TITAN FXの出金に関する全知識(タイタンエフエックス)

TITAN FXは、取引スペック重視の中上級者にオススメの海外FX業者です。

入金ボーナスなどのプロモーションは一切実施していませんが、NDD方式を採用し透明性の高い取引が可能で、スプレッドは狭く取引手数料も格安です。

レバレッジ最大500倍・1,000通貨からの少額取引も可能ですし、最近になってMT5も使えるようになるなどサービスも徐々に拡大中!

ただ、入出金方法に限っては、現在のところ国内送金・海外送金が一時利用停止(2019年11月時点)になっているので、利用を躊躇している人も多いのではないでしょうか?

この記事では、そんなTITAN FXでのベストな入出金方法を徹底解説します。

TITAN FXについての詳細は、以下の記事も参考にしてください。

Titan FXの評価|評判・安全性について(タイタンFX)

海外FX業者「Titan FX」は、その他の大手海外FX業者と肩を並べる日本人トレーダーに人気の業者です。 他社と比較した場合、AXIORY(アキシオリー)とよく似た特徴を持っており、短期売買・MT4 ...

続きを見る

口座タイプ スタンダード ブレード
取引形態 NDD STP NDD ECN
レバレッジ 最大500倍
取引単位 1,000通貨
スプレッド USD/JPY 1.1〜1.3
EUR/JPY 1.2〜1.5
GBP/JPY 2.0〜2.2
EUR/USD 1.0〜1.2
USD/JPY 0.0〜0.2
EUR/JPY 0.2〜0.5
GBP/JPY 1.2〜1.5
EUR/USD 0.0〜0.2
取引手数料 無料 片道360円
ツール MT4(Win・mac・android・iOS)
MT5(Win・mac・android・iOS)
通貨ペア 仮想通貨 株式 指数 その他
57種類 - - 9種類 5種類
スキャルピング 両建て 指値制限
可能 可能 -
ロスカット ゼロカット 資産保証
20% あり -
ボーナス 初回入金額
- 2万円〜

※ スプレッドは2019/11/15の参考値。
※ 取引
手数料は10万通貨あたりの金額。

 

TITAN FX オススメ入出金方法

入金方法
入金方法 所要日数
手数料
TITAN FX サービス会社
金融機関など
クレジットカード
デビットカード
VISA


即時 無料
(入金手数料)
無料
(決済手数料)
オンライン
ウォレット

100円
(送金手数料)
海外送金※
Bank Wire
3営業日

10営業日
5〜7千円
(送金手数料)

※ 海外送金は2019年11月時点で利用停止中

出金方法
出金方法 所要日数
手数料
TITAN FX サービス会社
金融機関など
クレジットカード
デビットカード
VISA


1営業日

4週間
無料
(出金手数料)
無料
(キャンセル手数料)
オンライン
ウォレット

即時 無料
(着金手数料)
海外送金※
Bank Wire
3営業日

10営業日
一律20AUD
(出金手数料)
3〜5千円
(中継手数料)
(着金手数料)

※ 海外送金は2019年11月時点で利用停止中

TITAN FXの入出金方法は、クレジットカード・デビットカード、bitwalletの2種類です。

(海外送金は現在利用停止中ですが再開予定あり)

利用するサービスによって、所要日数手数料が違います。

ただし、出金方法は好き勝手に選べません。

TITAN FXにおける、入出金の基本ルールは次の通り。

  • クレジットカード・デビットカード入金をした場合、入金額と同額までは、カード会社への出金が最優先される。
  • クレジットカード・デビットカードで出金できるのは入金額まで。利益は出金できない。
  • 利益の出金はbitwalletのみ。TITAN FXではbitwalletアカウントが必須。※

※ 2019年11月時点

では、このルールを踏まえた上で、TITAN FXでのベストな入出金方法を解説しますね。

 

大至急入金したい・入出金手数料も安く抑えたい人

VISA

とにかく大至急入金して取引を始めたい人は、クレジットカードで入金しましょう。

利用可能なカードブランドは、VISA・MasterCard・AMERICAN EXPRESSです。

カード会社の入出金手数料は無料ですし、口座反映も即時なので、すぐに取引を始めることができます。

TITAN FXの入金手数料も無料です。

ただし、カード利用限度額までしか入金はできません。

また、いずれのカードも、入金額と同額(資金分)まではカード会社へ出金する必要があります。

出金には日数を要する場合があるので注意してください。

 

クレジットカード入金額以上(利益分)の出金はbitwallet一択です。(2019年11月時点)

口座反映は即時、着金手数料も無料なのでとってもお得です。

TITAN FXの出金手数料も無料です。

ただし、bitwalletで送金・着金をするためには、本人確認書類を提出し、bitwalletのアカウントステータスをベーシック以上になればいけません。

なるべく早めに手続きしておいたほうが良いですよ。

 

高額入金をしたい・入出金手数料も安く抑えたい人

クレジットカードには利用限度額があるため、あまり高額入金はできません。

そのため、高額入金をする人は、入金にもbitwalletを使うと良いでしょう。

bitwalletの送金手数料は、ワンコイン100円だけ。

TITAN FXの入金手数料も無料です。

ただし、前述の通り、bitwalletで送金・着金をするためには、本人確認書類を提出し、bitwalletのアカウントステータスをベーシック以上になればいけません。

審査に多少時間がかかるので、急ぎならクレジットカード入金も併用してください。

 

TITAN FX 出金トラブルの有無と評判

口座反映はスムーズで高額出金も問題なし

 

TITAN FXの入出金は、確実で口座反映もスピーディーと評判です。1,300万円という高額出金も問題なくできているようですね。

 

クレジットカード・デビットカードは、口座反映も早く、手数料無料なので好評です。

 

 

クレジットカード・デビットカード出金のルール・口座反映までの所要日数に文句を言っている人もいましたが、これは単純に知識不足です。

世界的にも金融機関のアンチマネーロンダリング対策が進む中で、クレジットカード・デビットカードは入金額と同額(資金分)までは同じカード会社に出金しなくてはいけないというルールがあります。

別の出金方法を選択できるのは、カード入金額以上(利益分)です。

また、クレジットカード・デビットカードは、ショッピング履歴のキャンセルという形で出金する仕組みです。

タイミングやカード会社によっても違いますが、口座反映までに2ヶ月以上かかってしまうこともあり得ます。

TITAN FX側の問題ではありません。

 

bitwalletを使った入出金は、先ほどのクレジットカードよりも手続きが簡単なので数ヶ月待たされることはありません。

今、一番人気の入出金方法と言えるでしょう。

ただし、「bitwalletに入金する」「bitwalletから出金する」際に手数料が発生するので注意してください。

出金速度にこだわらないなら、クレジットカード・デビットカードのほうがお得ですよ。

 

入出金方法の少なさに不安の声も

以前、TITAN FXでは、口座反映が早く手数料も安い国内送金でも入出金できました。

しかし、2019年に入り、国内送金は海外送金と併せてサービスを一時休止しています。

原因は、行政からの規制や圧力の可能性が高いですね。

これは、TITAN FXに限った話ではありません。

海外FXの入出金方法は、今後も「規制によってサービス利用不可→代替えサービス提供」を繰り返す可能性があるものだと思っておきましょう。

ただ、現状、入出金方法はクレジットカード・デビットカード・bitwalletだけなので、他社に比べて選択肢が少ないという点は事実です。

 

出金対応の評価は人によって全く違う

 

出金トラブルでかなり揉めた人もいれば、反対に出金拒否など全くないという人もいます。

詳細や原因は分かりませんが、これはトレードスタイルに問題があった可能性もありますね。

どこの海外FX業者でも、取引禁止事項に抵触すると、出金拒否や利益没収となってしまうので注意してください。

TITAN FXは、普通に取引している分には全く問題ないようです。

 

TITAN FX 出金方法の特徴・注意点・手順

クレジット・デビットカード

特徴

所要日数
手数料
TITAN FX カード会社
入金 即時 無料
-(入金手数料)
無料
(決済手数料)
出金

即時

数ヶ月
無料
-(出金手数料)
入金額までは
カード出金
無料

(キャンセル手数料 )
入金額以上はカード出金不可
bitwalletまたは海外送金を参照

TITAN FXでは、VISA・MasterCard・AMERICAN EXPRESSのクレジットカードを使った入出金ができます。

ただし、クレジットカードは、入金額と同額までは必ず同じクレジットカードを使って出金しなくてはいけません。

bitwallet・海外送金よりも、クレジットカードへの出金が最優先されます。

入金はショッピング枠を使ったカード決済、出金はそのショッピング利用履歴をキャンセルする仕組みで、いずれの場合もカード会社での手数料は無料です。

 

注意点

クレジット・デビットカード出金は数ヶ月かかることもある

クレジットカード入金の口座反映は即時ですが、クレジットカード出金(資金分)の口座反映には、数ヶ月かかってしまうこともあるので注意してください。

これはカード会社の締日や入出金のタイミングによって、出金手続きが変わるためです。

入金と出金のタイミングが近ければ、翌月の請求額から相殺可能なので、出金するとすぐに口座反映します。

しかし、入金と出金のタイミングが一定期間あくと、翌月の請求額からの相殺が間に合いません。

この場合、一旦カード入金分は全額カード会社から請求され、後日、カード会社登録の銀行口座に出金額に応じた金額が返金されます。

つまり、手続きに日数を要してしまうんですね。

例えば、クレジットカード出金には、次のようなパターンが考えられます。

クレジットカード入金10万円
クレジットカード出金10万円(相殺可能)

  • カード会社から10万円の請求なし※

※その他のショッピング利用分は除く

クレジットカード入金10万円
クレジットカード出金10万円(相殺不可)

  • カード会社から10万円の請求あり※
  • 後日、10万円までは出金額に応じてカード会社登録の銀行口座に返金

※その他のショッピング利用分は除く

クレジットカード入金10万円
クレジットカード出金6万円(相殺可能)

  • カード会社から6万円の請求なし※
  • カード会社から4万円の請求あり※
  • 後日、4万円までは出金額に応じてカード会社登録の銀行口座に返金

※その他のショッピング利用分は除く

上記の例だと、いずれもクレジットカード入金実績10万円分の出金をクリアすれば、利益分は海外送金またはbitwalletで出金できます。

(海外送金のみ、一律20AUDの出金手数料がかかります)

 

出金手順

TITAN FX公式サイトTOP画面より、キャビネットログインをクリックします。

 

メールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

 

キャビネット左側メニューから、出金をクリックします。

出金口座クレジットカード利用カード金額を選択・入力し、出金ボタンをクリックすれば出金申請完了です。

 

bitwallet

特徴

所要日数
手数料
TITAN FX bitwallet
入金 即時 無料
-(入金手数料)
100円
(送金手数料)
出金 無料
-(出金手数料)
無料
(着金手数料 )

TITAN FXでは、多くの海外FX業者の入出金方法に採用されているオンライウォレットbitwalletが使えます。

口座反映は、入金も出金も即時です。

また、TITAN FXの入金手数料は無料、bitwalletでの送金手数料は100円のみ。

出金は、TITAN FXもbitwalletも手数料無料で出金できます。

別途クレジットカード入金をしている人は、カード入金額と同額をカード会社へ出金できていれば、出金だけbitwalletを選択することも可能です。

(TITAN FXの場合、他社とは違いbitwalletでの入金実績は必要ありません)

 

注意点

bitwallet自体の入出金手数料はちょっと高い

bitwalletへの入金は、国内送金を使えば手数料無料ですが、クレジットカード・デビットカードの場合は入金額の4〜5%の手数料が発生します。

また、bitwalletからの出金は、日本円を国内銀行に出金する場合には、824円の手数料がかかります。

米ドル・ユーロを国内銀行に出金する場合、および日本円・米ドル円・ユーロを海外銀行へ出金する場合は、4,800円に加え中継銀行手数料・リフティングチャージがかかります。

つまり、日本円で国内銀行に出金する方法が一番お得なので、海外FX業者からは日本円でbitwalletに出金依頼したほうが良いですよ。

 

出金手順

TITAN FX公式サイトTOP画面より、キャビネットログインをクリックします。

 

メールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

 

キャビネット左側メニューから、出金をクリックします。

 

出金口座bitwalletbitwallet口座金額を選択・入力し、出金ボタンをクリックすれば出金申請完了です。

 

海外送金

特徴

所要日数
手数料
TITAN FX 金融機関
入金 3営業日

10営業日
無料
(入金手数料)
5〜7千円
(送金手数料)
出金 一律20AUD
(出金手数料)
3〜5千円
(中継手数料)
(着金手数料)

海外送金は、国内の銀行では被仕向送金(ひしむけそうきん)とも呼ばれ、海外FXにおける最もオーソドックスな入出金方法です。

口座反映は、銀行や送金ルートによっても異なりますが、3〜10営業日とかなりの日数を要します。

入金の際に国内送金銀行で発生する送金手数料は5,000〜7,000円、出金の際に中継銀行・着金銀行で発生する手数料は3,000〜5,000円と高額です。

TITAN FXでも、一律20AUDの出金手数料が発生します。入金手数料は無料です。

 

注意点

海外送金は入金も出金も利用停止中(2019年11月時点)

TITAN FXでは、2019年11月時点で、海外送金での入出金サービスが一時休止しています。

サービス再開予定はあるとのことなので、じきにメールや公式サイトで通知があるでしょう。

ただ、どちらにしても前述のbitwalletを使って入出金すれば良いでの、あまり利用する機会はないと思います。

 

必要書類の提出を求められる場合がある

海外送金は、国内の着金銀行によっては、被仕向送金にマイナンバーや本人確認書類の提出を求められる場合があります。

また、送金額が3,000万円相当額以上の場合、金融機関は日本銀行へ報告する必要があるため、「支払又は支払の受領に関する報告書」という書類を郵送で提出する必要もあります。

高額出金は、通常よりもさらに日数を要するので注意してください。

 

海外送金では中継銀行・着金銀行で手数料を差し引かれる
送金ルート 手数料
海外送金銀行 TITAN FXが選択 送金手数料は
TITAN FXが負担
海外中継銀行 海外送金銀行または
各中継銀行が選択
中継手数料の請求先
は金融機関による
国内中継銀行
国内着金銀行 ユーザーが選択 着金手数料は
ユーザーが負担

海外送金の手数料は割高です。

目安としてはトータル3,000〜5,000円くらいを見ておくと良いでしょう。

海外送金は、TITAN FXが送金手続きをした海外送金銀行から、ユーザーが指定した国内着金銀行に資金が送金されるまでの間に、国内または海外で中継銀行と呼ばれる金融機関をいくつか経由します。

例えば、三菱UFJ銀行の場合、TITAN FXでの送金時に以下のような送金情報を入力する必要があります。

海外送金銀行・海外中継銀行がどこになるかは不明です。

実店舗を所有しないネット銀行では、それに加え国内中継銀行としてメガバンクを経由することが多いようです。

例えば、住信SBIネット銀行の場合は、みずほ銀行を国内中継銀行にあらかじめ指定しています。

TITAN FXでの送金時には、国内中継銀行の情報もしっかり入力しなくてはいけません。

各中継銀行では、リフティングチャージと呼ばれる中継手数料が発生し、送金額から差し引かれることが多いようです。

また、送金ルート・手数料の請求先は各銀行が判断するので、口座反映までの具体的な日数や手数料をあらかじめ調べることはできません。

唯一、ユーザーが指定できるのは国内の着金銀行口座だけで、ここでも手数料が徴収されます。

つまり、海外送金のコストを抑えるためには、この着金銀行選びを重視するしかないという訳です。

 

海外FX業者からの送金を受け付けしていない業者もある

手数料も重要ですが、「そもそも海外FX業者からの送金を受け付けてもらえるか?」という点もにも注意して、着金銀行を指定してください。

せっかく出金手続きをしたのに、断られてしまうこともあるんですね。

2019年11月時点では、主に以下の国内金融機関が海外FX業者からの送金を受け付けできない可能性があります。

  • ゆうちょ銀行
  • じぶん銀行
  • セブン銀行
  • ジャパンネット銀行
  • みずほ銀行(インターネット支店のみ)
  • ソニー銀行

金融庁は国内の金融機関に対して、金融庁に登録のない海外FX業者からの被仕向送金に対して、本格的な規制強化に取り組んでいます。

今のところ、実店舗のあるメガバンクなら、海外FX業者からの被仕向送金には比較的寛容です。

ただし、被仕向送金は個別対応が基本なので、出金額・出金頻度・FX業者の所在国によっては断られてしまう場合もあります。

また、今は大丈夫でも、将来的には受付不可となる金融機関も増えていくのかもしれません。

そのため、出金前にはなるべく海外FX業者・銀行の支店やサポートセンターに事前に確認するようにしましょう。

 

国内着金銀行の被仕向送金手数料一覧

参考までに、代表的な国内銀行の被仕向送金に発生する各種手数料をご紹介します。

三井住友銀行

送金通貨

預金口座
各種手数料
円建て

円預金口座
被仕向送金
手数料
一律1,500円
円為替取扱
手数料
500万円未満は
一律2,500円
500万円以上は
総金額の0.05%
外貨建て

円預金口座
被仕向送金
手数料
一律1,500円
為替コスト 所定の為替レート
外貨建て

外貨預金口座
被仕向送金
手数料
一律1,500円
リフティング
チャージ
500万円未満は
一律2,500円
500万円以上は
総金額の0.05%

三井住友銀行の被仕向送金は、メガバンクの中でも最も一般的な手数料体系です。

500万円未満の円建て送金の場合は、中継銀行のリフティングチャージを除きトータル4,000円かかります。

 

三菱UFJ銀行

送金通貨

預金口座
各種手数料
円建て

円預金口座
被仕向送金
手数料
一律1,500円
円為替取扱
手数料
500万円未満は
一律2,500円
500万円以上は
総金額の0.05%
外貨建て

円預金口座
被仕向送金
手数料
一律1,500円
為替コスト 所定の為替レート
外貨建て

外貨預金口座
個人口座は無料

三菱UFJ銀行の被仕向送金は、外貨預金口座に外貨建てで送金をすると手数料無料という点が良いですね。

円建て送金、外貨建て送金を円預金口座で受ける際の手数料は、三井住友銀行と同じです。

 

みずほ銀行

送金通貨

預金口座
各種手数料
円建て

円預金口座
被仕向送金
手数料
一律2,500円
円為替取扱
手数料
個人口座は無料
外貨建て

円預金口座
被仕向送金
手数料
一律2,500円
為替コスト 所定の為替レート
外貨建て

外貨預金口座
被仕向送金
手数料
一律2,500円
外貨受取
手数料
個人口座は無料

みずほ銀行の被仕向送金手数料は、一律2,500円とちょっと高めです。

しかし、個人口座の場合は、その他の手数料は発生しないので、中継銀行のリフティングチャージを除くと、他のメガバンクよりもトータルはお得。

 

りそな銀行

送金通貨

預金口座
各種手数料
円建て

円預金口座
少額取引
手数料
75万円未満は
一律1,500円
75万円以上は
無料
リフティング
チャージ
総金額の0.05%
最低2,500円
外貨建て

外貨預金口座
少額取引
手数料
75万円未満は
無料
75万円以上は
無料
リフティング
チャージ
総金額の0.05%
最低2,500円

りそな銀行では、75万円以下の被仕向送金には最低でも4,000円の手数料がかかります。

だいたい、メガバンクと同じような手数料体系ですね。

 

楽天銀行

送金通貨

預金口座
各種手数料
円建て

円預金口座
送金受取
手数料
一律2,450円
外貨建て

外貨預金口座
送金受取
手数料
一律2,450円

楽天銀行の被仕向送金は、円建ても外貨建ても一律2,450円です。

ただ、国内中継銀行として、三井住友銀行が指定されているため、海外中継銀行のものとは別に手数料を差し引かれる可能性があります。

 

住信SBIネット銀行

送金通貨

預金口座
各種手数料
円建て

円預金口座
受取手数料 一律2,500円
外貨建て

外貨預金口座
受取手数料 5万通貨未満は25通貨
5万通貨以上は無料

住信SBIネット銀行の被仕向送金は、円建てであれば一律2,500円だけです。

また、外貨建てはほとんどが25通貨ですが、5万通貨以上の送金であれば無料となります。

ただ、国内中継銀行として、みずほ銀行が指定されているため、海外中継銀行のものとは別に手数料を差し引かれる可能性があります。

 

新生銀行

送金通貨

預金口座
各種手数料
円建て

円預金口座
外為被仕向送金
事務手数料
一律2,000円
外貨建て

外貨預金口座
外為被仕向送金
事務手数料
米ドルは一律18ドル
ユーロは一律16ユーロ

※2019年12月16日以前は全て無料

これまで新生銀行の被仕向送金手数料は完全無料でしたが、2019年12月16日より有料となります。

それでも円建て送金であれば一律2,000円だけなので、メガバンクよりもお得ですよ。

ただ、XMからの送金は基本的に受け付けしていません。

そのため、別の海外FX業者からの送金でも、事前にサポートセンターに問い合わせしたほうが良いでしょう。

 

ソニー銀行

送金通貨

預金口座
各種手数料
円建て

円預金口座
無料
外貨建て

外貨預金口座

ソニー銀行の被仕向送金手数料は、なんと全て無料です。

しかし、残念ながら日本の金融庁に登録していない海外FX業者からの着金は受け付けていません。

その他にも友人知人からの海外送金も受け取れないなど、ソニー銀行は被仕向送金の条件はかなり厳格です。

ただ、ソニー銀行で着金できたというユーザーも多いため、出金額・出金頻度・FX業者の所在国によっては、受け付けてもらえる可能性もあると思います。

しかしながら、全ての被仕向送金は個別対応で厳しく精査されるため、基本的には不可能と考えておいたほうが良いでしょう。

また、「中継銀行の他に、第一接受銀行として三井住友銀行からも手数料を差し引かれ、トータル6,000円もコストがかかった!」という話もあるので、結局のところいくらソニー銀行手数料が無料といっても、トータルコストは高くなる場合もあるようです。

 

出金手順

TITAN FX公式サイトTOP画面より、キャビネットログインをクリックします。

 

メールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

 

キャビネット左側メニューから、出金をクリックします。

 

出金口座電信送金銀行口座情報金額を選択・入力し、出金ボタンをクリックすれば出金申請完了です。

 

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FXの口座開設ボーナス比較

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

 

2019年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

-海外FX口座レビュー

Copyright© 海外FX Wiki , 2019 All Rights Reserved.