資金だけ集めていきなりサイト閉鎖や音信不通になるパターン。

これは典型的な特殊詐欺の一つです。

出典:国民生活センター

マスメディアでも大きく取り沙汰されたので、知っている人も多いかと思います。

それもそのはず。詐欺グループの正体は、私たちと同じ日本人でした。

FX詐欺容疑、男女6人逮捕 被害2億円以上か―大阪府警

2020年10月19日21時42分

外国為替証拠金取引(FX)を装い、現金約130万円をだまし取ったとして、大阪府警捜査2課は19日、詐欺容疑で職業不詳の庭瀬翔太容疑者(28)=大阪市福島区鷺洲=ら男女6人を逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。

同課によると、庭瀬容疑者がグループのリーダーとみられ、690人以上から2億円以上を集金したとする資料が見つかったほか、グループが管理する金融機関の口座には約4億7000万円の入金が確認されており、同課が詳しく調べている。

逮捕容疑は4~5月、岐阜県の30代男性に投資仲介業者を装って電話をかけ、「FXの自動売買システムのモニターに当選した。証拠金を預けてください。必ずもうかる」などとうその説明をして、現金計約130万円を振り込ませてだまし取った疑い。

同課によると、庭瀬容疑者らは大阪市内にある複数のビルを拠点に活動。電話で勧誘後、メールで口座を指定して入金させていたが、実際にはFX取引はしていなかった。

出典:時事通信社

トレーダーの間では一部の海外FX業者に対して「運営しているのは実は日本人ではないか?」という噂が囁かれており、今回の詐欺の舞台に使われたRiselink FXも以前からキナ臭いと評判の業者でした。

容疑者らは、投資仲介業者を装って事前に入手した顧客名に電話をかけ、「自動売買システムのモニターに当選した」「入金すれば必ず儲かる」などと嘘をつき、投資家から多額の資金を騙し取っていたとのこと。

被害総額は2億とも4億とも言われています。騙し取った現金はビットコインに変えて、マネーロンダリングしていたようです。

消費者ホットライン・消費生活センター・国民生活センター・警察への被害相談などが相次いだことで今回の逮捕に至ったようです。

今現在、海外FXで取引している人は気が気ではない事件ですよね。

当サイトでももっと早くから注意喚起ができていればと被害に遭われてしまった方には申し訳なく思っております。

詐欺グループは逮捕されたとはいえ、被害額が戻ってくるわけではありません。

しかし、現在は集団訴訟の計画もあるようですし、この事件専門の相談窓口を開設している弁護士事務所もあるので、積極的に活用してもても良いかもしれません。

 

Riselink FXはどんな業者だったのか?

犯行グループは入手した顧客リストをもとに、投資仲介会社を装って多くの投資家に営業電話をかけています。

その際、100%入金ボーナス・自動売買ツール(EA)・コピートレードなどをアピールして、架空の海外FX業者「Riselink FX」の口座開設・入金へ誘導していたようです。

しかし、被害者の方は口座開設や入金手続きの途中で怪しい業者だと気づかなかったのでしょうか?

ここからは詐欺の舞台となったRiselink FXについて、細部に至るまで徹底分析していきたいと思います。

 

複数の会社名・サービス名を使い分けていた

Riselink FX公式サイトは、犯行グループの逮捕後一時アクセスできない時期もありましたが、なぜか現在は復旧しており閲覧・口座開設が可能です(2020年12月1日時点)。

犯行当時と今とでは多少デザイン・カラーが多少異なりますが中身はほぼ同じ。

基本的には英語サイトになっていて、言語を切り替えるとGoogle翻訳によって日本語化される仕組みになっています。

非常に精巧に作られており、ぱっと見は普通の海外FX業者の公式サイトと何ら遜色ありません。

しかし、よく見てみるとおかしな点がたくさんあります。

公式サイトの至る所には、Riselink FXとは異なるサービス名・運営会社名が出てきます(具体的には「RiseLine Forex」「Lightning Forex」など)。

また、公式サイトから取引ツールであるMT4をダウンロードしたところ、取引画面に表示される業者名・サーバー名も違いました(MT4上では「Square Link」という表記)。

これが記事冒頭で述べた、犯行グループがさまざまな架空のサービス名・運営会社名・偽名を使い分けていた、または別名で詐欺を働いていたと思われる根拠です。

Square Linkという業者を調べたところ、以下のサイトが見つかりました。

しかし、このサイトはリンク切ればかりで全く機能していません。

その他にも、Riselink FXは会社情報も不透明です。

Riselink FXの運営会社はRise Link Forex Limited、住所はサモアとなっています。

住所:P.O.BOX 2433, Apia, Samoa

「P.O.BOX」とは私書箱のことです。

また、Riselink FX公式サイトにも、拠点はシンガポール、オフィスはイギリスなどと記載されているので実態がよく分かりません。

連絡先もメールアドレスしか記載されていません。

しかし、これについては正直あまり違和感を感じませんでした。

というのも、会社情報が不透明な海外FX業者などいくらでもあるからです。

このようなスタイルは、海外FX業者では結構一般的です。

たいてい規制の緩さや節税目的でオフショアにペーパーカンパニーを設立し、本当の拠点はどこか別の国に構えます。

連絡先がメールアドレスだけという業者も実に多いです。

Riselink FXは、多くの海外FX業者が採用しているビジネススタイルを装っているので、慣れている人ほど普通に口座開設してしまうと思います。

 

金融ライセンスを保有していなかった

当然ですが、Riselink FXは金融ライセンスは保有していません。

公式サイト上では、金融ライセンスについての記載は「Coming Soon…」となっていました。

 

利用規約が存在していなかった

信じられないことに、Riselink FXには利用規約が存在しません。

口座開設フォームには、利用規約同意(Accept Terms & Condition)のチェックボックスだけはあります。

どんなサービスでも、普通なら利用規約を一読しなければ具体的な手続きに進めない仕組みになっていることが多いですよね?

しかし、Riselink FXの公式サイトには、肝心の利用規約がどこにも存在していないのです。

この時点ですでにおかしいですよね?

ただ、当サイトでも実際に口座開設してみましたが、利用規約の問題を除いては、口座開設手続き自体には特に違和感を感じませんでした。

手続きは一般的な海外FX業者と同じで非常に簡単で、必要事項を入力すれば5分で登録が完了し入金・取引が可能になります。

あとは、マイページにログインして必要書類を提出し、本人認証と取引口座の登録をすれば取引や出金ができるという流れです。

 

日本の金融庁から警告を受けていた

Riselink FXは、2020年8月に日本の金融庁から無登録業者として警告が出されています。

ネット上に被害報告が出てきたピークが2020年4〜5月、逮捕が2020年10月なので、タイミングとしては少々遅いですよね?

しかし、もっと早くに警告が出ていたところで今回の被害拡大を防ぐことはできなかったと思います。

というのも、一部の新興業者を除きほとんどの海外FX業者は優良業者・悪質業者かかわらず一度はこの警告を受けているからです。

例えば大手海外FX業者、XM TradingAXIORYiFOREXGEMFOREXなどにも全てこの警告が出ています。

この警告の対象となるのは、日本の金融庁に登録がなく日本語サイトを運営しており日本人トレーダーの受け入れをしている業者です。

ただ、手当たり次第に警告を発してしまったことが仇となり、今では優良業者と詐欺業者を見分けるブラックリストとしては機能していないんですよね。

ここまで日本人に海外FX業者が浸透していては、今後もこの警告を発したところで投資家・消費者にはあまり役に立ちません。

 

大手海外FX掲示板FPAではレビュー・評価・注意喚起がなかった

海外最大級のFX掲示板「FPA(ForexPeaceArmy.com)」は、海外FX業者の評判を知る上でとても参考になるサイトです。

Riselink FXも登録だけはありましたが、評価なし・クチコミ件は0件でした。

FPAの運営会社にはこういう業者ほどしっかりSCAM(詐欺業者)認定して注意喚起してほしいところでしたが、今でもなんの解説もありません。

つまり、詐欺被害が日本限定の場合はFPAも機能しないということです。

 

国内では被害者からのクチコミが多数投稿されていた

今回の調査で最も印象的だったのが、国内トレーダーからのクチコミです。

ネット・SNSには、明らかに詐欺被害に遭っているとしか思えないクチコミが多数見つかりました。

Riselink FXに関するクチコミの多くが投稿されていたのは、主にYahoo!知恵袋・Twitter・詐欺被害相談サイト・迷惑電話チェックサイトなどです。

少し話は脱線しますが、海外FX業者のクチコミでは、どのような優良業者でも「詐欺」「出金拒否」「怪しい」というキーワードが多用されます。

その理由は、優良業者ほどユーザー数・ライバル業者が多いため、さまざまなタイプの人がクチコミを投稿するからです。

シンプルに負けたトレーダーがうっぷんを晴らすために投稿したものや、ライバル業者やアフィリエイターのネガティブキャンペーンもあります。

そのクチコミに共通するのは、具体性がないこと。

しかし、Riselink FXの場合はクチコミは非常にリアルでした。

具体的な会社名・担当者名・具体的な金額・これまでの経緯などがしっかり記載されていたことが特徴です。

実際に犯罪が行われている、あるいは犯罪に巻き込まれている雰囲気が強く感じられ、明らかに一般的な海外FX業者のクチコミとは様子が違います。

その一部をご覧ください。

tom********さん 2020/4/17 21:10

電話勧誘されて海外FXのRISELINKに入金しました。

アプリ上では利益が出ているのですが、申請しても出金できません。

もしかしたら、申請方法が間違えているのかもしれません?

出金方法がわかる方がいましたら教えて下さい。

ID非公開さん 2020/4/18 1:12

詳しい状況が分からないのですが

電話勧誘って誰がどんな内容で勧誘してきたのですか?

入金手段は何ですか?

全く聞いたことがない業者なのでサイトを見てきましたけどこれは詐欺サイトの可能性が高いです。

入金手段がクレジットカードならばカード会社と入金をキャンセルできないか交渉するのが唯一のお金を取り戻す可能性かもしれません。

どれ程助けになるか分かりませんが相談窓口

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201807/1.html

https://www.ccj.kokusen.go.jp/jri_sysi?page=kigiFx

https://www.ccj.kokusen.go.jp/sdn_process

海外のFX業者、海外のバイナリーオプション業者は詐欺が多いので知識のない人が取引するのは全くお勧めできません。

tom********さん 2020/4/18 15:03

NEXUSとUNIVERSEという会社から勧誘を受けました。

ポイント(クレジット)をつけるから入金額の倍の取引ができると言われました。

警察と消費者協会には相談しました。

出典:Yahoo!知恵袋

jo6********さん 2020/5/29 20:21

FX 海外証券会社 RiseLink Forex で口座を持っている方 居ますか?

本人確認登録から出金まで問題なく出来た方、 段取りを教えてください。

ID非公開さん 2020/5/29 23:55

なぜこんな業者を使おうとしているのか分かりませんけど、まだ入金していないなら止めた方がいいのではないかと思います。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12223283212

入金してしまったのならば手遅れかもしれませんけど消費生活センターで相談してください。

出典:Yahoo!知恵袋

匿名希望 2020/06/09

詐欺/犯罪の匂い

ボーナスが入金額の50%付くので、とりあえずボーナス分だけでも運用してみませんかというセールストーク。

自分の場合は自動売買というよりはMAM(コピートレード)と言っていました。

Rhythmと言う会社でFX業者はRiseLine Forexという海外のFX業者?

入金の振込先はなぜか日本の銀行です。

BankName:りそな銀行
Branch: 秋葉原支店 ) Account Type:普通
Account:2013915
Name: ピースグローバル合同会社

出典:電話番号検索@迷惑電話チェック

ID非公開さん 2020/8/27 20:40

Riselink FXというFX業者を紹介されています。

日本にいるマネージャーなのかトレーダーか不明ですが紹介すると言われているのですが、ネットで調べてもHPは外国のみで国内に関係者がいるとも思えません。

怪しいと思うのですが既に取引をして出金も出来たから大丈夫と勧めているのが恩師にあたる方であり、なかなか難しい状況です。

根拠も無く否定するのは説得力がないので何方か情報、もしくは取引があるようでしたら教えてください。

申し訳ありませんが、情報もしくは取引歴に関係ないご回答はご遠慮ください。(怪しい等承知しているので、肯定、否定の根拠になるものを探しています。)

ID非公開さん 2020/8/27 20:40

一体どういう形で勧誘を受けているのですか?是非教えてください。

RISELINK FXは間違いなく詐欺業者です。被害者が既に出ています。

(一部抜粋)

ID非公開さん 2020/8/28 11:49

ご回答ありがとうございました。

私の知人が国内のエージェント(HPを見るとブローカーと記載)を名のる人間から電話勧誘され取引を開始。

方法など聞いていませんが出金が出来た事を確認後に本格的に取引を開始したそうです。

勧誘は断るのはもちろんですが、先方にも注意喚起を致しました。

ありがとうございました。

出典:Yahoo!知恵袋

藤本哲也 2020年11月19日 7:31 PM

ネクストステージの木村というものからの勧誘で入金しました。関連会社として、トップワンからも電話がかかってきました。木村の対応おかしいですね。まとまに集結しましょう。(原文ママ)

出典:詐欺被害対策ナビ「Riselink FXに関する詐欺被害とトラブル情報」」

Riselink FXにかかわらず、ネットやSNSには「儲かった」「この業者がおすすめ」「今ならボーナスがもらえる」といった情報で溢れかえっています。

しかし、失敗談やネガティブなクチコミほどしっかり見ておくと、今後、海外FX業者を選ぶときの参考になると思います。

 

取引条件・サービス内容は至って普通だった

詐欺業者の取引条件を詳しく説明する意味はありません。

しかし、Riselink FXの取引条件は、実在する大手海外FX業者と比較してもあまり違和感がないところが非常に恐ろしいと感じました。

詐欺業者でありながら、なかなかリアルな取引条件を提示しているんですよね。

ここでは今後の参考までに、Riselink FXの取引条件をある程度記載しておきたいと思います。

 

口座タイプの種類と最大レバレッジ

口座タイプと取引条件
取引形態 NDD STP
最大レバレッジ 2,000倍
取扱銘柄 外国為替
貴金属
エネルギー
株価指数
仮想通貨
取引手数料 無料
スプレッド 2pips〜
ロット単位 10万通貨
最小取引数量 0.01ロット
最大取引数量 20ロット
最大ポジション数 200
ポジション
ストップレベル 10pips
スキャルピング 不明
自動売買 不明
両建て 不明
マージンコール 100%
ロスカット 30%
ゼロカット  不明
取引ツール MT4
口座通貨 USD
EUR
GBP
最低入金額 10ドル
キャンペーン 不明

※ ロット単位・スプレッド・最小取引数量・最大取引数量・ストップレベルは米ドル円の値。
取引手数料は1ロットあたりの金額。

Riselink FX公式サイトには、口座タイプはスタンダード口座・ゴールド口座・VIP口座・ECN口座の4種類から選べると記載されていましたが、取引条件やスペックは全て同一でした。

また、実際にマイページで作成できる口座タイプはゴールド口座・ダイヤモンド口座・Investor口座・Investor6口座の4種類となっており公式サイトとは微妙に違っています。

また、最大レバレッジも2,000倍ではなく1,000倍固定です。

もしかすると、実際の取引口座は前述したSquare Linkとして犯行に及んでいたときのスペックのままなのかもしれません。

こんなおかしなところも、サービス名をコロコロ変えて犯行に及んでいた痕跡なのではないでしょうか?

 

取引銘柄

大手海外FX業者と比較

全取扱銘柄
 
Riselink FX

XM Trading
AXIORY
AXIORY
外国為替 51銘柄 57銘柄 62銘柄
貴金属 2銘柄(現物) 2銘柄(現物)
2銘柄(先物)
4銘柄(現物)
エネルギー 3銘柄(現物) 5銘柄(先物) 5銘柄(現物)
商品 なし 10銘柄(先物) なし
株式 なし なし なし
株価指数 4銘柄(現物) 18銘柄(現物)
10銘柄(先物)
10銘柄(現物)
債券 なし なし なし
ETF なし なし なし
仮想通貨 1銘柄 なし なし

取扱通貨ペア数は全51銘柄です。

その他に、貴金属・エネルギー・株価指数・仮想通貨も扱っていました。

銘柄数は海外FX業者大手XM TradingAXIORYに及びませんでしたが、海外では一般的なラインナップだと思います。

 

スプレッド

他社のスタンダード口座と比較

0.1ロットあたりの取引コスト
 
Riselink FX

AXIORY

XM Trading
USD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.5~1.7pips 1.2~1.4pips 1.5~1.6pips
トータル 150~170円 120~140円 150~160円
EUR/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.6~1.9pips 1.3~1.5pips 1.9~2.1pips
トータル 160~190円 130~150円 190~210円
CAD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.7~2.3pips 1.5~1.8pips 3.1~3.3pips
トータル 170~230円 150~180円 310~330円
AUD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.5~2.0pips 1.5~1.8pips 3.0~3.3pips
トータル 150~200円 150~180円 300~330円
CHF/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.1~2.3pips 1.5~2.0pips 2.7~3.5pips
トータル 210~230円 150~200円 270~350円
GBP/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.5~2.1pips 1.5~1.7pips 2.7~2.9pips
トータル 150~210円 150~170円 270~290円
NZD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.5~2.3pips 1.8~2.2pips 2.9~3.1pips
トータル 150~230円 180~220円 290~310円
EUR/USD 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.5~1.6pips 1.1~1.3pips 1.5~1.6pips
トータル 158~168円 116~137円 158~168円

※ 0.1ロット=1万通貨。
※ スプレッドは2020年11月16日0時時台の変動幅。
※ 1ドル105円、計算。小数点以下四捨五入。
赤字は最も割高・青字は最もお得。

上記はゴールド口座の取引コストを、海外FX業者大手XM TradingAXIORYのスタンダード口座と比較したものです。

いずれの口座も取引手数料は無料。トレーダーが負担する取引コストはスプレッドとなります。

Riselink FXのスプレッドは、大手海外FX業者と比較しても遜色のない狭さを実現していました。

ただ、実際に取引はできないので、このスプレッドの狭さには何の意味もありません。

 

スワップ

大手海外FX業者と比較

0.1ロットあたりのスワップポイント
 
Riselink FX

AXIORY
●
XM Trading
USD/JPY 0円 -15円 -19円 -42円 -17円 -40円
EUR/JPY -31円 -12円 -36円 -16円 -49円 -19円
CAD/JPY 5円 -47円 -14円 -23円 -28円 -37円
AUD/JPY 30円 -80円 -7円 -26円 -27円 -35円
CHF/JPY -41円 -6円 -41円 -3円 -67円 -27円
GBP/JPY -13円 -42円 -35円 -58円 -32円 -44円
NZD/JPY 36円 -78円 -1円 -28円 -24円 -34円
EUR/USD -16円 0円 -48円 1円 -60円 -7円
TRY/JPY - - 24円 -39円 - -
ZAR/JPY - - 6円 -11円 - -

※ 2020年11月16日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。
1ドル105円として計算。小数点以下四捨五入。
赤字は支払い・青字は受取り。

大手国内FX業者と比較

0.1ロットあたりのスワップポイント
 
Riselink FX
GMOクリック証券
GMOクリック証券
SBI FXトレード
SBI FXトレード
USD/JPY 0円 -15円 9円 -12円 8円 -11円
EUR/JPY -31円 -12円 -10円 7円 -12円 9円
CAD/JPY 5円 -47円 1円 -4円 2円 -6円
AUD/JPY 30円 -80円 1円 -4円 2円 -5円
CHF/JPY -41円 -6円 14円 11円 -18円 15円
GBP/JPY -13円 -42円 10円 -13円 6円 -9円
NZD/JPY 36円 -78円 1円 -4円 3円 -6円
EUR/USD -16円 0円 -27円 24円 -25円 20円
TRY/JPY - - 21円 -24円 21円 -26円
ZAR/JPY - - 7円 -10円 7円 -9円

※ 2020年11月16日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。
1ドル105円として計算。小数点以下四捨五入。
赤字は支払い・青字は受取り。

海外FX業者のスワップポイントは、売も買も支払いとなるマイナススワップが一般的です。

しかし、Riselink FXでは一部の通貨ペアで受取りが発生していました。

ただ、このスワップポイントが実際に支払われることはありません。

 

取引ツール

取引ツールは、MT4(MetaTrader4)のみです。

実際、取引ツールがMT4しか選べないという海外FX業者は実に多いので、特に違和感は感じませんでした。

 

キャンペーン

公式サイトには、キャンペーン・プロモーションの案内はありません。

しかし、営業電話では100%入金ボーナスがもらえると言われた人もいたようです。

 

カスタマーサポート

サポート窓口は、以下のメールアドレスのみです。

連絡先メールアドレス:info@riselink-forex.com

一応当サイトでも問い合わせをしてみましたが、当然音信不通です。

 

これから詐欺にあわないためにはどうすればいいか?

消費者庁や金融庁などからも注意喚起が出されていますが、そのような情報はある程度被害が深刻になってからしか公開されません。

また、そもそも詐欺に引っかかる人は見ていないでしょうし、見ても詐欺被害に遭ってからでしょう。

では、詐欺被害に遭わないためにはいったいどうすれば良いのでしょうか?

結論から言えば、自分で積極的にリサーチするしかありません。

ただ、詐欺師はこれをさせませんし、詐欺の被害に遭う人はこれをしません。

だから詐欺が成立してしまうんですよね。

では、具体的にはどのような点に注意していれば良いのか?

まず、怪しいと言われている海外FX業者には、一般的に次のような特徴があると言われます。

怪しい海外FX業者の特徴

  • 日本の金融庁から警告を受けている。
  • マイナーな金融ライセンスしか保有していない。
  • オフショアで法人登録しており実際のオフィス所在地は不明。
  • 連絡先がメールアドレスのみ。
  • 顧客資金の管理は分別管理のみで信託保全は導入していない。
  • 出金遅延・出金拒否がある。
  • 豪華なボーナスがもらえるキャンペーンを実施している。
  • 営業電話がある。

Riselink FXは、この全てに該当します。

しかし、優良業者の中にも上記の特徴を持った業者はいくらでも存在します。

例えば海外FX業者大手のXM TradingAXIORYiFOREXGEMFOREXなども、少なからず上記の特徴を持っています。

ここが判断を難しくさせるところなんですよね。

海外FX業者は厳しい規制を回避してより良いサービスを提供しようとすると、オフショアのマイナーな金融ライセンスに甘んじて、第三者機関から与えてもらえる信頼性をある程度犠牲にしなくてはいけません。

良い業者であれば、出金対応・補償や保険制度・サポートなどを充実させる企業努力をして、足りない信頼性をカバーしようとします。

当然ですが、詐欺業者はこれをしません。

そのため、口座開設・入金をする前にしっかりリサーチさえすれば、ある程度は目利きは可能です。

この事件をきっかけに、しっかり自己防衛できるようになりましょう。

 

海外FX詐欺に引っかからないための対策3つ

詐欺被害に遭わないためには次の3つの対策を実行してください。

詐欺の手口を知る

詐欺の手口は年々巧妙化しています。近年では情報商材販売会社(自動売買ソフトやコピートレードなど)、投資仲介業者、アフィリエイター、綺麗な女性のインフルエンサーなど、さまざまな人々があなたの大切な資金を狙っているので注意してください。

クチコミやレビューサイトを見る

クチコミの中には信憑性の低いものもありますが、とにかくめんどくさがらずに調べてください。初心者の人でも絶対使ってはいけない業者くらいは分かります。

公式サイトをしっかり見る

詐欺業者の公式サイトは不完全で間違った情報が平気で記載されています。主に以下のような点を意識して見るようにしてください。

  • リンク切れ多い。
  • 不親切で内容が薄い。
  • 連絡先がメールアドレスのみ。
  • 所在地が曖昧。
  • 分別管理・信託保全の記載がない。
  • 金融ライセンスがない。
  • 日本語・英語にかかわらず利用規約が存在しない。

しかし、これってどれも当たり前のことですよね?

それに「このトレード手法ならリスクゼロで絶対儲かる」なんて言われても、普通は誰も信じません。

「まさか自分がこんな詐欺に騙されるわけない」「詐欺に遭う人はよっぽど警戒心がないんだろうな」と思うでしょう。

しかし、人間なら誰しも極端に判断力が落ちてしまう状況があります。

例えば

「キャンペーン期間中につきもう一本」「99%の医師がおすすめする」「今だけ半額」「絶対痩せる」

というクチコミや情報をたった一つ見たり聞いたりしただけで、その他の一切の情報を無視して実践・購入・契約してしまった経験はないでしょうか?

心理学的にはこれを「正常性バイアス」といいます。

そしてもう一つ、

「健康食品を利用してダイエットに成功した人の体験談ばかり読んだり聞いたりしている」「気になっている新製品のパソコンについて肯定的な内容のクチコミ・レビューばかり見ている」

こんなことも日常茶飯事だと思いますが、人は無意識に自分が信じたい情報だけをひたすら集めて、勝手に「これは間違いない」「自分の判断はきっと正しいはず」と確証を得ようとします。

心理学的にはこれを「確証バイアス」といいます。

この正常性バイアス・確証バイアスに陥るのを防ぐには、やはり上記3つの基本的な対策を徹底するしかありません。

 

海外FX初心者はなるべく知名度の高い業者を利用する

とはいえ、リサーチはめんどくさいですし時間もかかりますよね?

また、せっかくリサーチした情報がフェイクの可能性だってあります。

そのため、投資初心者・海外FX初心者の人は、なるべく知名度が高くクチコミ・評判の多い業者を利用すると良いでしょう。

世界中見ても、信頼できるFX業者はそれほど多くはありません。

ちょっと調べれば「実在する業者か?」「まともな運営をしている業者か?」「しっかり出金実績のある業者か?」というのはある程度わかります。

マイナー業者でも十分安全性をリサーチできれば利用しても良いのですが、そうでなければ基本的には避けましょう。

また、FXに限らず投資信託・株・バイナリーオプションなどの金融商品も同様です。

海外FX業者の評判は、以下の記事も参考にしてみてください。

海外FX業者おすすめランキング2021!人気FX会社14社を口座比較

この記事では、海外FX歴14年の管理人が、最大レバレッジ400倍以上、極狭スプレッド、おトクなボーナス、かつ安全で初心者に本当におすすめの海外業者をランキング形式でご紹介します。 人気FX海外業者14 ...

続きを見る

海外FX業者の出金遅延・出金拒否の過去情報をまとめました

海外FX業者を選ぶときは、事前にちゃんと出金できる業者かどうかをチェックすることが大切です。 キャンペーンやサービスが魅力的でも、出金トラブルばかり起こしている業者には要注意。 せっかく稼いでも出金を ...

続きを見る

海外FXで出金拒否なし・詐欺じゃない安全な業者BEST5

海外FXでよく問題視されるのは「出金拒否」。 これは、利益を出金したいのに業者側によってストップされてしまうというケースのことです。 その理由はさまざまですが、業者によってはユーザーに落ち度がないにも ...

続きを見る

 

【まとめ】最初は堅実なトレードから始めましょう

投資初心者・海外FX初心者の人は、最初はなるべく知名度の高い業者で少しずつスキルを上げながら堅実に取引していくのがベストです。

分散投資ができるようになって資金に余裕があれば、取引銘柄・トレード手法・レバレッジを変えるなどして多少リスクをとっても良いと思います。

しかし、詐欺師は投資家にこのような堅実な取引をさせません。

必ず何か一つの業者・銘柄・トレード手法・情報商材だけに資金を注ぎ込むように誘導してきます。

今回、Riselink FXの詐欺グループはたまたま逮捕されましたが、多くの海外FX詐欺は日本の法律が及ばないということを肝に銘じておいてください。

Riselink FXの事件を教訓に、しっかり自己防衛できるようになりましょう。

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

 

2020年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

 

-海外FX口座レビュー

© 2021 海外FX Wiki