Land-FXの評価|評判・安全性について(ランド-エフエックス)

2013年に設立したLAND-FX(ランドエフエックス)は、イギリス・中国・フィリピン・ロシア・シンガポール・インドネシア・マレーシア・エジプトなどに営業所を構えるグローバル企業です。

この記事では、LAND-FXの安全性・信頼性・取引条件・入出金・サポートなどについて、口コミも交えながら詳しく解説していきます。

まずは、気になるメリット・デメリット・ポイントをご覧ください。

メリット

  • スプレッド・取引手数料の安さは業界トップクラス
  • 入金100%ボーナスなどキャンペーンが充実
  • 約定スピードは驚異の0.035秒
  • レバレッジ最大500倍
  • MT4で自動売買も可能
  • 通貨ペアが67種類と豊富

デメリット

  • 金融ライセンスを所有していない
  • 信託保全なし・分別管理のみ
  • スプレッドの広がり・スリッページに注意
  • ECN口座はキャンペーン対象外
  • スワップが安い

ココがポイント

  • 平均的なトレードをする人には最適
  • メインの取引業者として十分利用できる

LAND-FXは、取引条件やボーナスの条件が良く、MT4・MT5による自動売買やスキャルピングに有利な業者として利用者が急増しました。

特に取引コストの安さが魅力で、マイナススプレッドも発生する数少ない業者です。

しかし、スプレッドは常に変動幅が広く不安定ですし、表向きはスキャルピング歓迎とされていますが基準が曖昧です。

利用規約違反として出金拒否・口座凍結などに至ったケースも過去に多く発生しています。

ただ、基本的には多くのトレーダーがしっかり稼げている業者なので、利用規約違反・ボーナス規約違反に注意していれば問題ないかと思います。

それでは、LAND-FXの信頼性・安全性・口コミ・取引条件・その他サービスについて、さらに詳しく見ていきましょう。

Land-FXの公式サイトはこちら

信頼性・安全性

運営会社の実態が不透明な海外FX業者には注意してください。

そのような業者は、突然の倒産や日本撤退の危険性がありますし、取引操作・出金拒否・利益取消といったトレーダーの不利益に繋がる行為を平気で行う悪徳業者・詐欺業者も多いからです。

自分の大切な資金を守るためにも、最低限、会社の所在地・金融ライセンス・資金の管理体制がしっかり公開されている業者を利用するようにしましょう。

 

金融ライセンスはおそらく所有していない

会社情報
運営会社 Land Prime Ltd.
設立 2013年
登録住所 不明
金融ライセンス なし

LAND-FXの日本人アカウントは、Land Primeグループの一つLand Prime Ltd.が運営しています。

金融ライセンスについては公式サイトでも明確な説明はされておらず、SVG FSA(セントビンセント・グレナディーン金融庁)の登録番号(23627 IBC 2016)が記載されているのみです。

一見すると「金融ライセンスを持っているのかな?」と思いますが、登録番号に含まれる「IBC」の箇所を見る限り、節税目的のインターナショナル・ビジネス・カンパニーをセントビンセント・グレナディーンに設立しているだけに過ぎない可能性があります。

セントビンセント・グレナディーンは、現地にオフィスを構えることなく法人を設立することができる節税対策に効果的なタックスヘイブンの一つです。

では、実際の拠点はどこにあるのでしょうか?

LAND-FXは、イギリス・中国・フィリピン・ロシア・シンガポール・インドネシア・マレーシア・エジプトなどにも営業所を構えるLand Primeグループが運営しています。

この内、イギリスにあるLandFX UK Ltd.というグループ会社を拠点としており、日本の金融庁のモデルともなったFCA(英国金融行動監視機構)の金融ライセンスを取得しており、厳しい規制のもと運営されています。

しかし、非常に誤解が生じやすい部分なのですが、日本向けアカウントはFCAの規制対象外です。

日本人アカウントはあくまでもLand Prime Ltd.が管理しています。

準拠法および管轄裁判所

別途合意がない限り、これらの条件とその施行は、法の抵触の原則に関係なく、英国の法律に準拠し、合併、統合のいずれであっても、Landprime Ltd.の後継者および譲受人の利益のために効力を生じるものとします。 、 もしくはそうでないか。これは、英国またはその他の国でLandprime Ltd.に居住しているか取引しているかに関係なく当てはまります。紛争が該当する仲裁条項に準拠する場合を除き、お客様は英国にある裁判所の管轄権に服従し、これにより、その中の裁判地の利便性または妥当性、または同様の根拠に対する異議を放棄することに取消不能に同意します。これらの条件に不満がある場合は、Landprime Ltd.サイトの使用を中止することが唯一の救済策となります。(Google翻訳)

出典:LAND-FX公式サイト

ただし、利用規約によれば管轄裁判所はイギリスとなっています。LAND-FXとの訴訟はイギリスの法律に則って手続するようです。

ちなみに、Land Prime Ltd.は、以前までニュージーランドのFINANCLAL SERVICE PROVIDERS(FSP)に登録されていましたが、2017年4月22日に登録抹消されています。

ニュージーランドでは法人登録(COMPANIES REGISTER)を残すのみです。

世界的な規制強化の流れもあるのでこの辺りの話は少々複雑ではありますが、Land Primeグループには実績があり、FCAを取得できるだけの信頼性を備えた会社ということは言えると思います。

ちなみに、数々の受賞歴もあります。

また、現在はサービス停止中のようですが、仮想通貨取引所も運営しています(2020年8月時点)。

 

分別管理あり|信託保全なし

LAND-FXでは、顧客資産と業者資産を明確に分別管理しているため、トレーダーの資金がLAND-FXの運営資金に充てられることはありません。

ただし、信託保全は導入していないので、万が一LAND-FXが破綻した場合、口座資金の全額返還されるかどうかは保証されていません。

 

日本の金融庁から警告を受けている

LAND-FXは日本の金融庁から「無登録で金融商品取引業等を行う者」として警告を受けています。

日本の法律上、「海外FX業者が日本居住者にサービスを提供すること」「日本居住者が海外FX業者のサービスを使って取引すること」は合法です。

しかし、海外FX業者が日本居住者を対象に勧誘行為(プロモーション活動)を行うことは明確に禁止されています。

外国証券業者に関する法律第3条により、外国証券業者が国内にある者を相手に証券取引行為を行う場合には、国内に支店等の営業拠点を設け、監督当局の登録を受けなければなりません。本規定に違反した場合は、同法第45条及び第50条の罰則が課せられます。

しかし、登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。

ここで言う「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。

出典:金融庁「外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制」

つまり、海外FX業者が日本語公式サイトを運営したり日本語でキャンペーンを告知したりすることがマズいという訳です。

そのため、日本人に人気ある海外FX業者のほとんどは、すでにこの警告を受けてしまっているのが現状です。

ただ、この警告には行政処分や業務停止命令といった効力は一切ありません。今のところ金融庁からの嫌がらせのようなものだと考えてください。

 

口コミ・評判

ここでは、海外トレーダー・国内トレーダーの口コミの一部をご紹介します。ただ、投稿者にはさまざまな事情があります。すべて鵜呑みにはせず、以下のような点に注意してご覧ください。

  • 口座・銘柄・数量・注文方法・時間帯が違う
  • 裁量取引・自動売買などトレードスタイルが違う
  • VPSサーバーの有無・通信状態・スペックが違う
  • トレードスタイルがFX業者の禁止行為に抵触している
  • 投稿時期が違うため業者のサービス内容が変わっている
  • 負けた腹いせによる誹謗・中傷・愚痴にすぎない
  • アフィリエイターやライバル会社による虚偽の投稿

 

大手海外FX掲示板FPAではと高評価

海外最大級のFX掲示板「FPA(Forex Peace Army)」は、海外業者の世界的な評判を知る上でとても参考になるサイトです。

ここでのLAND-FXの評価はと非常に高得点でした。

ただし、コメントを覗くと非常に高い評価をしている人もいれば、SCAM(詐欺業者)だとする人もいて、評価は真っ二つに分かれます。

ただ、この辺りの見極めは非常に難しいところですが、一定数高評価されている業者であれば問題はないかと思われます。

損得が関わることなので、このように個人の評価が極端に分かれることは、国内業者でも同じであり、仕方のないことかもしれません。

極端な悪評、特にSCAMや詐欺という言葉を使った口コミというものは、負けた腹いせ・ルール違反者・憂さ晴らしの可能性も高いからです。

 

国内では取引操作・出金拒否のウワサあり

良い評判

  • スプレッドが狭い
  • ちゃんと出金できる
  • 出金が早い
  • サポートの返信が早い

悪い評判

  • 勝っている時と負けている時でスプレッドが違いすぎる
  • 約定がよく滑る
  • ゴールドのスプレッドが広い
  • 出金に関する問合せのメールに返信がない
  • 出金拒否の噂が絶えない
  • サーバーダウンが多い

次に、国内トレーダーからの評判を見てみましょう。

投稿はTwitter・5ちゃんねるから引用したのですが、国内でも評判は真っ二つに分かれました。

例えば、問題なく出金できたという人もいれば、出金拒否を受けた人もいますし、スプレッドが狭く取引しやすいという人もいれば、勝っている時にスプレッドが拡大するという人もいます。

ただ、利用者がが多いほど、このような相反する口コミが溢れるのは仕方がないかとは思います。

一つ言えるのは、取引成績に応じて取引操作が行われたり、出金対応が変わったりする可能性があるということです。

126名無しさん@お金いっぱい。
2020/08/06(木) 01:00:32.86ID:w09RTWxg0>>129>>153

landで出金しようとしたら審査するとかで口座凍結されたんやが。こっから出金できた人おるんかな

出典:5ちゃんねる

134名無しさん@お金いっぱい。
2020/08/06(木) 02:07:25.24ID:MRY0jEjp0>>136

landは誓約書書かせて騒がせないような布石打ってるんだよ。半分以上は誓約書に従って一切騒がず泣き寝入りだろ。

出典:5ちゃんねる

 

取引条件・ルール

LAND-FXの取引条件やルールを他社と比較しながら詳しく解説します。

なお、比較対象のFX業者は、初心者から上級者にまで人気のある大手FX業者や、比較的タイプの似ているFX業者から選別しているため、LAND-FXの強み弱みがより直感的に分かりやすくなっているかと思います。

 

口座タイプは2種類|最大レバレッジは500倍

口座タイプと取引条件
Live ECN
取引形態 NDD STP NDD ECN
最大レバレッジ 500倍 200倍
取扱銘柄 通貨ペア
貴金属
エネルギー
株価指数
通貨ペア
貴金属
エネルギー
株価指数
取引手数料 無料 片道3.5ドル
スプレッド 0.9~1.4pips 0.0~0.5pips
ロット単位 10万通貨 10万通貨
最小取引数量 0.01ロット 0.01ロット
最大取引数量 30ロット 30ロット
最大保有数量 100ロット 100ロット
ストップレベル 1.2pips 1.2pips
スキャルピング 制限あり 制限あり
自動売買 可能 可能
両建て 可能 可能
マージンコール 50% 50%
ロスカット 30% 30%
ゼロカット あり
(要審査)
あり
(要審査)
取引ツール MT4
MT5
MT4
MT5
口座通貨 JPY
USD
JPY
USD
最低入金額 3万円 20万円
キャンペーン 対象 対象外

※ ロット単位・スプレッド・最小取引数量・最大取引数量・ストップレベルは米ドル円の値。
※ 取引手数料は1ロットあたりの金額。
※ 最低入金額は1ドル100円換算。

Live口座は、最小取引単位1,000通貨・最大レバレッジ500倍・取引手数料無料なので、どちらかと言うと少額取引向きの口座と言えるでしょう。

取引形態にNDD STP方式を採用しており、スプレッドはECN口座よりも広いのですが、取引手数料無料かつ高い約定力と0.035秒という驚異の約定スピードが魅力の口座です。

ECN口座は、最小取引単位10,000通貨・最大レバレッジ200倍なのである程度の資金が必要です。

NDD ECN方式を採用しており、スプレッドは限りなく狭いのですが、取引手数料が10万通貨あたり片道3.5ドル発生します。ただし、トータルコストではかなりお得。ただし、キャンペーンは対象外です。

それでは、LAND-FXの取引条件・ルールについて、さらに詳しく見ていきましょう。

 

通貨ペアは67銘柄と一般的

大手海外FX業者と比較

全取扱銘柄

LAND-FX
AXIORY
AXIORY

XM Trading
通貨ペア 67銘柄 62銘柄 57銘柄
貴金属 4銘柄(現物) 4銘柄(現物) 2銘柄(現物)
2銘柄(先物)
エネルギー 3銘柄(現物)※ 5銘柄(現物) 5銘柄(先物)
商品 なし なし 10銘柄(先物)
株式 なし なし なし
株価指数 12銘柄(現物)※ 10銘柄(現物) 18銘柄(現物)
10銘柄(先物)
債券 なし なし なし
ETF なし なし なし
仮想通貨 なし なし なし

※ Live口座のみ取引可能。

通貨ペア(クロス円)
AUD/JPY GBP/JPY
CAD/JPY NZD/JPY
CHF/JPY USD/JPY
EUR/JPY
通貨ペア(クロスカレンシー)
AUD/CAD GBP/MXN
AUD/CHF GBP/NOK
AUD/NZD GBP/NZD
AUD/USD GBP/PLN
CAD/CHF GBP/SEK
EUR/AUD GBP/SGD
EUR/CAD GBP/TRY
EUR/CHF GBP/USD
EUR/CZK GBP/ZAR
EUR/DKK NOK/SEK ※
EUR/GBP NZD/CAD
EUR/HKD NZD/CHF
EUR/HUF NZD/SGD
EUR/MXN NZD/USD
EUR/NOK USD/CAD
EUR/NZD USD/CHF
EUR/PLN USD/CNH
EUR/RUB ※ USD/CZK
EUR/SEK USD/DKK
EUR/SGD USD/HKD
EUR/TRY USD/HUF
EUR/USD USD/ILS ※
EUR/ZAR USD/MXN
GBP/AUD USD/NOK
GBP/CAD USD/PLN
GBP/CHF USD/RUB ※
GBP/CZK USD/SEK
GBP/DKK USD/SGD
GBP/HKD USD/TRY
GBP/HUF USD/ZAR

※ Live口座でのみ取引可能。

取扱通貨ペアは67銘柄です。

貴金属・エネルギー・株価指数も一通り取引できます。

ECN口座は、EUR/RUB・NOK/SEK・USD/ILS・USD/RUBの4銘柄と、エネルギー・株価指数の取引はできません。

 

取引手数料・スプレッドの安さは業界トップクラス

ここでは代表的な通貨ペア0.1ロット(1万通貨)あたりの取引コストを他社と比較します。取引コストとは、「往復手数料+スプレッド」のことです。

なお、便宜上すべて日本円口座で計算しているため、実際の金額とは多少異なる場合があるので注意してください。

同タイプの他社取引口座と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

Live
AXIORY
スタンダード
XM Trading
スタンダード
USD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.9~1.4pips 1.2~1.4pips 1.6~1.8pips
トータル 90~140円 120~140円 160~180円
EUR/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.5~2.2pips 1.2~1.6pips 2.1~2.5pips
トータル 150~220円 120~160円 210~250円
CAD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.3~3.0pips 1.5~1.8pips 3.0~3.3pips
トータル 230~300円 150~180円 300~330円
AUD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.8~2.2pips 1.5~1.9pips 3.0~3.4pips
トータル 180~220円 150~190円 300~340円
CHF/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.3~2.8pips 1.6~2.0pips 3.4~3.7pips
トータル 230~280円 160~200円 340~370円
GBP/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.6~2.5pips 1.5~1.9pips 3.5~3.8pips
トータル 160~250円 150~190円 350~380円
NZD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.4~3.5pips 1.8~2.2pips 3.0~3.2pips
トータル 240~350円 180~220円 300~320円
EUR/USD 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.8~0.9pips 1.0~1.3pips 1.7~1.9pips
トータル 85~95円 106~138円 180~201円

※ 0.1ロット=1万通貨。
※ スプレッドは2020年8月12日15時時台の変動幅。
1ドル106円として計算。小数点以下四捨五入。
赤字は最も割高・青字は最もお得。

Live口座は、大手海外FX業者AXIORYとXM Tradingのスタンダード口座と比較しました。いずれも取引手数料は無料です。

TITAN FXのスプレッドは変動幅が狭く非常に安定しており、トータルコストも格安ですね。NZドル円以外は、取引コストの安さに定評のあるAXIORYとほぼ同水準です。

では次に、ECN口座の取引コストも見てみましょう。

同タイプの他社取引口座と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

ECN
myfx markets
プロ
TITAN FX
ブレード
USD/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド 0.0~0.5pips 0.0~0.1pips 0.1~0.3pips
トータル 74~124円 74~84円 84~104円
EUR/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド 0.2~0.5pips 0.3~0.6pips 0.3~0.6pips
トータル 94~124円 104~134円 104~134円
CAD/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド 0.9~1.6pips 0.9~1.3pips 0.8~1.0pips
トータル 164~234円 164~204円 154~174円
AUD/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド 0.2~1.1pips 0.4~0.7pips 0.4~0.6pips
トータル 94~184円 114~144円 114~134円
CHF/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド 0.4~0.9pips 1.2~1.6pips 0.8~1.2pips
トータル 114~164円 194~234円 154~194円
GBP/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド 0.4~0.6pips 0.8~1.2pips 0.8~1.2pips
トータル 114~134円 154~194円 154~194円
NZD/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド 0.5~1.1pips 1.2~1.4pips 0.9~1.2pips
トータル 124~184円 194~214円 164~194円
EUR/USD 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド -0.1~0.4pips 0.0~0.3pips 0.1~0.3pips
トータル 64~117円 74~106円 85~106円

※ 0.1ロット=1万通貨。
スプレッドは2020年8月12日15時時台の変動幅。
1ドル106円として計算。小数点以下四捨五入。
赤字は最も割高・青字は最もお得。

ECN口座は、1ロットあたり片道3.5ドル(0.1ロットあたり往復0.7ドル)の取引手数料が発生します。

ここでは同タイプの口座として、取引手数料が同額のMYFX Marketsのプロ口座とTITAN FXのブレード口座と取引コストを比較しました。

結果を見ると、通貨ペアによって有利不利がかなり違いますね。

基本的に、LAND-FXのECN口座の取引コストは格安です。

ユーロ米ドルではマイナススプレッドを記録するなど、全体的に最小スプレッドは小さい傾向にあります。

その反面、最大スプレッドが大きいために、平常時でもスプレッドは全体的に不安定なので注意してください。

ただ、この3口座は数ある海外FX業者の中でも取引手数料が格安で、スプレッドの狭い優良口座です。

正直、この3口座はどれを選んだとしても、中上級者も納得できるスペックだと思います。

 

スワップポイントはマイナススワップばかり

ここでは代表的な通貨ペア0.1ロット(1万通貨)あたりのスワップポイントを他社と比較します。

なお、便宜上、すべて日本円口座として計算しているため、実際の金額とは多少異なる場合があるので注意してください。

大手海外FX業者と比較

0.1ロットあたりのスワップポイント

LAND-FX
AXIORY
AXIORY
XM Trading
XM Trading
USD/JPY -7円 -9円 -21円 -41円 -18円 -42円
EUR/JPY -10円 -8円 -36円 -16円 -45円 -22円
CAD/JPY -6円 -7円 -14円 -23円 -26円 -39円
AUD/JPY -7円 -6円 -15円 -29円 -25円 -38円
CHF/JPY -10円 -7円 -41円 -3円 -67円 -27円
GBP/JPY -11円 -11円 -36円 -58円 -29円 -46円
NZD/JPY -5円 -6円 -13円 -17円 -20円 -38円
EUR/USD -10円 -8円 -48円 0円 -59円 -8円
TRY/JPY - - 22円 -38円 - -
ZAR/JPY - - 6円 -11円 - -

※ 2020年8月13日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。
1ドル106円として計算。小数点以下四捨五入。
赤字は支払い・青字は受取り。

一般的に海外FX業者のスワップポイントは、売も買もマイナスばかりなので長期トレードには向きません。

LAND-FXも例外ではありませんが、マイナススワップの金額はそこまで高くないかと思います。

大手国内FX業者と比較

0.1ロットあたりのスワップポイント

LAND-FX
GMOクリック証券
GMOクリック証券
SBI FXトレード
SBI FXトレード
USD/JPY -7円 -9円 6円 -9円 7円 -10円
EUR/JPY -10円 -8円 -12円 9円 -12円 9円
CAD/JPY -6円 -7円 5円 -8円 2円 -7円
AUD/JPY -7円 -6円 4円 -7円 3円 -6円
CHF/JPY -10円 -7円 -20円 17円 -18円 15円
GBP/JPY -11円 -11円 7円 -10円 9円 -12円
NZD/JPY -5円 -6円 4円 -7円 7円 -10円
EUR/USD -10円 -8円 -23円 20円 -27円 22円
TRY/JPY - - 18円 -21円 25円 -30円
ZAR/JPY - - 4円 -7円 5円 -6円

※ 2020年8月13日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。
1ドル106円として計算。小数点以下四捨五入。
赤字は支払い・青字は受取り。

もちろん国内FX業者には全く敵いません。スワップポイント狙いの中長期トレードは、国内FX業者を利用したほうが良いでしょう。

 

自動売買は可能だがスキャルピングは一部制限あり

LAND-FXは、スキャルピング・自動売買についてのルールを明確にしていません。

利用規約には、以下のように「サーバーに過度な負荷をかける行為は禁止」とだけ明記されています。

禁止事項

すべてのサーバーは容量に制限があり、多くの人々が使用しているため、Landprime Ltd.サーバー、またはLandprime Ltd.サーバーに接続されているネットワークに損傷または過負荷を与える可能性のある方法で、Landprime Ltd.サイトを使用しないでください。Landprime Ltd.サイトの使用を妨害するような方法でLandprime Ltd.サイトを使用しないでください。(Google翻訳)

出典:LAND-FX公式サイト

特に、スキャルピング系のEAによる自動売買や、指標発表時だけを狙ったスキャルピングには厳しいようです。

事前にサポートセンターに、トレードスタイルを確認するとさらに安心です。

 

約定力は高いがスリッページが多い

LAND-FXは、取引手数料無料・高い約定力・狭いスプレッド・過度なスキャルピング禁止という特徴と、不利なスリッページが多いという口コミもあることから、「本当はDD方式ではないのか?」という噂がトレーダーの間で囁かれています。

約定率などの詳細データが公開されていないため、これを確認する術はありませんが、この辺りの真偽を意識しながら取引することも大切でしょう。

実際、かなりサクサク約定するのですが、この高速約定の秘密はEquinix、Amazon、RousTech、PrimeXMとのパートナー提携によるサーバー強化にあるとのことです。

念のためLAND-FXに問い合わせたところ、「弊社は、間違いなくNDD(STP・ECN)方式です」との回答でした。

実際どちらであったとしても、直接トレーダーの不利益となる「不利なスリッページやストップ狩りによる被害」が多発しなければ問題ありません。

今のところ、目立った被害はないようですが、一部の評判・口コミを完全に無視することもできません。

 

ロスカット率は30%・ゼロカットあり

Land-FXのロスカットは、証拠金維持率30%で発動します。

これは海外FX業者としては一般的な水準です。

また、ゼロカットも採用しているので、ロスカットが間に合わず口座資金がマイナスになってしまった場合も、マイナス残高はLand-FXが全額負担してくれます。

ただし、LAND-FXの場合は審査が必要です。

他社では特に審査などなく自動処理の業者が多い中、LAND-FXはゼロカットの適用にかなり神経質になっているようです。

公式サイトでは、ゼロカットやボーナスの悪用に関する注意喚起が徹底されているため、過去に悪用被害が多発したのではないかと思われます。

 

取引ツール・サービス

取引ツールはMT4・MT5が両方使える

取引ツールの種類
対応機種・OS 自動売買
インジケータ追加
MT4 ダウンロード Windows 可能
ブラウザ Windows・mac 不可
アプリ Android・iOS 不可
MT5 ダウンロード Windows 可能
ブラウザ Windows・mac 不可
アプリ Android・iOS 不可
cTrader ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし
独自ツール ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし

取引ツールは、定番のMT4(MetaTrader4)と最新版のMT5(MetaTrader5)が両方使えます。

MT4とMT5が両方使える業者のメリットは、MT4からMT5への移行がしやすいという点ですね。

現在、海外FXトレーダーの多くは依然としてMT4を使い続けており、高機能であるはずのMT5はまだまだ普及していません。

MT5が普及しない主な理由は、MT4とMT5とではEAやインジケータに互換性がないためです。

EAやインジケータというのは、仕組みやスペックがそのまま取引成績に直結する極めて重要なプログラム。トレードスタイルそのものと言っても過言ではないでしょう。

とはいえ、今後はMT5が主流になることは間違いないので、トレーダーはいずれMT5に移行せざるを得ません。

そのため、業者がMT4・MT5を両方採用していてくれると、少しずつMT5への移行準備を進めることが可能です。

ユーザーの実情をよく把握できている業者というのは、このような細かなところまでサービスが行き届いています。

MT4・MT5の違いについては、以下の記事をご覧ください。

MT4とMT5はどっちがいい?スマホアプリ・PCの違いを比較

MetaQuotes社が開発した、パソコン・スマホ対応の高機能取引ツール、MetaTrader4、MetaTrader5(以下、MT4、MT5)は、海外FXをする上では欠かすことのできないツールです。 ...

続きを見る

MT4・MT5は、Windows対応のダウンロードタイプ、Windows・mac対応のブラウザタイプ、Android・iOS対応の専用アプリがリリースされています。

この内、自動売買のためのEA(Expert Adviser)やカスタムインジケータをインストールできるのは、Windows対応のダウンロードタイプだけなので注意しましょう。

スマホ・タブレットでは自動売買はできません。macユーザーの場合は、以下の記事で対処方法を解説しているので参考にしてください。

macでMT4を動作させる方法まとめ

MT4(MetaTrader4)はWindows専用ソフトなので、通常であればmacにインストールすることはできません。 そのため、これまでmacユーザーは一部の海外FX業者からダウンロードできる「m ...

続きを見る

 

日本語の無料学習コンテンツが充実

LAND-FXでは、テキストタイプの日本語の無料学習コンテンツがあります。

内容はFX取引の基礎やテクニックがとても見やすくまとめられており、初心者の人は一通り目を通しておくと良いかもしれません。

 

マーケット情報配信は日本語非対応

Land-FXでは、マーケット情報が英語で配信されているのみで、そのほかに情報サービスやセミナーなど、取引をサポートするサービスは提供されていません。

 

キャンペーン・ボーナス

LAND-FXでは、キャンペーン・ボーナスを常時開催しています。

他社のように、期間限定かつ短期間のキャンペーンではないので、口座開設を焦る必要はありません。

ただし、口座タイプによってはキャンペーン・ボーナスの対象外です。

ルールも結構複雑なので、勘違いからボーナスがもらえなかったり失ってしまったりする可能性もあるので注意してください。

ここでは各キャンペーンのポイントと注意点を分かりやすく解説するので、口座開設手続前やキャンペーン申込前に目を通しておくと良いかと思います。

詳細はこちらの記事もご覧ください。

Land-FXのボーナス解説|LPボーナス口座の入金100%最大50万円の受け取り方

Land-FX(ランドFX)は、取引スペックが高くコストも安いため、裁量取引・自動売買どちらも、かなり好条件で取引できる海外FX業者です。 Land-FXが常に実施しているキャンペーンは、 10%入金 ...

続きを見る

 

10%入金ボーナス+リカバリーボーナス(常時開催)

 

10%入金ボーナス

キャンペーン概要
キャンペーン期間 常時開催
キャンペーン対象口座 Live口座
キャンペーン内容 10%入金ボーナス(出金可能)

LAND-FXでは、Live口座限定の10%入金ボーナスを常時開催しています。

このキャンペーンの主な特徴と注意点は以下の通りです。

ココがポイント

  • ボーナスの金額は入金額の10%
  • ボーナス上限は30万円
  • ボーナスは条件達成で出金可能

ココに注意

  • 初回入金のみボーナス対象
  • 3万円以下の入金はボーナス対象外
  • ボーナス獲得には入金後サポートへ連絡が必要

初回入金3万円以上に対し、10%の入金ボーナスが上限30万円までもらえます(ECN口座、DLCボーナス口座は対象外)。

条件はそれほど良くありませんが、この入金ボーナスの良いところはボーナス自体を出金できるところ。

ただし、ボーナス1ドル出金するためには5ロットの往復取引が必要なので、結構厳しいノルマを達成しなくてはいけません。

ボーナスの獲得例とボーナス出金条件
入金額 ボーナス額 必要取引ロット数
300ドル 30ドル 6ロット
500ドル 50ドル 10ロット
1,000ドル 100ドル 20ロット
2,500ドル 250ドル 50ロット
5,000ドル 500ドル 100ロット
10,000ドル 1,000ドル 200ロット
25,000ドル 2,500ドル 500ロット
30,000ドル 3,000ドル 600ロット

ないよりマシですが、あまり魅力的なキャンペーンとは言えないでしょう。

 

リカバリーボーナス

キャンペーン概要
キャンペーン期間 常時開催
キャンペーン対象口座 Live口座
キャンペーン内容 ロスカット後の損失をボーナスで補填

リカバリーボーナスは、先ほどの10%入金ボーナスとセットになっているキャンペーンです。ロスカットによる損失をボーナスで補填してもらえます。

このキャンペーンの主な特徴と注意点は以下の通りです。

ココがポイント

  • ロスカット後に初回入金額の5%分のボーナス獲得

ココに注意

  • 初回入金が3万円以下の場合はボーナス対象外
  • ロスカット後の口座残高は3千円以下であること
  • ボーナス獲得には入金後サポートへ連絡が必要
  • 利用回数は一回限り
  • ボーナスは出金不可

初回入金が3万円以下の場合はボーナス対象外という点に注意してください。

また、ロスカット後の残高も3千円以下でなくてはいけません。

上記の条件をクリアしていれば、ロスカット後に初回入金額の5%分のボーナスがもらえます。

「新規口座開設者にはなるべくたくさん資金を入金してもらいたい」というLAND-FXの意図を感じますね。

高額入金するのはLAND-FXが自分に合った業者か判断してからでも遅くないので、このリカバリーボーナスはオマケ程度に考えていたほうが良いかと思います。

 

150%入金ボーナス(期間限定または数量限定)

キャンペーン概要
キャンペーン期間 期間限定(直近は2020年8月3日〜8月31日)
3,000口座限定
キャンペーン対象口座 DLCボーナス口座
キャンペーン内容 150%・100%・50%入金ボーナス

LAND-FXでは、DLCボーナス口座を開設することで、入金額に応じてボーナス付与率の変わる入金ボーナスがもらえます。

このキャンペーンの主な特徴と注意点は以下の通りです。

ココがポイント

  • 入金5万円ピッタリの場合に限り150%入金ボーナスが適用
  • 入金5〜10万円の場合は100%入金ボーナスが適用
  • 入金10万円以上の場合は50%入金ボーナスが適用
  • 初回入金だけでなく追加入金もボーナス対象
  • ボーナス上限は50万円
  • DLC口座の取引条件はLive口座とほぼ同一

ココに注意

  • 5万円未満の入金はボーナス対象外
  • 先着3,000名限定口座
  • ボーナスは出金不可
  • 資金利益を一部でも出金すると保有ボーナス消滅

公式サイトには150%入金ボーナスと記載があるので誤解しやすいのですが、150%入金ボーナスがもらえるのは5万円ピッタリ入金した場合だけです。

入金額とボーナスの関係
1回あたりの入金額 適用されるボーナス
5万円未満 なし
5万円 150%入金ボーナス
5〜10万円 100%入金ボーナス
10万円以上 50%入金ボーナス

ただ、追加入金もボーナスの対象ですしボーナス上限が50万円なので、一回5万円の入金を10回繰り返す方法が最もお得かと思います。

DLCボーナス口座は、2020年9月時点でさらに500口座の追加申請を受け付けています。実はこのDLCボーナス口座は、これまでLPボーナス口座という名称でキャンペーンを開催しており、毎回「期間限定または数量限定の特別なキャンペーン」と銘打っていますが、いつ公式サイトを見ても開催されています。今回のキャンペーンも数量限定となっていますが、今後も継続開催される可能性は非常に高いと思います。

 

デモコンペティション(期間限定)

キャンペーン概要
キャンペーン期間 期間限定(直近は2020年8月23日〜9月4日)
※ほぼ毎週開催
キャンペーン対象口座 デモ口座
キャンペーン内容 豪華賞金が獲得できるトレードコンテスト

LAND-FXでは、初心者の人でも気軽に参加できるバーチャルマネーを使ったとトレードコンテストも開催します。

このキャンペーンの主な特徴と注意点は以下の通りです。

ココがポイント

  • デモ口座・バーチャルマネーを使ったトレードコンテスト
  • 賞金はリアルマネー総額11,000ドル
  • 1〜5位は特別賞金がもらえチャンピオンシップに進出可能
  • チャンピオンシップではファンドマネージャーの権限付与され、PAMMシステム上にファンドを構築可能

ココに注意

  • レバレッジは500倍固定
  • 資金は10,000ドルスタート

デモ口座とバーチャルマネーを使ったトレードコンテストですが、賞金はリアルマネー総額11,000ドルです。

ただし、賞金がもらえるのはランキング上位5名のみ。

この上位5名は、PAMMシステム上にファンドを構築し、特別賞金がもらえるチャンピオンシップにも参加できます。

ランキング1位〜5位の賞金と特別賞
賞金 特別賞
(チャンピオンシップ進出者)
1位 500ドル 3,000ドル
2位 300ドル 1,000ドル
3位 100ドル 600ドル
4位 50ドル 300ドル
5位 50ドル 100ドル

 

口座開設・入出金

必要書類は本人確認書類と現住所確認書類

口座開設の際は、本人認証のため以下の書類の画像データが必要となります。

書類全体が写るよう鮮明に撮影したものをあらかじめ用意してください。

顔写真の有無・有効期限・発行日などに注意しましょう。

本人確認書類(有効期限内・写真付き・両面)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 写真入り住基カード

現住所確認書類(発行から3ヶ月以内)

  • 公共料金の領収書
  • 納税証明書
  • 住民票
  • 戸籍謄本
  • クレジットカード明細書
  • 銀行明細書
  • 国民健康保険証

 

口座開設方法、LAND-FX公式サイトTOPにある口座開設メニューから、LIVE口座またはECN口座を選択してください。

 

個人法人・口座タイプ・口座通貨・レバレッジを選択してください。

選択項目
口座タイプ LIVE口座・DLC口座・ECN口座
口座通貨 JPY・USD
レバレッジ 1倍・10倍・25倍・50倍・100倍
200倍・300倍・400倍・500倍
※ECNは200倍まで

 

氏名(ローマ字)・性別・国籍・生年月日を入力してください。

 

メールアドレス・携帯番号・固定電話番号(無い場合は携帯番号)・居住国・住所(ローマ字)・郵便番号を入力し、次へをクリックしてください。

 

IB番号は未入力でもOKです。

 

資産と職業・職種を入力します。

 

本人確認書類と現住所確認書類の画像データを検索ボタンで指定します。署名欄に氏名を入力したら次へをクリックしてください。

 

約諾書に署名・チェックボックスにチェックを入れ、次へをクリックしてください。

 

これで登録完了です。

 

MT4(MT5)にログインするためのID・パスワード・サーバー名がメールで届きます。

読取専用パスワードは第三者に口座状況を開示する際に利用するものなので通常は使いません。

あとは、公式サイトからMT4(MT5)をダウンロードしログインしてください。

 

マイページにログインしましょう。LAND-FX公式サイトTOPにあるログインをクリックしてください。

 

IDとパスワードを入力し、Sign inをクリックしてください。

 

マイページTOP画面です。

口座の追加は上記矢印のボタンか右側のメニューから行えます。

入出金も右側のメニューにあります。

 

入出金方法はクレジットカードまたはSTICPAYがオススメ

入金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA 1万円 即時 無料
master 1万円 即時 無料
JCB なし
オンライン
ウォレット
bitwallet なし
STICPAY 500円 即時 無料
WebMoney なし
仮想通貨 BTC 1万円 即時 無料
ETH なし
XRP なし
銀行送金 国内 5万円 最短翌日 無料
海外 5万円 最短当日 無料
出金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA 指定なし 最長45営業日 無料
master 指定なし 最長45営業日 無料
JCB なし
オンライン
ウォレット
bitwallet なし
STICPAY 指定なし 即時 2.5%+
30円
WebMoney なし
仮想通貨 BTC なし
ETH なし
XRP なし
銀行送金 国内 なし
海外 指定なし 最長5営業日 4.5千円

※:金融機関・決済サービス会社・取引所で発生する入出金手数料・送金手数料等は別途自己負担。

LAND-FXの入出金方法を大きく分けると、クレジットカードまたはデビットカード・オンラインウォレット・仮想通貨・銀行送金の4種類です。

カードブランドはVISA・MasterCard、オンラインウォレットはSTICPAY(スティックペイ)、仮想通貨はBTC(ビットコイン)、銀行送金は国内・海外から選択できます。

入金方法ごとに決まっている最低金額以上であれば、入出金手数料は無料です。

ただし、口座タイプごとに決まっている最低入金額にも注意してください。

口座タイプ別 最低入金額
口座タイプ 最低入金額
Live口座 3万円
DLC口座 5万円
ECN口座 20万円

※:1ドル100円換算。

出金手数料は、クレジットカード以外は有料です。

最低出金額には特に指定はありません。

クレジットカードの場合、入金から約2ヶ月の間、入金額と同額まではカード会社経由での出金となります(利益分はその他の出金方法を選択可能)。

入金から2ヶ月目以降は、STICPAYまたは海外銀行送金などで出金可能です。

また、Land-FXではMasterCardブランドのプリペイドカードを発行できます。

口座資金をこのプリペイドカード経由で出金すれば、国内のセブンイレブンなどのATMから直接現金を出金できます。

しかし、発行手続が非常に面倒で各種手数料も高いので、利用はオススメしません。

 

カスタマーサポート

日本語サポートは電話・メール|コールバック依頼も可能

サポート窓口
日本語対応 受付時間
電話 可能 日本語対応
平日10〜18時
英語対応
平日24時間
メール 可能 平日24時間
専用フォームあり
チャット 不可 英語対応
平日24時間

LAND-FXのサポート窓口は電話・メール・チャットの3種類あり、営業時間は基本的に平日24時間です。

コールセンターのみ日本語サポートは平日10〜18時です。電話代がかかるのでメールでコールバックを依頼すると良いでしょう。

また、チャットは日本語サポート対象外なので注意してください。

 

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

 

2020年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

 

-海外FX口座レビュー

© 2020 海外FX Wiki