GKFX PRIMEの評価|評判・安全性について(ジーケーエフエックスプライム)

2020年9月最新情報

海外FXWiki編集部

GKFX PRIMEは、2020年9月30日付で日本市場を撤退します。

2020年10月15日に、既存ユーザーのポジションの強制決済が実施されます。

既存ユーザーは、それまでに以下の手続をしてください。

  • ポジションの決済
  • 口座資金の全額出金

※ 2020年10月15日までは、ロスカットを防ぐための再入金が可能です。

2012年に設立したGKFXPRIME(ジーケーエフエックスプライム)は、日本ではまだまだ知名度が低いものの、日本語サポート・日本語公式サイトに対応しておりボーナス・キャンペーンにも積極的なので、とても日本人向きの海外FX業者です。

この記事では、GKFX PRIMEの安全性・信頼性・取引条件・入出金・サポートなどについて、口コミも交えながら詳しく解説していきます。

まずは、気になるメリット・デメリット・ポイントをご覧ください。

メリット

  • 最大レバレッジ1,000倍で取引可能
  • ボーナス・キャンペーンが充実
  • MT4・MT5が両方使える
  • 株式115銘柄・株価指数21銘柄と豊富
  • 無料VPSや取引サポートツールが充実
  • VIPヴァリアブル口座は取引コストが格安
  • スワップポイントの条件がなかなか良い
  • 分別管理・ゼロカットあり
  • 日本語サポートの品質が高い

デメリット

  • スキャルピング禁止
  • オススメのVIPヴァリアブル口座は初回入金額が30万円と高額
  • 通貨ペア数が最大47銘柄と少ない
  • 金融ライセンスはマイナーなBVI FSC
  • 全口座タイプDD方式を採用
  • 信頼性・透明性はあまり高いとは言えない

ココがポイント

  • 資金が多く平均的な取引をする人はVIPヴァリアブル口座がオススメ
  • ただし、今のところメインの取引口座には向いていない
  • サブ口座として様子を見ながら取引したほうが良い

結論から言うと、GKFX PRIMEはキャンペーンとVIPヴァリアブルという口座には期待しても良いでしょう。

キャンペーンは全ての口座タイプが対象です。期間限定で200%入金ボーナスを開催するなど内容も非常に豪華。常時100%入金ボーナスやキャッシュバックプログラムもあります。

また、VIPヴァリアブル口座はスプレッドが非常に狭く取引手数料も無料なので、取引コストの安さは業界トップレベルです。

ただし、このVIPヴァリアブル口座の最大レバレッジは400倍と一般的ですし、初回入金額も3,000ドルと高額なため、最初にある程度の元手資金が必要となります。

その他の口座タイプであれば、最大レバレッジ1,000倍で取引でき、初回入金額も数万円程度で済みます。しかし、同水準の口座は他社にいくらでもあります。

しかも、GKFX PRIMEではスキャルピングも禁止です。

海外FXの経験が長い人であれば、これらのデメリットがある業者は一切選択肢に入らないという人もいるのではないでしょうか。

会社の信頼性もあまり高いとは言えません。イギリスの大手GKグループの傘下ではありますが、運営会社は別会社ですし適用される法律・金融ライセンスは別物です。

それでは、GKFX PRIMEの信頼性・安全性・口コミ・取引条件・その他サービスについて、さらに詳しく見ていきましょう。

GKFX PRIMEの公式サイトはこちら

信頼性・安全性

運営会社の実態が不透明な海外FX業者には注意してください。

そのような業者は、突然の倒産や日本撤退の危険性がありますし、取引操作・出金拒否・利益取消といったトレーダーの不利益に繋がる行為を平気で行う悪徳業者・詐欺業者も多いからです。

自分の大切な資金を守るためにも、最低限、会社の所在地・金融ライセンス・資金の管理体制がしっかり公開されている業者を利用するようにしましょう。

 

金融ライセンスはマイナーなBVI FSCを取得

会社情報
運営会社 International Finance House Ltd.
設立 2012年
登録住所 英領バージン諸島
Sea Meadow House, P.O. Box
116, Road Town Tortola, BVI
金融ライセンス BVI FSC:英領バージン諸島金融サービス委員会
(登録番号:SIBA/L/11/1066)

GKFX PRIMEの運営会社は、英領バージン諸島で法人登録をしているInternational Finance House Ltd.です。

オフィスは、中国・マレーシア・タイ・ベトナム・ドバイなど世界各国に点在しており、大きなグループ会社であることがわかります。

Google マップを見れば、ベトナムやタイにGKFX PRIME名義のオフィスを見つけることも可能です。会社情報や連絡先といった公表内容に偽りはないので、ちゃんと実態のある会社のようです。

金融ライセンスは、大手IFC Marketsinstaforexなども取得している英領バージン諸島金融サービス委員会(BVI FSC)を保有しています。

ただしマイナーライセンスなので、これ一つだけでは信頼性のある会社とは判断できません。そのため、グループ会社が取得している金融ライセンスを参考にしてみましょう。

GKFX PRIMEの母体であるイギリスの大手投資会社「GKグループ」は、証券会社・FX業者だけで8社もあり、さらにGKBANKという銀行まで手広く経営している大企業です。

そのグループ会社の一つ、ヨーロッパアカウントを運営する「AKFX Financial Services Ltd.」では、投資家補償制度・分別管理を完備したマルタ金融サービス機関のカテゴリーIIの金融ライセンスを保有しています。

その他にも世界各国でサービスを展開するにあたり、FCA・CySECなど信頼性の高い金融ライセンスを数多く取得して点も安心です。

また、英国イングランドプロサッカーリーグ所属のアーセナルFCの公式パートナーを務めるほどなので、ヨーロッパでは名の知れたグループと言えるでしょう。

数々の受賞歴もあります。

ただし、世界をまたぐ大きなグループ会社の場合、各社が別々の国の法律・金融ライセンス・コンプライアンスで運営されているため、同じグループ会社とはいえ信頼性には格差があるものだと考えてください。

 

分別管理あり|350万ドルまでカバーできる保険に加入済

顧客資産は信託銀行において、GKFX PRIMEの運営資金とは明確に分別管理されます。そのため、トレーダーの資金がGKFX PRIMEの運営資金に回されるようなことはありません。

また、国内FXのような信託保全制度ではありませんが、GKFX PRIMEはプロ顧客およびリテール顧客の両方に対し350万ドルまで補償可能な保険に加入しています。

保証書には保険業者として「Idol Global Risk Management Limited」という会社と「その他ロイズ銀行系のシンジケート団」と記載されています。

気になるのは被保険者名が「GKFX PRIME Investment Group Ltd.」となっている点です。

GKFX PRIMEの運営会社は「International Finance House Ltd.」であり、「GKFX PRIME Investment Group Ltd.」という会社名はその他のグループ会社にも存在しません。

これが「古い会社名・古い保証書だった」という可能性も考えられますが、「実際にちゃんと保証してもらえるのか?」という不安が拭いきれません。

 

日本の金融庁から警告あり

GKFX PRIMEは日本の金融庁から「無登録で金融商品取引業等を行う者」として警告を受けています。

日本では「海外FX業者が日本居住者にサービスを提供すること」「日本居住者が海外FX業者のサービスを使って取引すること」は合法です。

しかし、海外FX業者が日本居住者を対象に勧誘行為(プロモーション活動)を行うことは明確に禁止されています。

外国証券業者に関する法律第3条により、外国証券業者が国内にある者を相手に証券取引行為を行う場合には、国内に支店等の営業拠点を設け、監督当局の登録を受けなければなりません。本規定に違反した場合は、同法第45条及び第50条の罰則が課せられます。

しかし、登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。

ここで言う「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。

出典:金融庁「外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制」

つまり、海外FX業者が日本語公式サイトを運営したり日本語でキャンペーンを告知したりすることがマズいという訳です。

そのため、日本人に人気ある海外FX業者のほとんどは、すでにこの警告を受けてしまっているのが現状です。

ただ、この警告には行政処分や業務停止命令といった効力は一切ありません。今のところ金融庁からの嫌がらせのようなものだと考えてください。

 

口コミ・評判

海外トレーダー・国内トレーダーの口コミの一部をご紹介します。

バランスには十分配慮しているつもりですが、口コミ同士で内容が矛盾しているものや過激な表現をしているものも中にはあるため、すべて鵜呑みにはせず以下のような点にも注意するようにしてください。

  • 口座タイプ・取引銘柄・取引数量・注文方法・取引時間帯が違う
  • 裁量取引・自動売買などトレードスタイルが違う
  • VPSサーバー利用の有無・通信状態・スペックが違う
  • トレードスタイルがFX業者の禁止行為に抵触している
  • 時期によって業者のサービスが改善・改悪されている
  • 負けた腹いせによる誹謗・中傷・愚痴にすぎない情報
  • アフィリエイターやライバル会社による虚偽の情報

 

海外最大級のFX掲示板「FPA」ではの低評価

海外最大級のFX掲示板「FPA(ForexPeaceArmy.com)」は、海外FX業者の評判を知る上でとても参考になるサイトです。

このサイトでのGKFX PRIMEの評価は

FPAにSCAM(詐欺業者)認定はされていないものの、かなり低評価だと思います。

以下はトレーダーからのレビューをまとめたものです。

良い評判

  • 入出金の早さは許容範囲

悪い評判

  • 詐欺業者
  • 出金が遅い・出金できない
  • 異なるIPアドレスを使用したとして出金拒否を受けた
  • ハイリスク銘柄の取引を勧められる
  • サポートから一向に連絡がない
  • 顧客資金は保護されていない

継続的に勝てるトレーダーというのは一部ですから、利用者が多いほど「負けた腹いせによる事実無根の低評価」が一定数出るのは仕方のないことですが、良い業者であればそれ以上に高評価もたくさんあるはずです。

GKFX PRIMEには高評価が2件しかなく、どちらも入出金・サポートについてのクレームです。

参考までに、ヨーロッパアカウントを運営するイギリスのGKFXの評判も見てみました。

こちらも評価レートはと低かったのですが、レビューには高評価も多く含まれていました。

良い評判

  • イギリスのベストブローカー
  • スプレッドが安定し約定遅延がない
  • 経済指標発表時でもスプレッドが安定
  • セキュリティ対策・サポートが素晴らしい
  • 入出金が簡単

悪い評判

  • ボーナスを現金化して出金しようとしたら没収された
  • いつもスリッページが発生する
  • スキャルピングの警告を受けてから約定拒否や遅延が増加した
  • サポートの対応が悪く回答に時間がかかる
  • サーバーダウンやMT4のクラッシュが多い

こちらは出金拒否・約定力・システムトラブルなど関するクレームが多い印象ですね。

やはり、同じグループ会社とはいえ、信頼性・評判は運営会社によってかなり差があります。

 

国内トレーダーからの評判は上々

良い評判

  • スプレッド・約定力はまとも
  • ユーロトルコリラのスワップポイントが高い
  • ちゃんと出金できる良いブローカー
  • 出金スピードが早い

悪い評判

  • 営業電話をかけてくる

次に、国内トレーダーからの評判を見てみましょう。

投稿はTwitter・5ちゃんねるから引用しています。

入出金は確実・スピーディーと好評で、高額出金も問題なくできているようです。また、約定力もあるので取引に支障はないとのこと。

とにかく、国内トレーダーからは悪いウワサはほとんど出ていません。

強いて言えば、営業電話がかかってくることくらいでしょうか?

 

取引条件・ルール

GKFX PRIMEの取引条件やルールを他社と比較しながら詳しく解説します。

なお、比較対象のFX業者は、初心者から上級者にまで人気のある大手FX業者や、比較的タイプの似ているFX業者から選別しているため、GKFX PRIMEの強み弱みがより直感的に分かりやすくなっているかと思います。

 

口座タイプは4種類|最大レバレッジは1,000倍

口座タイプの種類と違い
スタンダード
固定
スタンダード
ヴァリアブル
ECN
ゼロ
VIP
ヴァリアブル
取引形態 DD DD DD DD
最大レバレッジ 1,000倍 1,000倍 1,000倍 400倍
取扱銘柄 通貨ペア
貴金属
エネルギー
商品・株式
株価指数
仮想通貨
通貨ペア
貴金属
エネルギー
商品・株式
株価指数
仮想通貨
通貨ペア
貴金属
エネルギー
商品・株式
株価指数
仮想通貨
通貨ペア
貴金属
エネルギー
商品・株式
株価指数
仮想通貨
取引手数料 無料 無料 片道5ドル 無料
スプレッド 1.3pips 2.0pips 0.2~0.3pips 1.2~1.3pips
ロット単位 10万通貨 10万通貨 10万通貨 10万通貨
最小取引数量 0.01ロット 0.01ロット 0.01ロット 0.01ロット
最大取引数量 100ロット 100ロット 100ロット 100ロット
最大ポジション数 500ポジション 500ポジション 500ポジション 500ポジション
ストップレベル 5pips 5pips 5pips 5pips
スキャルピング 不可 不可 不可 不可
自動売買 可能 可能 可能 可能
両建て 可能 可能 可能 可能
マージンコール - - - -
ロスカット 20% 20% 20% 20%
ゼロカット あり あり あり あり
取引ツール MT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5
口座通貨 JPY
USD
JPY
USD
JPY
USD
JPY
USD
最低入金額 2万円 2万円 20万円 30万円
キャンペーン 対象 対象 対象 対象

ロット単位・スプレッド・最小取引数量・最大取引数量・ストップレベルは米ドル円の値。
※ 取引手数料は1ロットあたりの金額。
※ 最低入金額は1ドル100円換算。

GKFX PRIMEの口座タイプは、スタンダード固定口座・スタンダードヴァリアブル口座・ECNゼロ口座・VIPヴァリアブル口座の4種類です。

「ヴァリアブル」とは、スプレッド変動制を意味します。

また、ECNゼロ口座の取引形態はNDD ECN方式ではありません。

サポートに確認したところ、全口座タイプがDD方式(相対取引)を採用しているとのことです。

以下に各口座タイプの特徴を簡単にまとめました。

スタンダード固定口座

取引手数料無料かつスプレッド原則固定だが銘柄によってはスプレッド が異常に広い。初回入金額は200ドルと安く最大レバレッジ1,000倍で取引可能。

スタンダードヴァリアブル口座

取引手数料無料・変動制のスプレッドは結構広め。初回入金額は200ドルと安く最大レバレッジ1,000倍で取引可能。

ECNゼロ口座

変動制のスプレッドは全口座の中で最も狭いが取引手数料は1ロットあたり片道5ドルも発生するためトータルは非常に割高。初回入金額も2,000ドルと高額だが最大レバレッジは1,000倍で取引可能。

VIPヴァリアブル口座

取引手数料無料かつ狭い変動制スプレッドのため取引コストが最もお得。ただし、初回入金額が3,000ドルと高額かつ最大レバレッジも400倍まで。

各口座タイプの主な違いは、取引手数料・スプレッド・レバレッジ・取扱銘柄・最低入金額です。

資金さえあれば、取引コストが最もお得なVIPヴァリアブル口座がオススメですね。

むしろ、GKFX PRIMEで取引するなら、このVIPヴァリアブル口座一択と言っても過言ではありません。

スタンダード固定口座・スタンダードヴァリアブル口座・ECNゼロ口座で取引するくらいなら、他社でもっとハイスペックな口座を探したほうが良いと思います。

それでは、GKFX PRIMEの取引条件・ルールについて、さらに詳しく見ていきましょう。

 

通貨ペアは45銘柄と一般的だが株式やその他CFDが豊富

大手海外FX業者と比較

全取扱銘柄

GKFX PRIME
AXIORY
AXIORY

XM Trading
通貨ペア 45銘柄 ※ 62銘柄 57銘柄
貴金属 2銘柄(現物) 4銘柄 2銘柄(現物)
2銘柄(先物)
エネルギー 2銘柄(現物)
4銘柄(先物)
5銘柄 5銘柄(先物)
商品 3銘柄(現物) なし 10銘柄(先物)
株式 129銘柄 なし なし
株価指数 13銘柄(現物)
1銘柄(先物)
10銘柄 18銘柄(現物)
10銘柄(先物)
債券 なし なし なし
ETF なし なし なし
仮想通貨 4銘柄 なし なし

※ スタンダード固定口座は43銘柄。

通貨ペア(クロス円)
AUD/JPY GBP/JPY
CAD/JPY NZD/JPY
CHF/JPY USD/JPY
EUR/JPY
通貨ペア(クロスカレンシー)
AUD/CAD GBP/NZD
AUD/CHF GBP/USD
AUD/NZD NZD/CAD
AUD/USD NZD/CHF
CAD/CHF NZD/USD
EUR/AUD USD/CAD
EUR/CAD USD/CHF
EUR/CHF USD/CNH
EUR/CZK USD/CZK ※
EUR/GBP USD/DKK
EUR/NOK USD/HKD
EUR/NZD USD/HUF※
EUR/PLN USD/MXN
EUR/SEK USD/NOK
EUR/TRY USD/PLN
EUR/USD USD/SEK
GBP/AUD USD/SGD
GBP/CAD USD/TRY
GBP/CHF USD/ZAR

※ スタンダード固定口座では取引できない銘柄

GKFX PRIMEの取扱銘柄は非常に多彩です。

通貨ペアは45銘柄と一般的でクロス円の種類も少ないのですが、株式は129銘柄も取扱っており、貴金属・エネルギー・商品・株価指数・仮想通貨なども主要銘柄は一通り揃っています。

 

取引コストはECNゼロ口座が最も有利だが他社には敵わない

ここでは代表的な通貨ペア0.1ロット(1万通貨)あたりの取引コストを他社と比較します。取引コストとは、「往復手数料+スプレッド」のことです。

なお、便宜上すべて日本円口座で計算しているため、実際の金額とは多少異なる場合があるので注意してください。

GKFX PRIMEの口座同士で比較

0.1ロットあたりの取引コスト

スタンダード
固定

スタンダード
ヴァリアブル

ECNゼロ

VIP
ヴァリアブル
USD/JPY 往復手数料 無料 無料 1ドル 無料
スプレッド 1.3pips 2.0pips 0.2~0.3pips 1.2~1.3pips
トータル 130円 200円 126~136円 120~130円
EUR/JPY 往復手数料 無料 無料 1ドル 無料
スプレッド 2.3pips 2.0pips 0.6~0.9pips 1.8pips
トータル 230円 200円 166~196円 180円
CAD/JPY 往復手数料 無料 無料 1ドル 無料
スプレッド 3.0pips 2.0pips 0.5~0.6pips 1.5pips
トータル 300円 200円 156~166円 150円
AUD/JPY 往復手数料 無料 無料 1ドル 無料
スプレッド 2.0pips 2.3~2.5pips 0.3~0.6pips 1.8~2.1pips
トータル 200円 230~250円 136~166円 180~210円
CHF/JPY 往復手数料 無料 無料 1ドル 無料
スプレッド 8.0pips 2.6~2.9pips 0.8~1.0pips 1.8pips
トータル 800円 260~290円 186~206円 180円
GBP/JPY 往復手数料 無料 無料 1ドル 無料
スプレッド 4.0pips 2.6pips 0.9~1.4pips 2.6pips
トータル 400円 260円 196~246円 260円
NZD/JPY 往復手数料 無料 無料 1ドル 無料
スプレッド 3.0pips 3.2~3.7pips 0.8~1.2pips 2.1~2.4pips
トータル 300円 320~370円 186~226円 210~240円
EUR/USD 往復手数料 無料 無料 1ドル 無料
スプレッド 1.8pips 1.3pips 0.1~0.4pips 0.6pips
トータル 191円 138円 117~148円 64円

※ 0.1ロット=1万通貨。
※ スプレッドは2020年8月12日15時時台の変動幅。
※ 1ドル106円として計算。小数点以下四捨五入。
赤字は最も割高・青字は最もお得。

まず、GKFX PRIMEの4口座を比較したところ、ECNゼロ口座とVIPヴァリアブル口座の取引コストが非常に有利でした。

この2口座の利用価値は非常に高いのですが、最低入金額が20万または30万と高額なので口座開設できる人は限られます。

資金が少ない人の選択肢は必然的に最低入金額が2万円とお手頃なスタンダード固定口座とスタンダードヴァリアブル口座となりますが、取引コストがかなり割高です。

この2口座を選ぶくらいなら、他社でもっと良い条件の口座を探したほうが良いと思います。

では次に、各口座タイプを個別に他社と比較してみましょう。

スタンダード固定口座を他社と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

スタンダード
固定
Exness
スタンダード
-
IFCMarkets
MT4
固定スプレッド
USD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.3pips 1.1pips 1.8pips
トータル 130円 110円 180円
EUR/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.3pips 1.9pips 2.5pips
トータル 230円 190円 250円
CAD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 3.0pips 2.4pips 3.5pips
トータル 300円 240円 350円
AUD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.0pips 1.3pips 3.5pips
トータル 200円 130円 350円
CHF/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 8.0pips 2.7pips 4.0pips
トータル 800円 270円 400円
GBP/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 4.0pips 2.0pips 5.5pips
トータル 400円 200円 550円
NZD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 3.0pips 2.9pips 5.5pips
トータル 300円 290円 550円
EUR/USD 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.8pips 1.0pips 1.8pips
トータル 191円 106円 191円

※ 0.1ロット=1万通貨。
※ スプレッドは2020年8月12日15時時台の変動幅。
※ 1ドル106円として計算。小数点以下四捨五入。
赤字は最も割高・青字は最もお得。

スタンダード固定口座は、取引手数料無料・スプレッド原則固定の口座です。

ここでは同タイプの他社口座として、Exnessのスタンダード口座とIFC MarketsのMT4固定スプレッド口座と比較しました。

GKFX PRIMEのスタンダード固定口座は、この2社の中間くらいの水準ですね。スイスフラン円のスプレッドだけが以上に広いのが気になりますが、それ以外はまずまずといったところです。

ヴァリアブル口座を他社と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

スタンダード
ヴァリアブル

VIP
ヴァリアブル
Exness
プロ
-
AXIORY
スタンダード
USD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料 無料
スプレッド 2.0pips 1.2~1.3pips 0.7pips 1.2~1.4pips
トータル 200円 120~130円 70円 120~140円
EUR/JPY 往復手数料 無料 無料 無料 無料
スプレッド 2.0pips 1.8pips 1.1~1.2pips 1.2~1.6pips
トータル 200円 180円 110~120円 120~160円
CAD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料 無料
スプレッド 2.0pips 1.5pips 1.5pips 1.5~1.8pips
トータル 200円 150円 150円 150~180円
AUD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料 無料
スプレッド 2.3~2.5pips 1.8~2.1pips 0.8pips 1.5~1.9pips
トータル 230~250円 180~210円 80円 150~190円
CHF/JPY 往復手数料 無料 無料 無料 無料
スプレッド 2.6~2.9pips 1.8pips 1.0~1.7pips 1.6~2.0pips
トータル 260~290円 180円 100~170円 160~200円
GBP/JPY 往復手数料 無料 無料 無料 無料
スプレッド 2.6pips 2.6pips 1.2~1.3pips 1.5~1.9pips
トータル 260円 260円 120~130円 150~190円
NZD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料 無料
スプレッド 3.2~3.7pips 2.1~2.4pips 1.8pips 1.8~2.2pips
トータル 320~370円 210~240円 180円 180~220円
EUR/USD 往復手数料 無料 無料 無料 無料
スプレッド 1.3pips 0.6pips 0.6~0.7pips 1.0~1.3pips
トータル 138円 64円 64~74円 106~138円

※ 0.1ロット=1万通貨。
※ スプレッドは2020年8月12日15時時台の変動幅。
※ 1ドル106円として計算。小数点以下四捨五入。
赤字は最も割高・青字は最もお得。

スタンダードヴァリアブル口座とVIPヴァリアブル口座は取引手数料無料で、スプレッド変動制・固定制の通貨ペアが混在する口座です。

そのため同タイプの他社口座としてExnessのプロ口座、また取引コストの安さに定評のある他社口座としてAXIORYのスタンダード口座と比較しました。

スタンダードヴァリアブル口座はスプレッドが広すぎるため、最も取引コストが割高となりました。

VIPヴァリアブル口座は最低入金額が30万円と高いだけありスプレッドは優遇されており、GKFX PRIMEの口座の中で最も取引コストがお得な口座です。

しかし、Exnessのプロ口座には敵いませんし、AXIORYスタンダード口座とほぼ同水準です。しかも、この2口座は初回入金額も2万円とお手頃です。

ECNゼロ口座を他社と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

ECNゼロ
XM Trading
XM Zero
BigBoss
プロスプレッド
USD/JPY 往復手数料 1ドル 1ドル 0.9ドル
スプレッド 0.2~0.3pips 0.0~0.3pips 0.4~0.6pips
トータル 126~136円 106~136円 135~155円
EUR/JPY 往復手数料 1ドル 1ユーロ 0.9ドル
スプレッド 0.6~0.9pips 0.3~0.6pips 0.9~1.1pips
トータル 166~196円 155~185円 185~205円
CAD/JPY 往復手数料 1ドル 1加ドル 0.9ドル
スプレッド 0.5~0.6pips 1.3~1.4pips 1.2~1.4pips
トータル 156~166円 210~220円 215~235円
AUD/JPY 往復手数料 1ドル 1豪ドル 0.9ドル
スプレッド 0.3~0.6pips 0.9~1.2pips 0.9~1.3pips
トータル 136~166円 166~196円 185~225円
CHF/JPY 往復手数料 1ドル 1スイスフラン 0.9ドル
スプレッド 0.8~1.0pips 0.8~1.1pips 1.8~2.2pips
トータル 186~206円 196~226円 275~315円
GBP/JPY 往復手数料 1ドル 1ポンド 0.9ドル
スプレッド 0.9~1.4pips 1.0~1.3pips 1.1~1.6pips
トータル 196~246円 239~269円 205~255円
NZD/JPY 往復手数料 1ドル 1NZドル 0.9ドル
スプレッド 0.8~1.2pips 1.9~2.1pips 1.5~1.8pips
トータル 186~226円 260~280円 245~275円
EUR/USD 往復手数料 1ドル 1ユーロ 0.9ドル
スプレッド 0.1~0.4pips 0.0~0.4pips 0.7~1.0pips
トータル 117~148円 125~164円 170~201円

※ 0.1ロット=1万通貨。
※ スプレッドは2020年8月12日15時時台の変動幅。
※ 1ドル106円・1ユーロ125
円・1加ドル80円・1豪ドル76円・1スイスフラン116円・1ポンド139円・1NZドル70円として計算。小数点以下四捨五入。
赤字は最も割高・青字は最もお得。

ECNゼロ口座は、取引手数料が1ロットあたり片道5ドル(0.1ロットあたり往復1ドル)発生します。

そのため、取引手数料の金額が同じ、XM TradingのZero口座とBigBossのプロスプレッド口座と比較しました。

この3口座の中では、GKFX PRIMEのECN口座はスプレッドが圧倒的に狭いことが分かると思います。

しかし、そもそも取引手数料1ロットあたり片道5ドルというのは、数ある海外FX業者の中でも非常に割高です。取引手数料が安くスプレッドも有利な業者は他にたくさんあります。

中でも、AXIORYのナノスプレッド口座Exnexssのロースプレッド口座TITAN FXのブレード口座あたりがオススメですね。

ちなみにXM TradingとBigBossには、取引するたびにボーナスがもらえるお得なプロモーションがあります。

このプロモーションを利用すると、0.1ロット(1万通貨)あたりXM Tradingでは最大約57円のボーナス、BigBossでは42円のボーナスがもらえるので、上記の金額からさらに取引コストを削減できます。(1ドル106円の場合)

GKFX PRIMEにはそのようなプロモーションはありません。

 

スワップポイントは受取額も支払額も高い

ここでは代表的な通貨ペア0.1ロット(1万通貨)あたりのスワップポイントを他社と比較します。

なお、便宜上、すべて日本円口座として計算しているため、実際の金額とは多少異なる場合があるので注意してください。

大手海外FX業者と比較

0.1ロットあたりのスワップポイント

GKFX PRIME
AXIORY
AXIORY
XM Trading
XM Trading
USD/JPY 25円 -79円 -21円 -41円 -18円 -42円
EUR/JPY -49円 4円 -36円 -16円 -45円 -22円
CAD/JPY 4円 -66円 -14円 -23円 -26円 -39円
AUD/JPY 13円 -67円 -15円 -29円 -25円 -38円
CHF/JPY -56円 -8円 -41円 -3円 -67円 -27円
GBP/JPY 5円 -70円 -36円 -58円 -29円 -46円
NZD/JPY -40円 -60円 -13円 -17円 -20円 -38円
EUR/USD -64円 8円 -48円 0円 -59円 -8円
TRY/JPY - - 22円 -38円 - -
ZAR/JPY - - 6円 -11円 - -

※ 2020年8月13日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。
1ドル106円として計算。小数点以下四捨五入。
赤字は支払い・青字は受取り。

一般的な海外FX業者は、スワップポイントがマイナススワップ(支払い)ばかりなので、とてもじゃありませんが中長期トレードには向いていません。

しかし、GKFX PRIMEではスワップポイントが結構もらえます。

AXIORYやXM Tradingと比べると、その差は歴然ですね。

大手国内FX業者と比較

0.1ロットあたりのスワップポイント

GKFX PRIME
GMOクリック証券
GMOクリック証券
SBI FXトレード
SBI FXトレード
USD/JPY 25円 -79円 6円 -9円 7円 -10円
EUR/JPY -49円 4円 -12円 9円 -12円 9円
CAD/JPY 4円 -66円 5円 -8円 2円 -7円
AUD/JPY 13円 -67円 4円 -7円 3円 -6円
CHF/JPY -56円 -8円 -20円 17円 -18円 15円
GBP/JPY 5円 -70円 7円 -10円 9円 -12円
NZD/JPY -40円 -60円 4円 -7円 7円 -10円
EUR/USD -64円 8円 -23円 20円 -27円 22円
TRY/JPY - - 18円 -21円 25円 -30円
ZAR/JPY - - 4円 -7円 5円 -6円

※ 2020年8月13日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。
1ドル106円として計算。小数点以下四捨五入。
赤字は支払い・青字は受取り。

米ドル円(買)・豪ドル円(買)に関しては、国内FX業者よりも有利です。

ただし、その分だけ支払額も高額なので、売買方向には注意してください。

 

GKFX PRIMEはスキャルピングNG|自動売買はOK

GKFX PRIMEではEAを使った自動売買に制限はありませんが、スキャルピングは禁止されているので注意してください。(利用規約はこちら)

スキャルピングをすると、取引取消・利益没収・出金拒否の対象となります。

取引形態が国内FXと同じDD方式であることや、口コミにもあったサーバーが弱いことを考えると、スキャルピング禁止ルールにも頷けます。

真のECN方式を採用する業者であれば外付け取引手数料で稼ぐので、トレーダーが取引すればするほど儲かりますから、むしろスキャルピングを推奨するはずです。

 

ロスカット率は20%・ゼロカットあり

GKFX PRIMEのロスカットは、証拠金維持率20%で発動します。

これは、海外FX業者としては一般的な水準です。

また、ゼロカットもしっかり採用しているため、万が一ロスカットが間に合わないほどの価格変動があり口座残高がマイナスになってしまったとしても、トレーダーに借金は発生しません。

 

取引ツール・サービス

取引ツールはMT4・MT5が両方使える

取引ツールの種類
対応機種・OS 自動売買
インジケータ追加
MT4 ダウンロード Windows 可能
ブラウザ Windows・mac 不可
アプリ Android・iOS 不可
MT5 ダウンロード Windows 可能
ブラウザ Windows・mac 不可
アプリ Android・iOS 不可
cTrader ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし
独自ツール ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし

取引ツールは、定番のMT4(MetaTrader4)と最新版のMT5(MetaTrader5)が両方使えます。

MT4とMT5が両方使える業者のメリットは、MT4からMT5への移行がしやすいという点ですね。

現在、海外FXトレーダーの多くは依然としてMT4を使い続けており、高機能であるはずのMT5はまだまだ普及していません。

MT5が普及しない主な理由は、MT4とMT5とではEAやインジケータに互換性がないためです。

EAやインジケータというのは、仕組みやスペックがそのまま取引成績に直結する極めて重要なプログラム。トレードスタイルそのものと言っても過言ではないでしょう。

とはいえ、今後はMT5が主流になることは間違いないので、トレーダーはいずれMT5に移行せざるを得ません。

そのため、業者がMT4・MT5を両方採用していてくれると、少しずつMT5への移行準備を進めることが可能です。

ユーザーの実情をよく把握できている業者というのは、このような細かなところまでサービスが行き届いています。

MT4・MT5の違いについては、以下の記事をご覧ください。

MT4とMT5はどっちがいい?スマホアプリ・PCの違いを比較

MetaQuotes社が開発した、パソコン・スマホ対応の高機能取引ツール、MetaTrader4、MetaTrader5(以下、MT4、MT5)は、海外FXをする上では欠かすことのできないツールです。 ...

続きを見る

MT4・MT5は、Windows対応のダウンロードタイプ、Windows・mac対応のブラウザタイプ、Android・iOS対応の専用アプリがリリースされています。

この内、自動売買のためのEA(Expert Adviser)やカスタムインジケータをインストールできるのは、Windows対応のダウンロードタイプだけなので注意しましょう。

スマホ・タブレットでは自動売買はできません。macユーザーの場合は、以下の記事で対処方法を解説しているので参考にしてください。

macでMT4を動作させる方法まとめ

MT4(MetaTrader4)はWindows専用ソフトなので、通常であればmacにインストールすることはできません。 そのため、これまでmacユーザーは一部の海外FX業者からダウンロードできる「m ...

続きを見る

 

無料VPSサービスあり

サーバースペックと無料条件
ウェルカム プラチナ ダイアモンド
サーバー
スペック
メモリ容量 512MB 2GB 4GB
ディスク容量 25GB 40GB 50GB
CPU数 1 2 4
レイテンシ 1ms以下
帯域幅 10GB 100GB 600GB
自動バックアップ なし あり
通常料金 月額25ドル 月額55ドル 月額160ドル
無料条件 最低入金額 4,000ドル 8,000ドル 80,000ドル
最低取引数量 毎月
5ロット以上
毎月
30ロット以上
毎月
100ロット以上

GKFX PRIMEでは、VPSサーバーが無料で使えます。

上記の3コースから選べ、それぞれスペック・無料条件が異なるので注意しましょう。

ちなみに、コースごとに決められた通常料金(月額)を払えば誰でも利用可能です。

EAを24時間安定稼働させて本格的に自動売買で稼いでいくためには、やはりVPSサーバーが必要です。

VPS業者のサーバーにMT4をインストールすることで、自宅のパソコンの電源をOFFにしてもEAはストップせず約定力の向上も期待できますよ。

普通はFX業者の取引サーバーに近いロケーションのVPS業者を探し出し自分で有料契約しなくてはいけないので、面倒だと思う人はぜひ検討してみてください。

 

9種類のEA・インジケータを無料ダウンロードできる

GKFX PRIMEではMT4ブースターパッケージと呼ばれる9種類のカスタムインジケータ・EAを無料でダウンロードできます。

ただし、2,500ドル以上の入金が必要です。入金後にサポートに連絡をすれば、マイページからダウンロードできるようになります。

 

キャンペーン・ボーナス

GKFX PRIMEのキャンペーン・ボーナスは基本的に期間限定かつ不定期開催なので、口座開設時にここで紹介しているキャンペーンは終了しているかもしれません。

ただ、GKFX PRIMEでは常に何かしらのキャンペーンは開催しているので、今回タイミングを逃してしまったとしても再度ボーナスを獲得できるチャンスは十分あるでしょう。

ここでは直近に開催されたキャンペーンのみ掲載していますが、基本的なルールやパターンは毎回同じなので、おおよその傾向は把握できるかと思います。

 

口座開設ボーナス+入金ボーナス(期間限定)

キャンペーン概要
キャンペーン期間 期間限定(直近は2020年5月24日〜8月24日)
キャンペーン対象口座 スタンダード固定・スタンダードヴァリアブル
キャンペーン内容 口座開設ボーナス3千円
100%・20%入金ボーナス

GKFX PRIMEでは、期間限定で口座開設ボーナス3,000円と100%・20%入金ボーナスがセットになった新規口座開設者限定キャンペーンを開催しています。

このキャンペーンの主な特徴と注意点は以下の通り。

ココがポイント

  • 口座開設・本人認証完了でボーナス3千円
  • 入金5万円以下は100%入金ボーナス
  • 入金5万円以上は20%入金ボーナス
  • 入金ボーナスの上限は45万円
  • クッション機能あり

ココに注意

  • 新規口座開設者限定
  • 入金から5営業日以内にサポートセンターへ連絡が必須
  • 入金ボーナスの対象は初回入金のみ
  • 最低入金額は200ドル以上
  • ボーナス有効期限は3ヶ月
  • ボーナスは出金不可
  • 利益を出金するには条件あり(以下参照)
  • 資金利益を出金すると保有ボーナス全額消滅

まず、口座開設・本人認証をすると3千円のボーナスがもらえ、さらに初回入金に対して100%または20%ボーナスがもらえます。

ボーナス付与率は、入金5万円までは100%・入金5万円以上は20%です。

入金ボーナスの獲得例
入金額 100%
ボーナス
20%
ボーナス
ボーナス
合計
取引資金
5万円 5万円 - 5万円 10万円
10万円 5万円 1万円 6万円 16万円
50万円 5万円 9万円 14万円 64万円
100万円 5万円 19万円 24万円 124万円
200万円 5万円 39万円 44万円 244万円
250万円 5万円 40万円 45万円 295万円
300万円 5万円 40万円 45万円 345万円

また、クッション機能付きのボーナスなので、このボーナスを使ってロスカットに耐えることが可能です。

ただし、このボーナスで得た利益は、以下の条件をクリアしなければ出金できないので注意してください。

口座開設ボーナス・入金ボーナスの利益出金条件

  • 最低往復5回・合計0.1ロット以上の取引達成
  • カウント対象銘柄は通貨ペア・XAUUSD・XAGUSDのみ

 

スーパーボーナス(期間限定)

キャンペーン概要
キャンペーン期間 期間限定(直近は2020年7月1日〜8月30日)
キャンペーン対象口座 全口座(MT4のみ)
キャンペーン内容 200%入金ボーナス(出金可能)

GKFX PRIMEでは、取引資金を3倍にできる期間限定・新規口座開設者限定の200%スーパーボーナスを開催しています。

このキャンペーンの主な特徴と注意点は以下の通り。

ココがポイント

  • 全ての口座がボーナスの対象
  • ボーナスの金額は入金額の200%
  • ボーナス上限は5,000ドル
  • ボーナスは出金可能

ココに注意

  • ボーナスの対象は初回入金のみ
  • 口座ごとの最低入金額に注意(以下参照)
  • ボーナスの対象はMT4のみ
  • 入金前にサポートセンターへ連絡が必須
  • ボーナス有効期限は入金から2ヶ月
  • 資金利益を出金すると保有ボーナス全額消滅
  • ボーナスの出金にはノルマあり(以下参照)
  • クッション機能なし

ボーナス出金条件

  • 獲得ボーナスの10%にあたるロット数を取引する(獲得ボーナス200ドルなら20ロットの取引達成が出金条件)
  • 自己資金+ボーナスの110%にあたる利益を達成する(入金100ドル+ボーナス200ドルなら330ドルの利益達成が出金条件)
  • カウント対象の銘柄は通貨ペア・XAUUSD・XAGUSDのみ

初回入金に対し200%入金ボーナスが5,000ドルを上限にもらえます。

全ての口座タイプがこのキャンペーンの対象ですが、取引ツールにMT5を選択した場合はキャンペーン対象外となります。

しかも、このボーナスは有効期限2ヶ月以内に上記ボーナス出金条件を全て達成することで出金できます。

ボーナス獲得・ボーナス出金のイメージは以下の通りです。

ボーナス獲得・ボーナス出金のイメージ
入金額 獲得
ボーナス
マージン
合計
ボーナス出金条件
必要ロット数 必要利益
1万円 2万円 3万円 20ロット以上 3万3千円以上
2万円 4万円 6万円 40ロット以上 6万6千円以上
5万円 10万円 15万円 100ロット以上 16万5千円以上
10万円 20万円 30万円 200ロット以上 33万円以上
20万円 40万円 60万円 400ロット以上 66万円以上
30万円 50万円 80万円 500ロット以上 88万円以上
50万円 50万円 100万円 500ロット以上 110万円以上

※1ドル100円換算。

もらったボーナスは新規注文をするための証拠金として利用できますが、クッション機能はついていません。

「ボーナスはロスカットに耐えるための資金には含まれない」という点に注意してください。

口座タイプごとに決まっている最低入金額にも注意してください。

口座タイプごとの最低入金額
口座タイプ 最低入金額
スタンダード固定 1万円
スタンダードヴァリアブル
ECNゼロ 20万円
VIPヴァリアブル

※1ドル100円換算。

また、入金前にサポートセンターにボーナスをリクエストしないと、通常の100%初回入金ボーナスが適用されてしまいます。

キャンペーン申込後も資金や利益はいつでも出金できますが、もし出金した場合は保有ボーナスは全額消滅します。

ボーナスを使って取引できる期間・ボーナスを出金できる期限は2ヶ月間だけです。基本的にボーナス有効期限2ヶ月を経過すると、保有ボーナスは自動消滅します。

ただし、口座状況・取引状況によっては有効期限を延長してもらえることもあるようなので、一度サポートセンターに相談してください。

 

再入金キャッシュバック(常時開催)

キャンペーン概要
キャンペーン期間 常時開催
キャンペーン対象口座 全口座
キャンペーン内容 キャッシュバックプログラム

前述した2つの入金ボーナスは初回入金限定のキャンペーンでしたが、この再入金キャッシュバックは2回目以降の入金を対象にしたキャッシュバックプログラムです。

このプログラムの主な特徴と注意点は以下の通り。

ココがポイント

  • 2回目以降の入金がキャッシュバック対象
  • キャッシュバック上限は入金額の100%(累計100万円まで)
  • 往復取引1ロットにつき2ドルキャッシュバック
  • キャッシュバックは自動計算・毎月自動入金

ココに注意

  • プログラムへの参加はサポートセンターへの連絡が必須
  • カウント対象銘柄は通貨ペア・XAUUSD・XAGUSDのみ
  • スキャルピングはカウント対象外
  • 過去30日間取引しないとプログラムの資格喪失
  • 資金を出金すると次回入金時までプログラム一時停止

キャッシュバック獲得条件は、2回目以降の入金取引をするだけ。

キャッシュバック上限は入金額の100%(累計100万円まで)です。

往復取引1ロットにつき2ドルキャッシュバックされます。

ちなみに、XM Tradingのロイヤルティプログラムのような「ボーナス(出金不可)がもらえる取引プログラム」のほうがもっと好条件です。

しかし、「キャッシュバック(出金可能)がもらえる取引プログラム」として考えた場合、iFOREXのキャッシュバックとよく似てなかなか好条件だと思います。

ちなみに、入金額・取引額に応じてキャッシュバックの単価・上限を優遇してもらえるようなので、申込前にサポートセンターに相談してください。

 

友達紹介プログラム(常時開催)

 

GKFX PRIMEでは、シンプルな友達紹介プログラムも実施しています。

申込はマイページから行い、紹介した友達(第三者であればOK)が取引するたびに一定のボーナスがもらえる仕組みです。

ボーナスがもらえるのは自分だけであり、友達にはボーナスは支給されないので注意してください。

取引数量とボーナスのルールは申込後に提示されるようですが、ボーナス上限は500ドルです。

ただし、本格的なアフィリエイト活動を考えているなら、GKFX PRIMEが別で実施しているアフィリエイトプログラムのほうが報酬が良いので、一度サポートセンターに相談してみると良いでしょう。

 

口座開設・入出金

必要書類は本人確認書類と現住所確認書類

口座開設の際は、本人認証のため身分証明書の画像データが必要となります。

書類全体が写るよう鮮明に撮影したものをあらかじめ用意してください。

顔写真の有無・有効期限・発行日などに注意しましょう。

本人確認書類(有効期限内・写真付き・両面)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • その他の身分証明書

現住所確認書類(発行から3ヶ月以内)

  • 銀行明細書
  • 公共料金領収書

※クレジットカード・携帯電話の明細は不可

 

口座開設の手順を解説します。まず、GKFX PRIME公式サイトトップページ右上にある口座を開設するをクリックします。

フォームに漢字氏名・英字氏名・居住国・電話番号・メールアドレス・マイページログインパスワード・4桁のセキュリティコードを入力し、利用規約同意のチェックを入れてサインアップをクリックしてください。

 

これでマイページが作成されました。次に、取引口座を作成します。ライブ口座を開設するをクリックしてください。

 

個人情報を登録します。生年月日・国コード・住所・郵便番号を入力し、完了をクリックしてください。

 

口座を設定します。取引ツール・口座タイプ・口座通貨を選択し、取引ツールログインパスワードを設定したら、口座を開設するをクリックしてください。

 

これで取引口座の作成完了です。

 

最後に本人認証を行います。マイページ右上にあるようこそをクリックしてメニューから認証を選択してください。

 

本人確認書類・現住所確認書類の画像ファイルは、画面右側にあるブラウズをクリックして選択するか上記矢印の箇所にドラッグ&ドロップし、最後にファイルをアップロードするをクリックしてください。

あとは承認完了を待つだけです。承認が完了すると入出金の制限が解除されます。

 

入出金方法はカードまたはオンラインウォレットの2種類

入金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA 指定なし 即時 無料
master 指定なし 即時 無料
AMEX 指定なし 即時 無料
オンライン
ウォレット
bitwallet 指定なし 即時 無料
STICPAY 指定なし 即時 無料
WebMoney なし
仮想通貨 BTC なし
ETH なし
XRP なし
銀行送金 国内 なし
海外 なし
出金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA 指定なし 最長5営業日 無料
master 指定なし 最長5営業日 無料
AMEX 指定なし 最長5営業日 無料
オンライン
ウォレット
bitwallet 指定なし 最長5営業日 無料
STICPAY 指定なし 最長5営業日 無料
WebMoney なし
仮想通貨 BTC なし
ETH なし
XRP なし
銀行送金 国内 なし
海外 指定なし 最長5営業日 無料

※:金融機関・決済サービス会社・取引所で発生する入出金手数料・送金手数料等は別途自己負担。

GKFX PRIMEの入出金方法を大きく分けると、クレジットカードまたはデビットカード・オンラインウォレットの2種類です。

カードブランドは、VISA・MasterCard・AMEX、オンラインウォレットはbitwallet(ビットウォレット)・STICPAY(スティックペイ)が利用できます。

入出金メニューにはオンラインウォレットNETELLER(ネッテラー)・Skrill(スクリル)もありますが、この2社はすでに日本から撤退しているため現在は利用できません。

入出金手数料はGKFX PRIME側では発生しませんが、金融機関・決済サービス会社で発生する各種手数料は自己負担となります。

特に、海外銀行送金での出金は、中継銀行・着金銀行でリフティングチャージなどの手数料が3〜4千円程度差し引かれるので注意してください。

オススメはbitwalletです。bitwallet側の各種手数料はとてもリーズナブルですし、多くの海外FX業者の入出金方法に採用されているので利便性もバツグンです。

基本的な入出金ルールは、以下の2点だけ把握しておけばOKです。

  • 入金方法と出金方法は同一であること
  • 同一ルートで出金できない場合のみ海外銀行送金となる

また、入出金方法ごとに最低金額の指定はありませんが、口座タイプごとに決まっている最低入金額に注意してください。

口座タイプと最低入金額
口座タイプ 最低入金額
スタンダードフィックス口座 2万円
スタンダードヴァリアブル口座 2万円
ECNゼロ口座 20万円
VIPヴァリアブル口座 30万円

※:1ドル100円換算

 

カスタマーサポート

日本語サポート・受付時間

サポート窓口
日本語対応 受付時間
電話 可能 日本対応は平日13〜22時
英語対応は平日24時間
メール 可能 常時受付
専用フォーム 可能 常時受付
チャット 可能 日本語対応は平日13〜22時
英語対応は平日24時間

サポート窓口は、電話・メール・専用フォーム・チャットの4種類です。

電話はコールバックのリクエストもできます。

日本語サポートの営業時間は平日13〜22時(日本時間)です。

海外ユーザーからは「サポートがイマイチ」という評判が多かったため、当サイトで何度かメールしたところ、営業日であれば当時中には必ず返信があったため、特に問題はないかと思います。

対応品質については「深い専門知識を持つ熟練オペレーターが丁寧に対応している」という印象を受けました。

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FXの口座開設ボーナス比較

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

 

2020年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

-海外FX口座レビュー

© 2020 海外FX Wiki