AtlasForexの評価|評判・安全性について(アトラスフォレックス)

2008年に設立したAtlasForex(アトラスフォレックス)は、2020年になって公式サイトをリニューアルしたと同時に、非常に魅力的なキャンペーンを打ち出してきた今注目の海外FX業者です。

口座開設ボーナスの金額はなんと2万円。

業界でも最高額ではないでしょうか。かなり嬉しい金額ですよね。

また、初回入金・追加入金にも対応した上限50万円の100%入金ボーナスもあります。

ただ、今のところは口座開設ボーナス2万円だけ使って、お試し取引に徹した方が良いでしょう。

不透明な部分が非常に多く、「まともにFXができない」「ちゃんと出金できない」業者の可能性が高いからです。

取引スペックは一見するとなかなか好条件です。ゼロカットは当然採用しており、最大レバレッジは1,000倍と高く、ロスカット率も20%と良心的。

取引手数料無料かつスプレッドも狭いため、他社にある一般的なスタンダード口座よりも取引コストを安く抑えられそうです。

また、取引形態にはNDD方式を採用し「約定拒否なし」「リクオートなし」を宣言できるほど取引の透明性の高さには自信があるとのこと。

スワップポイントもなかなか優秀で、国内FX業者よりも受け取り金額の高い通貨ペアが多数あります。

ここまではなかなか良さそうな業者ですよね。

しかし、AtlasForexはベリーズIFSCで金融ライセンスを取得していると主張してるのですが、実際には登録がありません。

また、取引形態はNDD方式を採用していると主張していますが、総合的に考えると実際はDD方式を採用している可能性が高いと思います。

狭いスプレッドも見せかけの可能性が高く実際はスリッページが多発する可能性もあります。(本格的に取引を開始しているトレーダーが少ないため断定はできません。)

現状はボーナスを使って取引をしている人がほとんどなので、本格的に取引をして高額出金までできたという報告は皆無。

他にも「MT5が使えない」「通貨ペアが少ない」「入出金方法が不便」「日本円口座がない」など不満を挙げればキリがありません。

残念ながら、今のところはハリボテ業者の可能性が非常に高いと思います。

では、AtlasForexの安全性・信頼性・取引条件・入出金・サポートなどについて詳しく見ていきましょう。最初にAtlasForexのメリット・デメリット・ポイントをご覧ください。

メリット

  • ベリーズIFSCの金融ライセンスを保有
  • 透明性の高いNDD方式を採用
  • 口座開設ボーナス2万円・100%入金ボーナスが目玉
  • 最大レバレッジは1,000倍・口座残高によるレバレッジ制限なし
  • 他社のスタンダード口座より取引コストが安い
  • スワップポイントが高い
  • スプレッド競争不参加・約定拒否なし・リクオートなしを宣言
  • 自動売買・スキャルピングに制限なし

デメリット

  • 実際は金融ライセンスを保有していない可能性がある
  • 実際はDD方式の相対取引業者の可能性がある
  • 通貨ペアが29銘柄しかない
  • 入出金方法が不便で手数料も高い
  • 無許可の大口トレードは禁止
  • 日本語サポートの品質が悪い
  • 日本円口座がない
  • 信託保全制度なし
  • 単純に国内トレーダーからの評判が悪い
  • トレーダーからの出金報告がない

ココがポイント

  • 基本的な取引スペックは良い。
  • ポイントは「いつでも滑らずしっかり約定するか?」「ちゃんと出金できるか?」
  • しばらくは口座開設ボーナス2万円だけ使ったお試し取引に留めておいたほうが無難。
  • 高額入金はオススメしない。せいぜい失っても構わない数万円程度の入金に留める。

AtlasForexの公式サイトはこちら

信頼性と安全性

金融ライセンスはベリーズIFSCで取得

運営会社 Atlas Fx Ltd.
所在地 本社:香港
33 Canton Rd、Tsim Sha Tsui、HongKong
代表者 不明
金融ライセンス ベリーズ
国際金融サービス委員会 IFSC
登録番号:不明
設立 2008年
資本金 不明

AtlasForexの運営会社は、香港に本社を構えるAtlas Fx Ltd.です。

設立は2008年と意外にも実績のある会社で、2020年に公式サイトを一新し本格的に日本人トレーダーの受け入れを開始しました。

ちなみに、海外ではあまり評判の良くないACFXとは一切関係ないとのこと。「Atlas Capital Financial Services Limited」という会社が運営しているので勘違いしている人も多いようです。

 

ロゴマークも一新されました。

 

公式サイトを見ると、ちゃんとリクイディティプロバイダ(流動性提供業者)が公開されており、ベリーズのIFSC(国際金融サービス委員会)の金融ライセンスを保有しているとも記載されています。

 

ベリーズIFSCはマイナーライセンスではあるものの、規制の緩さからハイレバレッジや豪華なボーナスなど自由なサービスを提供できるため、海外FX業者がこぞって取得している金融ライセンスです。

他社ではAXIORYFBSANZO CAPITALGeneTradeSuperForexなどが取得しています。

普通はせっかく金融ライセンスを取得しているのなら、登録番号や証明書を自社の公式サイトに公開し、顧客へ信頼性をアピールしても良さそうなものです。

しかし、AtlasForex公式サイトにはそのような詳細情報は一切記載されていません。

普通なら見逃してしまいそうですが、念のためIFSC公式サイトで確認してみたところAtlasForexは登録されていませんでした。

金融ライセンスは保有していない可能性が高いと思います。

また、国内銀行送金の振込先が「アルテアスピラシオン株式会社」という日本の会社になっているという点も気がかりです。

この会社名で調べると、現在は社名を「株式会社KBC」に変更した「競馬ダイナマイト」という競馬予想コンテンツを運営する会社がヒットします。

同一会社の確証はありませんが、ちょっと怪しいですよね。

 

ゼロカットあり・分別管理あり・信託保全なし

AtlasForexではゼロカットを採用しています。

ロスカットが間に合わないほどの急激な相場変動があり口座残高がマイナスになってしまったとしても追証(借金)は発生しません。

AtlasForexの場合、マイナス残高のリセットは追加入金が条件なので注意が必要です。

また、業者資金と顧客資金は明確に分別管理をしているようですが、信託保全制度は導入していません。

万が一AtlasForexが破綻した際は、口座資金が全額返還されるという保証はありません。

 

日本の金融庁・関東財務局からの警告なし

AtlasForexは、今のところ日本の金融庁・関東財務局から警告は受けていません。(2020年4月時点)

日本人に人気の海外FX業者は、ほとんどが以下の理由で日本の金融庁・関東財務局から警告を受けてしまっています。

外国証券業者に関する法律第3条により、外国証券業者が国内にある者を相手に証券取引行為を行う場合には、国内に支店等の営業拠点を設け、監督当局の登録を受けなければなりません。本規定に違反した場合は、同法第45条及び第50条の罰則が課せられます。

しかし、登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。

ここで言う「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。

出典:金融庁「外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制」

つまり、海外FX業者で取引することは違法ではありませんが、日本語公式サイトを運営していることがマズいということですね。

AtlasForexでは公式サイトに「※本WEBサイトは、日本国内居住者向けに公開しているものではございません。」と記載して警告を回避しているようです。

ただ、警告を受けたからといって、すぐにサービスが終了してしまうような強制力はありません。今のところ金融庁からの嫌がらせのようなものですね。

 

世界最大級のFX掲示板「FPA」には登録なし

海外最大級のFX掲示板「FPA(Forex Peace Army)」は、海外業者の世界的な評判を知る上で、とても参考になるサイトです。

しかし、このサイトにAtlasForeに関するの評価・口コミは掲載されていませんでした。

日本人しか使っていないのでしょうか。

 

国内トレーダーからは不安の声が多数

Twitter・5ちゃんねるなどを見たところ、国内のトレーダーからの口コミ・評判もまだまだ少ないのが現状です。数少ない口コミ・評判をまとめると以下のような内容ばかり。

  • ボーナスはちゃんともらえるか?
  • ボーナスもらったらレバレッジが制限された。
  • ちゃんと利益が出金できるか不安。
  • 出金申請しても一向にサポートから返信がない。

今のところ評判が悪いですね。

ただ、AtlasForexのキャンペーンはまだ始まったばかりなので、トレーダーに利用条件・ルールが浸透しておらず、ちょっと混乱気味という感じもあります。

また、ユーザーからのクレームにより、ちょくちょくキャンペーンのルールを変更しているようです。(2020年4月時点でのキャンペーン最新情報はこちら

しかし、出金報告がほとんどありません。これは非常に気がかりです。

ただ、現時点では口座開設ボーナスだけで利益を出せた人が出金申請し着金を待っている状況だと思いますので、いずれ「ちゃんと出金できた」という報告が増えてくる可能性はあります。

しばらく様子を見てみましょう。

基本的に、大きな資金を投入し本格的に取引を始めているトレーダーはほとんどいません。

317名無しさん@お金いっぱい。2020/05/03(日) 22:49:24.70ID:VXqntweJ0>>318>>322

口座開設ボーナスの利益分の出金につきまして下記にてご確認ください。
1Lots(往復)のお取引につき、口座残高からUSD1の出金が可能となります。
お取引ボリューム以上のご出金をされますとボーナス分が消滅しますのでご注意ください。
※ボーナス消滅後、残った利益分に関しては出金が可能となります。
※新規のご入金が無く、ボーナスのみのお取引でご出金でをされる場合、
ご出金時にUSD50の手数料をご負担いただく形になります。
(現在、期間は未定ですがこちらUSD50の手数料を無料にするキャンペーン中です)
とのことですが、イマイチ良くわかりません
分かる方、教えて下さい。アトラスです

出典:5ちゃんねる

28名無しさん@お腹いっぱい。2020/05/08(金) 01:49:04.24ID:fCnSYkr7M

atlasボーナス利益分の出金について問い合わせたら、持ってるポジのレバを勝手に1000倍から200倍にしやがった

29名無しさん@お腹いっぱい。2020/05/08(金) 01:53:28.29ID:fCnSYkr7M

ちなみに出金申請した人っていくら分? 「取引以上のボリュームを出金されるとボーナスが無くなる。で、残った利益分は出金出来る」って返答がきたけどどーなんやコレ

30名無しさん@お腹いっぱい。2020/05/08(金) 01:57:27.81ID:kUMZ6Bfy0

1lotにつき1ドルしかおろせないからやるだけ無駄って結論になったじゃん

出典:5ちゃんねる

263名無しさん@お腹いっぱい。2020/05/09(土) 06:52:58.16ID:QQzAlWLQ0

atlas200ドル儲けて出金申請したが音沙汰なし

出典:5ちゃんねる

914名無しさん@お金いっぱい。2020/05/08(金) 11:40:02.39ID:U92UoytC0>>915>>922>>939

ATLAS 昨日出金申請したが、未だ残高
変わらず。サポに連絡したら現在確認中と
言う返事が来た。どうなるんだろか。
出金できたら報告するね。

出典:5ちゃんねる

978名無しさん@お金いっぱい。2020/05/09(土) 00:44:20.87ID:N98ow2u/0>>987

atlasに1週間以上放置されてるんですけど

987名無しさん@お金いっぱい。2020/05/09(土) 02:30:43.10ID:ipe4ynET0

>>978
Atlas出金スルーやんw

988名無しさん@お金いっぱい。2020/05/09(土) 07:29:55.75ID:0+MZKgBh0

Atlasクソやなw
俺も無視されてるわ
紹介してるアフィカスも同罪や

出典:5ちゃんねる

 

取引条件とルール




MT4
ノーマル
取引
コスト

口座管理
手数料
無料
取引
手数料
無料
スプレッド
(USD/JPY)

0.5~0.7pips
取引
条件
取引形態 NDD方式
最大
レバレッジ

1,000倍
通貨ペア 29銘柄
最小
取引数量
0.01ロット
最大
取引数量
500ロット
最大
ポジション数
上限なし
両建て
取引
ツール


パソコン
MT4(Windows)
スマホ
MT4(iOS・Android)
資金
管理
マージン
コール
30%
ロスカット 20%
ゼロカット
口座通貨 USD
入出金 入出金方法 国内銀行送金
海外銀行送金
PAY WALLET
最低入金額 100ドル
最低出金額 100ドル
資産
保護
分別管理
信託保全 -
サポート 電話 -
メール
チャット
その他 -
デモ口座
ボーナス

※1ロット=10万通貨

 

FX口座は1種類のみ|最大レバレッジは1,000倍

AtlasForexには口座タイプが3種類ありますが、FX(為替)ができるのは「MT4ノーマル口座」だけです。

残りの「MT4クリプト口座」「DCTrader口座」は、仮想通貨取引専用口座です。

この2つの口座は、取引ツール・取扱銘柄が多少異なりますが、どちらも最大レバレッジ20倍・ロスカット率200%と取引条件はイマイチ。そのため、ここでは詳しい解説は省略します。

FXの最大レバレッジはGemForexと同じ1,000倍です。

これほど高いレバレッジの口座には何か特別ルールがあることが多いのですが、AtlasForexでは基本的に自動売買・スキャルピングも許可されています。

しかし、利用規約やガイドラインには取引数量・トレードスタイルに関する注意喚起が記載されており、決してやりたい放題ではないので注意してください。(詳しくはこちら

また、公式サイトでは取引形態について言及されていないためサポートに確認したところ、NDD方式を採用しているとのことです。

しかし、公式サイトには「隠れ手数料なし」「低スプレッド競争不参加」「リクオートと約定拒否の追放宣言」といった、DD方式を採用する相対取引業者がよく使うセールストークばかりが並べられています。

「取引手数料無料」そして「隠れ手数料もなし※」と言うのであれば、そもそもAtlasForexはどこで利益を出しているのでしょうか?※スプレッドに上乗せ(マークアップ)された業者の取り分のこと。

実際は「顧客の利益は業者の損失・顧客の損失が業者の利益」となるDD方式である可能性は高いと思います。

 

通貨ペアは全29銘柄|他社よりも圧倒的に少ない

取扱通貨ペア(クロス円)

AUD/JPY GBP/JPY
CAD/JPY NOK/JPY
CHF/JPY NZD/JPY
EUR/JPY USD/JPY

取扱通貨ペア(クロスカレンシー)

AUD/CAD GBP/AUD
AUD/CHF GBP/CAD
AUD/NZD GBP/CHF
AUD/USD GBP/NZD
CAD/CHF GBP/USD
EUR/AUD NZD/CAD
EUR/CAD NZD/CHF
EUR/CHF NZD/USD
EUR/GBP USD/CAD
EUR/NZD USD/CHF
EUR/USD

+ 通貨記号一覧

AUD:豪ドル、CAD:カナダドル、CHF:スイスフラン、EUR:ユーロ、GBP:英ポンド、JPY:日本円、NOK:ノルウェークローネ、NZD:ニュージーランドドル、USD:米ドル

本来、海外FX業者の魅力の一つは多彩な取扱銘柄です。他社では通貨ペアだけでも100銘柄以上取扱っているところもあります。

しかし、AtlasForexのMT4ノーマル口座は通貨ペアが29銘柄・貴金属2銘柄しかありません。

DCTrader口座を開設すれば、BTCUSD、ETHUSD、XRPUSDも取引可能です。

 

スプレッドは他社スタンダード口座より狭いがスリッページが心配

類似口座と取引コストを比較

1万通貨あたりの取引コスト

MT4ノーマル

ノースプレッド

スタンダード
USD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.5~0.7pips 0.3pips 1.7~1.9pips
トータル 50~70円 30円 170~190円
EUR/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.6~1.0pips 0.5pips 2.4~2.5pips
トータル 60~100円 50円 240~250円
CAD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.9~1.0pips 1.2pips 3.1~3.3pips
トータル 90~100円 120円 310~330円
AUD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.6~0.9pips 0.6pips 3.0~3.3pips
トータル 60~90円 60円 300~330円
CHF/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.6~1.9pips 1.5pips 3.0~3.6pips
トータル 160~190円 150円 300~360円
GBP/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.3~1.6pips 1.0pips 3.3~3.4pips
トータル 130~160円 100円 330~340円
NZD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.1~1.3pips 1.2pips 2.2~2.5pips
トータル 110~130円 120円 220~250円
EUR/USD 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.6~0.7pips 0.3pips 1.8~1.9pips
トータル 64~75円 32円 193~203円

※ GemForexノースプレッド口座は裁量取引専用口座のため自動売買不可。スプレッドは2020年4月29日12時時台の変動幅。 1ドル107円として計算。小数点以下四捨五入。

ここでは、代表的な通貨ペアの往復手数料・スプレッドをもとに1万通貨あたりのトータルコストを計算し他社と比較しました。

AtlasForex MT4ノーマル口座の取引コストは、業界最狭スプレッドを誇るGemForexノースプレッド口座とほぼ同水準

しかも、GemForexノースプレッド口座は裁量取引専用口座ですが、AtlasForex MT4ノーマル口座はちゃんと自動売買もできます。

XM Tradingスタンダード口座には圧勝ですね。

ただし、この結果をそのまま鵜呑みにしてはいけません。

AtlasForexはDD方式の相対取引業者の可能性が高いため、この狭いスプレッドは見せかけで実際はスリッページばかりということも考えられるからです。

当サイトでボーナスを使った取引をした際にはあまり気になりませんでしたが、稼ぎすぎたり大口取引をしたりすることで、トレーダーに不利な取引操作が行われる可能性がないとは言い切れません。

AtlasForexを本格的に利用しようと考えるなら、今後はスリッページに関する評判・口コミには注目しておいたほうが良いでしょう。

ちなみに、公式サイトには約定力に関して次のように記載されています。

  • 平均0.52秒以内のオーダー執行率が99%越え
  • リクオート・約定拒否なし

 

通貨ペアによっては国内FX業者よりもスワップポイントの条件が良い

スワップポイントの比較

1万通貨あたりのスワップポイント

Atlas Forex

XM Trading

SBI FXトレード
USD/JPY 4円 -10円 -14円 -46円 5円 -8円
EUR/JPY 6円 -19円 -58円 -5円 -11円 6円
CAD/JPY 20円 -35円 -24円 -38円 2円 -9円
AUD/JPY 71円 -102円 -21円 -35円 2円 -9円
CHF/JPY 4円 -33円 -85円 -5円 -14円 11円
GBP/JPY 14円 -42円 -23円 -50円 3円 -11円
NZD/JPY 37円 -59円 -12円 -41円 3円 -11円
EUR/USD 1円 -8円 -51円 -12円 -21円 16円
TRY/JPY - - - - 7円 12円
ZAR/JPY - - - - 3円 -4円

※ 2020年4月28日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。1ドル107円として計算。小数点以下四捨五入。

上記はAtlasForexのスワップポイントを、海外FX業者XM Trading・国内FX業者SBI FXトレードと比較したものです。

一般的に海外FX業者のスワップポイントは国内FX業者よりは圧倒的に不利ですし、売も買もマイナススワップばかりというところがほとんどですが、AtlasForexのスワップポイントはなんと国内FX業者のSBI FXトレードよりも好条件。

特にカナダドル円・豪ドル円・ポンド円・NZドル円の金額の高さには驚きました。

 

スキャルピングは基本OKだが基準が曖昧

AtlasForexではEAを使った自動売買・スキャルピングに制限はありません。

ただし、ガイドラインにはサーバーに負担をかけるような極端なトレードは控えるよう注意喚起されているので注意しましょう。

+ ガイドライン:スキャルピングに関するルール

スキャルピングに関するルール

スキャルピングに関して特に当社が厳しく制限するということはありません。ただし、お客様のトレードが原因となり、当社サーバーの執行能力に支障がきたすと判断した場合、取引が一旦停止になる可能性があります。場合によっては、利用規約に沿って必要な処置をとらせていただく場合があります。極端なお取引は控えるようお願い申し上げます。

出典:ガイドライン

 

また、1ポジションあたりの最大取引数量は500ロットまでと決まっていますが、1アカウントあたりの最大保有ポジション数に制限はありません。

ただし、これも利用規約に「事前連絡なしで大きなロット数をトレードすることは禁止」と記載されているため、無制限だからと極端なトレードをしてはいけません。

+ ご利用規約:第十二条(利用者の禁止行為)

第十二条(利用者の禁止行為)

本サービス利用にあたって、利用者は以下の行為をしてはいけません。以下の行為が判明した場合、無条件で利用を停止あるいは削除します。場合によっては報酬を凍結したり法的処置を取らせていただくことがあります。禁止行為の有無に関する判断は当社が行うこととし、利用者に対して内容や根拠を説明する必要はないものとします。

当社が不適切だと判断するトレード行為

  • 2つ以上の複数業者に入金後、両建て取引する行為(同通貨ペア、相関性の高い通貨ペアも含みます)
  • 当社複数口座で両建て取引する行為(同通貨ペア、相関性の高い通貨ペアも含みます)
  • 当社が提供するサービスやシステムの盲点を狙った悪質と判断されるトレード
  • アメリカの雇用統計発表直後や政府や中央銀行介入直後など、相場の急変時のみを狙った悪質と判断されるトレード
    事前連絡なしで大きなロット数をトレードすること
  • 虚偽の連絡先やユーザー以外の第三者の連絡先を登録する行為
  • 18歳未満にも関わらずに利用者として登録する行為

出典:ご利用規約(一部抜粋)

 

スキャルピング・大口取引どちらも具体的な数字には言及されておらず、その都度AtlasForexの裁量で判断されます。つまり、AtlasForexにとっては後出しジャンケンが可能な都合の良いルールというわけです。

あとは他社同様、「複数口座間・他社口座間の両建て」「指標発表時を狙った大口トレード」も禁止されています。

ここで挙げた注意事項は全て出金拒否・利益没収といったペナルティの対象なので注意してください。

また、ガイドラインを見ると、AtlasForexは「サービスの正確性」「システムの安全性」「不具合の修正や改善」についての責任を一切放棄していると記載されています。

何か大きなトラブルが発生した際は、トレーダーは厳しい立場に立たされると覚悟しておいたほうが良いでしょう。

+ ガイドライン:保証の免責事項

保証の免責事項

利用者は以下の事項に同意します。

利用者は自己責任のもとAtlasForexを利用します。AtlasForexはAtlasForexのサービスが正常に作動することを保証しません。また、AtlasForexは特定の目的への整合性、第三者の権利を侵害しないことなど、すべての保証はできかねます。

AtlasForexは以下の事項について保証を行うことはありません。

  • AtlasForexが利用者の要求に対して適合すること。
  • AtlasForexの内容やシステム、プログラムなどが安全でエラーや不具合が一切生じないこと。
  • AtlasForexを利用したことによる結果が正確であること。
  • AtlasForexを通して利用者や入手するコンテンツ、製品、サービス、その他データが利用者の期待と一致すること。
  • AtlasForexに関するWEBサイト上の不具合がすべて修正されること。
  • AtlasForexに関して、AtlasForexが提供する情報がすべて正確なものであること。またAtlasForexでは、システムのメンテナンスなどを理由に、AtlasForexが必要と判断した場合には利用者に事前通告することなく休止する場合があります。

その他、AtlasForexを利用して行われるデータのダウンロードや入手は、利用者自身の判断と責任のもとで行われます。データのダウンロードや入手が原因となってコンピュータシステムの破損やデータの損失が発生した場合でも、当社が責任を持つことはなく、利用者のみが責任を負うものとします。AtlasForexを通じて行われるアドバイスや情報提供は、利用者に対して保証を行うものではありません。

出典:ガイドライン

 

口座残高によるレバレッジ制限なし

AtlasForexでは口座残高によって最大レバレッジが制限されることはありません。

例えばGemForexの場合ですと、口座残高200万円までは最大レバレッジ1,000倍で取引できますが、200万円以上になると半分の500倍に制限されてしまうというルールです。

GEMFOREXのレバレッジルール徹底解説!レバレッジ規制やロット制限の解除など

日本人に人気の海外FX業者GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、ロット制限が少々キツいことで有名ですが、その反面レバレッジ制限は他社よりも緩い業者です。 ロット数は1口座あたり最大30ロット以上まで ...

続きを見る

このルールのことをレバレッジ制限といい条件は各社で異なります。普通はどこの海外FX業者にもたいていあります。

AtlasForexでは口座資金がいくらになってもレバレッジは1,000倍据え置きです。

とはいえ、前述の通りAtlasForexでは無許可の大口取引は禁止されています。潤沢な資金とレバレッジ1,000倍を利用して「大口注文しまくり」「ポジション建てまくり」という訳にはいかないので注意してください。

また、口座開設ボーナスだけ使って取引する場合のみ最大レバレッジが200倍に制限されるので注意してください。(詳しくはこちら

 

取引ツール・アプリ

取引ツールはMT4のみ

取引ツール タイプ 対応機種・OS
MT4 ダウンロード Windows
ブラウザ 汎用
アプリ Android・iOS

取引ツールは、MT4(MetaTrader4)です。

パソコンはWindows対応のダウンロードタイプ、Windows・mac対応のブラウザタイプの2種類、スマホはAndroid・iOS対応の専用アプリがリリースされています。

 

この内、自動売買のEAやカスタムインジケータのインストールができるのはWindows対応のダウンロードタイプだけです。

 

キャンペーン・ボーナス

口座開設ボーナス2万円・100%入金ボーナス

2020年4月時点では、「口座開設ボーナス2万円」「100%入金ボーナス」の2種類のキャンペーンが開催されています。今だけなのか今後も継続的に開催されるのかは未定です。

口座開設ボーナスを2万円も出すのはかなり思い切った試みだと思います。以下のように細かな縛りはあるものの、とにかく一刻も早く口座開設してみようという気になりますね。

口座開設ボーナス2万円の特徴

  • 一人一回まで。
  • ボーナス額は2万円。入金不要。
  • 口座開設ボーナスだけで取引する場合はレバレッジ200倍。
  • 入金すれば1,000倍で取引可能。

口座開設ボーナスだけで取引する場合はレバレッジが200倍に制限されるという点に注意してください。このルールを知らずに取引している人が結構います。

入金すれば上限が解放されレバレッジ1,000倍で取引可能です。その際は、入金額に応じてさらに以下の100%入金ボーナスがもらえます。

100%入金ボーナスの特徴

  • 一人一回まで。
  • ボーナス額は入金額の100%。
  • ボーナス上限は5,000ドル。
  • 上限に達するまでは何度入金してもボーナスの対象。

ボーナスはクレジットではなく有効証拠金としてMT4に入金されるので、以下の条件を達成すれば出金可能です。

ボーナス出金条件・ボーナス消滅条件

  • ボーナスは往復取引1ロットあたり1ドル出金可能。
  • 上記条件以上の金額を出金すると保有ボーナス全額消滅。

ボーナス1ドルするのに1ロットの取引が必要ですから、かなり厳しい条件ですよね。

口座開設ボーナス2万円を全額出金するとなると、200ロット取引しなくてはいけません。

また、自己資金や利益はいつでも出金できますが、ボーナス出金可能額を超える出金をすると保有ボーナスが全額消滅してしまうので注意してください。

ちなみに、以前は口座開設ボーナス2万円だけで取引をした場合、ボーナス・利益の出金時には出金手数料が50ドルも課せられていましたが、現在は撤廃されたようです。

今後もボーナス利用条件が改定される可能性はあるので、サポートセンターに問い合わせるなどしてしっかりルールを理解してから取引するようにしてください。

ちなみに、どちらのキャンペーンもボーナスをもらうためには本人確認書類の提出が必須です。

 

口座開設と入出金

アカウント作成の手順・本人確認に必要な書類の例

ここではアカウント作成・本人確認の手順を解説します。アカウント作成だけであれば、最短10秒で完了します。

ただし、「入金制限解除」「資金・利益の出金」をするためには、マイページ上で個人情報を入力し本人確認書類の提出が必要です。

その際、以下の書類の画像データが必要となるので、あらかじめ用意しておいてください。

必要書類

本人確認書類(有効期限まで3ヶ月以上猶予があるもの)

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート(住所記載ページも)
  • 各種年金手帳
  • 各種福祉手帳
  • 外国人登録証明書

 

では、口座開設の手順を解説します。

まずは公式サイトトップにある今すぐリアル口座開設ボタンをクリックしてください。

 

氏名(半角英数字)・メールアドレス・マイページパスワードの入力、口座タイプの選択をしたら、利用規約の同意するにチェックをしてから送信ボタンをクリックしてください。

 

自動的にマイページにログインするので、右側メニュー>個人情報登録/編集をクリックしてください。

 

住所や電話番号など詳しい個人情報を入力してから、画面下部にあるSelect a fileボタンをクリックしてあらかじめ用意していた本人確認書類の画像データをアップロードしてください。

最後に送信ボタンをクリックすれば手続完了です。

 

右側メニュー>アカウントをクリックすると、MT4のログイン情報が表示されます。

 

入出金方法|入金は簡単だが出金が不便でコストもかかる

入出金方法 最低
入出金額
口座
反映時間
入出金
手数料
入金 国内銀行送金 100ドル 1〜2営業日 10ドル
海外銀行送金 500ドル 7〜10営業日 金融機関所定
の手数料
PAY WALLET 100ドル 即時〜1営業日 3ドル
出金 海外銀行送金 100ドル 7〜10営業日 35ドル
PAY WALLET - 当時〜1営業日 10ドル

※2020年4月時点

入出金方法は、国内銀行送金・海外銀行送金・PAY WALLETと呼ばれるオンラインウォレットの3種類しかありません。

クレジットカード・デビットカード・bitwallet・STICPAYなどが使えないのは非常に不便だと思います。(クレジットカード・デビットカードでの入出金は、2020年4月時点で準備中)

また、どの入出金方法でも手数料が発生します。

特に海外銀行送金での出金には35ドルもかかるので、なるべくならPAY WALLETと呼ばれるオンラインウォレットを使いたいところですが、結局PAY WALLET側の手数料も高いですしマイナーなオンラインウォレットなので安全性も心配です。

 

カスタマーサポート

日本語サポートの品質は非常に悪い

日本語対応 日本語対応時間
メール 平日10時〜18時
チャット

サポートセンターは中国・フィリピンにあり、窓口はメール・チャットの2種類です。

どちらも日本語に対応しており、平日10〜18時(日本時間)で営業しています。

ちゃんと日本人スタッフも在籍しているようですが、顧客対応の品質は非常に悪いと思います。

他言語ではどうかわかりませんが、日本語サポートに関してはAtlasForexのスタッフが対応しているとは到底思えません。

チャットでは、簡単な質問にはすぐに返信がありますが、受け答えはどこか他人事ですし、込み入った質問はスルーされます。

もちろんスタッフは一人だけではないと思いますが、印象としては質の悪いIB業者とやりとりしているような感じでした。

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FXの口座開設ボーナス比較

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

 

2020年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

-海外FX口座レビュー

© 2020 海外FX Wiki