MT4・MT5でEAを使ったFX自動売買の始め方を初心者向けにわかりやすく解説

「自動売買を始めたいけど、何から手を付けていいのか分からない」

「あまりにも情報量が多すぎて、勉強しても理解しきれない」

「FX初心者の自分に自動売買は敷居が高すぎる」

こんなことで悩んでいる人はいませんか?

MT4を使った自動売買の取引環境は、ちゃんと手順を踏めばすぐに用意できます。

ただ、準備ができたからといってすぐに稼ぐことはできません。稼ぐためには、裁量取引とはまた違った経験と知識が求められます。

この記事では多くの海外FX業者に採用されているMT4(MetaTrader4)とEA(自動売買プログラム)を使った自動売買の始め方・ポイントについて、シンプルかつ分かりやすく解説します。

 

MT4とEAを使った自動売買のポイント

そもそも自動売買ってなに?

自動売買は、FXの複雑な注文方法を自動化したシステムの総称です。

基本的に資金を用意して、自動売買プログラムを稼働させるだけで、あとはシステムが相場に合わせて勝手に稼いでくれます。

これまで個人向けのFXと言えば、自分ですべての注文を処理する裁量取引と呼ばれる取引方法が一般的でした。

利益は、新規注文時点と決済注文時点の価格差で稼ぐ為替差益か、ポジションが日をまたぐことでもらえるスワップポイントです。

為替差益は、通常、現在価格で新規注文して、相場が有利に動いたら決済注文をするという、成行注文と呼ばれる注文方法が基本となります。

ただ、これではずっとパソコン画面に張り付いていなくてはいけませんね。時間も縛られますし、精神的にもキツいです。

そこで、指値・逆指値注文イフダン注文・OCO注文など、あらかじめ新規注文・決済注文の価格を指定できる予約注文機能がトレードツールに搭載されました。

ただ、これでも予約注文自体は、自分で一つずつ設定しなくてはいけません。面倒であることには変わりませんし、深いFXの知識も必要です。

それに負ければ精神的なダメージを受けて、次の取引判断も誤りがち。一発逆転の無謀なトレードをしてしまう人もいます。

そこで生まれたのが、自動売買です。

プロが編み出した複数の予約注文をプログラム化し、誰でも利用できるようにした画期的なシステムです。

つまり、自動売買とは、もともとあったFXの予約注文機能の発展形ともいえるシステムなんですね。

自動なので、トレーダーの取引時間を大幅に削減できますし、感情も排除して淡々と取引を繰り返してくれます。

あとは中身のロジックが優れていれば、しっかり稼げます。

 

MT4(MetaTrader4)ってなに?

中でもMetaQuotes社が開発したMT4(MetaTrader4)は、海外では一番普及しているトレードツールです。

最新版のMT5(MetaTrader5)というバージョンもリリースされていますが、MT4とMT5とではプログラムに互換性がないため、多くのトレーダーがまだまだMT4を使い続けているのが現状です。

自動売買プログラムは、EA(Expert Adviser)と呼ばれる独自形式のファイルに過ぎません。

このEAはネット上に有料・無料のものが大量に出回っているので、誰でも簡単に入手できます。

過去の実績や評価も公開されていますが、複雑で多機能なEAともなると結構高価です。

EAをMT4に組み組む方法はとても簡単で、EAのファイルを所定のフォルダに入れ、MT4上でパラメータと呼ばれる設定をするだけです。

あとは、パソコン・MT4・EAを24時間フル稼働させれば、勝手に取引を繰り返して稼いでくれます。

 

MT4で自動売買をするメリット・デメリット

自動売買のメリット

  • 時間を節約できる
  • 精神的負担が軽くなる

自動売買のデメリット

  • 稼げるEA選びは難しい
  • 裁量取引よりも資金が必要
  • 裁量取引よりも経費が増える

MT4 自動売買のメリットは、結局のところ「トレードにかける時間を節約できるので、肉体的負担が減る」「システムが勝手に取引判断をしてくれるので、精神的負担が減る」ということに尽きます。

デメリットは、「このEA選びが最も難しいこと」「裁量取引よりも資金と経費が必要になること」です。

イメージとしては、「これまで個人事業主だった人が、会社を設立して従業員(EA)を雇う」といった感じでしょうか?

会社設立・維持(自動売買環境構築・維持)のためには、諸費用・経費が発生します。

自分が経営者になれば、これまでやってきた実務は全て従業員(EA)に任せることができるので、だいぶ負担が減ります。

自分は、経営(運用実績の評価・改善・資金繰り)にシフトできるので、ワークスタイルも自由です。

しかし、優秀な従業員を採用(EA選び)するのはなかなか難しいものです。

従業員によって、得意な仕事・不得意な仕事(レンジ相場・トレンド相場など)もあります。

自動売買で稼ぐためには、このデメリットをいかに攻略するかが大切です。

 

メリット①|時間を節約できる

自動売買は、基本的に放置でOKなので、トレードにかける時間を大幅に削減でき、体力的にだいぶ楽になります。

マーケットが活発化するのは、平日21時以降の時間帯です。

裁量取引の場合、仕事で疲れた体に鞭打ってトレードしなくてはいけませんし、プライベートや睡眠時間も犠牲にします。

自動売買の場合、日々、運用実績をチェックしていればOKです。

一定期間EAを稼働させ、運用実績に応じて「EAを入れ替えたほうが良いのか?」「パラメータ設定を微調整したほうが良いのか?」を判断します。

 

メリット②|精神的負担が軽くなる

自動売買は、感情を排除したトレードができるため、精神的にもだいぶ楽になります。

裁量取引でポジションを保有していると、常に変化する損益に一喜一憂してしまい、本業に集中できないという人も少なからずいます。

自動売買なら、「トレードにかける時間の節約」「エントリーの判断・損切りの判断など精神的負担の軽減」ができるので、仕事や日常生活に悪影響を及ぼしません。

 

デメリット①|稼げるEA選びは難しい

巷では「自動売買は初心者でも最初から稼ぎやすい」ということも言われていますが、ほったらかしでは勝てませんし、EAやロジック次第で運用成績は大きく変わります。

また、EAの開発者やデベロッパーというのは、優秀なプログラマーだったとしても、優秀なトレーダーであるとは限りません。

いくら多機能でロジックは素晴らしくても、稼げなかったら意味がないですよね?

面倒だからと、勝率・宣伝文句・ランキングだけでEAを選んではいけません。

公開されているバックテストの結果や他人の運用実績は、しっかりチェックしてください。

ただ、それらはすべて一時的・限定的なデータ・過去のデータです。

自分でもバックテストしてみて、現在〜今後の相場にマッチするかどうか判断することも大切です。

トレンド相場・レンジ相場の切り替えに対応できないEAもあるので、相場の状況によってはEAの入れ替えが必要な場合もあります。

ただし、負けている期間がしばらく続いたからと言って、すぐにEAをストップしては、EA本来の実力が十分評価できません。

パラメータを微調整しながら諦めず稼働し続けたことで、長期的には大きな利益を出せたということもあるからです。

このあたりの判断は、自動売買初心者にはなかなか難しいと思います。

自動売買は、裁量取引とはまた違ったスキルが必要なんです。

「EAを選ぶ目」と「状況に応じて運用方針を切り替える経験」が物を言う世界であることを忘れないでください。

 

デメリット②|裁量取引よりも資金が必要

自動売買は、裁量取引よりも資金が必要です。

裁量取引の場合、口座資金や相場の状況に応じて注文の量を自分で調整できますが、自動売買は基本的に全てEA任せです。

EAの特性・パラメータによっては、勝手に大量の予約注文を入れたり、ポジションを保有したりします。

大きな含み損のあるポジションを複数抱えることもあれば、損切りばかり繰り返す時期もあるでしょう。

ただし、長期的にプラスになればOKです。「損小利大」という考え方で、利益:損失の割合は2:1が理想とされています。

しかし、そのためにはロスカットに耐えられるだけの資金損切りしてもさらに新規注文を出し続けるだけの資金が必要です。

資金の目安はEAやパラメータ設定によっても全然違いますが、50万〜100万円以上はないと長期運用型のEAは思うように稼げないと思います。

そのEAが「ポジションを最大いくつ保有することになるのか?」「証拠金は最大いくら必要なのか?」という点に注意してください。

資金が足りなくなり、自分でEAを停止したりポジションを手仕舞いにしてしまっては、自動売買の意味がありませんし、そのEA本来の力が発揮できません。

 

デメリット③|裁量取引よりも経費が増える

MT4の自動売買でしっかり稼ぐためには、主に次のような経費を追加で負担しなくてはいけません。(パソコン・ネット回線は必須なので省略)

MT4 自動売買の必要経費

  • EA購入代金
  • VPSサーバー月額料金

複雑なロジックのEAや運用実績の良いEAというのは、たいてい数千円〜数万円するものが多いと思います。

また、MT4・EAは常時稼働させておかないと自動売買がストップしてしまうので、VPSサーバーを利用することが基本です。

このVPSサーバーは、最低スペックでもだいたい2,000円程度の月額料金が発生します。

ただし、無料EAも出回っていますし、海外FX業者の中には無料VPSサーバーを提供しているところもあります。

それらを活用すれば、裁量取引と同じ経費で運用することも可能です。

もちろん、初心者のうちはそれでも良いでしょう。

しかし、経験を積むと有料EAも試してみたくもなりますし、無料VPSサーバーではたくさんのMT4・EAを稼働させるにはスペック不足です。

本格的な自動売買環境を整えてしっかり稼ぐためには、有料EA・有料VPSサーバーが必要となります。

ちなみに、海外FX業者と国内FX業者の自動売買では、コストについての考え方が少し違います。

海外FX・国内FXの自動売買コスト

海外FX
(MT4)
国内FX
(MT4以外)
自動売買
プログラム
購入代金
数千円〜数万円
(無料EAあり)
無料
取引手数料
スプレッド
裁量取引と同一 裁量取引より割高
パソコン
の電気代
VPS
利用しない
月額300円程度〜
(自宅で常時電源ON)
月額数十円程度〜
(電源OFF可能)
VPS
利用する
月額数十円程度〜
(電源OFF可能)
VPSを利用した場合
のサーバー月額料金
月額2,000円程度〜
(無料VPSあり)
VPSは不要

ポイント

  • 海外FX(MT4):取引に関する経費が増える
  • 国内FX(MT4以外):手数料やスプレッドが増える

海外FXのMT4を使った自動売買の場合、FX業者に支払う「手数料・スプレッド」は裁量取引と同一条件です。

しかし、稼げる自動売買の取引環境は自分で構築しなくてはいけませんし、その「経費」は自分で負担します。

そのため、初心者には敷居が高いように感じるんですね。

国内FX業者のMT4以外の自動売買の場合、自動売買の取引環境はFX業者がパッケージとして提供してくれるので楽チンです。

しかし、その分だけ「手数料・スプレッド」が裁量取引よりも割高に設定されています。

リピート系注文と呼ばれるシステムなら、外為オンラインの「iサイクル注文」、マネースクエアの「トラリピ」、アイネット証券の「ループイフダン」などが有名です。

ミラートレーダーと呼ばれるシステムなら、インヴァスト証券の「シストレ24」、セントラル短資の「セントラルミラートレーダー」が有名です。

それぞれの詳しい解説は省略しますが、どちらかというと初心者向きのシステムで、分かりやすく利用しやすいようにさまざまな工夫が施されています。

ただし、MT4よりも自由度がなく、業者が提供するストラテジー(自動売買プログラム)をそのまま信用するしかありません。

どちらにしても、自動売買を始めるとコストが増えます。

 

必要なもの・導入手順

必要なもの

  • 資金
  • パソコン・スマホ・タブレットなど
  • ネット回線・VPSサーバー
  • トレード口座
  • MT4(MetaTrader4)
  • EA(Expert Adviser)
  • ヒストリカルデータ

MT4の自動売買で必要なものは、上記の通りです。

結構、いろいろなものを用意しなくてはいけませんね。

導入手順を簡単に説明すると、次のような感じです。

 

step
1
準備|トレード環境の構築

まずは、「資金」「パソコン・スマホ・タブレット」「ネット回線」を用意します。これがなくては話になりません。

「トレード口座」「EA」選びは、損益に直結します。

「いくらの資金で」「何のEAを」「どこのFX業者で」運用するかがとても大切なので、慎重に検討してください。

「MT4」は、口座開設したFX業者からダウンロードすればOKです。

「VPSサーバー」は、最初のうちはFX業者の無料VPSサービスを利用してもOKですし、自分で個人契約してもOKです。

step
2
検証|EAのバックテスト・最適化の実施

「ヒストリカルデータ」とは、バックテスト・最適化と呼ばれるEAのシミュレーションをするために必要なものです。

テストの種類には、バックテスト・フォワードテスト・リアルフォワードといった方法があります。

最適化とは、バックテストを実施して、EAの最適なパラメータ設定を導き出す作業です。

このバックテスト環境作りは無料で簡単にできますが、ちょっと難易度が高めなので、一番最後に準備してもOKです。

step
3
運用|資金を入金してEAを稼働

取引口座に資金を入金して、リアル口座でEAを稼働します。

EAの特性にもよりますが、基本的にパラメータ設定を調整しながら長期的に運用をしてEAとパラメータ設定を評価します。

必要であれば、EAの入れ替え、パラメータ設定の見直しを実施します。

 

MT4 自動売買の準備

パソコン・スマホ・タブレットを準備しよう

まずは、トレード端末を用意しましょう。

MT4で自動売買ができるのは、通常、Windowsパソコンのみです。

ダウンロードタイプのMT4を使います。

MT4にはブラウザタイプ・スマホアプリ・ダブレットアプリもありますが、すべて裁量取引専用です。

また、自動売買可能なmac対応MT4がダウンロードできるFX業者もあるので、macしか持っていない人は業者選びの際に検討してみてください。

自宅でMT4・EAを常時稼働させる場合、パソコンの動作推奨環境は以下の通りです。

Windows対応MT4 動作推奨環境

端末 デスクトップ・ノートパソコン
OS Windows7,8,8.1,10
CPU Core i3 1.2GHz 以上
メモリ 32bitの場合 2GB以上
64bitの場合 8GB以上
HDD SSD 120GB 以上

Mac対応MT4 動作推奨環境

端末 デスクトップ・ノートパソコン
OS mac OS X 10.6~10.14
CPU Core i3 1.2GHz 以上
メモリ 32bitの場合 2GB以上
64bitの場合 8GB以上
HDD SSD 120GB 以上

ただし、VPSサーバーを利用すれば、mac・スマホ(iOS・Android)・タブレット(iOS・Android)など、どのような端末からも自動売買ができます。

また、そこまでハイスペックな端末は必要ありません。

VPSサーバーにアクセスしてMT4を操作するだけなので、通信状態さえ気をつけていればOKです。

 

ネット回線・VPSサーバーを準備しよう

VPSサーバーを契約しましょう。

長期間、安定してMT4・EAを稼働させるとなると、やはりVPSサーバーが必須です。

ハイスペックなパソコンを持っていたとしても、突然の停電や故障、通信状態の悪化は予想できないからです。

上記は、国内のVPS業者「お名前.com」の料金プランです。

最もお手頃な1GBプランなら、MT4・EAがそれぞれ一つずつ程度であれば快適に動作します。

多少経費は増えますが、24時間365日、セキュリティやサーバーの管理を徹底しているので、安心してMT4・EAを稼働できますよ。

また、自動売買にも慣れて、複数のFX業者のMT4・EAを同時稼働させる場合でも、プランをアップグレードすればすぐに対応できます。

さらに詳しい解説は、以下の記事をご覧ください。

こちらの記事では、無料VPSサーバーを提供している海外FX業者もオススメしています。

MT4のEAが使えるVPS!Windowsデスクトップ比較

MT4で本格的に自動売買をするなら、VPSサービスまたはWindowsデスクトップと呼ばれるレンタルサーバーが必須です。 自動売買で稼ぐには、パソコン・MT4・EAを常時稼働させつつ、安定した通信回線 ...

続きを見る

 

トレード口座を開設して入金しよう

トレード口座を開設しましょう。

一般的に口座開設だけなら、メールアドレス個人情報を登録するだけでOKです。

FX業者によっては、簡単な投資テストを実施しているところもあります。

資金の入金方法は、クレジットカード・デビットカード・オンラインウォレット・国内送金・海外送金などが使え、こちらもFX業者によってさまざまです。

最近では、クレジットカードかオンラインウォレットのbitwalletを使った入出金が普及していて、入出金手数料は無料・口座反映も即時なのでとっても便利。

特にbitwalletは、複数の海外FX業者を利用する人は、ぜひ活用してもらいたいサービスなので、同時にアカウントを作っておくことをオススメします。

海外FXの入出金はbitwalletが早いしおすすめ(ビットウォレット)アカウント作成〜出金方法

海外FX業者を利用する際の資金の入出金には、bitwallet(ビットウォレット)を利用するのが非常に便利です。 入金・出金のどちらも早く、手数料が安い。 むしろ、クレジットカード・デビットカード以外 ...

続きを見る

ただ、資金を出金する場合には、一般的に次のような本人確認書類の提出が必要となります。

本人確認書類(顔写真付きのもの)

  • IDカード
  • 自動車運転免許証
  • パスポート
  • 外国人登録証 など

住所確認書類(発行から一定期間内のもの)

  • 公共料金の請求書・領収書
  • 金融機関発行の請求書・明細書
  • 通信会社発行の請求書・明細書
  • 政府機関発行の書類 など

IDセルフィー

顔写真付き本人確認資料の顔写真が記載されている面と、本人の顔がひとつの画像の中に納まるように撮影した、解像度の高い写真。

ちなみに、この本人確認書類を提出するタイミングも、FX業者によってさまざまです。

最初に提出して審査を通過しないと、MT4のログインID・パスワードを発行してもらえないところもあるので、事前に準備しておいてください。

提出方法は、書類の画像データをメールか専用フォームでアップロードするだけです。

次の記事で、MT4・MT5 自動売買のオススメ海外FX業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

MT4・MT5の自動売買EAを稼働させるのにオススメの海外FX口座5選

海外FXも自動売買も初心者という人の中には 裁量取引なら業者選びのコツはわかるけど、自動売買は何を重視すればいいの? EAってどこの業者で使っても結果は一緒なの? と、疑問に思っている人も多いのではな ...

続きを見る

また、個別の海外FX口座レビューでは、口座開設方法についてより詳しく説明しています。

海外FX口座レビュー

 

MT4(MetaTrader4)を準備しよう

MT4は、口座開設をした海外FX業者からダウンロードしましょう。もちろん無料です。

MT4をダウンロードしたら、海外FX業者からメールで送ららてくるMT4のログインID・パスワード・サーバー名を登録してください。

基本的にセットアップはこれだけでOKです。

ただ、MT4はカスタマイズ性にも優れたツールです。チャートの配色や通貨ペアの配置など、自分でいろいろ変更してみてください。

セットアップ方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

5分で出来る!口座開設後のMT4・MT5サーバー設定方法(パソコン・スマホ)

この記事では、海外FX初心者の人が口座開設後に最初に行う「MT4・MT5のサーバー登録方法」について、詳しい手順と注意点について解説します。 MT4・MT5は、ちゃんとFX業者のサーバーを登録してあげ ...

続きを見る

また、以下の記事では、MT4と最新バージョンのMT5の機能を比較しています。

MT4とMT5は開発言語が異なるため、EAやインジケータなどに互換性がありません。

稼働させたいEAがどちらに対応しているか確認して、利用するバージョンを決めてください。

MT4とMT5はどっちがいい?スマホアプリ・PCの違いを比較

MetaQuotes社が開発した、パソコン・スマホ対応の高機能取引ツール、MetaTrader4、MetaTrader5(以下、MT4、MT5)は、海外FXをする上では欠かすことのできないツールです。 ...

続きを見る

 

EA(Expert Adviser)を準備しよう

EAは、無料・有料のものをネット上からダウンロードしましょう。

例えば、システムトレードの総合サイト「Gogo Jungle」には、さまざまなEAがランキング形式で登録されています。

とても分かりやすいサイトなので、初心者の人には最適です。

また、MT4開発会社MetaQuotes社が運営する「MQL5.community」にも、大量のEAが登録されています。

こちらは、少々上級者向けですね。

また、MT4はプログラミング知識と経験さえあれば、誰でもEAを作成できます。

そのため、世界中で活発にEAが開発・公開されているんですね。

優秀なEAを見つけることができれば、稼げるチャンスは無限大です。

ただ、「勝率100%」「初心者でも絶対に勝てる」「大人気の〜」という言葉で紹介されているものは注意してください。

人気のあるEAでも勝てるとは言ってませんし、数字はいくらでも誤魔化せます。

初心者でも一時的には勝てるかもしれませんが、ほったらかしのまま勝ち続けることはできないでしょう。

EA選びは自己責任ですし、EAの入れ替えやパラメータの微調整を怠ってはいけません。

EAのインストール方法・選び方については、以下の記事でも詳しく解説しているので参考にしてみてください。

MT4・MT5にEAを導入する 入れ方と稼働方法

EAは一度設定してしまえば自動でトレードをしてくれるため、FX初心者にとっても便利なツールです。 EAを使ってシステムトレードをするにはMT4またはMT5にEAを導入する必要があります。 設定は慣れれ ...

続きを見る

FXのEAとは|勝てるEAの探し方・選び方と無料ダウンロードの方法

EA(エキスパート・アドバイザー)とは、FX取引プラットフォームのMeta Trader4(MT4)上で使えるFXの自動売買ソフトのことです。 EAを使うことでFXのトレードに時間をかけられない忙しい ...

続きを見る

 

ヒストリカルデータを準備しよう

ヒストリカルデータをダウンロードして、バックテスト環境を構築しましょう。

ヒストリカルデータとは、過去の相場を記録した膨大なデータです。

通貨ペア・時間足ごとにファイル化されているので、ファイル一つあたりの容量はそれほど大きくありません。

EAのバックテストを実施して、パラメータを最適化するためには、正確なヒストリカルデータが必要です。

データに抜けがあったり、改ざんされていたりしたら、せっかくのバックテストの信憑性が損なわれてます。

ヒストリカルデータは、すべての海外FX業者が提供している訳ではありません。

一般的に、海外FX業者「Alpari(アルパリ)」か、国内FX業者「FXTF」のものがよく使われます。

ちなみに、バックテスト環境は、このAlpariまたはFXTFのデモ口座とMT4を使ったほうが楽です。

時間があるときににでも準備しておくと良いでしょう。

具体的なヒストリカルデータダウンロード方法と、バックテスト・最適化の方法は以下の記事を参考にしてください。

MT4 ヒストリカルデータのダウンロード先とインポート手順

EA(Expert Adviser:MT4の自動売買プログラム)の正確なバックテストをするためには、信頼性の高いヒストリカルデータが必要です。 この記事では、バックテストの下準備である、 バックテスト ...

続きを見る

MT4でFXのEAバックテスト(検証)と最適化の方法

MT4 EAのバックテストとは、過去の特定の期間における取引データに基づきEAのパフォーマンスを測定し、EAの有効性をテストすることです。 その性格上、過去における有効性はテストできますが、現在の相場 ...

続きを見る

 

MT4 自動売買初心者にオススメの業者はGEMFOREX

口座タイプ オールインワン口座
取引形態 DD
レバレッジ 最大400倍
取引単位 1,000通貨
スプレッド USD/JPY 1.2
EUR/JPY 1.4
GBP/JPY 1.9
EUR/USD 1.2
取引手数料 無料
通貨ペア 仮想通貨 株式 指数 その他
33種類 - - 10種類 2種類
スキャルピング 両建て 指値制限
可能 可能 20pips以上
ロスカット ゼロカット 資産保証
20% あり なし
ボーナス 初回入金額
あり 100円〜

※ スプレッドは2019/12/20の参考値。
※ 指値制限はEUR/USDの条件。
※ノースプレッド口座は裁量取引専用口座のため省略。

GEMFOREXには自動売買に必要なものが全てそろっている

自動売買初心者の人にオススメの海外FX業者は、GEMFOREX(ゲムフォレックス)です。

GEMFOREXなら、自動売買に必要な無料ツールが一通りそろっているので、本格的に自動売買を始める前のウォーミングアップには十分。

無料VPSサーバーも利用できますし、グループ会社の「ゲムトレード」から無料でEAをダウンロードし放題です。

初心者の人にとって、FX業者・VPS業者・EA選びは最初の難関です。

なぜなら、どこの業者・開発者も「ウチが一番です」と言っていますし、ネット上には真逆の情報が平気で氾濫しています。

初心者の人は、勉強すればするほどあまりの情報量の多さに混乱してしまいがち。

しかも、それらの情報は玉石混交です。上級トレーダーでも、その真偽を判断することは、なかなか難しいと思います。

とにかくやってみるしかないのですが、大切な資金をすべて失う訳にはいきません。

そのため、いきなり大金を全て投入してEAを稼働させるのではなく、まずはある程度失っても良い少額の余剰資金を使いお試し運用をしてみると良いでしょう。

極端に言えば、一度失敗してみることが何よりも勉強になると思います。

ただし、大切なのは、そのダメージを再チャレンジができる程度に抑えることです。資金が底を突いてしまえば、元も子もありません。

GEMFOREXは、自動売買をサポートするツール・サービスがとても充実しているので、初心者の人がウォーミングアップをするにはとても使いやすい業者だと思います。

中上級者向けの本格的なFX業者で大きな資金を投入し、高価なEAを本格的に稼働させていくのは、ある程度経験を積んでからでも遅くないでしょう。

 

その他 いろいろなサポートツールも活用しよう

自分の周囲に自動売買の経験者がいれば、いろいろ相談もできると思います。

しかし、基本的にトレードは自己責任ですし、自分との孤独な戦いです。

「どのEAを使うか」「どこの海外FX業者にするか?」「資金はいくらで運用するのがベストか?」は自分で判断しなくてはいけません。

といっても、最初はあまりにも漠然としているので、何か参考になるデータ・情報が欲しいところ。

高価な商材や投資セミナーもありますが、怪しいものが多いのでオススメできません。

そこでオススメなのが、他人のトレード内容をポートフォリオとしてリアルタイムで見ることができるMyfxbook」という無料サービスです。

「何のEAでいくら稼いでいるのか?」「どこの海外FX業者で運用しているのか?」「どのくらいの頻度で入出金しているのか?」といった信憑性の高いデータはとても参考になります。

裁量取引はもちろん、自動売買もEAごとの稼働状況や損益が一目瞭然です。

詳しい使い方は、以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。

MT4の取引情報を公開できるMyfxbookの設定方法

FXで、なかなか思い通りの利益が出ない時、例えばこんなことを考えて不安になっていませんか? 「自分のトレードスタイルが間違っているのかな?」 「他のトレーダーはどんな風にトレードをしてるんだろう?」 ...

続きを見る

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FXの口座開設ボーナス比較

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

 

2020年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

-EA, MT4・MT5

© 2020 海外FX Wiki