cTraderとは?特徴やメリット・デメリットとおすすめFX業者

cTraderは、スキャルピングやデイトレードに特化した高機能トレードツールです。

海外FXトレーダーの間では、定番のMT4(MetaTrader4)・MT5(MetaTrader5)に変わるトレードツールとして、とても注目を集めています。

デザインや操作性が良く、最初から必要な機能が全てそろっていて、「NDD」「DMA」という取引形態を前提とした透明性の高いトレードができるところが魅力です。

ただ、とても個性の強いツールので、使いこなせるトレーダーは限られます。

決して「万能ツール」ではないので注意してください。

この記事では、これまでMT4・MT5しか使ったことのない人向けに、cTraderの良いところと悪いところについて、MT4・MT5と徹底比較しながらどんな人に向いているトレードツールなのかを徹底解説します。

cTraderの具体的な使い方について知りたい人は、以下の記事でAXIORYデモ口座を使い、基本操作を解説しているので参考にしてください。

cTraderの使い方とトレードに関するよくある質問

この記事では、これまでMT4(MetaTrader4)・MT5(MetaTrader5)しか使ったことのない人向けに、cTraderで最低限覚えておきたい操作方法とポイントを、所要時間5分程度でテンポ ...

続きを見る

 

cTraderとMT4・MT5の比較

まず、cTrader・MT4・MT5の操作性・機能性を比較します。

重要なのは、自分の目的に合ったトレードツールを選択すること。

結論から言うと、cTrader・MT4・MT5に向いているのは以下のようなトレーダーです。

こんな人はcTrader

  • 短期売買メインの人
  • 拡張性・カスタマイズ性はあまり重視しない人
  • 取引業者が決まっていない人

こんな人はMT4・MT5

  • 自動売買メインの人
  • 拡張性・カスタマイズ性重視の人
  • 総合力の高い業者で取引したい人

 

外観の違い

ミスのないトレードをするためには、メイン画面が直感的な操作ができるよう設計されている必要があります。

cTraderは、一見するとMT4のメイン画面(MT5もほぼ同じデザイン)と似ていますが、各ウィンドウやパネルの役割・機能はMT4とは少し違っていて、高速取引に特化した設計です。

この微妙な違いが、ミスのない確実なトレードを実現します。

cTraderのメイン画面

パネル 機能
ファインダーと
ウォッチリスト
銘柄選択
新規注文など
チャート テクニカル分析
アラート設定
スナップショットなど
アクティブ
シンボルパネル
マーケット情報・板情報
銘柄情報の取得など
トレードウォッチ 保有ポジションの管理
取引履歴の確認など

上記は、cTraderのメイン画面と各パネルの機能一覧です。

ファインダーとウォッチリストチャートトレードウォッチは、MT4・MT5にもほぼ同じ役割のウィンドウがありますが、cTraderには独自のアクティブシンボルパネルという機能が搭載されています。

 

アクティブシンボルパネルの詳細は後述しますが、板情報や市場センチメントなどのトレードをサポートする機能が最初からたくさん集約されているので、初心者の人のもぜひ活用してほしい機能です。

 

また、チャートタイプ・時間足・インディケータ・描画オブジェクトは、全てチャートの左右にあるメニューバーから呼び出せるので楽チンですよ。

 

MT4のメイン画面

ウィンドウ 機能
通貨ペアリストと
ティックチャート
銘柄選択
新規注文など
チャート テクニカル分析
アラート設定
スナップショットなど
ナビゲータ EA・インジケータ
スクリプト・口座切替など
ターミナル 保有ポジションの管理
取引履歴の確認
マーケット情報など

上記は、MT4のメイン画面と各ウィンドウの機能一覧です。

レイアウトはだいたい同じですが、デザインや細かな機能・操作性が少し異なります。

 

cTraderにないものはナビゲータですね。

MT4の場合は、このナビゲータを使って、EA・インジケータ・スクリプトなどをチャートにドラッグ&ドロップして追加します。

 

また、チャートタイプ・時間足・描画オブジェクトなどは、画面上部のツールバーに集約されているところもcTraderとは違いますね。

 

主な標準機能の違い

主な標準機能の違い

cTrader MT4 MT5
取引形態 NDD DDまたはNDD
取引手数料 有料 無料または有料
スプレッド 変動 固定または変動
約定スピード 平均0.37 平均1.58 平均1.51
チャートタイプ 豊富 少ない
時間足 豊富 少ない 普通
カスタムインジケータ
の流通量
少ない 豊富 少ない
自動売買プログラム
の流通量
少ない 豊富 少ない
StopLimit注文 可能 不可 可能
一括決済 あり なし ポイント
板情報 あり なし ポイント
重要指標カレンダー あり なし あり
開発言語 C# MQL4 MQL5
日本時間表示 可能 不可 ポイント
操作にかかる
クリック回数
少ない 多い

※ ポイント カスタムインジケータによって実現可能(板情報は業者による)
※ 約定スピードは、FxProの参考値

次に、cTrader・MT4・MT5の「主な標準機能の違い」を見てみましょう。

上記の表を見れば、「cTraderはどんなトレードツールなのか?」がだいたい分かると思います。

かなり違っている部分がありますが、結局のところポイントは次の3つです。

  • cTraderのほうがデフォルト機能が満載
  • cTraderのほうが高速取引に有利
  • cTraderのぼうが自動売買には不向き

cTraderは、「裁量トレード向き」「短期売買向き」です。

最初から搭載されている機能も、MT4・MT5を圧倒します。

詳しくは後述しますが、透明性の高いNDD方式を前提としたトレードツールであり、特に板情報が見られる点は、cTrader最大のメリットと言えるでしょう。

また、好みや慣れの問題もありますが、基本的に少ないクリック数で素早く操作できるよう設計されているところも、非常によく考えられています。

スキャルピングやデイトレードなど1分1秒を争うトレードでは、「操作が早い」「疲れない」ことは、余計なストレスを抱えないばかりか、損益にも直結することなので非常に重要です。

初心者にも優しいですし、中上級者も満足できるトレードツールだと思います。

ただ、cTraderが使える業者はごく一部なので、取引条件・サービス・ボーナス・サポート体制などの総合力でシビアに業者を選びたい人にとっては厳しい面もあります。

MT4・MT5は、ほとんどの海外FX業者のトレードツールに採用されていますから、総合力が高く自分に合った業者を探しやすいでしょう。

MT4対応の国内・海外おすすめFX業者比較ランキング【2019年版】

また、cTraderはパッケージ・完成品として考えると優秀なトレードツールですが、拡張性・カスタマイズ性があまり高くなく、流通しているカスタムインジケータの種類もMT4・MT5には遠く及びません。

自動売買についても、EAの流通量・バックテストのしやすさ・開発のしやすさから、MT4・MT5に軍配が上がります。

MT4・MT5の自動売買EAを稼働させるのにオススメの海外FX口座5選

 

cTraderのメリット

操作が簡単でストレスフリー

cTraderは、少ないクリック数で操作できるよう設計されているため、操作はとても簡単です。

取引銘柄にカーソルを合わせるだけで、銘柄の詳細情報がポップアップ

最小取引数量・最大取引数量・スワップポイント・手数料などがひと目で確認できます。

MT4の場合は、いちいち別ウィンドウを開かなくてはいけないので面倒です。

 

銘柄をクリックするとクイックトレードのできるパネルが表示されます。

取引数量を指定し、SellBuyをクリックするだけで成行注文が可能です。

 

ここでも、取引数量にカーソルを合わせるだけで、手数料や必要証拠金が自動計算されポップアップします。

 

逆指値注文もワンクリックで可能です。

その他、複雑な注文方法は専用の新規注文パネルで実行できます。

 

板情報が見られる・一括決済ができる

  • 標準DoM

  • 価格DoM

  • VWAP DoM

cTraderを採用する業者は、直接インターバンクとつながっているので、現在どのような売買が行われているかを一望できる「板情報」を見ることができます。

株取引では当たり前のように使われるものですが、DD方式(相対取引)を採用している国内FX業者では見ることはできません。

cTraderでは、アクティブシンボルパネルにあるDoMタブに、標準DoM価格DoMVWAP DoMという3種類の板情報があります。

DoMとは、Depth Of Marketの略で「マーケットの深さ」という意味です。

標準DoMでは、「どの価格にどのくらい注文が入っているか?」というマーケット全体の流動性を直感的に見ることが可能です。

価格DoMでは、価格ごとの流動性が見られることに加え、価格をクリックして新規逆指値注文も出せます。

VWAP DoMでは、取引数量が増えることによってどの程度スリッページが発生するのか確認できます。

特に、大口注文をする人には必須のツール。

どの価格帯にどれだけの注文があるかが直感的に分かるので、投資家心理を分析するツールとしても使えます。

 

また、cTraderでは  ボタンを押すことで、保有ポジションを一括決済できます。

その他にも、保有ポジションの左右にある6種類のアイコンをワンクリックするだけで、分割決済増し玉注文部分決済ドテンナンピン保有ポジション個別決済ができます。

とにかく、cTraderは注文・決済が簡単で、スキャルピングやデイトレードといった短期売買には最適です。

ちなみに、MT4・MT5にも、これらの機能を搭載したインジケータがいくつか出回っているので、cTraderと同じことは実現できます。

 

例えば、AXIORYでは、板情報や一括決済機能を搭載したインジケータが無料でダウンロードできます。

AXIORY MT4エクステンション

ただ、cTraderの場合は、これらのスキャルピングに便利な機能が最初から全て標準搭載されているところが強みなんですね。

 

たくさんのマーケット情報を見ながらトレードできる

  • 注文

  • カレンダー

  • オートチャーティスト

アクティブシンボルパネルには、DoM以外にも注文カレンダーオートチャーティストというタブが並んでいます。

カレンダーは、その名の通り経済カレンダーです。

オートチャーティストとは、売買シグナルが取得できるサードパーティ製のツールのことです。他社でも利用できるところはあります。

注文タブには、以下の8種類のパネルで構成されていて、トレードに必要なマーケット情報やデータを一望しながら、新規注文が可能です。

これがまた非常に便利。

 

新規注文

  • DoM(板情報)

  • 市場センチメント・反転率

  • オートチャーティスト

  • カレンダー

  • 市場詳細

  • 取引統計

MT4・MT5の場合は、これらの機能がトレードツールのさまざまな場所に分散していますし、カスタムインジケータをインストールしなければ実現できないものもあります。

それぞれの機能が完全に独立していて、何度もクリックしなければ必要な機能・データにアクセスできないとなると、ストレスが溜まりますよね。

cTraderなら、アクティブシンボルパネルを見るだけでOKです。

 

透明性の高いNDD・DMAを前提としたトレードツール

cTraderは、そもそも取引形態に透明性の高い「NDD」「DMA」を採用している業者でしか動作しません。

トレーダーの注文はマーケットに直接流れるので、FX業者が故意に約定拒否をしたり、取引制限を設けたりできない仕組みになっています。

「NDD」とは?

ノンディーリングデスクの略で、ユーザーの取引には業者のディーラーは介入せず、意図的な約定拒否・約定遅延・価格操作が発生しないシステムの総称。

「DMA」とは?

ダイレクトマーケットアクセスの略で、インターバンクを構成しているリクイディティプロバイダに直接アクセスできるシステムの総称。

一方、DD方式(相対取引)を採用したFX業者では、トレーダーの注文を自社で相殺するので、「顧客の利益は業者の損失」「顧客の損失は業者の利益」 です。

そのため、FX業者が意図的に「約定拒否」「約定遅延」「価格操作」「ストップ狩り」をして、トレードの邪魔をしてくることもできてしまいます。

しかし、cTraderを採用しているFX業者は、そもそもそのような介入ができない仕組みになっているので安心です。

ちなみに、NDDには「STP」「ECN」と呼ばれる2種類の方式があります。

「STP」とは?

ストレートスループロセッシングの略で、NDDを実現する技術の一種。トレーダーの注文はディーラーが介入することなく、リクイディティプロバイダが構成するインターバンクに自動的に流れるよう設計されたシステムのこと。

「ECN」とは?

エレクトリックコミュニケーションネットワークの略で、NDDを実現する技術の一種。STPとの違いは、取引相手がリクイディティプロバイダではなく、トレーダーと一対一のオークション形式でトレードをするということ。

この2つは取引相手が違うだけで、NDD・DMAであることに変わりはありません。

 

例えば、AXIORYでは、スタンダード口座がSTP、ナノスプレッド口座がECNを採用しています。

スタンダード口座は、スプレッドは広めですが取引手数料は無料、ナノスプレッド口座はスプレッドは狭いのですが取引手数料は10万通貨あたり片道3ドル発生します。

どちらもスプレッドは変動制です。いずれにしても、NDDに必要不可欠なコストと考えてください。

つまり、cTraderでトレードできる業者・口座というのは、多少コストはかかりますが「NDD」「DMA」による透明性の高い取引環境が約束されているんですね。

 

cTraderのデメリット

取扱い業者が少ない

AXIORY
AXIORY
FxPro
FxPro
TradeView
TradeView
IC Markets
IC Markets
OCTA FX
OCTA FX
FIBO GROUP
FIBO GROUP
Pepperstone
Pepperstone
RoboForex
RoboForex

現在、cTraderが使えるメジャーな海外FX業者は、上記の8社しかありません。

cTraderは、業者の選択肢が少ないところがデメリットなんですね。

会社の信頼性が高く、取引スペックも充実した業者であれば、AXIORYがおすすめです。

AXIORYは、取引スペック重視の本格的な業者であるにもかかわらず少額の資金から始められ、日本語サポートも充実しているので初心者でも安心して使える業者です。

TradeViewは、cTraderを扱う海外FX業者の中で最も取引スペックが良いのですが、かなり資金が必要となる上級者向きです。

FxProは、世界的に知名度の高い優良業者ですが、取引スペックは平凡で日本語サポートは終了しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

ちなみに、国内FX業者でcTraderを取り扱っているところはありません。

以前は国内でも、FOREX EXCHANGEという業者がcTraderを採用していましたが、いつの間にかMT4だけになっています。

 

自動売買プログラム・カスタムインジケータが少ない

自動売買をメインでトレードする人は、MT4・MT5を選んだほうが無難です。

理由は、現在流通しているcTraderのcBot・カスタムインジケータの数が非常に少なく、MT4・MT5には遠く及ばないからです。

MT4・MT5の自動売買EAを稼働させるのにオススメの海外FX口座5選

cBotとは?

cTraderでは、自動売買にcBotと呼ばれる自動売買プログラムを使います。MT4・MT5で言うところのEA(エキスパート・アドバイザ)のことです。開発言語はcTraderがc#・MT4がMQL4・MT5がMQL5なので、cTrader・MT4・MT5のcBot・EA、並びにカスタムインジケータに互換性はありません。

 

cTrader Developer Network

例えば、cTraderの開発会社Spotware Systems.Ltd.は、cTraderユーザーのサポートサイト「cTrader Developer Network」を運営しています。

このサイトからダウンロードできる無料cBotは約200種類、無料カスタムインジケータは約600種類です。

 

MQL5.community

一方、MT4・MT5の開発会社Meta Quote Ltd.も、MT4・MT5ユーザーのサポートサイト「MQL5.community」を運営しています。

このサイトからダウンロードできる無料EAは、MT4が約1,000種類・MT5が約1,200種類、無料カスタムインジケータは、MT4が約2,200種類・MT5が約4,600種類です。

その他、スクリプトやライブラリもたくさんダウンロードできます。

さらに、同サイト上部にあるマーケットメニューから有料無料のパッケージをダウンロードすることも可能で、EA・カスタムインジケータ合わせると、その数はMT4が13,000種類以上・MT5が4,000種類以上にも及びます。

 

GogoJungle

また、3,000種類以上にも及ぶ無料有料のEA・インジケータを購入できる「GogoJungle」のようなサイトもあります。

このように、MT4・MT5のほうが世界中で開発が活発に進められているんですね。

 

自動売買の難易度が高い

「出回っているcBotが少ないなら自分で作ってしまおう」と考える人もいるかと思いますが、ネット上には日本語で解説された情報やサンプルコードがほとんど見当たりません。

一応、cTraderメイン画面にあるAutomateというメニューには、あらかじめcBotのサンプルがいくつか登録されています。

 

このサンプルやダウンロードしたcBotは、エディターを使って編集・ビルドすることでカスタマイズ可能です。

ただ、C#と呼ばれるプログラミング言語を使って記述するため、初心者の人にはかなり難易度が高いと思います。

 

cTraderが使えるオススメ海外FX業者

1位:AXIORY(アキシオリー)

口座タイプ スタンダード ナノスプレッド
取引形態 NDD STP NDD ECN
レバレッジ 最大400倍
取引単位 1,000通貨
スプレッド USD/JPY 1.1〜1.3
EUR/JPY 1.4〜1.5
GBP/JPY 1.8〜2.0
EUR/USD 1.0〜1.2
USD/JPY 0.0〜0.3
EUR/JPY 0.3〜0.4
GBP/JPY 0.8〜1.0
EUR/USD 0.0〜0.2
取引手数料 無料 片道3ドル
通貨ペア 仮想通貨 株式 指数 その他
61種類 - - 10種類 6種類
スキャルピング 両建て 指値制限
可能 可能 -
ロスカット ゼロカット 資産保証
20% あり PwC
ボーナス 初回入金額
- 2万円以下は手数料1,500円

※ スプレッドは2019/11/15の参考値。取引手数料は10万通貨あたりの金額。指値制限はEUR/USDの条件。

少額取引・取引スペック重視なら、AXIORYで決まり

カリブ海諸島の一つベリーズに本社を構えるAXIORY(アキシオリー)は、クリーンで安全性が高いと評判の短期売買に特化した業者です。

海外FX業者の割に取扱銘柄数は一般的で、豪華なボーナスがもらえるプロモーションも一切ありませんが、その代わりに「コストが安い」「取引制限がない」「約定力が高い」「日本語サポートが完璧」です。

とにかく優れたトレード環境を低コストで利用したい人にはオススメの業者で、スキャルピング・両建ても可能、指値制限もありません。

最大レバレッジは400倍取引単位は1,000通貨ロスカット水準は20%初回入金額に指定なし(ただし、2万円以下の入金は手数料1,500円)なので、少額取引も可能です。

cTraderが使える業者の中では、ダントツで総合力の高い業者なので、初心者から中上級者にまでオススメですよ。

また、公式サイト・マイページ・各種計算ツールといったユーザーがよく使うものは、利便性を向上のため定期的にバージョンアップしているところも高評価です。

上級者も満足のナノスプレッド口座

NDD ECN方式のナノスプレッド口座は、取引手数料が10万通貨あたり片道3ドルと格安。当然スプレッドもタイトなのでコストパフォーマンスに非常に優れています。

国内銀行を使って入出金ができる

海外送金サービス「curfex」を利用して、国内銀行口座とAXIORY取引口座間で入出金が可能です。

最高2万ドルの損害補填

AXIORYはブローカーと投資家の紛争解決機関「IFSC」に自主的に加盟しています。IFSCに苦情を言ってAXIORYがIFSCの決定に従わない場合、最高2万ドルまで損額を補填してくれます。

AXIORYの評価|評判・安全性について(アキシオリー)

この記事では、海外FX業者「AXIORY」を海外FX歴12年の筆者が辛口レビューします。 AXIORYは、派手なキャンペーンやボーナスが一切ありませんが、短期トレードに特化しており、とてもクリーンなF ...

続きを見る

 

2位:TradeView(トレードビュー)

口座タイプ cTrader口座
取引形態 NDD ECN
レバレッジ 最大200倍
取引単位 1,000通貨
スプレッド USD/JPY 0.0〜0.1
EUR/JPY 0.1〜0.2
GBP/JPY 1.0〜1.5
EUR/USD 0.0〜0.1
取引手数料 片道2.5ドル
通貨ペア 仮想通貨 株式 指数 その他
36種類 5種類 37種類 7種類 27種類
スキャルピング 両建て 指値制限
可能 可能 -
ロスカット ゼロカット 資産保証
100% あり 信託保全
ボーナス 初回入金額
- 1,000ドル

※ スプレッドは2019/11/15の参考値。取引手数料は10万通貨あたりの金額。指値制限はEUR/USDの条件。

資金が豊富にある人はTradeViewがオススメ

TradeViewは、とにかく透明性の高さと取引コストの安さが魅力。

取引形態にはNDD ECN方式を採用し、顧客と業者の利益が相反しないA-Bookと呼ばれる業者であり、「TradeViewこそ真のNDD業者」と評判です。

スプレッドは極限まで狭く、取引手数料も10万通貨あたり片道2.5ドルと業界最安。

cTraderの機能を最大限まで引き出す取引スペックです。

トレーダーの資金は、第三者会計機関「FundAdministration Inc.」が管理し、世界有数の金融機関サンタンデール銀行で分別管理されています。

また、万が一、TradeViewが破綻したとしても、顧客資産は信託保全によって最大35,000ドルまで補填してくれるので、取引スペックだけでなく安全性・信頼性もちゃんと両立しているところが素晴らしいです。

ここまで、cTraderの業者としては完璧と思えるTradeViewですが、弱点が3つあります。

一つ目が、初回入金額が1,000ドル以上とバカ高いという点。

二つ目が、ロスカット水準が国内FXと同じ100%という点。

三つ目が、レバレッジが最大200倍という点。

つまり、TradeViewで取引を始める・安全な運用をするためには、他社よりも資金がたくさん必要です。

また、TradeViewはしばらく取引していないと、金融ライセンスの規定に従ってすぐに口座凍結になってしまうため、アクティブトレーダー向けです。

気軽にcTraderを使ってみたい人にはちょっと厳しいと思います。

ただ、TradeViewには、それだけの資金を投入する価値はありますよ。

50以上のLPによる約定力の高さ

cTraderの取引口座はILC口座と呼ばれ、50以上のリクイディティプロバイダ(LP)の中からベストプライスが提供され、高い流動性も確保できているので約定力にも優れています。

分別管理と信託保全を両方完備

サンタンデール銀行における分別管理と最大35,000ドルの信託保全を完備しているTradeViewは、国内FX業者と同レベルの資金の安全性を確立しています。

最高レベルのCIMAライセンスを保有

TradeViewは、ケイマン諸島金融庁CIMAの金融ライセンスを保有。信頼性が高く厳格な規制監督で有名なイギリスのFCAを超えるライセンスで、マイナーなライセンスを保有している他社とはレベルが違います。

Tradeviewの評価|評判・安全性について(トレードビュー)

Tradeviewは、日本ではまだまだ知名度の低い海外業者ですが、「豊富な取扱銘柄」「狭いスプレッド」「トータルコストの安さ」「選べる4種類のプラットフォーム」などの特徴を持った、中上級者向きの優良業 ...

続きを見る

 

3位:FxPro(エフエックスプロ)

口座タイプ cTrader口座
取引形態 NDD STP
レバレッジ 最大500倍
取引単位 1,000通貨
スプレッド USD/JPY 0.1〜0.5
EUR/JPY 0.3〜0.7
GBP/JPY 0.8〜1.4
EUR/USD 0.1〜0.5
取引手数料 片道4.5ドル
通貨ペア 仮想通貨 株式 指数 その他
69種類 - 151種類 29種類 29種類
スキャルピング 両建て 指値制限
可能 可能 -
ロスカット ゼロカット 資産保証
30% あり IFC
ボーナス 初回入金額
- 500ドル

※ スプレッドは2019/11/15の参考値。取引手数料は10万通貨あたりの金額。指値制限はEUR/USDの条件。

cTraderが使える業者の中では知名度が最も高い業者

2006年設立のFxProは、イギリスに本社を構える海外では名の知れたFX業者です。

会社の規模は大きく、資本金は1億円・従業員200名・世界的な会計事務所「PwC」を外部監査とするなど、経営基盤はしっかりしています。

また、パークレイズバンク・ピーエルシー・バンクオブアメリカ・ロイヤルバンクなど、大手金融機関において、顧客資産・業者資産を明確に分別管理。

さらに、投資家補填ファンドIFCと呼ばれる海外FX業者同士が資金を出し合う基金にも加盟。

万が一、FxProが破綻することになったとしても、顧客資金は最大2万ユーロまで補填してもらえるため安心です。

FxProは、安全で信頼のおけるFX業者としての地位を確立しているところが魅力ですね。

取扱銘柄も幅広く、通貨ペア69種類の他に、株式151種類、指数29種類など非常に多彩です。

取引形態にNDD STP方式を採用し、最大レバレッジは500倍取引単位は1,000通貨と、少額取引にも有利です。

ただ、スプレッドは平凡で、取引手数料が10万通かあたり片道4.5ドルと少々高めです。

初回入金額も500ドルと高めに設定されていて、入金ボーナスなどのプロモーションも一切ありません。

さらに、公式サイトはおかしな日本語が使われていて、日本語サポートも終了しています。

日本人には少々使いづらいFX業者ではありますが、「信頼性・安全性重視かつcTraderが使える業者」と割り切れば、そこそこ利用価値はあると思います。

スポンサー活動に積極的

マクラーレンF1チームやヨットクラブなど知名度の高いプロスポーツチームとのスポンサー実績あり。企業としての信頼性の高さや潤沢な資金がなければできません。

金融ライセンスを複数保有

FxProグループではキプロスのCySEC・バハマのSCB・イギリスのFCA・ドバイのDFSA・南アフリカFSBなど、複数の金融ライセンスを保有するグローバル企業です。

数々の受賞歴

FxProの受賞歴は桁違い。毎年さまざまな部門のベストブローカー賞を受賞しています。マイナーな賞も含まれますが、世界中で高評価を得てている証です。

FxProの評価|評判・安全性について(エフエックスプロ)

FxProは、2006年に設立した海外FX業者の中でも老舗中の老舗企業です。 資本金1億ドル、従業員数200名超、外部監査が日本法人もある世界最大の会計事務所「PwC」、世界173ヵ国で610,000 ...

続きを見る

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FXの口座開設ボーナス比較

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

 

2019年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

-MT4・MT5

Copyright© 海外FX Wiki , 2019 All Rights Reserved.